㊊思惑に慣れれば、思惑に流されなくなる!

さぁ!新しいWeekday♪が始まりました。

月曜日は、週の始まり!お仕事の始まりです!

ですが……月曜の朝はちょっと憂鬱っていう人も多いかもしれませんね(^^;)

ですから、そんな憂鬱を吹き飛ばし、少しでも皆さんの仕事が楽しくなったらいいなと思い、月曜日は「今日から使えるマーケティング講座」を曜日企画としてお届けしております。

また、少しでも気持ちいい出勤時間のお供になったら良いなと思ったので、「今日から使えるマーケティング講座は朝7:00に更新しています☆

是非今日からの仕事に「今日から使えるマーケティング講座」を使ってください。宜しくお願いします☆

 

世の中の思惑感じ取れましたか?

先週の記事で「マーケティングの結果は、スーパー&コンビニに溢れている!」とお伝えさせて頂きました。

そして、先週の記事では「とにもかくにもスーパー&コンビニは、そういうもの(マーケティング結果の宝庫)だとして見るようにしてください」とだけお願いして終わりました。

ということで……皆さん…

 

 

この一週間どのようにお過ごししましたか?

 

 

 

私の言った通りに実践したら、ただただ謂われのない恐怖におののいてしまった人も多いのではないのでしょうか

 

そういう方は、この世は恐怖に満ち溢れているみたいな気持ちを今現在お持ちかもしれませんが……

 

結論から言いますが、それで良いのです。

 

当り前にあった景色が、少しの知識と少しの見方を変えたら違った景色に見えたはずですが、それで良いのです。

 

 

 

たとえそれが恐怖に感じるものであっても、それで良いのです。

 

 

 

 

今までスーパー&コンビニに置かれている商品の意図を深く考えてこなかった人にとって、今さら気がつく販売側の思惑の数々は、恐怖他ならない事態だったと推測しますが、良くも悪くも社会ってそういうものなのですよ。

 

そして、そういうものなのだなと気がつくことが第一歩であり、

その意図的な思惑のあれやこれやが平常心で見て取れるようになることが次の一歩なだけです。

そしてそれが平常心で対処できるようになると今度は、その思惑の下心と純粋な部分を括り分けができるようになります。

これが大事なんです!!

 

これこそが消費者側の立場においてもっとも大事なマーケティング意識であり、自分自身がマーケティングで他者を誘導しようと思った際にも重要なものなんです。

 

だから、思惑に辟易するような気持ちを一時期でも感じなきゃいけないんです。

 

 

ちなみに思惑という言葉は、人を自分が思う方向に誘導したいという気持ちがある時に使うのが昨今の日常ですが、本来の思惑の意味は違います。

もっと純粋です。

思わく(おもわく)

あらかじめ考えていた事柄。考え。意図。また、見込み。「なにか―がありそうだ」「―が外れる」

2 自分のしたことに対する他人の反応、評価。評判。「世間の―が気になる」

3 相場の変動を予想すること。また、その予想によって売買すること。

4 人に思いをかけること。恋心。「何の―がありて、美形の女の方より、指爪を放しやるべし」〈浮・禁短気・二〉

5 思いをかけた人。恋人。情人。「この―の心算用をすまさせいでは」〈浮・禁短気・一〉

https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E6%80%9D%E3%82%8F%E3%81%8F/

 

現代は、予め考えている事の多くが欲深く、また人をコントロールせしめようとするものが多いから、他人の思惑に嫌悪感を持ち合せる瞬間が増えているだけのことです。

逆に「下心が強い思惑が持ち合せる構図(下心が強い人たちが作り出すマーケティング像)」に慣れてしまえば、そこ(下心思惑)は気にならなくなり、純粋な思惑を持ち合せているものも見えてくるようになると思います。

ですから、今の段階で思惑に対し、恐怖を持ち合せてしまっている方!どうかここで逃げ出さないでください!

それでも世の中の思惑を見続けてください。

なぜなら、スーパー&コンビニに置いてある商品には、下心がほとんどないからです。

とはいえ、スーパー&コンビニが利益増大を図ろうとするやり方には世知辛いものが沢山あり、それはブルトーザーと呼ばざるにはを得ない事が多々ありますが、それは店頭で起きていることではありません。主に店裏の部分で起きていることです。

そこと店頭を混同しないようにして、ここはまず店頭だけを見ていきましょう。

なぜなら、スーパー&コンビニに置いてある商品は、純粋な気持ち(思惑)が実って置いてある商品がほとんどだからです!

断言できますが、そういう気持ちの商品でなければ、スーパー&コンビニになんて陳列できないんですよ!

そして、その分別ができるかできないかで、人に騙されるか騙されないかは大きく変わってきます。

だから、ここをしっかり見れるようになってほしいなと思ってます。

また今日、先週の話から一弾アップした具体的なマーケティング情報が聞けるかもしれないと思った方にはじらせるようで申し訳無いですが、先週の続きのまま今週もいきましょう!

先週感じた気持ちを持ち合せながら、今日お伝えした私の情報を照らし合わせてスーパー&コンビニを探索してみるようにしてみてください。

これこそが実践マーケティングの極意なんです。

どうか、騙されたと思ってやってみてください!なんなら、この部分だけは、私に騙されちゃってください!

そして思惑というもののを今週はしっかりと感じてみてください。

 

きっと先週に味わった恐怖とは、違うものが見えてくると思います。

すれば「思惑が下心だらけ」と思うのは、現代人の穿った見方であることに気がつけるのではないかと思います。

マーケティングは思惑が基本にあっての思考法ですが、その思惑にある下心は限りなく低いのが良いマーケティングです!

どうかそこにこの一週間で気がついてください!!!!

 

 

 

ということで……今日の話はここまでです!

 

それから「今日から使えるマーケティング講座」の過去記事が読みたい場合は、TOPの「曜日企画」→「㊊今日から使えるマーケティング講座」を押して下さい。

今までの過去記事が見れます。

またマーケティングに関して他の記事が気になる方は、ページ右上にある検索窓や🔍で「マーケティング」と入力してみて下さい。

 

それでは来週月曜日の7時にまたお会いしましょう♪

2 件のコメント

  • 今回もとても勉強になりました!
    一週間意識してみて、販売員時代の店が、なぜ良い商品なのに売れなかったのか、動線の引き方や見せ方、打ち出すタイミングの全てが良くわかりました。

    >マーケティングは思惑が基本にあっての思考法ですが、その思惑にある下心は限りなく低いのが良いマーケティングです!

    実店舗を持つにせよ、ネット販売にせよ、自分が商品の人たちにせよ、この視点を持つことは、独立してビジネスをする者にとっては、とても重要な視点ですよね。思惑にある下心が伝わってしまうと、興ざめしてしまうし、伝わらな過ぎても売れないし・・・。

    でも、本当に素敵で魅力的なお店ほど、このバランスがとても良くて、心地よく買ってしまう感じなんですよね。
    自分の意志ですすすーっと流れるように買ってしまうような道筋ができているというか。

    まだまだバランスが難しいところですが、実践していきたいと思います。
    次週も楽しみにしています^^

    • こんばんは!

      流石です!!
      ここが見えたらマーケティングはとっても楽しいですよ。
      苦痛の域は確実に抜けます。

      商売が面白くなくなるのは下心が増えてしまうからです。真心だけで売れ続けたら、こんなに楽しいことはないし、だからこその商い(飽きない)学びなのだと思います。

      相手の目線に立った導線を心がければ、自ずと結果は真心となると思います。
      またそれは「おもてなし」とも呼ばれますが、最近の「おもてなし」はすっかり下心が増えて辟易です。
      本来の「おもてなし」とマーケティングはとても似ています。

      そこを私たちも目指していきましょう♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください