【10歳不登校youtuber親子】デュープス過ぎてかわいそう

10歳の不登校ユーチューバについて毎日新聞が取り上げたことによって全国各地で炎上する騒ぎが起きています。

「不登校は不幸じゃない」 10歳のユーチューバー、中村逞珂さんが世界に発信 /沖縄

この件について私も思うことがあるので書きます。

 

人気youtuberと思うことは同じなので、その点割愛してお届けします。

私が10歳の不登校ユーチューバゆたぼん君の事について最初に知ったのは、最近毎日欠かさず見ているえらてんさんのyoutubeで。

その後KAZUYA君もこの件について言及していて

さらに宏洋君も言及してました。

 

基本的な部分に関して私が思うこともこの3人と相違ないので、この点に関しては割愛してお話し進めていきたいと思いますが……

ゆたぼん君を深掘りしていくと、確実に似非スピ界隈に辿り着くはずなので

心屋さんとかを始めとしたスピ系の気持ち悪さに彼らが気がつき、そして言及してくれるようになったらいいんだけれどなぁと思っています。

 

現代の教育には問題があるけれど、それを全否定してはダメ。

さてさて本題。

 

私自身も現代の教育に問題があるとは思ってます。

その結果、沢山の不登校者やひきこもり、また社会不適合者が生まれてしまっているのは紛れもない事実であり、この点ふまえて国民の一人として何とかならないものかと思っています。

【現代人に重要①】デュープスと二元論とアダルトチルドレン

 

私は、多くの情報を集めてその情報を整理して、分析して問題点を探すということが好きだし得意かなと思うので、こういう形で役に立つことができればと思い、現代教育の問題点について自分なりに調べ、分析結果をこのブログで掲出させて頂いております。

確かにゆたぼんが言っているロボット化というのは、私も危惧しています。ただしこの言葉はどう考えても、ゆたぼんの親の受け売りですよね。まずそれが問題。

↓関連記事↓

3-8.学校教育と共産主義の親和性

そしてもっと問題なのは、ゆたぼんも親も「なぜこのような教育体制が生まれ維持継続されてしまっているか」という事に関して全く考察されていないことです。世の中を否定しただけでは絶対に自分も社会も良くならないのに、それで良くなったり、幸せになると思い込んでいるのは甚だ残念です。

また、今の環境を否定するのであれば、それこそ学校教育で培われた「革命理論」を行うだけのことであり、また「革命理論」を行ったところで何も得ることなどないことを、まずは大人が気がつかなくてはならないと思います。

3-10-1.学校教育の中で育まれる革命理論①

っていうか、私に言わせれば、安易に「革命」などと言う言葉を使う時点で、結局学校教育の呪いにどっぷり浸かってるじゃねぇかよ!ただのデュープスだろ?それ?としか思えません。

もちろんこの言葉は、ゆたぼんではなく、ゆたぼんの親に向けての言葉です。

親がデュープス(共産系ロボット)であるがために、子供もそれを踏襲しちゃってるだけのことなんだと私は思います。

彼らみたいなのが、共産系革命論者には一番有難いロボットなんですよ。

維新と革命の違いぐらい親となる世代であれば、きちんと気がついた方が良いと思います。

3-5.革命に必要なのは現在の否定

どんなに今の環境に不満を持っていたとしても、現在を否定した所で何も生み出さないのです。

現在在る問題点をきちんと直視した上で、逃げ出さずに対峙して改善していかなければ、現状が良くなることなど絶対にないのです。

 

教育を壊した左翼が、さらに教育を壊すとか……もう……勘弁して。

私個人は明治期から始まった学校教育にも多分の問題が含まれていたと思っています。

3-8.学校教育と共産主義の親和性

ただし、江戸幕末を経て開国をした明治政府において、自国の産業国家化は必須の事項でしたし、その上で西洋を模倣しなければならない切迫した状況からいって、フランスやドイツを模倣した学校教育は致し方なかったと思っています。

また、西洋の合理的な教育方法は、日本においても充分効力を発揮したとも思っています。標準語で意思疎通できる環境も必要ですし、日本の産業国家化のために数学や理科などの近代的な勉強も必要です。

また、戦後のGHQ政策が機能していなければ、日本の教育がここまで酷くなることはなかっただろうと思います。そして、日本の教育の根幹に左翼がのさばる事が起こっていなければ、ここまで酷いことにはなっていなかっただろうと思います。

3-7.戦後すぐの教育で生まれた紅衛兵(こうえいへい)たち

はっきり言っちゃいますが、日本の教育がここまでおかしいということになっている実情には、「毎日新聞」のような左派の影響は多分に含まれているわけです。

そして、ゆたぼんの親が学校嫌いになったのも、ゆたぼんが学校嫌いになったのも、「毎日新聞」や「琉球新報」などの左派系情報機関の影響は多分にあったはずです。

にもかかわらず……

「新聞に取り上げられたぜ!やったー!!」って

かわいそすぎやしませんか???

お前が学校嫌いになった根本には、毎日新聞や琉球新報系の左派の活動家の影響がめっちゃあるんだぞって、私は切に思ってしまいました。

ゆたぼんも親も……結局、どうしてこうなっているのかという状況把握ができていないから、本来敵であるはずの輩を味方と見誤り、そしてその傀儡として活動をしていくのです。

これがロボットではくて、なんと言えばいいのでしょう。

痛すぎるでしょ。

さらに、もっと腹が立つのは、左翼の皆様は、自分たちの都合で教育をおかしくさせておきながら、さらに教育を壊す方向性に動いているということです。

3-3.共産主義の本音と歴史

彼らの問題提起というのはいつも解決を軸にしていません。

問題と問題がぶつかりあって、永遠に揉めて、いずれこの国が壊れるのが彼らの望みです。

そして、そんな彼らの思惑に気がつくことなく、またゆたぼんの父が抱えたはずのコンプレックスは、彼らの言論空間によって与えられた部分も大きかったはずなのにそこに気がつくことなく、彼らの思惑に染まっていく。

繰り返すようですが、この言動こそがロボットですよ。本当にお可哀想に。

今を否定しても何も生まれない。

そこを胆に命じて、良い国になるように日々努力を重ねていきたいですね。

 

■■■■■↓おしらせ↓■■■■■

いよいよ来週5/15が開催となりました♪

【無料講座】スピリチュアルに没頭しても幸せにならないのはどうして?

現地参加の残席は2席です。

ネット配信も行いますので、遠方の方もどうぞお気軽に参加してください。

■■■■■■■■■■■■■■■■

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

今日のリンク集

【現代人に重要①】デュープスと二元論とアダルトチルドレン

3-8.学校教育と共産主義の親和性

3-10-1.学校教育の中で育まれる革命理論①

3-5.革命に必要なのは現在の否定

3-7.戦後すぐの教育で生まれた紅衛兵(こうえいへい)たち

3-3.共産主義の本音と歴史

6 件のコメント

  • 今晩は。
    今 YouTube界隈で どこもかしこも
    このニュースで持ちきりでしたね。
    ゆたぽんの動画は観てないんですが
    というか すみません 興味がないのですが、
    宏洋さんはじめ kazuyaちゃんねるの動画とかを
    観ますと 内容が わかります。
    お子さんですから 近い将来心配ですよね、
    皆さん お優しい。
    宏洋さんが 紹介されていた まっすうさんの動画
    を観てみました。

    マスザワ内閣
    「少年革命ゆたぽんよ・・・」
    の動画を観させて頂いて、
    ホントに仰る通りでした。

    ゆたぽんの決めた道は 茨の道だから
    覚悟して歩んだ方がいいよ。

    • おはようございます。
      本当にこの話題が持ちきりですね。
      山野本さんのブログに書かれていましたが、この親子今沖縄にいるのですが、各放送局に挨拶回りを一生懸命やっているそうです。
      https://nakatorimochi.ti-da.net/e11093484.html
      山野本さんが努めていた放送局では、取り上げないことになっているそうです。賢明なご判断。
      というよりも、子供時代は金稼ぎの時代ではなく伸び伸びと学ぶことができる時代なのに、本当にお子さんが可哀想です。
      何を親から奪われているのか、本人はまだ気がついていないでしょう。本当に可哀想です。

      ちなみにゆたぼんのyoutubeは見なくていいです。特に宏洋君の解説が一番的確というか、彼の心情を確実に汲み取っているので、あの情報から想起される動画イメージと実際の動画は差違がないです。

      本当に「無」を選ぶことは茨の道です。それを分からず親の道連れにするのは本当に可哀想ですよね。

  • おはようございます。
    いつも楽しく拝見させてもらっております。
    今回の記事でも思うところがございましたので、またコメントさせていただきました。
    「ゆたぽん」の父親の思考回路があまりに狭量的に思えたもので。

    所謂「権利を主張し義務を果たさず」といった様な人と考え方が似ているとも思いました。
    彼が言っていることを屁理屈としか受け取れないのは、私が狭量なのかとも思いましたけど。
    ネットでの批判をいちいち論破しているわりには、その内容は社会秩序を保つという視点が欠けていると思いますし。
    社会いう秩序の中にいればこその自由であるにもかかわらず、自由だけを求めている思慮の無さが嘆かわしいです。
    大きな揺り籠の中で守られていることを認識できずに、自由になりたいとあがいている井の中の蛙の様にも感じます。
    社会という枠の中にいるからこそ自分たちが生きていられるという恩恵を忘れ、自分で何でもできるというのは、まさに「傲慢」な考え方と思います。
    「ゆたぽん」なる子供の父親が考えることがまかり通るなら、それは無秩序な世界にしか行きつかなくなります。
    自由と無秩序は全然違います。
    自由は謳歌できるものですが、無秩序は地獄でしかないように思えます。

    今「ゆたぽん」が活動できているのは、社会が「生温かく」見守っているからでしょう。

    自分が立っている場所は、自分の力でのみ立てているのではなく、皆のおかげで立てていることに気付ければいいのですが…

    これからも、楽しく拝読させていただきたいと思います。
    ご活動を応援するとともに、お体の調子を崩されることのないようお祈り申し上げます。

    乱文失礼いたしました。

    • おはようございます。
      本当に仰る通りで、彼はいつも「自由」と「無秩序」をはき違えています。
      社会として最低限必要となるルールを無視して、またルールを破ることが「自由に生きる」ことだと勘違いしています。
      またそのような錯覚に陥る人は、無自覚の中に共産的思考(革命理論)が入っていると考えます。
      そこをきちんととらまえて、そこに引っ張られないで生きることが大事ですよね。

      何事にも自分の責任を考えることができれば、自由と無秩序をはき違えることなどできないと思うのですが、スピ系でも活動家でも自己主張の激しい人たちほど「権利を主張し義務を果たさず」となり、あまりに大きな声で叫ぶ彼らの権利の主張に世の中は流されやすいです。
      気をつけていきたいですね。

      体の心配をしてくださりありがとうございます。おかげさまで超がつくほど元気です(^_^)
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 彼の存在など全く知りませんでしたが
    あまりに世間が騒いでいるので覗いてみました。

    率直な見た瞬間の第一印象は
    「目が死んでるw」ですw

    少なくとも、幸せを享受してる者の目ではありません。
    カンペ読んでるのも丸わかりでw

    他の方もおっしゃってたと思いますが
    子供の人格を奪う、ある種の虐待ですよねアレは。

    見てて不快感極まりないですし
    彼に哀れみさえ感じてしまいます。

    • おはようございます!
      ですよね~。っていうか「でしょ?」って感じでしょ?
      もういろいろと可哀想過ぎて……、とりあえずこの話題から、日本のスピの異常性に気がついてくれる人が増えたらいいなと思ってます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください