【人間】生きてる感はどこで感じる?

会社を辞めて早7年。

社会人時代は寝る暇もないほど働いた15年で、一方でこの7年はひたすらぼーっとしていることが多かったです。

あまりに大きな落差を経験してみたからこそ、分かった事がありました。

それを書きます。

 

超恥ずかしい私の過去を暴露します。

私は会社を辞めてからしばらくの間は、とにかく自分が興味を持った「波動」を知りたい、分かりたい、その気持ちに夢中でした。

そのおかげもあってか、それから3年そこそこの月日が経つ頃には、波動というものがどのように作用して自分たちに影響を与えているのか、そして高波動な状況に到達するためにはどうすればいいのか、大ざっぱではありますが、だいたいのことが分かるようになりました。

だからアメブロでそのことについて体系化した文章をアップし続けました。

↓波動について体系化した文章に関して↓

【ご注意】地球攻略ガイドBOOKを読んでくださった方へ、またこれからお読みになられる方へ

2018年2月8日

 

ただ、人間が人間としてとっても残念なことは、大きな目標が達成された後は、凄まじい虚無感に支配されるという事実です。

これ以上の目標はない、この目標が達成されたなら、死んでも良いくらいの事を思って目標に向かっている最中は、なんやかんやでめちゃくちゃ楽しいのですが、最悪なのはその目標が達成された後なんですよね~。

目標達成直後に、次の目標が見つかれば生きることに苦を感じないかもしれないと思うのですが、その後しばらく見つからなければ、かなり生きることそのものが苦しく無意味に感じるんじゃないかなと経験上思っています。

とはいえ、その目標達成によって社会的成功が一緒にやってきたのなら話は別かもしれないですけれどもね……。

しかしながら、全く社会的に認められるはずもないことを目標にしちゃった場合は、達成したところで、社会的成功とかそういう事とは無縁ですし(^^;)……正直言って、あの頃の私は、今の自分が振り返ってみても極限的に貧乏だったので、達成感はあるものの未来には不安しかなかったんですよね。

っていうか、貧乏最前線ながら、1年で8回も引っ越しして尚且つ旅で30箇所以上の場所へいった年もありました。どうしてこんなことができてしまったのか、時間が経てば経つほど不思議に思うこともありますが……、流れに沿えばそういうことも起こるんでしょうね……っていうか、振り返れば振り返るほど不思議すぎて、それ意外の理由は見当たりません。

↓1年で8回も引っ越しして、30箇所以上旅してた時の備忘録記事↓

ちょっと話逸れちゃったけれど、つい数年前までの私は、結構な具合で貧乏だったんですよね。(ちなみに今が金持ちになった訳ではないです(笑)素朴ながら普通の暮らしができるくらいに回復した程度です)

とはいえ、私自身があの当時はとにかく働きたくなかったのだから、そういう状況になってしまうのは因果応報で仕方がないことなのですが……

それよりも良くないなかもしれないなと個人的に思うのは、やる気になって仕事をし始めれば、そこそこの安定を手に入れられてしまう事実です。

この安定は貧乏よりも生きてる感が失われるかもしれないなと、最近になって私は初めて気がつきましたので、今記事を書いています。

 

何も考えたくない時は、何か考えている証。

何か達成してしまった後は、なかなか目標が見つからなくて虚無感に支配されるかもしれないけれど、現実的な部分でガチ貧乏だと、日常にどうしようもなく不安が蔓延るため「なんかしなきゃな…」という気持ちが生まれます。

ただその思いの多くは「不安」的な要素が強いはずなので、だからこそ「何も考えたくなくなる」のですが、「何も考えたくない時」というのは、考えなきゃいけない対象があるからこそ現われる思いじゃないかなと……今は考えています。

っていうか……、そこそこ全部が上手く行って、そこそこ安定して、あまりに平穏で凪な感じな状況に自分の生活がなってくると……

↓凪の意味はこちらで確認して↓

本当に自分の今後に関して考える事が何もなくなってきます!!!

ただただぼーっとしていることしかやることがなくなってくるんです。

私はこの数ヶ月結構な具合でこの状態でして……だから、友達や親戚に「ゆりちゃん最近何してるの?」って聞かれても、「ひたすらぼーっとしてるよ!」としか返す言葉がなかったです。

 

そして、どうして私がひたすらぼーっとできたのか、新たな事を始めたら、ようやく分かってきました。

 

問題を感じて、人はようやく生きていると思えるのかもしれない。

私がここ最近ひたすらぼーっとできたのは、凪なルーティンを私なりに確立できた証だったのだろうなと今は思います。

読者の皆さんは私の事を忙しそうと思ってくださる方が多いのかなと思う印象を受けますが、結構私はぼーっとしてました。

もちろん毎日仕事はしているし、毎日ではないけれどブログも更新していたし、そこそこ人にも会っていたけれど、全部凪なルーティンの中に日常があるんです。

すると、自分の感覚としては、もう老人かなと思うくらいぼーっとした感覚の中に身を寄せる感じになるんです。

波動を凪にすることに努めた後遺症とも言えるのかなと思うのですが、今ようやく思うのは、凪は大切だけど、凪一色だと生きてる感がかなりないということ。

ここ最近あまりに自分の日常が凪過ぎて「自分生きてるのか、死んでるのか良く分からないな?」と思うことが多々ありました。ある意味これは幸せなことなはずなのだけれども……今もの凄く自分が楽しんでいるかと思うとそれは「否」だったので、その「否」の理由をとことん突き詰めてみて分かった事は、ほんと恥ずかしいのだけれどもyoutuberに嫉妬していた事実でした。

だから、重い腰を上げて、ブログのyoutuberを目指して一つずつやり始めているのだけれども……すると、今まで何にも問題のなかった私の日常が問題だらけに見えてくるんです!

でもが、そうしてみて久方ぶりに「楽しい!」って感覚を体感しています!そして、無茶なこととかやったことない事をしたりして、問題を感じて初めて人間は「生きてる感」を得られるようになっているのかもしれない!って今思ってます。

 

悩むことが、そもそも生きてる感に繋がる。

昨日の記事では、「感情ばかりを注視すると不幸になる」というお話をさせて頂いたのですが、

【超簡単②】ハートに従っているスピ系が不幸になる理由

2019年10月4日

【超簡単①】ハートに従っているスピ系が不幸になる理由

2019年10月4日

そもそもなんでスピ系の人たちが感情に囚われて、そこから抜けられなくなってしまうかと言えば、それは感情重視の方が「生きてる感を味わいやすい」っていう部分があると思います。

だからこそ、そこに注視すればするほど、感情の束縛から逃れられなくなってしまうのではあるのですが、感情が薄くなればなるほど、逆に「生きてる感」が減ってしまうことも、これまた事実だと思います。

また、今悩みを抱えている人もいるでしょうが、その悩みは「生きてる感」を味合わせるエッセンスでもあるだなと、最近ようやく私は気が付きました。

悩みがあると、人には様々な感情が巻き起こり、あっちやこっちに気持ちがフラフラしてしまい嫌になってしまうかもしれませんが、本当に悩みがないなという状態が訪れると、それはそれでつまんないものです。

ただいつまでも同じ悩みを抱えていてもそれはただのストレスになってしまうので、一つずつ悩みをクリアにさせていきながら、次の目標を持ち、そしてまた悩みながら生きていきたいですね。

悩むことは、感情をつれてきてくれます。そしてその感情は結構な具合で「生きてる感」を与えてくれるのですから♪

ですから、最近の私は悩みを慈しみ、そして悩みがあることに感謝してしまうほどになりました。

凪って有難いけれど、そればかりが続くのはちょっとね……やっぱりね気持ちが暇なんです。

やることがあっても気持ちが暇だと、それだけで「生きてる感」がかなり減るので、ちょっとばかしのトラブルや悩みや問題を抱えることって、すごく生きるために大切なんだなって今思ってます。

私と同じような気持ちを抱えている人は、悩みを乗り越えすぎてしまった結果、きっとあまりに今平穏なのだと思いますから、どうか無茶とも言える一歩踏み出してみてください。

きっと急激に、生きてる感回復すると思います♪

 

新刊のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

 

 

14 件のコメント

  • 色々挑戦したり、違う世界みたりしたり、成功したり、失敗したり、楽しかったり、痛い思いしたりするのは、のちのちの人生では、良い知恵になったりトラウマになったりしていますが、人生の主導権を持つのは、良い経験だと思います。

    • ありがとうございます。
      失敗したり傷ついたりした時は、本当にただただ辛いだけなのですが、なぜ後から振り返ると、失敗したり傷ついたりした経験が一番有難かたいなぁって思えるんでしょうね。
      そしていずれそうなると分かっていても、やっぱり失敗したり傷ついたりはしたくないんですがね(^^;)

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • 「これはもう死んだ」と諦める瞬間に立ち合うと生きる喜びを知ることができます。
        私の場合、震度6でそれを感じました。

        事を成した人物というのは、臨死体験か九死に一生を得る瞬間に立ち合っている思います。

        • おはようございます。
          私の場合は、仕事が、ガチでピンチの連続で絶体絶命になった時「これはもう死んだ」と思うことが度々あったのですが、身体は至って健康で、大きな災害は東日本大震災を東京で体感したくらいのことです。
          まだまだ修行が足りませんね!

          それではこれからも宜しくお願い致します☆

          • 臨死体験は、天の配剤としか言えないませんよ。
            そのまま死んだら、今回の人生が終わるので、
            ただ、生きは「息」、死期は「四季」
            起きる時に生まれて、寝る時に死ぬ。
            一日は一生の縮図、一年は一生の縮図。
            毎日を大切に生きるしかないですよね。

            食料は一週間ぐらいとらなくても生きれる。
            水分は三日ぐらいとらなくても生きれる。
            空気は、15分呼吸しなかったら、死にます

          • 今日も素敵な言葉を教えてくださりありがとうございます。

            些細な時間の些細な思いが、そして言動が、一生を作り出す鍵なのだなと、改めて思えました。

            やっぱり今日を大切に生きることが何よりなんですね。

            ちなみに天の配剤という言葉も始めて知りました。

            いつもありがとうございます。これからも宜しくお願い致します。

  • 解ります~。
    その昔、ヨーロッパ・中近東・北アフリカを手配地域とする地上手配業者=ランドオペレーター(一般的には知られていない職業です)として25年強働いていました。この業務、とにかくトラブルが続出するんです。とにかくトラブルのないツアー運営をしたくって、悩んだり、不満ぶちまけたり、交渉したりしながらトラブル処理してましたが、ある時その甲斐あってトラブルのない時期が続いたんです。そうしたら・・・「ここまで順調に運営できたら、別にわたし必要ないよね?」という思いが出てきて、猛烈な喪失感を味わいました。で、結局次なるトラブルを求めて(自覚無し)新しい地域の開発にのめり込むという・・・そんな事もあったなーと、思い出しました♪

    友理子さんの言う「凪な感じ」って、わたしが学んだ心理学で言えば「メタ=第三ポジション」だと解釈していて、師匠からは「メタポジションを取れることは、問題解決も含めてとても重要なことだけど、そこにずっと居ると退屈するよ。だから、第一ポジション(自分の立ち位置、目線)と第二ポジション(相手の立ち位置、目線)と第三ポジション(メタ、俯瞰する目、第三者の目)を自由に行き来できるのが一番重要」と学びました。

    それからは、ドラマや映画を観る見方も、自分に起こる色々な出来事の見方も変わりました。人間どうしても悩みや問題があることが問題と捉えてしまいがちなのですが、それは第一ポジションの目からだけのことで、第三ポジションから見るとかなり面白い。凪な感じで、抑揚のない平穏な日々のドラマや映画なんて、そもそもドラマにも映画にもならないし。自分に起こる様々な問題に苦しかったら、第三ポジションに出て、俯瞰して見て、冷静さを取り戻してから面白さを確認して、まだ第一ポジションに戻って苦しむことも楽しんでみるって日々になりました。

    ただこの手法、傍から見ると「自分事なのに、他人事過ぎる!」とたまに怒られます(笑)もっと悩んで落ち込めよってことらしいです。

    • こんにちは!
      有難い情報を教えてくださりありがとうございます。
      メタポジション今日初めて知ったのですが、割合似てるかもしれません。それから昔の私はエゴがしっかりあったので俯瞰していてもそのポジションに居続けれることができなかったのですが、エゴが正常化した状態で凪ってると、「今までに体感したことない果てしない無に陥るんだな」ということに今回気がついたので、適度に新しい事に常に挑戦しながら、ド凪になりすぎないように気をつけようと思いました。

      ほんと、トラブルなきゃドラマなんてうまれないんですよね!

      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • こんばんは。
    ゆりさんと皆さんとのやり取りを読んで、何か少し安心しました。
    実は私事で恐縮ですが、You Tubeの動画でコメントしてたら、急に漢字変換が中国語表記になってしまい日本語にならないので、使う言語の設定もチェックしたら当然、日本語なのに解決策が見当たらず、途方に暮れていたのです。
    私が書くコメントは、こちらで書く内容とそう変わりはないですし、寧ろゆりさんがグーグルに気に入られているので、そんなに変な内容を書いたつもりはないのですが、よく理由が分からない為不安になっていましたが、考えようによっては、私一人をターゲットにしたところで何もならないでしょうから、鷹揚に構えて置こうと思えました(最近、かなりトランプさんに中共も追い詰められている為、瞬間、工作員の仕業なのかと思ったのですが、あまり考え過ぎても仕方ないですね(^_^;)御免なさい)
    こういう場があり、ゆりさんと皆さんのやり取りから、色んなヒントを頂ける事に感謝します。有難うございました。
    追記:ひとつ思い当たる節があって、今日本にいる反日工作員は北朝鮮シンパと韓国シンパで揉め出したから、急に週刊ポストの記事や小泉進次郎叩きが始まっているってコメントしたら、速攻で消されたんですよ。その時は図星だったんだなって思って敢えて反論もしなかったんですけど、それからマークされているんでしょうね。でも、これはゆりさんの受け売りなので、ゆりさんの見方は正しかったという事です(^-^)v

    • こんばんは。
      そんな不思議なことあるんですね。
      びっくりしますよね。
      治って良かったです。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • うわぁ、ゆりさん早いですね!まぁ、直ってないんですけどね( ̄∇ ̄;)
        ここ数日間、中国語表記になったり、戻ったと思えばまた中国語…(ò_ó;)の繰り返しです。
        一度だけYou Tubeからアンケートの通知が、偶々来たので事実を書いて送信したら、直ぐに元通りになったのですが、今も嫌がらせは続いていて、Yahoo検索も大変見辛いものになっています。こういう目に遭っているのは私だけとは限らず、他の方も肝心のコメントを消されるとリプライしてました。
        これって産経新聞がフジサンケイグループなのに、フジテレビとスタンスが違うって事の現れなんですかね⁈
        只、結構言論封じもYou Tubeで起きてるみたいで、まだ事の真相はよく分からないのですが、N国の立花さんが炎上商法を理由に広告差し止めで、お金も入らなくなりそうなんですよ。ある意味これは、既得権益側も相当追い詰められているので、私みたいな一般人にもヒステリックに反応しての事なんだと思うのです。その点ではゆりさんも気をつけてくださいね。本当に急にやられるんで、対処の仕様がないのが現状ですから。

        • こんばんは。
          まぁN国党のあのやり方では、そのような処置は致し方ないかもしれないですね。
          秩序を守るためには必要な処置だと私は思います。
          ただし、根本的にお金儲けのためにやっているわけではないですからね。本人もそこまで気落ちしていないのではないのかと思います。

          っていうか……言いにくいことですが……とりあえず落ち着いてください。
          あーちゃんの落ち着きの無さが、明後日の判断を生み、またその勘違いから妄想を大きくしている面もあるのではないかと、今まで頂いたコメントを見ていると、私はどうしてもそう感じてしまいます。
          それは、トラブルを増やす事に繋がりますから、どうか落ち着いてください。

          またあーちゃんの場合は、コメントで自分の思いを発信をするよりも、自分のメディアを持ってそこで発信した方がいいように思います。
          情報を見聞きして、そのテンションのままコメントを書くことを繰り返しているから、どんどん気持ちが高ぶり全体が見えなくなっているように私は感じます。また自分の持ち物と人の持ち物の違いにも気がついていないのかなと思う事もあります。
          ですから、正々堂々と自分のメディアを持ち、自分の等身大を見せた上で自分の思いを伝えることを繰り返した方が、今よりも落ち着いた気持ちになるのではなかろうかと私は思います。

          それでは失礼します。
          これからも宜しくお願い致します。

          • ゆりさん、大変ご迷惑をお掛けしました。本当に御免なさいm(__)m
            でも、敢えて言い難い事を言って頂き、有難うございます。
            そうですね。少し頭を冷やします。

          • こんにちは。
            素直に受け止めてくださりありがとうございます。
            これからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください