【不思議】いつから神は、人の為に存在するようになったのだろう

スピリチュアルな人々に対する疑問について改めて書きます。

 

その言葉は、まるで人が神の上に存在しているようだ。

スピリチュアルな人々の言葉を見ていると、

「人の為に、神は存在している」

ような錯覚に陥っていきます。

 

精神世界にどっぷり足を浸かることになってしまった私は、全く逆の見識を重ねるようになったのですが、

概ねスピリチュアルに嵌まっている人は、

無自覚のうちに

「人の為に、神は存在している」

と思っているように思えて仕方ありません。

 

人間の一人一人の人生はそんなに特別だろうか。

先に言っておくと、スピリチュアルな事に目覚める前の私は、そして初心者だった頃の私は、「人間は特別である」という勘違いをしていました。

だから「この世に生を受けた一人一人の人生も同様に特別なものである」と思い込んでいました。

だから「自己実現をすること」や「夢を叶える」事こそが、生を頂いた恩返しなんだと思い込んでました。

ですが、ある日見えない意識たちに頼まれてしまった「波動を高める」というミッションを達成すべくコツコツとやっているうちに、自分が思い込んでいた事と事実は逆なのだと思うようになっていきました。

人間が生きるために、夢や希望などは本来必要なく、

ただ目の前にある毎日を感謝の気持ちで生きるだけでいいのだと、

そんな当たり前のことに気づけるようになったのは、神社に沢山出向くようになり何年もした後のことです。

 

それに、神社を沢山回るようになって気がついたことは他にもあって、日本の神様は、現世御利益の為に存在している訳でもなく、

また神に近付こうと努力する人間ならば、当たり前に「滅私」を現実的に求めてくることも分かりました。

【知っとくと便利】神格の高低に基づく神様の言葉より

私が好き好んでいろんな神様にお参りして分かったことは、大きく3つあります。

①日本の神様は、その場で答えは与えてくれない

②日本の神様は、滅私を求めてくる

③日本の神社では、稲荷信仰以外で眷属神が主祭神と同等格にいることはない

 

最初の頃は、「滅私」とか「特別じゃない事実」とかを受け入れるのが嫌で嫌で仕方なかったのですが、波動の変化に応じて、いつの間にかこちらの感覚の方が私の中で普通になってしまいました。

すると、世の中の見え方が大きく変わっていきます。

だから、「人間を特別視」して「自分を特別視」して、そして「自己実現」の道具に「神」を利用していることになんとも思わず、さらにはそれを商売道具などにしている方々には、どんどん大きな疑問を持ち合わせるようになってしまいました。

 

なぜ、神が人間の手助けをせねばならぬ?

ここ最近のスピリチュアルな人たちの言動を見ていると、神を崇めているようで、実は神を利用しているようにしか見えないのですね。

特に多いのが龍神ネタ。

なぜこんなに相も変わらず沸いているのか不思議ですが、心屋界隈&船井界隈が騒いでいるからこそ、変な影響力も強いのだとは思いますが……。

【学ぼう】低俗眷属の動き!

でも変だと思いませんか?

 

神という存在は、大いなる存在なのに、なぜ人間の小間使いのように、人間の為だけに働かなくてはならないのでしょう。

戦後の日本は、神道も宗教と位置づけられて、そのために神社もそこで収支をきちんとせねばならないため、現世御利益を主眼においた祈祷などでお金を稼がなくてはならない事情もあるでしょう。

だから、知らず知らずのうちに、私たちの信仰が歪んでしまった部分もあるかもしれませんが……。

でも、改めて考えて見ると、やっぱり不思議なのですよね。

現世御利益ばかりを人間がするということは、そして現世御利益のために神に願うということは、言わば、神は人間の小間使いのような存在に、知らず知らずのうちに成り果ててしまっているということでもあると思うのです。

人間関係は、常にギブ&ギブであって上手くいくものですが、

神と人間の関係は、よくよく凝視してみると、一方的なギブ&テイクになっているのです。

 

そして、自然を人間の理由で破壊し、循環をおかしくさせておきながら、それで起きた災害については、人間は文句を言うのです。

おかしなことです。

 

私たちは、大いなる存在と供にしかある事はできず、その御心に合うように生きることだけが生きることなはずなのに、

気がつけば、神を小間使いのように、自分に都合良く利用しようとしているんですよね。

 

このような災害が起きると、スピリチュアルな人たちは「神に祈って、被害を最小限にしよう」なんて言いがちなのですが、

その前にすることは、「謝ること」だと思います。

なぜこんなことが起きたのか、反省もない中に解決ということは、人間関係の中においてもあり得ないことです。

 

人間関係でトラブルがあった時に、「ただただ相手のことを祈ったら、解決に繋がった」なんてことは起こりようもないことです。

どうしてこんな事が起きたのか、きちんと過去から振り返って、考えて、それに応じた対応をしていくことで、物事は解決に導かれていきます。

 

しかし、昨今の日本では、いつの間にか「神は人間の小間使い」のような立ち位置だと、知らず知らずに多くの人が勘違いしてしまっているので、「神に祈れば解決」されると思ったり、

また目の前で起きていることを都合良く「人間の今後が良くなるために神が浄化をしてくれた」とかお花畑のことを言いがちです。

よくよく考えるとおかしなことですよね。

ついつい勘違いしてしまうような情報の方が身の回りに多いですから、気を付けていきましょう。

 

追記

そう言えば、同じような事を山村明義先生もFBで仰っていました。

最近日本に起きている自然現象は、まるで「神が怒り狂っている」と呼べるかような異常性を見せていると考えるのは、決して私だけではないであろう。

 

歴史と伝統をはき違えた人々が次々と現れるいまの日本には、日本人自身がその間違いと歪さに気づくまで、大きな自然災害を与えて来るのではないだろうか。

全文は先生のFBで↓

山村 明義FB

 

お知らせ☆電子書籍発売開始しました。

【縦書き】

【横書き】

本の内容一部を公開してます。

【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

 

本の紹介ページはこちら↓

【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

今日のリンク集

【知っとくと便利】神格の高低に基づく神様の言葉

【学ぼう】低俗眷属の動き!

山村 明義FB

18 件のコメント

  • ゆりさんこんにちは。

    記事を読み、本当にその通りだとおもいました。
    祈るのなら謙虚な姿勢で、まず自分が生かされていることに感謝しないとな、と思いました。

    スピ系もそうですが、エコ系の人たちの「地球のために環境のために、エコな生活しましょう!」というのも激しく違和感をかんじます。

    地球は人間が存在してようとしまいと、太陽の周りを回ることは変わらないだろうし。
    地球のためじゃなく、自分のためにやっているんだろ、と突っ込みたくなります。

    • いつもお読みくださりありがとうございます。
      普通に生きている時はエコもスピも利他の精神の上でやっているように見えたのですが、一旦自分が深みに嵌まった上で見直すと、「偽善的な利己」ばかりが世の中を覆っているんだなぁってよく思います。
      仰る通り、地球に人間が存在していようがしていなかだろうが、地球は太陽を回り続けるでしょう。
      そこに人間という存在は必要なのでしょうかね……と、やっぱり思いますよね。

      それでは、今日も与えられた一日を丁寧に生きましょう♪

  • ゆりさん、はじめまして。。
    「さとうみつろう」氏を検索したところ、ここに辿りついた次第です。
    今回の内容とは少々違うのですが、聞いて頂きたくここに書かせていただきました。
    実は、役1年近く前から兄の嫁がスピ系にハマっています。最初は神社巡りぐらいで「パワースポット巡り」なのかな?と、思っていたのですが・・・
    だんだんエスカレートしてきたのか、勤めていた仕事を「本当にやりたい事ではなかった」と、あっさり辞め・・・アカシックレコード?というのを始めたらしく、色々なセッションというのを受けて「宇宙の書庫」が見れると言い出し・・・
    兄嫁はインスタをやっていたのですが、私に見られたらまずいのか「ブロック」され・・・(正直ブロックされても、見れるのですが。笑)
    心配でたまに覗けば・・・ゆりさんの言っておられた「ハッピーちゃん」が出てきました。そんな兄嫁は、今では「ワクワクする」だの「私は私らしく(まぁ、これは悪くはないとは思うのですが)」「期待、常識、ルールという枠を外したら笑っていられる」「引き寄せの法則」「子宮なんとか??」などなど、普通の人とは思えない思考回路になっていっている気がするのです。そんな兄嫁は先日、実の息子に「精神異常者」と言われ数日家出しました。
    そんな家出中にしていたのは、イヤリング作り・・・。ちょっと意味がわかりません・・・というか、怖いです。スピリチュアルが悪いとは思っていませんが、家庭があり子供がいる人間がそれでいいのか心配になります。
    兄に話しても「様子見」と言っていますが、兄の子供たちが心配です。
    そういうのから、抜け出させる方法ってないのでしょうか・・・。やはり、本人が自ら気づかないとダメなもなのでしょうか・・・
    長々とすみませんでした。。。

    • コメントありがとうございます。思わず溜息が漏れるほど、深刻な状況ですね。ですが、ハッピーちゃん、子宮委員長はる、そして心屋さんのどれかに嵌まってしまうと、もの凄い確率で起きてしまう症状とも言えます。
      彼らにどっぷり嵌まるとみんな「幸せになっている気分」に浸れるようなのですが、今たぬきちゃんのお兄様のご家庭が客観的に見て、家庭崩壊しているように、彼らのメソッドに奥様がどはまりしてしまうと、どの家庭でも同じような事が起きています。
      「幸せになっている気分」に浸っているだけで、目の前の現実はどんどんと悲惨さを極めているのに、彼らのメソッドに嵌まると、現実直視できず幻想の中に生きるようなるため、それが分からなくなってしまうようです。
      正直言うと、本人が気がつかないとどうにもならないことです。
      特に夢中になっている段階においては、周りがやんや言うと、返って自己の正義感を強めて、現実逃避を引き起こしやすくなることもあります。息子さんの一言で家出しているというのが、分かりやすくその症状を現わしていますよね。
      お姉様は全てを失うまで気がつかないかもしれませんが、それこそ自業自得の引き寄せです。とはいえ、本当にご家族や子供さんの事を考えると痛み入ります。
      このブログにはお三方のメソッドに関してどこがどうおかしいのか、私の分析を書かせて頂いておりますので、「これは!」と思うような記事がありましたら、まずはお兄様や息子さんと、彼らのメソッドの間違いに関して共有してもらうのがいいのかな????とういか、それくらいの事しか私も思いつきません。ごめんなさい。
      一辺倒に「おかしい」というよりも、何がどういう理由でおかしいのか、こちらも理論武装をきちんとした上で対応しなければ、なかなか難しかなと思います。

      それでは、これからも宜しくお願い致します。

      • お忙しいのにお返事ありがとうございました。
        やはり、自分で気づく他ないのですね・・・。
        スピリチュアルも一概に悪いものではないと思うのですが、私の様な凡人には兄嫁が嵌っているスピリチュアルは詐欺紛い・・・っていうか、救われるものではなく破滅するものにしか見えなかったのです。
        怖くなって色々なサイトで調べても、兄嫁から出てくるお名前の人を悪くいう人もおらず・・・
        兄に話す際の決定的な材料がありませんでした。だから、正直このサイトに出会えて良かったと思います。一度、兄にゆりさんのサイトを見てみらうことにします。
        それでも兄が「様子見」と言うならば、もう止めるのをやめようかと思います。
        正直、兄嫁が手遅れなんだと・・・全てなくならないと気付かないんだと・・・私も思ってはいます。
        だから、もう少しだけ足掻いてみようかと思います。
        ありがとうございました!

        • いえいえ、こちらこそ、コメントまでしていただいたのに、役立たずで申し訳ありません。
          「こちらが正しい」と言うような論法ではなく、単純に「事実を明らかにする」というスタンスがフラットで感情的にならず、良いかと思います。
          私自身波動という、誰から見てもトンデモな事にはまっておりますので、あまり偉そうなことは言えないのですが、最近流行のスピリチュアルは、本来あるはずの見えない世界の道理を完全無視し、人々の心を単に惑わし破壊するためのものになっているように思います。
          その疑念を晴らそうと、私自身人から見れば同じ穴の狢ですが、自分なりの意見をお伝えさせて頂いております。
          助けようとするよりも、淡々と事実をお伝えしていくのが良いと思います。すると、本人の中でフラットな判断もしやすくなると思います。
          応援しております。

  • 自然の力(無限の力)にハマってしまっている知り合いがおります。30万で伝授を受けると、癌やその他の病気、災いから救われるらしいです(ただし素直、感謝出来る等、いわゆる騙されやすい人限定)はては自然葬とやらまで。他のスピ系と違い、あまり表には出ず会員同士での伝言板等(伝言です利用に毎月一万円払って)でやり取りしているので内情伺いしれないですが、かなりイカれてます。
    脱税で捕まった会員もいるようですが、こういうのにハマる人々は、色々なスピ系を渡り歩いている人が多いので一種の病気と思って諦めるしかないと思う今日この頃です。
    何を言っても馬の耳に念仏。

    • コメントありがとうございます。
      「馬の耳に念仏」仰る通りです。
      自然の力を伝授してもらうのに30万円ってwwwwwwww、既に自然じゃないじゃんって思うのは私だけではないでしょうが、彼らはそこに気がつけないんですよね。
      自ら気がつくしか残された道はないのですが、まぁ、気がつく可能性はことごとく低いと思います。
      割り切って、今日も自分の目の前にある人生を大切に生きましょう。

  • こんにちは。
    縄文祭以降、いろんな方が偽スピ(新興宗教?)に注目して、情報が拡散しだしてますね。
    その中で、こんな記事を発見しました。
    「happyちゃんの新興宗教!壱岐月読神社の御神体を入替えて権威を得る? 」
    https://dricho.com/happy04/
    壱岐にある月読神社にhappyさんたちが鏡を奉納し、奉納された鏡が、月読神社の御神体として祀られたそうです。
    奉納自体はよくあることなので、驚かないのですが、「奉納物が御神体になる」というのは聞いたことがありません。あり得ることなんでしょうか。

    • なんか色々拡散していて、素直に有難いなと思います。
      1月の時点ではこんな風になるなんて、想像もしていなかったです。

      一般客が奉納した鏡がご神体になんて、なるわけがないじゃないですかwwwww
      彼女お得意の勘違いだと思います。

      • ご回答ありがとうございます。
        やっぱりあり得ませんよね。(;゚Д゚)
        happyさんのことですから勘違い、もしくはわかってて「私すごいでしょ」って言いたいがために意図的に書いているのか・・・。
        どちらにしても神様を利用して自分を誇示しているように思えてしまいます。怖いもの知らずですね。

        • 私が一番大きいと思う理由は「神道や神社というものを理解していない」からだと思います。
          神道や神社をきちんと理解できていれば、畏敬の念や畏怖の念というものが自然に沸いてきます。
          ですから、あのような畏れ多い言葉など口になどできないと思います。

          彼女のお得意の思考性以前の問題として、認識の甘さというものがあるのではないのかなぁぁと、私は思っています。

  • 過去記事に今更のコメントで申し訳ありません。

    ここのところ、私の周りにいる方の多くが「あなたの守護霊を判断します」という診断にキャッキャウフフ(←表現としてどうかと思うが、こうとしか表現しようがない)していて、ずっとモヤモヤと違和感を感じていました。
    なんども「あなたは診断してもらわないの?」と聞かれて、そのたびに「私はいいかなあと思って」と答えるのに疲れてきた頃、この記事を読んでスッキリしました。ありがとうございます。
    私が神社ツアーに違和感を覚えるのもそのあたりだなと整理もできました。

    彼ら彼女らにとって、「スピリチュアル」はもはやファッションやコミュニケーションのツールのひとつなのでしょうね。誰もがこんなふうに気軽に、神様のことを話せるようになったり、不思議なことを言い合えるようになるのはある意味でいいことなのかもしれません。でもやっぱり、私はそこに畏れや敬いやありがたさをしっかりと感じていたいなあと思います。

    それがいつも竹久さんがおっしゃっている、日常を丁寧にコツコツと生きていくことにも繋がると思うからです。私は自分が今できる、目の前にあることに取り組んでいこうと改めて思いました。そう思えることがありがたいですね。

    そしてさりげなく、周りにこのブログを紹介していこうと思います(笑)。

    • いえいえ、コメントありがとうございます。
      仰る通りで、神を捉え違いされている方があまりに多くて、畏怖や畏敬の念を持ち合わせず利用することばかりが増えていますよね。
      ですが、あまりに行き過ぎてくれたことによって、おかしさに気がつく人が増えて私も良かったなと思っています。
      戦後はやはり誰もが現世御利益に夢中になった時代でもあるので、みんな知らず知らずに神をそのように思っていたんじゃないかなと思います。
      私自身、本気で精神世界に向き合う前まではそのように思っていた部分は沢山ありました。
      ですが、不思議に夢中になりすぎておかしな人が増えてしまった結果、本来の立ち位置を確認せざるを得ない環境も与えられ軌道修正を図っているとも言えるかなと思います。

      当り前の毎日が、当り前に愛おしいのが一番ですよね。
      ブログの紹介ありがとうございます。

      それではこれからも宜しくお願い致します♪

  • こんばんは。なんの見返りも求めず、謝礼も拒否しているのに・・・
    無自覚のうちに「人の為に、神は存在している」人ばかりですね。

    • こんばんは。
      そうなんですよね~。
      私もきちんと精神世界に向き合うまでは、同様に思い込んでいました。
      自分を言い訳するわけではないのですが、悪気はないのです。
      間違えてそう覚えてしまっただけのことです。

      それもふまえて対応する術を身につけていきたいですね。
      これからも宜しくお願い致します☆

  • 「人の為に神は存在している」は
    概ねあってるんですが、
    その「人」ってのは、自我を超越した方とかブッダのような方の領域で話せるレベルの話ですからねぇ。

    現実的な謙虚さに謙虚を重ねてを常に心掛けねばなりませんね。生かされているという実感をしてようやくスタートラインですよね。

    • おはようございます。
      私も同じように感じています。
      ただその領域になれば、「神の為に人は存在している」という実感を持ち合せて生きるようになっているはずで、神も人も共存関係だからこその持ちつ持たれつがそこにある事を実感されるんじゃなのかなと思ってます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください