【脱・韓国疲れ】韓国と仲良くする方法

慰安婦問題、徴用工問題などなど、関わったら関わった分だけトラブルが増える日韓関係。

そんな韓国との関係に疲れる日本人は多く、「韓国疲れ」という言葉が常用されるようになってきています。

さて、そんな韓国とは、どうしたら良質な関係が築けるのでしょうか。

この点について、私の案をお届けします。

 

韓国疲れしているのは、日本だけじゃありません。

ちなみに、韓国に疲れているのは、実は日本だけではありません。

アメリカも実は韓国にはほとほと疲れており、既にKorea fatigue(コリア・ファティーグ)という言葉もうまれております。

コリア・ファティーグとは、韓国疲れを意味する言葉です

 

つまり、韓国に疲れるのは、日本人だけではないのですね。

あの民族性に付き合うと、多分みんな疲れるんです。

では、なんで、疲れるのか次に考えてみましょう。

 

韓国疲れの五大要因とは?

韓国人に疲れる大いなる理由は大きく分けて5つあると思います。

①約束を守れない(=嘘つき)

②法よりも感情を優先する

③自分は悪くなく、常に誰かのせいにする

④しつこい

⑤上下の立ち位置によって、言動が変わる。言動の軸が無い

 

特に、約束したことが守ることができないのは、国家として最低ですよね。

日本もアメリカも、「一度決まったルールは守る」ことを重きにおいた国家ですから、守って当然だと思った上で関係を築こうとしているのに、韓国はそれができない。

しかも、時の感情によってルールがころころ変わる韓国は、遵法精神の息づいている先進国家において悩みの種となっています。

韓国という国家を人と捉えて表現してみると、こんな感じになると思います。

身勝手で、すぐ人のせいにして、さらに約束したことは守らず、平気で嘘をつくことばかりを重ねているのに、なにかと被害者面しては、終わったはずの問題もぶり返す根性だけはあるしつこい人。

付き合うの嫌ですよね。

うんざりするのが、正常な判断だと思います。

うんざりしてしまうのは、人間である証のように思えます。

 

 

とはいえ、我々の国の場所を変える事は出来ません。

どんなに面倒くさい相手でも、これからも永遠に韓国は隣国であり続けることは宿命です。

このような面倒くさいご近所さんと、私たちはこれから一体どのようにお付き合いしていくべきでしょうか。

ということで、

私なりの仲良くする方法をこれから書きます。

 

韓国の性質にあった対応を心がけよう。

みんな同じだと思って対応するからトラブルが生まれるんです。そして、大人というものはそれぞれにあった対応ができることが大人なのだと思います。

ですから、韓国と仲良くするためには、相手の気質をまずは理解することが必要だと思います。

彼らの思想の根本にある小中華思想と儒教思想からなる上下関係の立ち位置について理解しておくべきだと思います。

【分析】朝鮮メンタルの特徴 より

朝鮮半島の歴史は、上は下に何をしても良いという横暴な考えが常について回ります。その為、自分よりも相手が下だと思うと、どんな滅茶苦茶なことでも下は聞き入れなくてはならないという考えを持っています。

国際社会において朝鮮半島と日本の国力には大きな差があり、世界の認識では圧倒的に日本の方が上位の国と考える人しかいないでしょうが、朝鮮半島の人々の考えではそうではありません。

中華思想という「中国大陸NO.1」の思想が根底にあるため、「日本は朝鮮半島の下でなければならない」という思いが常にあります。彼らが常に日本に対して高飛車な行動をしてくるのはそのような理由もあります。

また、彼らは自分たちよりも下と思うと好き勝手するだけでなく、相手が無抵抗だと思えばよりその凶暴さをむき出しにする性質があります

戦後に問題となった朝鮮人の愚行はその典型とも言えます。

一番気をつけなくてはならないのは、太字にした部分。

彼らは自分たちよりも下と思うと好き勝手するだけでなく、相手が無抵抗だと思えばよりその凶暴さをむき出しにする性質があります

だから、韓国と仲良く付き合うために最も必要なのは、

①日本が韓国の上であることをはっきりさせること

②日本は怖いと思わせること

これに尽きると思います。

 

今までは、分かり合う前提の平等意識で、韓国との関係を続けてきましたが、何か良いことありました?

何もありませんでしたよね?

全て、恩を仇で返すのが韓国です。

そして、どうして彼らがそういうことをするかと言えば、日本人が韓国人に対して敵意がないからと言えます。

ぶっちゃけ優しすぎるんです。

優しくして仲良くなれる関係なら、もちろん私だって優しくしたいのですが、彼らはどうしてなのか、優しい場所には横暴性を用いるのですね。

ベトナム戦争のライダイハンが生まれた理由も同じ所からきていると思います。

ライダイハン(ベトナム語: Lai Đại Hàn、𤳆大韓)とは、大韓民国(以下、韓国)がベトナム戦争に派兵した韓国人兵士と現地ベトナム人女性の間に生まれた子供、あるいはパリ協定による韓国軍の撤退と、その後のベトナム共和国(南ベトナム)政府の崩壊により取り残された子供のことである。京郷新聞によれば、ベトナム戦争が終わって残された子供は少なくとも3000人以上、2、3万人との推算もある。ベトナム人女性が韓国兵や会社員などと結婚し生まれた子どももいるとされるが、韓国兵による強姦によって生まれた子どもも多数存在し、国際問題となっている

ライダイハン – Wikipedia

ベトナム戦争に行った韓国人は敵地に攻め入らず、味方の村を襲い婦女暴行し虐殺し続けました。彼らは戦争に行って味方の地を襲ったのです。

真っ当な人間であれば、意味不明の行動にしか思えないはずですが、彼らの思想定義を見れば起きて然るべきとも言えます。

彼らは自分たちよりも下と思うと好き勝手するだけでなく、相手が無抵抗だと思えばよりその凶暴さをむき出しにする性質があります

戦後のどさくさに紛れて、やりたい放題だった「朝鮮進駐軍」も、同じ民族思考だから起きたと言えると思います。

 

だから、

①日本が韓国の上であることをはっきりさせること

②日本は怖いと思わせること

が必要だと思います。

 

人間関係というよりも、犬の躾みたいな感じもしますが、普通に分かり合える相手ではないことをきちんと認識するべきだと思います。

 

 

韓国の対応は、中国を見習おう。

中国はあらゆる場所を自分の領土として、チベットやウィグル、内モンゴル、そして台湾では、蛮行を繰り返しておりますが、なぜか一度も朝鮮だけは国土にしていません。

なぜ、中国が朝鮮半島を属国にし、自分たちの国にしないのか、きちんと私たちは考えるべきだと思います。

 

そして、過去から現在に渡って、中国の朝鮮半島に対する対応からもしっかり学ぶべきだと思います。

中国大陸の王朝は、基本的にずっと朝鮮に対して冷遇です。

ここ最近一時的に韓国が中国に進出し、韓国の方が中国よりも上なんだと言わんばかりの行動をしていた時があったなぁと思ったのですが、彼らが調子に乗った時点でピシャッと中国はシャッターガラガラしましたよね。

その後は、過去に戻ったかのようにずっと冷遇。はっきりとした冷遇処置。

これくらいの冷たさが、結局この国との関係には必要なのだろうなと思います。

 

それから、韓国は敵意ない場所に牙を向ける性質が強いので、

「怒ってるよ」「日本は怖いよ」ということをきちんと教えてあげないといけないなと思います。

本当はこんなことしないで良い関係の方が望ましいのですがね、

普通の穏やかな関係構築は無理だと思いますので、彼らの性質にあった対応をするべきだと思います。

 

 

まとめ:韓国と仲良くする方法

ということで、韓国と仲良くするためには、優しくしない、仲良くしないのが一番良いという事だと思います。

仲良くできない距離がある方のが、彼らと仲良くできるのだと思います。

そういう特殊な民族性がある国家だと心得て、対応していきたいですね。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

今日のリンク集