【まさか私が??】HP存続の危機???

自分でも気づかぬうちに、言論人の第一歩を踏み出しているように感じて、とにかく嬉しいです(^_^)

 

 

いつのまにか、言論人になりたいって思ってました♪

私、マーケティングとか広告とか音楽関係の仕事しかしてこなかったから、言論人とかなんて自分には縁遠い職業だと思っていたの♪

でも、会社を辞めてからひたすらブログを更新し続け、そして作家としてもデビューさせてもらい

さらには、虎ノ門ニュースやチャンネルくららなどの言論畑の情報を日常的に聞くようになり、私も同じような立ち位置で仕事できるようになったらいいのになぁって願望を持つようになっていたの。

去年くらいから、積極的に政治家やジャーナリストの方々とも交流を深めるようになり、

去年は三重県知事にインタビューもさせて頂くことができました(^_^)

286 三重県知事にインタビュー♪

【驚愕】生まれて初めてこんなに主語述語がしっかりしている人に会った! 2017年11月5日

 

そうしようと思ってから、自分の憧れだと思ってた人たちに辿り着くのは早かったなって思ってます。

 

そして、今年は自分の中において言論人風活動2年目♪♪

そうすると起こっちゃうんだよね(^_^)こういこと

 

言論界は、訴訟の嵐♪

今年は言論界が特に荒れてます。

行き場の無くなった朝日新聞を主とした左派の面々が自分たちに都合の悪い情報を抹殺しようと殺気立ってます。

朝日新聞による言論抹殺―前編 小川榮太郎

スラップ訴訟と呼んで相応しい内容の訴訟や実情が、様々な箇所で起きていますよね。

スラップ訴訟とは

ある程度の発言力や社会的影響力のある、社会的に優位といえる立場の者が、特に発言力や影響力を持たない相対的弱者を相手取り訴訟を起こすこと。強者が弱者に対して訴訟をしかけることで、半ば社会的な恫喝あるいは報復として機能する。

スラップ訴訟は、たとえば個人と企業との間の対立において企業が個人を提訴するという形で行われる。個人は企業が孕む問題を告発する情報を発信し、企業側はこれを名誉毀損として提訴する、という構図が典型といえる。訴えられた個人の側は訴訟に対応するために個人では対応しきれないような金銭的・時間的な負担が強いられる。世論は企業側に好意的な見解を寄せやすい。結果として告発者を疲弊させる嫌がらせ効果に結びつく。

 

なんと!ヽ(*’0’*)ツ実はそれと似たような事が私の身の上にも起こってしまったのです!!

まるで気分は朝日新聞と対峙する小川栄太郎さんの気分で、嫌がらせされてるのに、ちょっぴり心はウキウキです♪

 

 

私に通知書を送ってきたのは誰??

昨日、私の元に「送信防止措置通知書」というものが送られてきました。

私もこの名前初めて知ったのだけれども、「送信防止措置通知書」というのは、「誹謗中傷の書き込みがされた時に、その書き込みが拡散されないように、書き込まれた投稿を削除する依頼」をするものだそうです。

へぇ~こういものがあるんだって、驚き。

それで色々調べてみたら、確かに必要だなって思ったよ。

これは↓ひな形なんだけれども、ひな形の内容がえぐい。

このひな形発見した時に、確かに「送信防止措置通知書」は世の中に必要だなって思ったよ。

 

ただね、私のブログをお読み頂いている人は分かると思うけれども、こういうことって書いてないよね。

私は事実に基づいたことしか書かないし、私なりに調査して分析した結果しかここには書かない。

ちなみに、私はその人のことを記事として扱ったこともないの。

ではどうして?って話でしょ????

 

このブログあるあるなんだけれども、コメントで「この人は信用していいですか?」って書き込みってよくあるでしょ?

それが名誉毀損に当たるって「送信防止措置通知書」が届いちゃったよ(^_^;)

つーか、「この人は信用していいですか?」ってくだり、このブログの様式美であり超あるあるじゃね??

あくまで信用するしないは、それぞれの主観であるはずだし、信用できない気持ちというのは、普通に持ち合わせていいはずのものじゃない?

少なくとも私は、全ての話に対して否定しているわけではないし、私の審美眼において実直に受け止めて判断しているに過ぎないよ。

 

でも、その方にとっては、私の回答ではなく、コメントを投稿してきたことそのものが名誉毀損に当たるって話らしいの。

アクロバティックすぎないかい??

 

いつもの私ならここで、どの記事のどのコメントか張り切って晒して、さらには、どんな通知書が送られてきたのか晒すのが恒例なのだけれども、色々考えてそれは少し待つことにした。

 

送られてきた通知書に対して、私は今日回答書を書いたのだけれどもね、それを書いている最中に、この通知書を書いた人の事を思ったら泣けてきたんだ。

不思議と泣けてきたの。

可哀想な生き方をしているようにしか思えなくて。

その人は、ブログ界隈では奇跡のメンターと呼ばれていて、25歳の仙人とかとも言われて、若いのに超悟ってるっていうことでそこそこ人気らしいのだけれども、

仙人なはずの人が、「誹謗中傷の書き込みがされた時に、その書き込みが拡散されないように、書き込まれた投稿を削除する依頼」なんてって思ったら、素直に悲しくなって泣けてきたよ。

 

仙人であり、メンターを職業にしているはずなのに、「誹謗中傷の書き込みがされた時に、その書き込みが拡散されないように、書き込まれた投稿を削除する依頼」するなんて、矛盾が凄すぎて、泣けてきたよ。

 

しかも、たかだか私のブログに投稿されたコメントがそれほど彼を窮地に追い詰めたのか分からないけれど、彼の名前を検索したら、3番目に私の該当記事が上がってしまっていてね。

 

仙人なのに、これは処理できないんだって思って、泣けてしまったよ。

しかも25歳の仙人って異名をもつ凄い人なのに、「この人は信用していいですか?」っていう素朴なコメントに超ダメージを受けたんだなって思ったら、すごく泣けてしまった。

 

仙人って何なんだ!

メンターって何なんだ!

って素直に思ったよ。

 

正直、周囲に仙人でありメンターだと思われる人なら、通知書出すのではなくきちんと私と対峙して私を納得させることが先決ではないかと。

だけど、25歳の仙人さまはその過程を思いっきりすっ飛ばして、サーバー会社経由で通知書通達。

 

素直に悲しいなって思ったよ。

しかも、私が書いた記事ではなく、見ず知らずの人が書いたコメントに対して通知書を出してるのに、まるで私が名誉毀損しているかの印象を受けるような文面だったよ。

 

そうか、仙人さまはそういうご配慮はしないんだねって思った。

 

とりあえず、私の優しさライセンスフル活用で、誰から通知書を頂いたかは、私の心の奥底に沈めておいてやっぱり言わないことにするね。

 

そして、まずは私は、仙人であるその方と心通ずることができるように尽力してみるわ。

尽力してダメだったら、全部その過程を公開することにするけれど、今は賭けてみたいの!

仙人と称されるようなメンターの方と心通ずる事ができる状況になれる未来に賭けてみたいの!

 

私、頑張ってみる!

 

お知らせ☆電子書籍発売開始しました。

【縦書き】

【横書き】

本の内容一部を公開してます。

【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

 

本の紹介ページはこちら↓

【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

14 件のコメント

  • takehisayurikoさん、初めまして!(*^ω^*)
    最近ブログを読ませていただくようになりました、しましまと申します。
    過去記事もたくさん読ませていただいていて、勝手に密かに活動を応援していました(*´ω`*)

    私はその方を少し知っています。その方のメルマガとブログを読んでいて、ちょっと高額なセミナーを2回受けて、その後の懇親会で少しお話しした経験があります。

    間違っていたら申し訳ないのですが、その方は過去に強引なやり方でビジネスをされていたのでは?という感じがします。今は上手にファンを集めている印象です。

    現在は本名や写真を公開しておらず、2月末で表立った活動を休止される予定のようなので、その前に個人を特定されるような情報を消しておきたいのかなと。。

    でも私としては、削除依頼をせずに、自分の行いの結果として受け止めてほしいな、なんて思ってしまいます。どんな善意の活動も人によって違った受け取り方になるのは当たり前だからです。何だってそうだと思います。

    その人が悪い人ではないこともわかります。公開しないでくださっていて、takehisayurikoさんは本当にお優しいと思います…。お二人が心通ずることができる未来に、私も賭けてみたいです。応援しています!!!

    長文になってしまい申し訳ありません…!!
    これからもブログ更新を楽しみにしています!^ ^

    • 心温まるコメントをお寄せくださりありがとうございます。
      しましまさんはその方のセミナーを受けられた事があるのですね。
      不躾な事を聞いて大変恐縮なのですが、そのセミナー代金などはお幾らだったのでしょうか。
      実は、セミナー代金が幾らなのかということが、今回の争点の1つとなっているのです。
      その方は、投稿者の方が記載した値段が事実無根ということで、名誉毀損に当たると訴えられているのですが、その方が主催しているセミナー料金というのはネット上では全く出てきていないと思います。
      ですから、投稿者の方が憶測ふまえて書いた金額は、決してその方を一方的に侮辱するものでもなんでもなく、聞いた話による推察の範疇となるため、名誉毀損には値しないと考えております。
      回答書では、先方から事実無根であると立証できるツールを呈示してほしいとお願いしており、そのツールを確認して事実無根であると確認できれば、私の方でも訂正記事など書かせて頂くつもりであります。

      ということで、本当に不躾な質問で申し訳ないのですが、その方にお支払いしたセミナー金額などを教えて頂くことはできませんでしょうか。
      もちろん非公開扱いで承ることもできますので、非公開希望の時には「非公開希望」と明記頂ければと思います。
      何卒宜しくお願い致します。

      • takehisayurikoさん、お返事ありがとうございます!^^
        ご質問に回答させていただきますね。

        まず、私がその方に実際にお支払いしたセミナー金額をお伝えします。
        ①2017年12月17日 単発セミナー約2時間 15,000円(+交流会2時間30分、飲食代込み)
        ②2018年2月18日 単発セミナー5時間 25,000円(+懇親会3時間、参加費5,000円別途(希望者))
        ③音声セミナー 19,700円(50分×7=350分 +追加音声50分など)

        他にもセミナーや連続講座などの案内があったので、私の知る範囲での金額をお答えします。
        ・上記②のセミナー参加者限定特典「個別セッションの申し込み権利」120分 75,000円
        ・2018年2月 1年間連続講座の案内あり(45万円コース と 100万円コース)
        ・2018年5月13日 単発セミナー5時間 30,000円
        ・2018年5月27日 単発セミナー5時間 38,000円
        ・2018年7月 半年間連続講座の案内あり(30万円)
        ・2018年8月 上記の1年間連続講座に後期から半年間参加するコースの案内あり(30万円)

        私はこの方のメルマガを読んだり、無料の音声セミナーを聴いたりしたことで、柔軟な考え方ができるようになり、くだらないことで悩まなくなり、生きやすくなりました。地味なことをコツコツやることが大事という現実的な話も多く、言っていることは正しいように感じています。心から感謝しています。

        ただ、単発セミナーの金額がだんだん高くなっていったのと、私の感覚では上記のどれも高額だったので、3回のお支払いをしたあとは無料のメルマガとブログだけを読ませていただいています。

        ちなみに現在はまだ活動していらっしゃいます。無料メルマガは新規の申し込みができなくなっていますが時々届きますし、メルマガ読者が見ることのできる期間限定ブログというものがあります。そこでセミナーなどの企画の案内があります。

        過去記事のコメントで投稿者の方が記載した金額は、あくまで聞いた話というように感じられます。私も、そもそも名誉棄損には当たらないような気がします。そしてさらに、実際にも金額はほとんど間違っていないと思うのですが…。事実無根とはとても言えないのではないでしょうか。

        セミナーなどを開催しているご本人が、堂々と公開できないような金額だと考えているのであれば、私は残念で仕方ありません。自信を持って、それだけの価値があると思ってお話しされているはずですよね。

        金額は、こちらで案内ページをpdf保存または印刷しているので正確なはずです。もし必要があればそのデータもメールなどでお渡しできます。私個人を特定されてしまうかもしれませんが、こちらのコメントも公開していただいて構いません。皆さんに知っていただき、考えていただきたいからです。

        個人的には、本名と顔写真は消してあげてほしいですが、セミナー金額も争点の一つにしているとお聞きして、なんだか悲しくなってしまいました。言っていることとやっていることが違うじゃないですか…。

        この機会に、私は誰かに道案内してもらうことを止めようと決めました。やるべきことをひとつずつ、自分の直感や信念を頼りに、時にはヒントをいただきながら、地道にやっていきます!!!

        • 詳細に教えて頂き、また公開に同意してくださり、本当にありがとうございます。

          これで彼の主張が嘘であるということが完全に立証できました。本当にありがとうございます!!!

          彼は私に対する通知書にて

          「当人が講師を務めるセミナーの内容は、ビジネスや健康など多岐にわたっており、受講料も無料ないしは3000円程度のものが大部分を占め、5万円を超えるような受講料のセミナーは存在しない。そのため、上記の記載内容は真実ではなく、その他の違法性阻却事由の存在を伺わせる事情も存在しない。」と記載しておりました。

          また、投稿者が●●さんのセミナー代金を「60万~100万」と記載した文面に対しては「セミナーの受講者を洗脳することで高額な受講料を支払わせる等あたかも詐欺などの違法行為の疑いがある活動を行っているかのような印象を抱かせるものであり、当人の社会的評価を低下させるものであることは明らかである。」と書いていました。

          そこで私は反論と疑問点を踏まえ、このように回答させて頂いております。

          ここから↓

          私はたとえ100万円であっても本当に意義のあるセミナーであれば高いと思いませんし、高額な受講料を支払わせる学びの機関が詐欺だとは思いません。●●さんが勝手にそのように解釈しているように思います。
          また、問題となっているコメントが投稿された後に、●●さん本人が投稿してくださっているのですが、●●さんが行っている活動に「高額なセミナーなど無い」ということであれば、●●さん本人がコメントをお寄せくださった際にきちんと私のブログ内で反論してくだされば良かったのにと思います。しかし、●●さん本人がコメントされた時には値段に関しては全く触れていません。そこが大いなる疑問です。

          また、以前私が●●さんのサイトをお見受けした限り料金的なものは一切書かれていなかった記憶がありますし、世に出ている●●さん関連の情報にもセミナー受講料の値段は一切表に出ていないと思います。そうであれば、投稿者の方が憶測をしてしまうのは仕方がないことではないのでしょうか。
          本当に金額に多大なる違いがあるのでしたら、まずはソースとなるような書類や実績表、それから講座生からの入金履歴などをご提出頂けたらと思います。
          あまりに事実とかけ離れて間違った情報が一人歩きしているのであれば、私は改めてブログの記事作成した上で、きちんと訂正させて頂きたく思います。

          ここまで↑

          他のコメントにも書いたように、削除してほしい理由を素直に書いてくださるのであれば、私も同意したと思います。
          しかしながら、純粋に相談してきたと思われる投稿者の方をまるで犯罪者扱いするような言葉の数々がどうしても受け入れられませんでした。
          であれば、まずは彼が主張してきている金額が本当に事実無根な情報なのか確かめたいと思ったのです。
          情報を提供して頂きありがとうございます。心より感謝申し上げます。

          また通知書の頭にはこのような文言もありました。

          ↓ここから↓

          貴社が管理する特定電気通信設備に掲載されている下記の情報の流通により●●●●●(以下「当人」という。)の権利が侵害されたので、貴社に対し当該情報の送信を防止する措置を講じるよう依頼します。
          なお、本書面に記載された内容は、事実に相違なく、貴社から発信者にそのまま通知されること、本件が裁判などに発展した場合に本書をそのまま証拠として提出されることに同意します。また、万一、本書面の記載事項(添付・追加資料を含む)に虚偽の事実が含まれており、その結果、貴社が本書面をきっかけに苦情または損害賠償請求等を受けた場合には、当人が責任をもって対処いたします。

          ↑ここまで↑

          自らの主張が嘘偽りの無い真実であり事実であるかのように主張されていましたが、違ったのですね。

          虚偽の事実が含まれていたことを、しっかりとサーバー会社にもお伝えし対応させて頂くことにします。

          勇気ある投稿をしてくださり、心から感謝致します。本当にありがとうございます。

  • takehisaさま、おはようございます
    ググったら仙人様は現在活動終了しているようですね
    その方のことは知らなかったのですが、付き人の方のブログは読んだことがあります
    そこそこ良いことが書いてありましたが文末に必ず仙人様の宣伝が入っていました。スルーしましたが

    それはともかく仙人様が削除依頼に該当するコメントを消したい気持ちは理解できます
    活動終了した一般人としてもう触れられたくないのか、名を変え新規活動する際に邪魔なのかわかりませんが顔と本名、過去の職業と発言がここからバレる可能性がありますから
    新規活動するなら顔、本名、職歴を曝した方が誠実さアップで好印象なんですけど、ストーカー対策なら仕方ありませんねー
    名誉毀損ということはストーカー対策というのが方便だったとぶっちゃけているわけですが、活動終了しているのなら顧客の不安を煽ることも無く、今さら名誉棄損というのも意味不明です

    果たして個人のブログコメントまで徹底して証拠隠滅する抜け目のない人物と心が通じ合えるか?失礼ながらワクワクしております

    • 私も今回の通知書を頂いたことをきっかけに、該当コメントのURLを押してみて活動終了されていることを知り驚きました。
      私も七氏さんが仰るような目的と意図があって今回の通知書通達に繋がっていると思ったので、気持ちは理解してあげたいなとは思ったのですが……通知書の内容にはそのような事が一切触れられていなかったので、今は削除要請に同意していません。

      「活動を辞めるので消してほしい」ということであれば、私も素直に同意したのかもしれませんが、今回の訴えはそこにはなく、先ほどのコメントに書いた「セミナー金額」と「本名」が書かれたことが争点なのです。
      本名で活動していた過去がばれたくないと本人は思っているのかもしれませんが、そもそも本名で顔出ししてセミナー展開していたのは自分であるのですから、誰かがその過去と現在を紐付けてしまうのは今の時代仕方ないことだと思うのです。それに、URL先は魚拓だと思うので消しにくいのかもしれませんが、まず消すべき先はそちらじゃないのかという思いもあります。
      それから、七氏さんが仰る通り名誉毀損だと訴えられているので、以前のコメントにあったストーカー対策という方便も話が破綻しているんですよね。

      通知書には、あからさまにこちらをモヤモヤさせる主張が満載だったので、私はそこら辺のことをまずは明らかにしてほしい旨を伝えています。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • ゆりさん頑張ってくださいね。
    仙人さんのことは存じ上げませんでしたので、今ググってみたら、もう活動は終了なさっているのですね。
    活動内容についてはわからずじまいでしたが、前回のご本人のコメントや周囲の方が8月30日付で書かれた物から拝察するに、良くない活動をしている自覚があり、過去を抹消したいのかな?と優しさライセンスフル活用で感じました。(あくまで主婦の妄想)
    その点では、良心と純粋さを残されているのかもしれませんね・・・。
    私も消したい過去など山ほどあります。

    ところで、今年の夏は早く終わるかもと思いましたが、いつまでも暑いですね(笑)
    さっき、たまたま最初の記事の日付を目にしました。
    ワードプレス1周年おめでとうございます。いつも面白い記事をありがとうございます。

    私は生い立ちにゆりさんと似た点がありますが(民主王国育ちとか)、アラフォーにして法律の道を志したことをきっかけに、ゆりさんのサイトでも政治のことなど、たくさん学ばせていただいています。
    2000年代初頭のアメリカと現在の日本とでスピブームの波を2回かぶっており、考察記事はたいへん勉強になりましたし、3次元的に生きてみようと腹がきまりました。

    昨日は突然会社の社長が「ケント・ギルバートさんって知ってる?」と、ケントさんの講演会の記事を見せてくれたり、会社帰りの電車内でペンを拾ってあげた男性が目の前で「WILL」を読み始めたりと、左翼じゃない人ってこんなにいたんだ(爆)と。
    ふふっ。と笑みがこぼれる日々を過ごしております。

    長々とすみません。今日も面白い一日を♪

    • さとこさん、ありがたいメッセージありがとうございます。
      さとこさんが気がついてくれなかったら、ワードプレス1周年っていうこともすっかり忘れてました(^^;)
      友達に勧められて始めてみたのですが、この1年ワードプレスをして良かったなぁと思うことばかりです。最初はサーバー代などもかかるから、「やりたくないなぁ」と思ってたのですが(笑)、ワードプレスを薦めてくれた友人らに感謝です。やっぱり、周囲の言葉にこそ次の未来を切り開くヒントが隠されているんだなとつくづく思います。

      さて、仙人さまの件なのですが、私もこういう通知書を受け取った時、最初は関わるのが面倒くさいから、すぐに削除しようか迷ったのですが、きちんと納得できたらそうしようと思って、昨日回答書を書いて良かったです。最近は日本もアメリカを見習ってなのか訴訟社会になっており、こういう場合使われる言葉は、「戦う」や「勝ち」、「負け」になります。私はこのような考え方が自分に宿ることが嫌だったので、相手の言いなりになりそうだったのですが、腹をくくってきちんと意見を言おうと思い、回答書を書いていたら、私の中に「戦う」や「勝ち」、「負け」はそもそも存在せず、「納得」の二文字を手に入れたいと感じていたことに気がつきました。
      司法が本来もつべきものは、「勝ち」、「負け」ではなく、互いが「納得」するための作業なのだなと体感をしたことで、私の見える世界が一歩広がることになったのはとても有難いと思っています。現在法律を学ばれているとの事だったので、つい素直にその思いを伝えたくなりました。話がそれてすみません。

      それから、私も弟子様のブログが活動終了されたはずなのにも関わらず昨日更新されていることに驚きました。弟子様のブログは投稿が2件しかないのですが、どちらの投稿日も私のブログでの出来事とリンクするタイミングでアップされているのが、奇遇だなって思ってます(^_^)

      ではでは、どうぞこれからも宜しくお願いします。今書いてる本がなんとか今日印刷に回せそうなので、一段落して今入ってる仕事を片付けたら、今度は政治の基礎をお伝えする本を書きたいなと思ってます。
      それでは、今日も楽しく生きていきましょう♪

  • この仙人って方、&信者さん達の執着心は半端なくて、ネット上でも彼らが不利(本名、過去の名前、記事など)なことを書かれると、とことんやられるそうですね。
    そのやり方も、偽善者ぶりながら、あくまでも冷静に謙虚さをアピールして追い詰めて行くもの。

    この仙人さんの情報がネット上で少ないのは、このためらしいのですのが、近いうち、姿を消すなんて言いながら、こんなことしていたのですね。

    また名前を変えて活動して行くはずですが、
    仙人さんはあちこちでトラブルっています。

    こちらのサイトで『信用できるか』と書いただけで名誉毀損扱いとされてますが、
    仙人さんの過去の名前を暴露したサイトへも同じことをしています。

    なんといいますか、哀れの一言です。過去を消さないと活動できないなんて_。
    仙人の取り巻きさん達は、半狂乱になってネット上をチェック攻撃していますが、おぞまじい。

    色々大変な思いされましたね。
    でもゆりさんらしくお元気な姿をみて安心しています。
    これからも応援しています☆

    • やっぱりそうでしたか。貴重な情報ありがとうございます。
      最初に付き人の高橋久美さんからアメブロのメッセージにコメント削除依頼をされた時から不可解なものを感じていました。
      アメブロのメッセージは3カ月しか保管できないので今はもう読めないのですが(こんなことになるなら、スクショしとけばよかった。)、削除の理由に「顔を公開してないから」というものが含まれていたのですね。
      っていうか、だったら、アーカイブの方を消すのが先決であって、私に削除を依頼するのはおかしいのではないのかと思いました。

      私は、彼女の訴えは無視することに決めたので、返信していない覚えがあります。
      すると、数時間後、今度は仙人からこちらのブログにコメントがありました。宮崎さんのおっしゃる通り、「あくまでも冷静に謙虚さをアピールして追い詰めて行くもの」という感触を覚えるコメントで、こちらのコメントをした人に対して慮る言葉を投げかけ、「ストーカー被害にあったから消してほしい」という訴えを元に削除してほしいというもの。ですが、最後の文面を見れば明らかな通り、とてつもなく威圧的な恐怖で最後は脅しにかかります。
      この時に、過去にも相当悪いことをしている人なんだろうな、こういう事を他でもやっているんだろうな、という感想を持ちました。だから、コメント全文を公開し、投稿者のコメントを削除しないことにしました。

      ですが、当時不思議だったのが、仙人さまたちは、ネット情報のコントロールをかなり熟知されているようなので、自分たちの都合の良い情報しか表に上がってきません。どうしたら、私のブログのコメントごときに自分の名前が出たのか瞬時に察知して、脅しをして来たのか、当時から謎だったのですが、
      「仙人の取り巻きさん達は、半狂乱になってネット上をチェック攻撃していますが、おぞまじい。」と教えて頂き、ようやくその頃から抱えていた謎が解けた思いです。

      また、今回の一連の騒動をきっかけに、久しぶりに仙人さまをチェックしたところ、3番目に私の該当記事が上がっていたので、相当目の上のたんこぶだったのだろうなと思います。

      まぁ、これをきっかけに今後もこのような事は起こりうるでしょうが、どんな内容であっても「納得」の着地点を探すことを軸に、正々堂々としていこうと思います。

      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • お返事ありがとうございます。
    ゆりさんがアップしてから数日経っていたので蒸し返すようでコメント迷いましたか、ようやく時期が来た!という思いで書かせて頂きます。

    ます、セミナーの金額ですが、しましまさんのコメント通りです。
    仙台の友人が無料メルマガ(音声)からセミナーへ参加する際に、「この人ヤバくない?」というので私もメルマガ登録。セミナーの金額を調べてみました。

    取り巻きのブログには必ず黒仙のブログやメルマガ案内がありますよね。
    取り巻きのブログから勧誘するのが主な手です。
    「私はこうして救われた」

    音声メルマガは、苫米地英人さんはじめとした自己啓発や精神世界の本を読まれてる方なら分かると思いますが、仙人と言われるような凄いことを話してはいません。
    言葉を黒仙独自の言葉にすり替えたものでしかなく、
    いわば、スピの刷り込みばかり。
    25才の彼なら彼自身が驚くばかりのものだったのではないでしょうか。
    そんな刷り込みばかりでお金を稼いで成功できると思ったのは確かだと思います。

    しかし、どんな教えに出会っでも、自分が経験した上で得たもの以上のものはありませんよね。
    40代の私には巷のエセスピと変わりなく思えました。

    黒仙は25歳という若さにして沢山の方達の相談をされてきたそうですが、音声を聞く限り、人の先頭に立ち、導いていくタイプではなく、自分に言い聞かせるような話し方をします。
    例「常に上手くいく方法をみつけるよう習慣化してみることです。うん。__。『どうやったら?マインド』ここは大事なのでメモして下さいね。__うん。」(文字では伝わりにくくてごめんなさい)

    また黒仙は、体型、顔立ちといいおばさんからみるかぎり、弱々しく、ネットにアップしても人を引きつける顔をしているとは言えません。
    ストーカーされたためとありますが__。

    それらをカバーしているのが取り巻き達。
    高橋さんはじめ、周囲の男性たちの方が高気圧的なので、ブログにしろ、セミナー運営を仕切られています。

    これは想像ですが、黒仙はその間、たくさんの本をよみ。時代の先端に送れないよう知識をいれているのではないでしょうか。

    今の名前にする前にも、活動を休止されています。

    活動再開した時に名前が変わり、知識も半端なくてびっくりしたというかれを知る友人がいるのですが、次はどんな手でくるかしらと傍観しています。

    長々となりましたが、私のようなコメントが名誉毀損でしょうね。
    ただ、若い子達の被害者が多いので、あえて書かせていただきました。

    しましまさんのセミナーの金額とゆりさんが頂いた通知とでは、しましまさんのが正しいものです。

    被害者をなくすためにも削除する必要もないと思います。
    他のブログでも高橋さんが爆弾落としていますし、法にふれるものでは全くないですものね。

    むしろお金で人を動かし、メンターや仙人だと妄語する彼のやり方が人としてどうでしょうか。

    ゆりさん、このコメントを公開するかしないかは、ゆりさんにお任せ致します。
    一部削除でも構いません。

    仙台や福島などでは被災地というのもあり、被害者が多くいました。
    活動休止したからといって終わりではない彼の真実を知って頂けたら幸いです。

    • いえいえ、大丈夫ですよ。まだまだ、私はこの問題の最中におります(笑)。ですから、とってもタイムリーで、このネタでお話しできる相手がいることは、私の心を落ち着かせることに繋がっています。今回も貴重な情報をありがとうございます。

      今回、私は法や企業のコンプライアンスを自分たちの都合よく悪用する人たちがいる存在を知って驚きです。
      彼らは常々、ネットの情報によって「私生活上の平穏が害されるおそれがある」と言っているでしょうが、「私生活上の平穏が害された」のは、はっきり言ってこっちですよ。

      たかだか、私のブログに相談があった事について名誉棄損だと言い張り、それではと思い「こちらが納得の行く事実を提供してください」と回答書でお願いしましたが、回答が届けられるそれ以上の速さで、読者さんたちの方から事実が上がってきた結果、あの人たちが主張してきている事実こそが虚偽だったと時間が経つたびにどんどん立証されていっているのです。

      彼らの都合の良い主張によって、「私生活上の平穏が害された」のは私だけではないでしょう。私は仙人一味とは面識もないし、興味もないですが、こうなった以上、とことんやる気でいますよ。私自身はどうなっても構わないので、事実を明らかにしていきたいと思います。

      「仙台や福島などでは被災地というのもあり、被害者が多くいました。」胸に詰まる一言です。
      心屋さんの書籍をデータ分析した時も、同じ結論にいきつきました。人の心が病んだ隙間を狙って、人をコントロールして、自分の生活の糧にするなど、どうかしています。

      現段階において、二度回答書をサーバー会社にお送りしておりますが、これで解決できない場合は、さらなる事実提供が必要になると思います。
      その際は詳細な情報の提供をお願いすることになると思いますが、どうか協力宜しくお願い致します。

  • ゆりさんごめんなさい。
    信用できるかの相談で、検索してもみつからずいたのですが、ようやく相談内容を先程読みました。
    他のコメントや、黒仙からのコメントを読み、昨日書いたこととタブっていたと恥ずかしくなっていました。(黒仙、謙虚にきてましたね!)

    検索したとき高橋さんが書いたものを見つけました。
    こちらでのコメントを先程読んだのですが、高橋さんが書いた時期が近いのもあり、高橋さんの悪意を感じます。
    シルバーバーチとかと同じことを言っています。彼らは刷り込みで出来上がったエセ教団ですね。

    http://dailyshinka.blogspot.com/2018/02/blog-post_25.html?m=1

    ゆりさんにしたら突然のことで、日本人にしたら馴染みのない脅しにもとれる言葉を突きつけられて、とても苦しかったと思います。
    不愉快極まりないですが、
    半年以上経って真実が公になったことは良かったと思っています。
    いまだ「削除」に拘る教団もどうかと思いますが、
    もし、セミナー受けた方達が何かのきっかけでここを知り、自身を見直すきっかけになれたらいいですね。

    私もこちらにくるようになってからスピ業界以外にも、情報社会との付き合い方や、波動などたくさん教えていただきました。
    黒仙のようなセミナーを求め、ジプシー達があとをたたないのも日本の現実。
    だからこそ、ゆりさんのようにブレずに真実を追及して、真実を知る場所が必要だと痛感しています。

    昨夜はお疲れになりませんでしたでしょうか。
    後々で疲れがでませんよう、ご自愛下さいね。
    私も波動下げないよう、今は正義感を弱めて見守っています。
    何度もありがとうございました。

    • いえいえ、とんでもない。私にとっては新しい情報でした。色々と教えてくださり、本当にありがとうございます。

      高橋さんのブログ、なぜか投稿が2回しかないのですが、いずれもこちらのブログで仙人さまたちとの騒動が起こった時と更新された時期が妙に酷似してるなぁって私も思ってました。
      ぶっちゃけ、仙人さまのブログも高橋さんのブログも最初から最後まできちんと読めた試しがありません。矛盾が多い文章や意味の無いダラダラ長いだけの文章を読んでると、頭が疲れるんですよ。
      仙人さまの今日の限定ブログは、ざっくり言うと「価値ある情報を発信しろ」でした(笑)。しかも、中身のないIT系に限って横文字羅列して、たいした事のないはずのことをたいそうな事のように見えることをやりがちなのですが、まるでそういう人たちと一緒だなっていう印象を与えるパターンの記事でしたよっていうか、これ以外の記事もいつも同じ感じがします。ちなみに閉鎖になったはずのHPの最後に/topとパーマリンクつけると限定ブログに飛べますよ。

      私はぼちぼち元気にやってますが、彼らに私生活上の平穏が害されなければ、もっと元気なはずなのになぁと思っています。

      私も自業自得ではありますが、彼らには人生とは常に自業自得の繰り返しであるということをもっと知ってほしいなって思ってます。
      正義を捨てて、現実を直視して、今日も楽しく生きていきましょう♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください