【自業自得】世界全てから嫌われる国、韓国。

ようやく韓国の国民性が世界規模で「おかしい」と思ってもらえる時代が来て嬉しいです。

 

世界から孤立する特亜……の中で、すり寄る日本。

ほんの数年前の時代には全く考えられなかったのですが、あの血気盛んで威風堂々にも見受けられた特亜三国が、世界から完全に見放されました。

日本の報道は、半島に特化しています。そして、半島は兄弟国であり、その兄弟国家の中で日本が一番下という認識をすり込む内容が多い上に、中国に至っては、まるで日本の宗主国であるかのような錯覚を抱かせる内容が多いです。

沖縄県知事の玉城デニー氏の「尖閣諸島に来ている中国を刺激するな!」発言なんて、まさにそれを言い表しているとしか言いようがないですよね。

【マジキチ】玉城知事「故意に中国を刺激するな」 尖閣で日本漁船が中国船に追い回された件で

とにかくそれに従えと言うのは、属国意識丸出しと言うものでしょう。

米軍基地にはあれほど反発するのに、どうして中国の威嚇には丸腰対応しなくてはならないのでしょうか。

沖縄県知事は、ウィグルで起きている事実、台湾で起きている事実、チベットで起きている事実は知らないのでしょうか。

【一番大事な事】沖縄をウィグルのようにさせないこと

分かっていて見ないふりであり、分かっているから知らんぷりなのでしょう。

こういう人のことを、世間は売国奴と呼びます。

そして私には、彼の行動は何よりも自分の命が惜しいからこそ、県民を人質にしているようにしか見えません。

こんな人を県知事にしてしまった沖縄県は正直残念としか言いようがないのですが……、マスメディアがあまりに偏向した情報しか流していないので、多くの県民がこれこそが正義と思い込んでいるのは否めません。

まさにカエルの楽園を地でいっているようにしか見えなくて、可哀そうで可哀そうでなりません。

 

日本のメディアの不思議

日本の報道は、不思議なほど特亜三国に対してやたらと好意的です。

普段は世界が~世界の基準が~世界の世論は~と叫びまくっているのが日本のメディアなのに、世界がどんなに特亜を批判しても、特亜三国については必ず肩を持ちます。隣国だからという理由で肩を持ちます。

日本がどれほどまでに隣国から嫌がらせをされていても、これまた隣国だからという理由で、「仲良くしましょう」「大人の対応で」な感じで、相手の非をなかったことにし、最終的には隣国を侵略し、戦争で横暴で非道な事をした日本が悪いという結論にもっていきますが……

何度も言いますが、日本は特亜三国と戦争したこともなければ、侵略をしたこともないです。

半島は、半島自ら日本になりたいと言ってきたので、日本になっただけですし、日本は「半島を併合した以上は!」ということで、世界が驚くほどの支援をして近代化を成し遂げました。もちろん半島とは戦争などしておりません。

また中華人民共和国は、第二次世界大戦中には存在していない国です。そんな国とどうして日本が戦争できるのでしょうか。

3-6.共産主義が巻き起こす悲惨な現実

敢えて歴史を誤解させるような情報しか投下しないマスメディアと日本の教育、そしてその上で積み重ねられる完全に現実を見誤っているとしか言いようがない情報の積み重ねには、辟易という言葉の感想以外は出てきません。

 

世界的にファーウェイ排除が広がる中、すり寄ったたった一つの国とは……。

前段の話が長くなりましたが、ようやく本題です。

今世界は、米中経済戦争の様相を受け、また5G戦争を受け、中国のモバイル大手ファーウェイ排除が盛んに行われています。

日本はどうなることかと思っていましたが、大手携帯電話キャリアも世界標準の動きに切り替えました。

そんな中世界で多分唯一でしょう……韓国だけがファーウェイ擁護に回りました。

韓国「ファーウェイ取引継続」の愚 トランプ氏に反旗…このまま「中国寄り」なら国際的孤立は必至 識者「米は韓国を見放している」

図式としてはTHAADの時と同じですね。

ちなみにTHAADの時とは……ざっくりこんな感じ↓

中国の「THAADいじめ」韓国に想像以上の打撃 現代自にロッテ、Kビューティーに直撃弾

単に中国のいう事を聞かないと、韓国はいじめられるという事です。

かといって、中国の言うことを聞いたからと言って中韓は仲良くできる間柄ではありません。

それはなぜかというと、韓国はちょっと調子にのるとすぐにつけあがるからです。

つい先日に起きたパンダ杯の愚行が分かり易い一例ですよね。

「この屈辱を忘れない!」U-18韓国の“踏みつけ写真”に中国サイドの怒りはいまだ収まらず…

調子に乗ってすぐにつけ上がるから、踏み倒されるのですよ。しかも相手は中国ですよ。本当にお馬鹿さんだなというか、人としての礼儀が分からないという事はどんなにも人生を荒波にさせるのだろうと思います。

可哀そうというよりも、単に自業自得。

しかしながら、韓国という地域は、「自業自得」という意味がそもそも理解ができないので、どうにもこうにもそれが分からないみたいです。

だからこそ、どこまでいっても同じことを積み重ねるのようなのです。

っていうか……「自業自得」とか「因果応報」とか、超当たり前の道理がどうしてこうも理解できないのだろうかと頭を悩ませますが、それが半島なのだろうと、最近私は思うようになっています。

だからこそ、中国も韓国に対してはまるで犬を扱うような対応しかしないのだろうと思います。そして最近は、そういう中国の気持ちもよく理解できます。

韓国の人たちはどうにもこうにも肝心要が分からないからこそ、こういう対応をされても仕方がないんですよ。彼らと普通の関係を築く最善の方法は、まさに犬をしつけるような対応をしかないのですもの。

だって、どんなに頑張っても理解し合えないのですもの。そして分かり合おうとした瞬間から韓国が調子に乗るのですもの。そして、パンダ杯のような愚行を平気でするのですもの。

中国のようにビシっとしてあげるのが、韓国に対しては良い対応だと思いますが、日本は何かにつけてそういうことを阻止しようとメディアが必死に擁護に回りますよね。日本のメディアってすごく変ですよね。

中国の言動は世界的に見て横暴で、理解できないことは多いのですが、こと韓国の対応に関しては、「その気持ち分かる」となってしまうんですよね( ;∀;)

中国とも仲良くはしたくないですが……どちらの方が分かり合えるかと言えば、中国かもしれないな……と私は思います。

 

半島だから戦争まみれだったのではなく、半島人の性格がそうさせてるだけでしょ???

「半島の歴史は、侵略が積み重なった歴史」というのは、よく聞く言葉だと思います。

しかし、半島の言動を見ていると、そうなっても仕方のない種をまいているのは「常に半島人だ」ということに大いに気が付かされることになりました。

石平さんが書いた本↓には、

「いつも戦争の種をまいていたのは、韓民族で、隣国はその巻き添えを食っていた」と書かれていますが、半島の言動をつぶさに観察していると、この考察こそが事実であったとしか思えなくなります。

 

彼らは常に人のせいにするから、「自分たちの歴史は多民族に侵略されてばっかりだ」と言い張りますが、その種を蒔いたのは、どう考えても韓国人たちであると思います。

韓国の人たちは、未だにこのような歴史の教訓を現実に活かすことなく、相変わらず人のせいにしてばっかりですが、人のせいにする人たち程、自分に問題を抱えているのだなぁとしか、最近の私は思えなくなりました。

 

そして、何かにつけて人のせいにする人たちは、事ある度に自分の立場が優位になるように、相手によって歪にへりくりだったり、逆に威圧的になったりした挙句、蝙蝠としか言いようがない振る舞いになっていくようですが……その行き着く先は、今の韓国が身をもって顕現させているように、誰からも相手にされない未来です。

つまり、そんな未来を重ねて、重ねて、重ねた上で、今の韓国があるのです。

無責任で自分勝手で、人のせいにばかりした人たちの末路がどうなるのか、これを反面教師として見習うべきだと思うのは、きっと私だけではないでしょう。

韓国が韓国であり続けるのは、韓国が韓国らしい性質ゆえのことだと思います。

同情の余地なしです。

結局人生というものは、希望溢れる未来というのは、

全ては自分の責任と割り切って、全てを受け入れて、一本筋の通った道を歩む時、ようやく開けるものなのではないのでしょうか。

今の私はそう思います。

 

■■■■■↓おしらせ↓■■■■■

ネット配信の申込を受付中です。

【無料講座】スピリチュアルに没頭しても幸せにならないのはどうして?

遠方の方もどうぞお気軽に参加してください。

■■■■■■■■■■■■■■■■

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

 

 

6 件のコメント

  • 先日10年以上ぶりに友人と会いました。
    彼女はかつて冬ソナにどっぷりハマり、それがきっかけで韓国にもハマり何度も旅行していたのですが、今は「なぜあんなに好きだったのかわからない」「恥ずかしい」とまで言っていました。また、街に溢れるハングルにもおかしいと怒っていたので、だいぶまともになったなぁw、もうこれが今の一般的な日本人の感覚と思って良いのだろうなとなんだかホッとしました。
    また先日は子供からKAZUYA氏の動画を見せられたのですが、中国が目論む世界征服についてわかりやすく語っていて、こどもは「怖い!」と言ってました。私や夫は以前から知っていたことですが、私たちが言うよりKAZUYA氏から聞いた方が効果があったようです。たくさんの若い人が少しでも知ってくれるといいと期待しています。
    しかしながら!…国民が次々と目覚めている中で日本の防衛大臣の不甲斐なさはなんなのでしょう。媚びへつらうような握手をして、犬のように躾けられているのは日本のように見えてしまいます。岩屋氏はパチンコ議員連盟らしいですが、本当に日本の政治家は腐り切っていると力が抜けていく思いです。
    あと、テレビを見ていると偶然とは思えないほどあちこちに「韓国」をねじ込んできますよね。何かと言うとすぐ「韓国料理」が出てきますし。韓国のアイドルのニュースもそうです。「そこでなぜ韓国??いらねー」とテレビに向かって怒りながらツッコんでいます。

    長くなりすみません。
    これからも楽しみにしています。

    • こんにちは
      ご友人目覚められて良かったですね。私の知人関係の中にも、以前からどっぷり嵌まっている人がいますが、相変わらず嵌まってます(/_;)。国際事情は一応理解しているそうですが、それでも好きは止められないと言っています。
      とりあえず韓国旅行にだけは行かない方がいいと思うよとは言っておきましたが……どうなることでしょう。
      私も韓国絡みの仕事をしていた事があったので、偉そうなことは言えないのですが……テレビが韓国推しになってしまったのは、はっきり言ってデフレ不況の末路かなと思ってます。また2000年代前半から始まった韓流ブームを背に、メディアの中にめっちゃ韓国資本が流れてしまったこともあり、もうどうしようもないんでしょうね。はっきり言って乗っ取られたと言っても過言じゃ無いんじゃないかなって思うことが多々あります。
      日本の最先端で日本を引っ張っていたはずのメディアが、今や情報の最後尾にいるとしか思えないことが増えていますよね。不思議ですね。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 自分たちで勝ち取った優勝トロフィーをそんな扱いって。。。
    若さや嬉しさでやっちゃっても、全力で止める人もいないと。。

    神を信仰できないだろうし、客観もできないでしょうね。
    旗をマンウンドにもひどかったですが、今回のことはさらにショッキングでした。

    • こんばんは。
      若者がこういうことをするのは、韓国の大人を見習った結果だと思います。
      可哀想なことですよね。
      日本も大人世代がきちんとしないと同じようなことになるかもしれません。
      気を引き締めないといけないですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します☆

  • こんばんは。
    韓国の芸能人の方の自殺の多さが疑問になり
    過去の記事を読ませていただいております。
    いろいろと問題が多い民族ということは竹久さんの記事から勉強をさせていただいておりますが
    どうしてこうも自死を選んでしまう方が多いのでしょうか。
    理不尽な上下関係や、二元的でしか物事を判断せず、
    ダメとか悪とかと判断した途端、徹底的に非難を浴びせる国民性に問題があるのだろうと思いますが
    彼らの死生観の中では、死を選ぶことというのはそんなに罪ではないのかということを疑問に思いました。
    鬱を患っているという原因もありますが
    “死”をあまりにも楽観的に考えているのではないかとも思ってしまいますし、彼らの死生観というのは無神論故にどんなふうに考えているのだろうという疑問が生まれました。

    私は韓国芸能人には全く興味がありませんが
    あまりにもこのようなことが多くて少し気の毒な世界であるという風にも思いました。

    • こんばんは。
      死を選ぶことが罪ではないという感覚が蔓延している訳ではないと私は思います。
      逆に、個人的な感覚で言えば、現世にしがみつく感覚が強いのは、日本人よりも半島の人ではないかなと思います。
      また、半島の波動状態というのは、日本よりも圧倒的に低いのですが……、低くなれば低くなるほど、人間は閉塞感を味わいやすくなります。
      その閉塞感を補うために、自分を無理して大きく見せて人の興味を惹き付けようと様々な事をし始めるのだろうと推察しているのですが、それは偽りによってできた大きさのため脆いです。
      その脆さが表に出た時に、取り繕う術を知らないだけではなく、そもそも小さい自分の実態がバレてしまった時に生きる術がもう分からない錯乱状態になってしまうのではないのかなと、私は思います。
      その錯乱の中で死を選ぶことは安楽に見えてしまうのではないのかなと、私は感じています。
      またその錯乱状態は、「火病」とも呼ばれるほど、半島特有の感覚なので、私たちが持ち合せている感覚の中では分からないほどの激昂や鬱を呼び寄せるのだろうと考えています。
      その結果が自殺の多さになるのではないのかな……と考えています。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください