【相次ぐ不正引き出し】日本の報道視点っておかしくない?

ドコモ口座の問題で、セキュリティがガバガバな事ばかり問題になってますが、誰がこのような事をしているのかは話題になりませんね……。

 

不安を煽るばかりの報道にはうんざり…

ドコモ口座の不正引き出し問題は、消費者側でできる対策が皆無と言えるので、「いつ自分が被害者になるかもしれない」と、戦々恐々とせざるを得ないかもしれないのですが……こういう報道を見る度に…私は変だなって思ってます。

なぜなら、誰が犯人なのかという部分には目もくれず、セキュリティの甘さがあった企業を批判し、また消費者に対してはただただ不安を煽るということしかしてないからです。

それっておかしなことだと思いませんか?

ちなみに現在アメリカでは、北朝鮮による銀行へのサイバー攻撃が多数行われているという報告が米政府から出ています。その報告によると、北朝鮮はこれまでに、銀行や暗号資産(仮想通貨)取引所へのサイバー攻撃で、20億ドル(約2100億円)近くを手にしているそうです。

ですから、今回の不正引き出しでもこういう可能性は十分考えられます。

しかし、こういう事実は多くの日本人に知らされていません。これって、おかしなことだと思いませんか?

 

ちなみに米国でこのような事が頻発している理由は、現在の北朝鮮が瀕死の状態にあるからでしょう。

今年の北朝鮮は、武漢ウイルス騒動によって国境封鎖の長期化により外貨不足が深刻化しただけでなく、相次ぐ豪雨によって作物が育たず、さらに今月は台風が3つも直撃してしまったことによって、収穫間近の食料のほとんどがダメになったと言われています。

このような状況もあってか、北朝鮮は銀行にサイバー攻撃をしかけて、お金を不正入手しているケースが相次いでいるそうですが……これってアメリカだけで起きていることとは到底思えませんよね。

日本でも起きている可能性は十分あるし、そういう可能性もふまえて考えて見た方が良いんじゃないかなと思ってます。

それでも今回のドコモ口座の件が北朝鮮による犯行かどうかは分かりません。

ただ「北朝鮮は、常に国家を上げて海外で犯罪を起こし、お金を手に入れている」ことが周知の事実になっていないことは、おかしなことだなと思ってます。そして「現在の北朝鮮が銀行へのサイバー攻撃でお金を手にしている」ということが周知の事実になっていないことも、おかしなことだなと思ってます。

このような事を知っていればニュースを見る目は変わります。国内だけの問題か、それとも海外からの攻撃によって引き起こされているのかでは、問題の対処の方法が違ってきますから、そこら辺の可能性も理解できる報道は必要なんじゃないのでしょうか。

セキュリティの甘さよりも、犯罪する人の方が問題なのでは?

それからこういう問題が起きた時に日本は、犯罪者に敵意を抱くのではなく、ミスを起こした企業のみに敵意を抱きやすい方向性で報道がなされるのもおかしなことだなと思ってます。

今回のことで、ドコモや銀行のセキュリティ管理が杜撰であることは確かに問題ですが、一番問題なのは犯罪だと分かってやっている人がいることです。

またどんなセキュリティでも抜け穴みたいなものはあるものであり、ぶっちゃけセキュリティ管理者の人が犯罪に手を染めてしまえば、どんな頑丈なセキュリティ体制でもやりたい放題になってしまいます。

ですから、先に問題視するべきところは、犯罪者を徹底的に追い詰め糾弾することだろうと、私はいつも思うのですが、なぜか民間の恐怖を煽るだけ煽って、話が終わるんですよね。

オレオレ詐欺なんて正にその典型だと思ってます。

やってはいけないことをした人を厳罰に処して、犯罪は食い止められると思うのですが、なぜか犯罪者に甘いのはいつものこと。これもおかしなことだなと思ってます。

 

セキュリティ強化で治安が悪くなる矛盾。

話は突然少しずれますが、昔の日本には鍵をかける習慣がなかったそうです。

なぜなら人のものを勝手に奪う人がいなかったから。

だけれども、国内で犯罪する人が増えるようになってからは、鍵をかけなくてはいけなくなりました。

つまり、セキュリティを考えなくてはならない状況が増えるということは、治安が悪くなっているとも言えるんです。

ですから…セキュリティが甘いという事実ばかりに目がいき、セキュリティを頑丈にしたのなら、実はさらに治安が悪くなると言えるんじゃないのかなと…思ってます……というか、今までの経過を見れば一目瞭然だと思ってます。つまりセキュリティ強化を繰り返しても一向に日本の治安は良くならないわけです。

これはおかしなことだと言えませんか?

だって、セキュリティが強化された社会というのは、進化と言う名の後退をしていることなのですから。

しかも常に平和を望み頑張ってるはずなのに。

さらに言えば、頑張った結果が目標から遠ざかる引き金になっているっておかしなことじゃないですかね。セキュリティの強化以上に頑張るべきことがあるんじゃないかって私は思うんですよね。

たとえば、犯罪者をきちんと迅速に処罰できる環境を整えるようにすれば、ひょっとしたらかつてのように鍵がいらない大らかな時代に戻れるかもしれないのにな…なんて私は思ってますが……、この国はそちらの方向にも目もくれず、セキュリティの甘さにばかりに目がいき、強固なセキュリティ開発へと邁進しています。

デジタル世界は、国境がないため強固なセキュリティを模索せねばならないのは十分承知していますが、誰が犯罪を起こしているのかをきちんと見極めれば対応方法も変わるかと思うんですよね。

ちなみに、アメリカのデジタル世界における中国排除は「犯罪者は誰か?」を見極めた上での行動と言えるので、とても合理的に映ります。

犯罪する人がいなければ、セキュリティに知恵を使うひつようもないわけで、そういう世界になれたらいいのになぁなんて私は思ってます。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

8 件のコメント

  • こんばんはです。ゆりさん☆
    今週の沖縄某所は、夏の戻りとでも言うべきか、31度超えの厳しい日差しの暑い日々が続いております。
    トンボが飛んでいるのはちらほら見られているのですが、暑い日々はまだまだ続きそうです。

    さて、今日の虎ノ門ニュースで須田のオジキがこの事件の事触れてましたよ。
    後、武田邦彦さんが、昔の日本人は「誠」の心に基づいて行動していたから、むやみやたらに人の物を盗る事はなかった。とも述べてました。
    今日の虎ノ門とゆりさんのブログ記事が少し被ったので、コメント書いてみました。
    今日の虎ノ門ニュース見ていただければありがたいです。

    • おはようございます。
      今沖縄ではトンボの季節なんですね。
      緯度の違いを感じます。こちらはすっかりトンボの季節は終わり、蝉の声も日に日に小さくなってきています。

      見ました!虎ノ門ニュース。
      須田のオジキが仰る通り、古くから同じシステムを利用している日本のセキュリティが脆弱であることは確かなんですが、武田先生が仰る通り民度で乗り越えることも必要かなと思ってます。
      その民度は、元々盗まない日本人の特性を活かせるものであるから、私は犯罪者を厳罰に処することが何よりも大事かなと思ってるんですよね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 私はあまりこのニュースを知らないのですが、読んでいてハッとしました。
    確かに私も、何でそんなに確認とか認証とかゆるゆるなの!ちゃんとしないの!と、
    ドコモの方を責めていました…(幸い今のところ私は被害に関係ないようなのですが)。
    実際、どんどん本人確認とか預貯金の引き出しとかが厳しくなっていってるのに、その点に緩かったのは褒められたことではないのですが、一番悪いのは犯人でした。
    犯罪では何でだか、被害者の行動をもっと何とかできるのではないと責めてしまいがちです。
    犯人の行動はコントロールできないけど、犯罪に逢うのはコントロールできると思うからでしょうか?
    (要するに犯人はコントロールできないあちら側だけど、被害者はコントロールできるこちら側だから、被害者の方は何とかしろと責めるという考え方)
    でもほんと、犯罪する奴が一番悪いのです。
    そして、それが北朝鮮が絡んでるかもしれないかもしれない、とは目から鱗でした。
    武漢肺炎が流行る前は北朝鮮は労働者が外賀を稼ぐためにロシア等外国で働いてたそうですが、武漢肺炎騒動でおそらく減っているでしょうし、北朝鮮の行動が品性方向だとは期待できないでしょう。
    韓国の学生が日本に続々就職を決めていて、こじれた日韓関係と就職は無関係、韓国の学生はスペックが高く、韓国の学生の採用に関心を持つ日本の企業が多い、という記事を最近読みました。
    何とはなく、朝鮮半島に対して好感度を高めようとする動きを感じます。それがどれくらい計られたことかは判りませんが。
    本当に鍵をかけなくてもよい安全な時代になりますように。

    それでは、取り留めなくてすいません。失礼いたします。

    • こんにちは!
      日本の報道を見聞きしてると、自然と企業批判するようになってしまいますが…考えてみれば、ドコモも地銀も被害者なんですよね。
      その観点が抜けて、被害者であるはずの場所を糾弾し、加害者の存在が分からないことが日本にはよくあると思います。

      ここを私たちも意識して、犯罪者を厳しく取り締まってもらえる状況に変えていきたいですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 私もワイドショーを見てて
    1番悪いのは、犯人なのに…と、思ってた1人です。

    確かにドコモ口座が発端かもしれませんが
    そういう悪いことを企む輩が悪いのに
    「ドコモ」の名前ばかり叫ばれてるから
    ドコモ口座=不正にお金引き出す
    みたいな印象になってしまいました。

    自分の利用する銀行が対象だったので口座確認しましたが無事でした。

    確認のため用事無いのに銀行へ行き
    面倒な思いをして
    悪い輩のために面倒掛けられた人が大勢居ることをバカバカしく思いました。

    早く捕まってほしいし
    マジメが損をしない世の中に変化してくことを常に願います。

    • こんにちは。
      ですよね。犯人に着目しない点はおかしなことだと思います。
      そしてこういうことをしたら二度と日本にはいられないくらいの厳しい法案を作り、運用していくべきだと私は思ってます。
      犯罪者に怯えながら生きるなんてまっぴらですもの。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 本当に!テレビの報道は肝心な所は報道しないですよね。
    オレオレ詐欺も、手口と被害金額ばかりが目につき、盗られたお金はどこかへ消えて行くかのような印象しか残りません。注意喚起しているように見えますが、何かズレている…。
    以前、仕事の中で、高齢者にオレオレ詐欺の被害にあわないように注意喚起する機会が何度かありましたが、個人的に必ず「盗られたお金は暴力団とかの資金源になってるんですよ。真面目に働いたお金をそんな事に使われたら、悔しくないですか?」と付け加えてました。
    そうすると皆さん「そう言えば、そうだよね。大事なお金、絶対盗られたたくないね。」と、用心する動機が強くなる印象がありました。
    ゆりさんの記事を見て、暴力団だけでなく北朝鮮絡みもか…だから犯人があからさまに報道されないのかなぁ…と思いました。
    何かにつけ、セキュリティを強化してもイタチゴッコになるのは目に見えていますからね…無駄な労力使わず、的を射た対策が出来ればと思います。

    • おはようございます。
      そうなんですよね。
      日本の報道のピントはいつもずれてるんです。
      でもそのつれたピントの話ばっかり聞いてると、それが普通となり、ピントがずれていることに誰も気が付かなくなってしまいます。
      ここに気が付いた人から正していきたいですよね。
      そうすることで、行政対策も必ず変わってくると思います。世論って実は大事なんですよ。
      だから気をつけていきたいですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください