【補足】脳みそ第一主義の人ほど騙されやすいのではなかろうか。

引き続き私の宇宙観シリーズです。

これはさっきの話の補足です。

【私の宇宙観】脳みそ第一主義は、一神教の世界観ではなかろうか?

 

脳ほど錯覚を作り出す器官はないように思う。

私は常々この社会は仮想現実によって成り立っていると言っています。

その根本にある理由は、地球にある道理を無視した自己保身のために社会生活が営まれているからです。

そして、ピラミッド型で考える社会構造こそが、その原動力になっているように思います。

【違う】人の為と思う時と役に立ちたいと思う時

去年発売させて頂いた「だからあなたの幸せは苦しい」では、私たちが日頃触れあう情報によって、どのように私たちが現実認識を取り違え、そしてその取り違えたことにより起きている苦しみとは何なのかということを、書かせて頂きました。

【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

そもそも、この世の中のだいたいは、勘違いばかりです。

「幸せ」が永続的だと思う感覚も

男女というのは一生愛し合う関係だと思うのも

お金があれば幸福になれると思うのも

有名になったり、地位が高くなれば楽できると思うのも

便利なものによって働く時間が減ると思うのも

勘違いだったとしか言いようがありません。

 

そもそも「幸せ」とは一時の感情を表す表現にすぎないし

男女は一生愛し合えるものでもないし、一生愛し合える男女なんて超ミラクルな奇跡としか言いようがないし

お金があったからといって幸せになるとは限らないし、宝くじに当たって不幸になったと思う人のが多いとかいう統計だってでているし

有名になったり、地位が高くなれば必ず責任の方が大きくなるし

便利になった分仕事のスピードがどんどん早くなって、それについていくのが今度は大変になるわけだし、

冷静に考えてみると、表層的に思わず「そうだ!」と言いたくなるような物事ほど、大きな落とし穴があるものですが、

表層に覆われた文言こそが真実だと思い込む人ほど、この落とし穴に気がつくことなく、苦しんでいるように思います。

そして、この思い込みを作っているのは自分の身体の器官においてはどこかと言われれば、「脳みそ」なのだろうとやはり思います。

 

美味しいか美味しくないかは脳が判断するものではないと思う

脳みそ第一主義が強くなればなるほど、多くの人は自分の持ち合わせている五感の機能すら上手く使えなくなっていくのではないのかなぁと思ってます。

たとえば、高級レストランと屋台で食べるB級グルメがあったとします。

「高い物の方が良いもの」という思い込みがしっかり脳に刻まれている人ほど、高級レストランでの食事の方が「美味しい」とか「良い」という判断になるんじゃないかなと思います。

実際、どちらが美味しいかは食べてみなくては分からないし、体調にもよるものです。

また、「価格が高い物の方が良いもの」という思い込みが強い人であれば、高級レストランでどんなに自分の口に合わないものが出てきたとしても、「美味しい」と思わなければならないという意識が強くなるだろうなと思います。

そうなると、味覚の判断基準よりも脳の判断基準の方が上になってしまいます。

そして、こういうことを繰り返しているうちに、本当はマズイと思っている感覚すら失われていくようになるんじゃないかなと思っています。

私たちが生きているこの環境は、こんな風に自分の感覚以上に「こう思うことが正解!」とさせる思い込み(マインドスイッチ)に溢れています。

そして、脳みそ第一主義の人ほど、脳の支配力が強くなっているであろうと思うので、自分の五感で思うこと、自分の部位や内臓が思うことよりも、脳が判断している正解に合わせなくてはならないという矛盾が身体の中で起きているのではないのかなぁと思うことが多々あります。

 

身体全体で判断する癖をつければ、そう人には騙されない。

私は、波動で物事で判断する癖があるということは常々お伝えしているのですが、波動を感知するのは特別な能力ではなく、五感をきちんと駆使すれば誰でもできることともお伝えし続けています。

第三章 波動の特性を理解する ~波動は誰でも感じられるもの~

なんとなく良い感じや悪い感じは、脳で判断するのはなく、触感や嗅覚、聴覚、視覚、味覚を総合して作っているはずだと私は感じています。

しかし、脳を中心とした情報処理ではこの5感以上に、目の前にある情報だけで判断しようとします。そして、その情報を判断するのは、それまでに蓄積された思い込み(マインドセット)によってです。

そして、脳を中心とした情報処理ばかりをしている人ほど、表層的に良い文言が踊っている事物に恍惚してしまいやすいのではないのかなと思います。

だから、騙されちゃうんじゃないのかなって思ってます。

そして、脳は一度思い込んだ内容によって現実に対する解釈を変えてしまうため、人々が「そうだ!」と思い込んでしまった積み重ねによって、様々な仮想現実が作り上げられ、それが今私たちが生きる社会を形成しているんじゃないのかなって思ってます。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

2 件のコメント

  • ゆりさん、こんにちは。

    宇宙と人体の一連のシリーズ面白かったです!
    国生みと細胞と一神教の話はなるほど!と目からウロコでした。

    現代人は脳で考えて出した答えが正しいとおもいがちだから、
    ものごとを感覚で感じている人も、その感覚を上手く言語化できない、また、その感覚に自信がもてず、理論的な人や口の上手い人に流されてしまうのもあるのかなぁと、自分自信の経験(特に親との関係)から思いました。

    まずは自分の感覚を信じないとですね。

    • お久しぶりです!こんにちは!

      面白い、目からウロコと言われて嬉しいです。
      脳の意識はどんどん増大になっているように感じていますが、そもそも全てを脳で判断しているわけではないことを思い出していきたいですよね。

      それではこれからも宜しくお願い致します☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください