【NHK】こうして国民は現実認識をはき違える

ついさっき、NHKのお昼のニュースを聞いていたら、敢えて国民が誤解することを促しているかのようにしか思えなかったので、記事書きます。

 

これは誤解するだろ!と思ったNHKニュース

つい先ほどお昼のニュースで、アナウンサーがこのニュースを読み上げていました。

「徴用」めぐる裁判 原告側が新日鉄株式の売却 先送りの方針

原文引用しますね。

「徴用」めぐる裁判 原告側が新日鉄株式の売却 先送りの方針
2019年3月26日 12時32分

太平洋戦争中の「徴用」をめぐる韓国の裁判で、原告側は、すでに差し押さえた新日鉄住金の株式を売却して現金化する手続きを先送りする方針を示し、新日鉄住金に対して賠償に関する協議に応じるよう改めて求めました。

太平洋戦争中の「徴用」をめぐる韓国の裁判では、去年10月に新日鉄住金に賠償を命じる判決が確定し、原告側は先月、新日鉄住金の本社を訪問して、すでに差し押さえた株式を売却して現金化する考えを伝えていました。

こうした中、原告側は、26日、株式を売却する手続きを先送りし、新日鉄住金に対して賠償に関する協議に応じるよう改めて求めると発表しました。

発表では、原告が高齢であるため株式の売却手続きについて検討せざるをえない状況にあると強調したうえで、日本企業だけではなく、日韓両政府もその点を認識するべきだとして、早期に対応するよう訴えました。

日本政府は、原告側が株式を売却することについて、「極めて深刻だ」と述べていました。

一方で、ことし1月に賠償を命じる2審判決が言い渡された機械メーカー不二越の裁判について、原告側は、韓国内の資産の差し押さえを認める決定をウルサン(蔚山)地方裁判所が出したと発表しました。

対象となる資産は、不二越と韓国企業による合弁会社の株式、7億6500万ウォン分(日本円にして7500万円ほど)で、一連の裁判で日本企業の資産の差し押さえが認められるのは、これで3件目になります。

本当にどこの国の報道か?と思う内容の羅列に驚愕です。

また耳で聞いている限りでは徴用には「」はついていないわけです。この言葉を繰り返すほど、世の中の認識は「日本は朝鮮人を徴用した」となって当然でしょう。この誤解は問題をこじらせることにしかなりません。

NHKの体質からするに、そのような誤解を与えてなんぼと思っているからこそ、このような言い回しをするのでしょうが、日本の報道として、そして公共放送としてあるまじき報道内容に驚愕です。

 

報道は事実をベースに作られているという誤解

このニュースで最も由々しき問題は、韓国人が主張する「徴用の事実などなかった」のにも拘わらず、まるでその嘘が事実としてあったかのような誤解を多くの国民に与えることでしょう。

報道ベースで毎回この主張はそもそも嘘であり、とんでもない主張であるということをきちんと伝えなければ、朝鮮人の主張が事実だと誤解する人がでてきます。

またその誤解によって要らぬ揉め事すら増やしてしまうのです。

この問題の一番の争点は「徴用の事実などなかった」のに、ないことをでっちあげ日本にたかろうとする韓国の態度です。

しかし、繰り返しますが、この報道はその重要な問題点が抜けています。そして、そのままこのニュースを事実として受け取れば、協議に応じない新日鐵住金が悪いかのような印象を植え付けます。

 

ながら作業で耳に入る内容ほどすり込まれる

さらに、問題なのは多くの人はテレビを見ている時にテレビだけに集中していないということです。

家事をしたり、携帯を触っていたり、家族とお喋りしながら、テレビが流れていることが多いでしょう。

こういう「ながら」の時ほど、人は情報に無防備になるため、流れてきた情報をそのまま素直に受け止めてしまいがちです。

しかもその情報が腑に落ち「潜在意識」に入ってしまえば、もっと大変です。自分の知らないうちにマインドセットが作り上げられるので、知らず知らずのうちに「日本は悪いことをした」「新日鐵住金が悪い」「日本は分が悪いから逃げている」のような印象に基づいた判断を作るようになってしまいます。

 

NHKの記事を添削します。

ということで、とりあえず先ほどの記事、私なりに添削しておこうと思います。

募集工裁判 原告側が新日鉄株式の売却 先送りの方針
2019年3月26日 12時32分

「第二次世界大戦中に徴用させられた」とありもしない事実を元に行われている韓国の裁判で、原告側は、すでに差し押さえた新日鉄住金の株式を売却して現金化する手続きを先送りする方針を示し、新日鉄住金に対して賠償に関する協議に応じるよう改めて求めました。

そもそもこの裁判の原告者は、徴用ではなく募集に応じて日本に来日しており、給料も支払われております。また日本人が徴用され始めたのは1939年からですが、朝鮮人を徴用したのは、第二次世界大戦末期の1944年9月からです。この裁判の原告者が日本に来たのは1943年ですので、徴用工ではなく募集工であることは明確です。

しかしながら韓国では、なぜか嘘ででっちあげの話が事実としてまかり通ったため、去年10月に新日鉄住金に賠償を命じる判決が確定し、原告側は先月、新日鉄住金の本社を訪問して、すでに差し押さえた株式を売却して現金化する考えを伝えていました。

こうした中、原告側は、26日、株式を売却する手続きを先送りし、新日鉄住金に対して賠償に関する協議に応じるよう改めて求めると発表しました。

発表では、原告が高齢であるため、株式の売却手続きについて検討せざるをえない状況にあると強調したうえで、日本企業だけではなく、日韓両政府もその点を認識するべきだとして、早期に対応するよう訴えましたが、裁判の根底となる徴用工自体が原告側の捏造です。また原告側が対応を変更して、協議に応じるよう求めている理由の一つに、「日本側からの報復措置に対して懸念する声があるから」とも伝わっています。

日本政府は、原告側が株式を売却することを受けて、対抗措置の検討に入っています。具体的な措置は、文在寅(ムン・ジェイン)政権の対応を見極めた上で判断する方針で、「あくまでボールは韓国政府にある」(政府高官)と韓国側に解決策を提示するよう一層強く迫る構えです。一方、自民党内では対抗措置の早期発動を求める声が日増しに高まっています。(※この段落の添削文章は産経からの引用ですhttps://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/181130/plt18113021560035-n1.html

また、ことし1月に賠償を命じる2審判決が言い渡された機械メーカー不二越の裁判について、原告側は、韓国内の資産の差し押さえを認める決定をウルサン(蔚山)地方裁判所が出したと発表しましたが、こちらの賠償裁判も韓国側の事実に基づかないでっちあげの話が元になっています。

対象となる資産は、不二越と韓国企業による合弁会社の株式、7億6500万ウォン分(日本円にして7500万円ほど)で、一連の裁判で日本企業の資産の差し押さえが認められるのは、これで3件目になります。日本がはっきりとした態度を示さない限り、今後もこのような裁判が増えることが見込まれます。

青太文字部分が私によって書き換えられた部分です。

NHKは繰り返し、韓国の主張の根底がそもそも嘘であることを明確にした上で報道をする必要性があると思います。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

 

5 件のコメント

  • NHKはヘッドライン?タイトル?のみ見ます。
    ~おそれがある、~可能性がある、~という声があがる、なども誘導ですよね。

    トランプ大統領とロシア、この前のアメリカ北朝鮮会談も、逆の推測ばかり言ってました。

    よく見る感じ良いアナウンサーも洗脳されてるのかなあと複雑な気持ちです。

    • 仰る通り、事実が見えるようになってくるとヘッドラインの所からめっちゃ誘導かけてるなぁっていうのが分かってくるようになりますよね。
      日本のメディアで米国のミスリードが多いのは、アメリカのメディアが日本と同じ感じで、それをそのまま垂れ流ししているからだと思います。
      CNNはコミンテルンネットワークニュースと揶揄されるくらい超左派なリベラルメディアですものね。
      普通に洗脳されているメディア関係者って多いと思いますよ。

      メディアから一歩離れた庶民の方が物事がよく見えるようになるなんて、時代は変わりましたよね。

  • ほんとに報道のあり方は悩ましいですね。すみませんちょっと気になったのですが…245人って数字なんですが、国民徴用令でこの人数だけ日本に来たのでなく、昭和34年に日本に居住されてる在日の方の中で、国民徴用令で来られた方は245人だけじゃないでしょうか…??私の読解の仕方が間違ってたらごめんなさい。

    • 何度も返信してごめんなさい。
      あぁそうか……
      「昭和34年当時の在日朝鮮人約61万人中、戦時中に徴用労務者として来た者は245人にすぎない。」
      ということは、当時の人数より在日が減っているから、そこを増やさないといけなかったですね。
      アゴラのこの記事↓によると、
      http://agora-web.jp/archives/2035643-2.html
      終戦時には朝鮮人は内地に約200万人いたので、徴用工は(1959年の245人の)4倍としても約1000人。
      あぁそうか……ようやく理解できました。

      人数の部分は消す形で対応することにしました。

      教えてくださりありがとうございます。

    • 245人の数字って……そうなんですね。
      私完全に勘違いしていたと思います。
      教えてくださりありがとうございます。
      もう一度確認し直して、こっそり訂正しておきます。
      教えてくださりありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください