【不思議】スピ系教祖さまってやっぱり私のブログ見てるのかな?

2018年12月1日

ニッチな場所のニッチな方たちの中では、そこそこ読んで頂けるようになった私のブログ。

スピ系教祖さまたちもやっぱり見てるのかな?って思うことは、教祖ネタを取り上げる度に起こります。

 

いつも、そんな気がするってだけなんだけどね。

いつも不思議なんだけれども、私がスピ系教祖さまのおかしいと思う部分を説明する記事を上げると、教祖さまのブログがレスポンスをしてくれているかのように感じることが多いのですね。

まぁ、妄想激しい私だから思い込んじゃうのかもしれませんが……不思議な事にいつもそうい感覚になるんです。

最初にそう思ったのは、レリゴーブスの筆頭格であるHappy様です。

この記事が効いたのでしょうか……

 

この記事を書いてから、やたらと彼女のブログの文言が私のブログ内容とシンクロニティをしているかのような錯覚を得て、私は見てくださっているのか不明確なHappyさん宛にわざわざ一記事書きました。

 

 

まぁ、このような不思議なシンクロニティは、Happyさんに関わらず偽スピ系教祖さまを取り上げる度に必ずと言って良いほど起きるんですよね。

 

っていうか、滝沢泰平さんに関しては、わざわざ「見ました」ってコメントをお寄せくださいました。

見ましたじゃねぇよ!って正直私は思いましたけれどね。

この記事は、そもそも滝沢さんの友達に頼まれて書いたんですよ。

滝沢さんに何度伝えても無視するから、竹久さんから注意喚起してもらえないかと。

依頼者と私はそれまで面識はありませんでしたが、該当記事にもあるように大量のスクショが送られてきて、どうやら相当思い詰める所まできてると思ったから記事にしたまでのことです。

それなのにも関わらず、それまで無視していたはずの滝沢君が私には突然連絡してきて、「大事なことなので詳しく検証させていただきます」と言ってきた時は、ドン引き以上に、この人の鈍感さが気に障りました。

私に送られてきたスクショや一連の事件の経緯は、滝沢さんには何度もメッセンジャーで送っているとその依頼者は伝えてきていたからです。

あ~したら幸せになれるよ、僕の言うとおりにしたら幸せになれるよ、僕は幸せだよ!

なんつー甘い言葉を繰り広げているスピ系教祖さまの多くは、人として当たり前の事が当たり前にできないのに人格者気取りな輩がやたらと多いのです。

 

さとうみつろう君のブログは、単なるシンクロ???

 

ぶっちゃけ、ここ最近取り上げ続けているさとうみつろう君のブログでも同質のものを感じています。

彼もやたらと人格者気取りなスピ系教祖さまの一人です。

さとう君が、私のブログを見てくださっているのかどうかは分からないですが、ここ最近いつものシンクロが非常によく起きていることは確かな事実です。

 

たとえば、平成天皇と書かれたタイトルは不敬ですよ!とお伝えしたらシレッと直していたり、

 

彼の言う伊勢神宮の特別な場所は正式参拝のことではかろうかと伝えたら、その翌日からその募集をしなくなっていたり、

 

さらには、首里城に集合したらいきなり祈るのは、イベントとして杜撰過ぎないかと書いたら、翌日のブログではやたらと事前に集まって意識を同期させることが必要とか言ってたり……

 

たまたまにしては、あまりに続くなと思っています。

私とさとうみつろう君は、実は次元の違う場所で繋がっているだけなののかもしれませんが……不思議ですねwwwwww

 

LINEの履歴が飛んだ!その訳は……?

ちなみに、今日のさとうみつろう君のブログでは、LINEの履歴が全部飛んだということを汚い言葉で綴ってらっしゃっていました。

ひょっとして、伊勢神宮参拝をなかったことにする布石なのかなと、私は勝手に思いました。

だって彼は……伊勢神宮の参拝者を集める時に、このような告知をしていましたものね。

※平成最後の日、来年4月30日に伊勢神宮にて、

平成の全てへ感謝を捧げる祈りを行います。

伊勢神宮さんとの取り決めで、詳しいことは言えない事になっていますが、

通常では絶対に案内できない場所へ、入れる事になりました

申し込み後も、そこがどこなのか、また祈り後も、そこがどこだったのかは公言できませんが、

真摯に感謝できる皆さんの参加をお待ちしてます。

参加者の名簿も1か月前までに、伊勢神宮さんへ提出しないといけなくて、

直前の参加などはできません。

告知もブログでは出来ないので、

LINEかメールに登録しておいてください。

12月の中旬に案内します。

 

今日のブログは今までのLINEの繋がりはなかったことにしたい的な思いにしか、私には見えませんでした。

みつろう君がこのブログを見ているのかどうかは分からないけれど、みつろう君のことを書いた記事はかなり読まれているので、ファンの人が私のブログを目にしている確率は高いと思います。

だから、質問やらクレームなどが殺到したのかもしれませんね。

伊勢神宮のことはなかったことにしたいのではなく、単純に今起きているクレームや批判や質問などのやり取りから解放されたいのかもしれませんね。

 

そもそも、来月行われる首里城イベントは、不可解すぎる文言が多くあるために、祈りの場所である公園に様々な問い合わせが来ていて行政の現場担当者が困っているそうです。

首里城の祈りイベントの矛盾点を指摘して下さった方がいます。 より

実は僕、これでもマスコミ出身ですから、このイベントを知った時点で
各地に住む知り合いの報道記者などにこのイベントのことについて
時間があれば調べてもらえるように依頼しており、
そのうちの記者の1人から得た現時点での情報を可能な部分だけご紹介しておきます。

*その男性教祖様が自身のブログで書いてある「首里城から許可を得た」という表現は誤解を招くので
正直、管理センターも困惑しており記事修正の依頼をしているが
11月27日現在において、未だに訂正されていない。

*既に多くの人たちからイベントの指摘や問い合わせが来て困惑している。

*記者が何故そのイベントの詳細を見ずに公園での許可を出したのか質問すると、
責任者と思われる首里城公園管理センターの男性は
曖昧な表現で逃げて回答を2週間ほど避け続けている。

このブログで一般公開できる範囲内の情報として知り合いの記者から戴いたのは上記ですが、
記者曰く、曖昧なイベントを許可した責任追及されるのを恐れて
首里城公園管理センターの責任者も自身に非があることを認めているからこそ
逃げ続けているのではないか・・・という見解で、
とりあえずその記者が、管轄である沖縄県庁の部署に報告をしたそうです。

今回のイベントに関しては一度許可をしてしまっているので、実施されることでしょうけれど、
既に開催前から色々な良識ある人たちからの指摘や問い合わせが殺到しておりますので、
次回以降は難しいだろう・・・という見解でした。

 

今までこのような批判に晒される事は無く、活き活きとスピ活動をされてきたさとうみつろうさんにとっては、初めての事態で右往左往した結果、LINEは全部無くなったことになってしまったのかもしれないなと、私は勝手に推測しています。

ちなみに、昨日のブログでもみつろう君は首里城で祈ると言い張っていましたね。

「首里城から許可を得た」という表現は誤解を招く

と公園側からも言われているのですから、そろそろちゃんとした事実を伝え直すべきではないでしょうか。

普通に社会人生活をしている実績のある人なら、些細な文言の違いが大きな誤解を生み出し、それが後々自分の企業へダメージの深いデメリットを作り出すことは、誰でも知っていることだと思います。

みつろう君もエネルギー系の大企業で働かれていたそうなので、そこら辺は知っているのではないのでしょうか。

 

というよりも、精神世界を大事にしている方なのであれば、常に実直に誠実に生きることが基本中の基本だと思うのですが、どういうわけか、精神世界を糧にビジネス展開をされる教祖さまのほとんどは、誇大広告としか言いようがない文言ばかりがブログに踊ります。

 

普通に生きてたら普通に起こりそうなことも、文字をやたらでかくして奇跡~引き寄せ~、とか叫びたがる。

うぜぇとしか私は思わないけれど、まぁそれがその人が思う事実であり感情なら、それでいいと思います。

ですが、精神世界を糧に生きることを決めたのなら、嘘は良くないと思いますし、誇大表現も良くないと思いますよ。

 

それから、人としての当たり前の「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えないのも良くないと思いますよ。

 

ちなみに、偽スピ教祖さまたちほど、謝り下手な人はいないなと私は思っています。

素直に謝れば、もっとファンが増えるはずなのに、彼らは謝ったら自分の価値が落ちると思い込んでいるのでしょう。

プライドが邪魔して謝れないのかもしれません。

 

それって、悟ってるって言えるんですかね(笑)

 

謝った時に訪れる恐怖に怯えて謝れないって、一般人以下の一般人としか私には思えないのですが、いつも当たり前のように、そういう事態ばかりに遭遇するのが偽スピ教祖さまたちの日常です。

 

特別になんてなる必要などないと、彼らの行動を見ていると素直に思いますね。

間違った時には、素直に謝り、

相手に何かをしてもらえたら、素直に感謝し、

そういう普通の日常に溢れる喜びを大切にして生きる方のが、どれだけ幸せなことでしょう。

ただただ普通に生きる方のが、偽スピ教祖さまたちよりも、何十倍、何百倍もの幸運と奇跡に溢れた日常が与えられるはずだと私は思ってます。

 

やっぱり……素直に謝れない人ほど、見ていて悲しいものはありませんね。

それから、自分の間違いを素直に認められず無かったことにする人ほど、人でなし感を感じる瞬間はありませんね。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本