【嬉しい!】東日本大震災が起きたこの日この時に被災地に虹が!

やはり神は見てくれているのだと、思う事が起きました。

 

午後2時46分に合わせて、虹が出現!

今日仙台では、震災が起きた時刻に合わせるかのように、虹が現れたそうです。

東日本大震災が起きた14時46分の時刻に合わせるかのように虹がかかったのは仙台でしたが、岩手や福島でも今日は虹が見えたそうです。

NHKニュース
 
震災9年 東北各地で虹が見られる | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200311/k10012325801000.html
東日本大震災の発生から9年となる11日、被災地などでは亡くなった人たちに祈りをささげる姿が見られました。

今年は武漢ウイルスの影響で、毎年行われている献花式などの式典を縮小したり、中止せざるを得ませんでした。この事に心を痛めていた人も、きっと沢山いるんじゃなかろうかと思います。

 

だからこそ「気持ちは届いているよ!大丈夫だよ!前を向こう!」と天に昇った魂たちが、気合いを入れて虹を架けてくれたのではなかろうかと、私は思ってしまいました。

 

ちなみに去年のこの日も虹が架かったそうですが、それは東京と大阪という日本の経済&政治の中心点でした。

2019年3月11日の虹@東京

2019年3月11日の虹@大阪

 

そして今年は被災地に虹に架かりました。

天の思し召しの意味をもっと深く考察したい思いに駆られてしまうのは私の性分ではありますが、少なくとも今の段階で思う事は「私たちは未熟だけれども、間違っていないという神からの思し召しであろう」と思っています。

未熟だからこそ、戸惑い、狼狽え、焦り、不安が蔓延るけれども、それでもあれからの9年の歩みは正しい方向へと足を進めているという思し召しではなかろうかと、私は感じています。

また今、新しい国難によって日本は東日本大震災を悲しむだけで終わらせず、それを過去の教訓として発展へと一歩進まなければいけない時に入っているとも言えるでしょう。

そしてその歩みを天は応援してくれているのだと、私は思いました。

またこの歩みには9年の時間が必要だったということだろうとも思います。

なぜなら、震災の翌年に虹が架かっても、嬉しいなどと思うことは到底できなかったでだろうと、私は推察するからです。

3年後であっても、5年後であっても、やはり嬉しいと思うことはできなかったと思います。

でも、今だからこそ多くの人が嬉しいという気持ちにもなれるでしょう。

 

今年であれから9年経ちました。

今年であれから9年経ちました。

そして翌年の10年目を前にして、あの出来事をきっちり過去にして、新しく踏み出せる日本になりたいと誰もが思っていた最中に現れた虹。

しかも、震災が起きた2時に現れた虹。

これが持つ意味はなんでしょう。

 

かなりのこじつけかと思われても仕方ないのだけれども、これはダブルレインボーではなかろうかと…2時(にじ)と虹(にじ)のダブルで、ダブルレインボーと思って良いんじゃなかろうかって、私は思います。

ダブルレインボーは超幸運の証。

歩んで来た道は正しかったから、これから幸運だよという思し召しと受け取っても良いのでは?と私は思ってしまいました。

とはいえ、もちろん今は国難で、日本は大変です。

でもこの歩みを続けることが大事なんだよって言われているように思いました。

だって、今日この日、そして震災が起きた時間に合わせて(2時46分)に現れた虹です。

天の采配を感じずにはいられません。

 

また、今の日本はなぜか大事な時に虹が架かるのですね。

だって即位の礼の時にも虹は架かったのですから。

【神話は健在】皇居に虹がかかる!

2019年10月22日

これは天意と民の御心が通じ合っている証なのかなと思えてしかたなくて、素直に嬉しいです。

 

 

本販売してます。

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

8 件のコメント

  • こんばんは!

    いろいろなところから虹の情報があって嬉しいですね。
    Yahooニュースでも出てましたね。

    ベタですけど、イメージはSimon & Garfunkelの「Bridge Over Troubled Water」。
    今、下界はいろいろ荒れていますけど。

    ただ、身が引き締まる思いもあります。

    当時現場にいた知り合いが、しばらくして世間が落ち着いた頃に言ってたのを思い出したからです。(もちろんこちらがその当時「しばらくぶり!どうよ!」と聞いたから話してくれたのですが)

    工事現場だったそうです。
    地震が起きてやばいと思ったらしく、
    「・・・こりゃやばいと思って高台に逃げてたんだけどさ、逃げる途中子供がいたんでの手を引っ張ってなんとか上がった訳よ。そんでもってあらためて振り返ったら、他の仲間は見えなくなってたなぁ・・・

    俺もそうだけどさ、・・・ちゃん(私の名前)。

    今いるってことはさ。
    お互いに生かされてんだからさ・・・」

    それから何ができたか。できなかったか。

    考えるば考えるほど落ち込みがちではありますが、
    そんな中でも、今回の虹は、未来への希望を感じさせてくれました!

    霊感ヤマカン第六感(古い!)にとぼしい私ではありますが、
    嬉しい!その一言に尽きますね。

    • おはようございます。

      教えてくださった曲、聞き覚えはあったものの今日初めてちゃんと聞きました。良い曲ですね。胸が熱くなりました。
      https://www.youtube.com/watch?v=e3ETK3fACrU

      友達のお話胸に詰まるものがあります。
      何ができたかできなかったかで確認すると、できないことの方がきっと誰もが多くなるんじゃないかなと思うけれども、それでもへこたれず、諦めず、毎日を愚直に生きる事を続けることしか私たちにはできないんじゃないかなと思ってます。
      そんな中に現れた虹、多くの人の心を慰めてくれたのではないのでしょうか。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 私はサイババのファンです会ったことあります
    亡くなった家族も好きだった。サイババが、私がいるところには虹が掛かると話してました。
    天皇即位のときも虹がか掛かりました。その時の奇跡は桜井識子さんのアマテラスが祝福したという説を解明できないけど信じたい。
    こんなに日本が大変なってしまったけど
    逆に素晴らしく見えてきたものもあるような
    そんな希望もあります。
    百合子さんの幅の広い記事
    とても好きです

    • おはようございます。
      ありがとうございます。
      虹が架かると素直に嬉しいし、素直に嬉しいと思う気持ちを大事にしたいですね。
      これからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。
    即位の礼の時に続き、3月11日に虹がかかる奇跡。
    偶然の出来事かもしれませんが、日本人として特別な思いを抱くことができる幸せを感じました。

    この日youtubeで改めてあの日の動画を見ました。
    津波が大きなうねりとなって街を飲み込んでいく中逃げ惑う車、人。
    直視するのもためらうリアルな映像ですが、涙をこらえて何本か見ました。
    今ある日常が、当たり前が、どれほど大事で大切で愛おしいことであるか、これからの私たちはどの様な心持で日々を過ごしていけばいいか、再確認することができたような気がします。
    我々が体感できている今の当たり前は、先人達の知恵と努力の積み重ねの上にあります。
    その当たり前に、日々感謝の気持ちをもって過ごしていこうと、あらためて思いました。

    • こんにちは!
      私たちが当り前と思っている日常は、誰かの知恵と努力のおかげだと私も思います。
      自分たちの後を歩く人のためを思い、間違っている部分は是正し、より良い社会作りの一員になれるよう頑張りたいですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは!
    本当に嬉しいニュースでしたね。
    津波で亡くなられた多くの方の魂が天国から『私達はいつも天国で見守っているからね。』と、メッセージを送ってくれている様な気がして涙が溢れました。
    新たな国難の真っ只中ですが、企業が倒産したり経済が破綻しても命があれば何度でもやり直せると信じています。

    話は変わりますが、Fukushima50の原作の『死の淵を見た男』読みました!
    これが日本人の大和魂なんだなぁと目頭が熱くなりました。
    少し状況が落ち着けば映画も観に行きたいです。
    竹田恒泰さんがYouTubeで佐野四郎さんの演技の話(菅直人をバカっぽく演じてくれていましたと)をされていたのでそこも気になります(笑)

    • こんばんは!

      虹を見ると、不思議と明るい気持ちになると同時に、希望も与えてもらえますよね。
      ちなみに今の国難は、臭いものに蓋をする形で、本質と向き合うことなく延命治療し続けてきた日本を見直させるものでもあるように感じています。

      佐野史郎さんは、さすが役者だなと思わせる演技でした!
      菅さんは気にくわないかもしれませんが、佐野さんは菅さんの心根の思いに寄り添って演じてくれているように私は思いましたよ。
      菅さんがヒール役になっていることは言わずもがなですが、そこに愛情を寄せれる思いがあってこそ役者魂なのだなと思いました。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください