㊌今こそ第二次世界大戦を学び、武漢ウイルス情報戦に役立てよう!

こんにちは!

水曜日は「いいね!イイネ!これ良いね!」という企画でお届けします。

この「いいね!イイネ!これ良いね!」では、私が使って良かったと思った商品や本、行ってみて良かったと思った場所などをお届けしていきます。

私のいいね!が皆さんのイイネ!に繋がるかは、未知数ですが、心底これは良いと思ったモノ、もっとみんなに知ってほしいなと思うモノをお伝えしていきますね☆

 

第二次世界大戦の情報戦の敗北でもあった。

武漢ウイルス騒動は、国際的プロパガンダ合戦の主戦場となっているお話を以前かかせて頂きました。

【心得よ!】コロナウイルスは、国際的プロパガンダの主戦場

2020年2月15日

またここ最近の記事で何度も書かせて頂いている通り、日本は情報戦にべらぼーに弱いです。

【中国対抗策!】敢えて「武漢ウイルス」と呼ぼう!

2020年3月3日

 

それは民族性によっての部分もありますが、戦前戦後の歴史を誤って認識しているがために起きている部分も多々あると思います。

間違った情報を信じているがために、現状の認識が適正に行われないのです。

つまり、本当のアメリカの姿、中国の姿、ロシアの姿、半島の姿、イギリスの姿を認識できていないということです。

さらにそれが、日本のことも間違った角度で見続けてしまっているケースにも繋がっています。

まずはここの部分を正さないと、この情報戦は戦えないなと思うので、第二次世界大戦の思い込みを外す為におススメの本を幾つか今日は紹介させて頂きます。

 

一冊目はこちら!

倉山満さんの大間違いの太平洋戦争です。

この本は、私が「第二次世界大戦を学び直した方がいいな!」と思った頃、最初に読んだ本だったと思います。

色々良いなと思う本は沢山あるのですが、当時この手の分野について初心者だった私が読んで開眼できたことが、この本を紹介する決め手となりました。

 

そして大間違いの太平洋戦争を読んだ後に、もっと詳しく勉強したいと思って読んだのが、嘘だらけの日米近現代史です。

この二冊を読み込めば、学校教育で教えられた認識は現実とは全く違う事に気が付かれると思います。

そしてこの認識のずれに気が付くようになると、世の中の見方がズバッと変わり始めるんじゃないかなと思います。

そして、その上で江崎道朗先生の本も読んで頂けたらなおのこと良いなと思ってます。

普段江崎先生の本で紹介してるのは、コミンテルンの謀略と日本の敗戦ですが、今日はっこちらの本を紹介します。

日本は誰と戦ったのか – コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ

今までこの本を紹介してなかったのは、実は私がこの本を読んでいないからです”(-“”-)”

なぜ読まなかったかというと、先に発売されている江崎先生の本を読み込んでいたため、ここに書かれていることは既に知っているなと、目次を読んだ段階で思ってしまったからです。

ただ多分他の本よりも、こちらの本(日本は誰と戦ったのか – コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ )の方が、初めて第二次世界大戦を向き合う人には分かり易そうだよなとも、以前から思ってました。

またこの本は「第1回アパ日本再興大賞」受賞作品 であることもおススメポイントです。

「第1回アパ日本再興大賞」は、誇りある祖国である日本の成長発展に資する近現代史、国際関係、政治・政策等の分野における研究を促すとともに、優れた研究成果を広く周知するのが目的であり、過去5年以内に発刊された書籍や発表された論文から選出されている。

選考委員も素晴らしい方が務められています。

審査委員長 外交評論家 加瀬英明氏

東京大学名誉教授 政策研究大学院大学名誉教授 伊藤隆氏、

東京大学名誉教授 小堀桂一郎氏、

報知新聞社前会長 小松崎和夫氏、

衆議院議員(環境大臣) 原田義昭氏

このような人たちから認められている作品なので、間違いないだろうと思いご紹介させて頂きました。

この本を読めば、第二次世界大戦においてどのような情報工作が行われ、そして日本はなぜ嵌められてしまったのかという事も理解できると思います。(読んでないのに言い切ってすみません(*_*;多分分かり易くここら辺の事が書かれていると思います。)

そして、このような情報工作が当たり前に起きていることが理解できた上で今を見直すと「まるで第二次世界大戦の様相だな」と思うことが、目の前で多々起きていることに気が付かれると思います。

そこを理解して対処していくことが庶民の務めだと思うので、色々と忙しい日々を送られているとは思いますが、正念場の時期だからこそ第二次世界大戦に起きたことをきちんと見直し、今に役立てたら良いなと思ってます。

 

今日のイイネ!

今日は第二次世界大戦に関連する本を紹介しました。

大間違いの太平洋戦争

嘘だらけの日米近現代史

日本は誰と戦ったのか – コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ

私のイイネ!があなたのいいね!になったら幸いです。

 

これまでに紹介した好評TOP3のイイネはこれ↓

  1. 私を貧乏から救ってくれた驚異のお財布
  2. 初心者悶絶の確定申告!オススメしたいアプリ教えます♪(確定申告は3/15までだよ!)
  3. ユダヤ陰謀脳から脱出するための即効薬はこれ!

私のイイネ!があなたのイイネ!になったら幸いです。

 

4 件のコメント

  • 竹久さま
    いつもブログを拝見し、勉強になります。
    ありがとうございます。
    こちらのコメントに投稿してよいか分かりませんが、不適切であれば削除してください。
    シドニー学院さまという方の動画を見つけました。
    https://youtu.be/rSyfq_d3AEI
    もし宜しければご覧になってみてください。

    • おはようございます。
      教えてくださりありがとうございます。
      チラッとしかまだ観れていないですが、事実がなぞられている動画だと思いました。

      これからも宜しくお願い致します☆

  • 竹久さま
    お返事ありがとうございます。
    この動画にたどり着いて、真実を丁寧に発信して下さっていると思えたのは、日頃から竹久さまのブログで勉強させて頂いているお陰です。
    本当に、日本人に必要な大切なことをいつも学ばせて頂き感謝です。
    これからも宜しくお願い致します。

    • こんばんは!
      とんでもないです。
      時代の理由があって教えられないことは沢山ありますが、お互い一つずつ拾い集めて本来の日本人に戻っていきましょう。
      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください