【常套手段】すり替え理論に気をつけて!

日本のメディアは、本質を無視した真逆の報道を繰り返します。

香港のデモも意図をひっくり返した報道をしまくるはずなので、要注意です。

 

香港デモ、3人に1人が参加する国民運動に発展

先週に引き続き、昨日の日曜日も香港で大規模なデモが行われました。

しかも参加した人数が少なく見積もっても200万にを超えているそうです。

香港で再び大規模デモ、200万人参加か 行政長官は謝罪

香港の総人口が735万人のうち200万人以上は参加しているであろうということは、成人人口の3人に1人は参加しており、声を上げているとみて良いかと思います。

 

さて、どうしてここまで香港の人は必死に訴えをせねばならない状況になっているのでしょうか。

 

 

香港をウィグル、チベットのようにしないために!

ニュースでは、「逃亡犯条例」の改正案を巡り、デモが起きているということになっています。

それは正しい報道なのですが、どうしてここまで彼らがその改正案に反対しているかというと……それをすれば、中国共産党のやりたい放題が香港内でますます強くなるからです。

つまり、今香港が争っているのは、中国共産党の脅威です。

そして、彼らがなぜそこまで中国共産党に脅威を感じているかと言えば、ウィグルやチベットでは、無慈悲な人権弾圧や大虐殺、そして民族浄化が行われ続けているからです。

【今こそきちんと知ろう】ウィグル人大虐殺の実態

中国共産党というのは、虐殺政党と呼んで過言ではないほど、民衆を圧迫し、民衆の自由を奪い、平気で人を殺していきます。

その脅威から国土を守り抜くために、香港の人たちは今戦っています。

 

 

香港には、日本のような選挙で民意を表す方法がありません。

日本であれば、このようなデモ活動をせずとも、選挙で民意を表すことができますが、実は香港には選挙できちんとした民意を表すことができません。

↓参考記事↓

香港で続く「抗議の歴史」 選挙で反映できぬ民意を示すデモ

 

日本のメディアは「デモこそ民意」的な言い回しが目立ちますが、本来民意というのは選挙で示せば肩がつきます。

それができないからこそ、香港ではこれまでの騒動になっていることを頭に入れておきましょう。

それから、香港が戦っているのは中国共産党であることもしっかり頭に入れておきましょう。

この2点を抑えた上で、日本の報道を見ると、如何にしっちゃかめっちゃかであることが良く分かるはずです。

 

日本のメディアが盛んに報道するデモの特徴

今回の香港デモは規模の割に、メディアで大きな時間が割かれていない印象を受けます。

では逆に、日本のメディアが大きく時間を割いているデモはどんなものがあるか見ていきましょう。

実はここには驚く程恐ろしい共通点があるのです。

 

 

よくテレビや新聞で大きく取り上げられるデモを羅列していきます。

まず反安倍デモ。2015年安保法制の際は、SEALDSなんていう若者がひっぱりだこでしたよね。

ちなみに最近すっかりメディアで見かけなくなったSEALDSのメンバーは、そもそも共産系の若手集団と言える存在で、デモの際に、裏で共産党が支援していました。

それから、沖縄を中心に活動され続けている反基地デモ。

海外では、反トランプデモはよく取り上げられます。

それから、文大統領が誕生するきっかけとなった韓国のろうそくデモについては、「ここはどこの国なのか?」と疑わざるを得ないほど、報道の尺が長い上に、「これこそが民主主義活動の真骨頂」ばりの報道が多かったですよね。

日本のメディアでやたらと大きく取り上げられるこの手のデモには大いなる共通点があります。

それは金の出所にあるのですが……不思議なことに問い詰めてくと、中国か北朝鮮どちらかのルートに辿り着きます。

つまり、デモのスポンサーが中国か北朝鮮の場合のみ、日本では報道が過熱する特徴があるというこです。

【ワロタw】反安倍デモ、反基地デモ、韓国ろうそくデモ、反トランプデモを大々的に報じてきたTBS報道特集。香港デモは2分で終了wwwwwww

 

これは一体どういうことでしょう……。

 

なぜ、中国や北朝鮮は裏でデモを応援するのでしょう。

 

答えは簡単……デモの結果が、中国や北朝鮮にとって利することに繋がるからです。

つまり、日本の報道というのは、日本人のためではなく、基本的には中国&北朝鮮に利する方向に民を誘導することに命を賭けていると言えます。

逆に、それに反するものに関しては、その情報を見て見ぬふりしたり、情報が過熱しないように策をうちます。

ここまで大きな香港デモなのにも関わらず、報道の扱いがやたらと小さいのにはこのような理由があるのです。

 

また、報道する場合は、香港のデモが「反共(反共産主義)」であることを隠した上で、民主主義を崩壊に導く方向性のデモ(反安倍、反基地など)とこれが同質のデモであるような報道を重ねていくことでしょう。

既に蓮舫さんは、香港のデモを自身の政治思想と同質であるかのようなtweetを上げてますが、

 蓮舫さん「民の声が届いた!まっとうな政治はボトムアップ #香港加油」→フルボッコワロタwwww

蓮舫さんの政治思想と香港の行動は真逆です。

しかも、蓮舫さんのスポンサーは北京でしょ?はっきり言って敵対関係の間柄ですよ。

ですが、政治思想がよく分からなければ、どちらも同じようなものに見えるでしょうし、「民衆の声が大事だ」という言葉に引っ張られれば、それが共産主義に荷担していくことであっても、それが分からずそちらに流れてしまう人もいることでしょう。

香港デモの話題が増えて、メディアとして取り上げなくてはならない状況になればなるほど、このように敢えて本質を見誤る情報を重ねて、「デモで安倍総理を倒そう!」とか「デモで米軍基地を追い出そう!」的な、ゴリゴリ中国共産党の思惑が入り込んだ方向性に引っ張っていくと思います。

このような情報に引っ張られることがどれほど馬鹿げていることか、本質さえ分かってしまえば、見えてくると思います。

どうか、馬鹿げた日本のメディアの報道に足を引っ張られぬようお気をつけ下さい。

また、日本で最も狙われている地域は沖縄です。

【一番大事な事】沖縄をウィグルのようにさせないこと

沖縄にウィグルのような悲劇が訪れないように、みんなで頑張りましょう。

 

追記:感謝

最後になりましたが、昨日発売告知をさせて頂きました新刊、AMAZONランキングで上位に入りました。

645 新着ジャンルランキングTOP1&2☆

646 一般書籍も含めた新着ジャンルでも!

本当にみなさんのおかげです。ありがとうございます。

ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

【縦書き】

【横書き】

紙書籍は現在最終入稿などの手続きをしておりまして、発売は7月頭頃になる予定です。紙書籍が良い方は、少しお待ちくださいね。

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

 

2 件のコメント

  • 竹久様

    こんにちは!

    香港デモは確かに論点がずれているなと感じます
    最初は起こった事実を報道して徐々に国民を誘導していくのだろう想像します

    竹久様や全うな方々のお話がネットで見られるようになってきたので、ニュースの裏側・真実が
    分かるようになってきたと思っている自分です(ほんまかい?)

    消費税増税にも関するかもですが、一般の会社員は仕事に追われ毎日働きアリの如くで
    思考する時間もないのではないか?
    会社の経営者は歴史好きな人多いと感じますが、NHK大河ドラマの内容だったり
    営業なんだから日経新聞くらいは読め!
    (当社のオーナーです)

    先日飲み会で先輩に今の日本の現実話したところ異端児扱いで取りあってもらえませんでした
    個人でどうにか出来るとは考えていませんが、日本国家は我々個人の集まりで成り立っている
    微力でも日本がいい方向に向かいこどもや孫が安心して暮らせる未来の為、日々淡々と生活していこうと
    思います

    紙の業界人なのですが、早く読みたかったのでアマゾンで購入しました

    以上よろしくお願いいたします

    • こんにちは!!
      真面目にサラリーマンをしている人ほど、ニュースをかじり読みせざるを得ないから、あまりに本質からずれちゃうんですよね。だから、本質的なはずのことが「陰謀論」的な扱いを受けますよね。
      その気持ち本当によく分かります。
      また、メディア系(広告代理店や芸能系含む)働いている人のほとんども、実は真面目に働いているサラリーマンと同じ思考性ですよ。しかも、常にメディアと向き合っている分、メディアからの洗脳が強くはたらいている様子が伺えるというか……実際自分がそうでしたし、前の会社の友人とかと会ってても、そういう様子を強く感じます。
      イデオロギーなくノンポリのまま、悪気無くメディアの情報に乗っかっちゃうんですよね。

      何かおかしいと気づくタイミングに入ると、一気に魔法が解けて本質が見え始めると思うのですが、それまでは自分がそういう魔法にかかっていることすら気がつけないんですよね。

      また、ご購入くださりありがとうございます。本当にいつもありがとうございます。
      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください