【噂はガチ】伊豆大島のダイビングは部活っぽい(笑)《781》

小笠原で一緒にダイビングした子たちから噂は聞いてましたが……。

 

想像以上にめっちゃサンゴがある伊豆大島

去年小笠原に行った時に一緒にダイビングした子の中に、いつも大島でダイビングしてる子が2人いたの。

【小笠原・父島旅】島の風土と歴史は行ってから分かるもの

2021年4月29日

でその子たちが「大島の地形がすごく面白い」とか言ってて、大島に興味を持ったの。

それから大島ダイビング好きの子は、小笠原ダイビングでボートイン(ポイントまでボートで行って入水)することにものすごく盛り上がっていて、どうして?って聞いたらなんと大島は全てのポイントがビーチイン(浜辺からそのまま入る)とのこと。

だから、ダイビングでボートに乗ることが彼女は初めてだったらしい。

逆に私は免許講習の時しかビーチインしたことなく、ボートインばっかりだったのにそれにも驚いたんだけど、ビーチインならそんなに大したものは見れなさそうと思ってたんだけど……

実際潜ったら凄かった(笑)

こんな感じでした↓

(写真は同じポイントで撮影したであろうこちらのサイト→https://oceana.ne.jp/from_ocean/89601からお借りしました。

私…水中カメラ持ってないので…)

めっちゃサンゴが普通にあって、想像と違ってびっくりしました。

っつーか私……大島にサンゴ礁はないと思ってたんですよ。

しかもビーチインだから正直期待してなかった。

ただ地形が面白いと思っていただけに、本当にびっくりでした。

 

 

大島で練習したら上手くなりそう!

それから、大島ダイビング好きの子たちから、大島のダイビングは体育会系で部活っぽいと聞いてたんだけど、

それはその子が通ってるダイビングショップがたまたまそうなのかなと思ってたんだけど、

私が選んだダイビングショップもまさにそれでした(笑)

 

レジャーで部活っぽいしごきみたいな空気があるのは正直ビビったけど、今の私には丁度いいなと思いました。

 

なぜなら私はたまにしかダイビングしないから。

それゆえ年々どんどん下手になってるだけでなく、石垣島のダイビングでは基本機材に触らなくていいから、ダイバーとしてやらなきゃいけないことをどんどん忘れていっていて不安が強くなっていたの。

だけど、大島のダイビングショップはビシバシそこを指摘してきて、やれるようになるように指導してきます。

 

ここら辺でちゃんとやれるようにやり直さないと、石垣島以外の場所で潜れなくなるなと思ってたところだったんだよな。

っていうか、石垣島以外の島ではどこも自分でやらないとダメみたいってことに、最近気が付いたんだよね(笑)

まだまだこれから伊豆諸島を攻めてきたいと思っているので、ここらでもう一度スポ根できっちり基礎をやり直したいなって思いました。

大島はビーチインなので、ボートインするダイビングより価格が安いし。それにビーチインだから、荷物しょって歩くのは普通だから、強くなれるかなと。

だからコソ錬するにはもってこいかもしれないなって思ってます。

とりあえず秋くらいにもう一度大島に行って、数日ダイビングの練習をしようと思ってるので、その為に働かなくては(笑)

っていうか、ダイビング予算を稼ぐために大きい仕事きて!って感じです♪

6月くらいには執筆終わってると思うから、その頃に額が高めの大きい仕事がきてほしいです♪

なんて今から願って、また大島でダイビングするのを楽しみにしている私がいます♪

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください