㊎息子にあいたいです ~教えて!波動相談室~

金曜日は「教えて!波動相談室」のコーナーの日です。

こちらのコーナーでは、読者の方から寄せられた質問に、波動の見地からお答えしていきます。

また、波動の見地からお答えするものの、これは私の個人的見解にすぎません

ですから、これだけが正解ということはもちろんあり得ませんから、「意見やアドバイスの一つ」として参考にして頂き、その上で自らで答えを見つけて頂けたらと思ってます。

どうぞ、この点お含み置き頂きました上、お読みくださいませ。

息子にあいたいです

本日頂いたお悩みは、「息子にあいたいです」です。

60代女性・はるみんさん(保育助手)から頂いた質問です。

ではまずは相談内容をご紹介致します。

1/6から息子と音信不通になりました。

3回目です。

半年近くのときもありました。その度に胸が張り裂けそうでしたが。

2019年4月に長男と衝突して長男が拘留されました。次男が仕事に行ってないことがわかって殴ったからです。

やっと見つけたバイト先でした。家の中でした。すぐに被害届を取り下げたいと言ってきたのですが。

私は完全に長男の側で対応してとても意地悪な人になりました。怪我の心配もできませんでしたもう次男はどれだけ迷惑をかけるのか、次男の何もかもが嫌いで腹が立って隠しもしませんでした。

出てくのも無理はない でも一文なしで携帯も保険証もなしで!そこまで追い詰めました。

今回は兄と母特に母に嫌われ抜かれて耐えられなくての行動と思います。

やっとわかりました。私が彼をそう見ててそうした。彼に10年を使わせてしまいました。

もし彼が私を懐かしいと思ったら迷いなく連絡するように、助けが必要な時に助けてと言ってくるように波動で伝える方法がありますか

それでは、はるみんさんからのご質問にここからお答えしていきます。

また今日のお答えポイントは以下3点とさせて頂きます。

今日のお答えポイント

①波動と念は違います

②以心伝心が起きる理由

③今やれること

この3点に沿ってここからお答えしていきますね。

①波動と念は違います

はるみんさんの希望は、いわゆる「以心伝心ができたら…」の類いだと思うのですが…そこをきちんと説明するために、波動と念の違いから説明していきますね。

まず頂いたコメントをお読みして思ったのは、「波動と念を混同させているのだろうな」ということ。世の中的に波動も念も然程意識されていないため混同されるのも仕方がないなと思いますが、これは違うものです。

波動が高まると、宇宙のしくみが自分に適用されることが増えるので、シンクロニティ(意味のある偶然の一致)や想像の現実化などが増えやすいです。

また、波動が高まれば高まるほど、感情は凪になるので、相手の感情がよく見えるようになるため、読心力も高まるように思います。

このような事から、波動が高まればテレパシーが使えるという情報が増え、はるみんさんのような認識になるのも無理もないかもしれませんが、波動と念は違います。

具体的な波動の構造については「生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本」で詳しく説明してますので、必要であればこちらをお買い求めください。

※電子書籍は半額です。

お読み頂き波動の構造を理解して頂ければ、念とは別のものだとご理解頂けるかなと思ってます。

②以心伝心が起きる理由

では、本題の以心伝心についてお話しを進めていきます。

以心伝心は、波動領域帯が同じで尚且つ、波動状態がその時同じであればあるほど起きます。

テレパシーというより、シンクロニティと言える感じで、以心伝心で物事がスムーズに進んでいくようになります。

はるみんさんと息子さんも同じ波動領域帯で波動状態が同じであれば、そのようなことが起きるかもしれませんが…お寄せ頂いた内容を読む限り、以心伝心を求める前の段階としてエゴを正常化させていく努力が必要だろうなと思いました。

エゴを正常化させていくということは、心が冷静になれる状態を作ることとほぼ同意です。

以心伝心を求めるのであれば、まずはその努力してみてください。とはいえ以心伝心は片一方の努力だけでは起こらないことなので、エゴを正常化したと言えど以心伝心が起こるとは言い難いのですが、エゴを正常化させておくと、もしも息子さんが戻られた時の対応には変化が起こるだろうと思いますので、やって損ということはないと思います。

またこの点についても先ほど紹介した本で詳しく説明してますので、必要であればこちらをお買い求めください。

 

③今やれること

今さら申し上げるのもなんなのですが……お寄せ頂いた内容に希望するようなお答えはできません。

つまり、今のはるみんさんに都合良く息子さんになにか伝える波動の方法を私は知りませんし……多分ないと思います。(あったとするのならば、念の使い方であり、それは波動とは別物の話です)

申し訳ありません。

 

しかしながら、それでもやれることはあります。

それは、懺悔することと感謝することです。

それから、相手の人生が幸福であるようにただ祈ることです。

自分と連絡が取れるようにとかそのような邪念は捨てて、懺悔と感謝と相手の幸福を祈り続けてください。

その行動の先に、ひょっとしたら以心伝心の扉は開かれるかもしれません。

残念ながら、これ以上のことは私には分かりませんが、このアドバイスがはるみんさんの今後のきっかけになったら幸いです。

 

ということで、今日の波動相談室は以上となります。

はるみんさんのさんのご質問に答えられたでしょうか。

どうぞこれからも宜しくお願い致します。

 

 

 

また来週の相談室は、スマイルさんから頂きましたお悩み、「夫の転職について、理想と現実の狭間で苦しんでいます」を解説したいと思います。

 

それではまた来週お会いしましょう♪

 

あなたのお悩みお待ちしております。

こちらのコーナーでは皆さんのお悩みを受け付けております。

ご相談がある方は、下記リンクの「相談室ポスト」からご投稿ください。

相談ポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください