【スピ系勘違い】日本の国体で分かる、神と神の子の違い

昨日の話

の続きです。

 

日本の国体で簡単理解できる役割の違い

昨日、スピ系の人が都合良く勘違いしていくことによってトラブル増加中の「自分が神」と思っちゃう事について触れました。

日本人は生まれた時から神の子ではあるものの神ではないということは、私たちの国体を見ればよく分かる事だと思うので、少々不敬なたとえや言葉が出るかもしれませんが、お伝えします。

 

私たち日本人は、神話の世界から繋がる命を紡ぐことのできた民です。

その中枢におられるのが、我国の君主である天皇陛下であり皇室の方々となります。

ですから、私たち日本人は長い歴史を元に広い視点で見れば、みんな家族であるという言い方もできますし、誰もが天皇家のDNAを持ち合わせているとも言えます。

 

ただし、天皇陛下はお一人の存在で、なろうと思ってなれるものではありません。

 

なられる定めのお方がその役目を一人で受け止め、その役目を一心に行ってくださっておられます。その役目はその方以外にできるものではありません。

 

私たちは、天皇陛下の御心を思い、その御心に沿う生き方をすることで、国を思い国を紡ぐことはできますが、天皇陛下になれることはありません。

 

昨日話した、神と神の子の違いはここにあると私は思っています。

 

ついつい調子に乗って「自分は神」とか言っちゃう人たちは、現実世界で言えば、「私が天皇陛下」とのたまいそのつもりで行動しちゃうのと同じだと思うんですよ。

それって迷惑どころの騒ぎじゃ無くて、単なる不敬で、しかも現実認識が全くできないイタイ人ってことになりますよね。

「私は神」ということを現実的な社会でたとえるなら「私が天皇陛下です」とか言い張って、外交しに行っちゃたりするようなことになるのと同じです。そんな無礼者はこの国にはおりませんが、いわゆる見えない世界の「神」という領域の中では、結構横行しちゃっているように思うんですよね。

 

たとえば、去年の首里城とかの祈りとかなんてまさにその典型例でしょ?

 

さらに言えば、天皇陛下の祈りを手伝ってとか上から目線とか……

 

思い上がりも甚だしい残念な出来事だと思ってます。

 

神には神の役割が、人間には人間の役割があるだけ。

結局どんなに自分を神のように見せかけてふるまったとして、それは単なる勘違いであって、さらに役目でない人がそのような行いでしゃしゃるのは迷惑極まりないだけだと思うんですよね。

 

私は「神」と呼ばれる存在は、言い方が不敬かもしれませんが「神」という役目だと思ってます。

ですから、そのご存在しかできないことはあって当り前だし、それと同じような事をする必要もないと思ってます。またそのような行為が「神」にとっては迷惑になるだろうと思っています。

我国は、君主は民を思いやり、また民も君主を思いやることでお互いの立場を敬い発展してきました。それと同じような心持ちで「神」のご存在を思うことが最も大事なことなのではないかと私は思ってます。

「神」の御心に沿い、生きることが大いなる存在の望むことでり、私たち人間はそれだけで充分豊かな恵みは頂けていると思っています。

ですから、庶民の私たちが神の代わりなどする必要もないですし、その御心を素直に有難く受け取り、ただ今を素直に丁寧に生きることが、今与えられている役割をきちんと全うすることが、私たちのすべきことなのではないかなと思ってます。

 

それぞれ与えられた役割は違います。

ですが、その役割に誇りを持ち、他者の利益や幸福、そして安定や安寧に繋がるように役割を全うさせて生きていけれたらいいですね。

 

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本