【気をつけよう】事実を直視できない限り、人は自分以外のせいにするから。

さっきの記事の最後に

「次の記事では、現実を直視できない人たちが、明後日の情報に転がされていく現況についてお伝えできればと思います。」

と書きましたので、この件について書きますね。

 

今起きていることは、「出したものが返ってきているだけ」

私は、今起きていることは「出したものが返ってきているだけ」だと思っています。

アセンションという事象が叫ばれた昨今から今日まで、人知れずこの事象に尋常なる関心を抱き、そして自分のできる事からコツコツと歩みを進めた結果、地球は宇宙の波動と同期できる望ましい奇跡を成し遂げ、その結果、迅速に「出したものが返ってくる」現象を受け入れざるを得ない環境を作り出していると思います。

 

 

現実に向き合える人、できない人

数日前に書いた記事でも、目の前にある恐怖や不安に立ち向かうことができるかできないかでは、大きな違いを生むことを書かせて頂きました。

そして、現代人の多くはエゴに心が支配されているため、現実を直視した上で感じる恐怖は、「臭いものには蓋をする」ように見てみない振りをして、現実を逃避した上で感じる恐怖はエキサイティングに楽しむことが起きています。

それは一体どのようなことなのか、ここで改めてお伝えさえて頂ければと思います。

 

#人工地震、#人工台風を検索せよ。

このような甚大な災害が与えられると、陰謀論に結びつける人は一定数います。

特に7年前に起きた甚大なる災害である東日本大震災の頃は、人々の心があまりにも不安定になったがために、陰謀論という分野が異常なトレンドになっていきました。

私も陰謀論に嵌ったその1人で、東日本大震災は、アメリカの陰謀によって起こされたものだと信じて疑わない日々を過ごしてしまいました。

それが出来たのは、自分の波動が低波動でエゴに支配されていたからだなと、今は真摯にそう思います。

そして、今や陰謀論を大概否定している私ですが、未だに、アメリカというよりもイルミナティという悪魔崇拝をしている一味による何かはあるかもしれないな、と思う気持ちはあります。

ですが、私が検証し続けてきた結果、東日本大震災のようなことが陰謀論として成り立つのは2012年以前だからこそできた事であると考えます。

さらには、アセンションを経て、宇宙と同期できるようになった地球には、そのような一味の活動はなんら影響を与えることのできないと思っています。

ですが、未だに、このような事が起こる度に、「誰かの仕業」だと思う心を止められない人は数多くいます。

twitterなどで、#人工地震、#人工台風と検索してみてください。

結構な比率で政府批判の内容が上がってくると思います。

 

 

私が東日本大震災を受けて、うっかり陰謀論に足を踏み入れた頃は、誰かのせいの首謀は「アメリカ」=「イルミナティ、フリーメーソン」だったのですが、すっかり時代は変わりましたね。

人工地震や人工台風と言えば、「政府主導」で行われるものだと思われているようです。

 

 

陰謀論は、9割型特亜のプロパガンダ。

今回、#人工地震、#人工台風と検索してみた結果、陰謀論というものは、やはり特亜のプロパガンダなのだなと心強く思いました。

なぜなら、2011年の時代は民主党政権でした。当時の日本政府は反米親中親韓を露骨にしていた政策の目白押しでした。

このような時に、特亜のプロパガンダであれば、この災害を契機にアメリカとの離間を推し進めれる方策を模索することでしょう。

その通り、あの頃は陰謀論の首謀者と言えば、全てアメリカでした。

この理論が根幹にあるとすれば、この半年災害まみれの日本の状態はアメリカによって起こされていると話が続いていかなくてはなりません。

しかし、今の日本は民主党政権から自民党政権に変わり、がっつり親米です。日米同盟をどのように守り発展させていくか、さらには特亜以外の各国としっかり連携して世界を穏やかにしていくのかという政策の目白押しです。

すれば、特亜にとって目の敵になるのは安倍晋三でしょう。

その気持ちをそのまま裏付けるように、#人工地震、#人工台風と検索してみた結果、一番名前が挙がってきているなと思うのは、安倍総理や総理関係者の名前でした。

7年前には当たり前に散りばめられていたアメリカという言葉は影を薄めています。

不思議ですね。

全てはアメリカの陰謀のはずなのに、不思議ですね。

 

このように、日本に蔓延る陰謀論のほとんどは、特亜にとって都合の良い感情を埋め込むための作業だと、私は思うのです。

 

自分のせいにできないから、陰謀論に嵌る。

そして、このようなプロパガンダに嵌っていく最たる理由は、人が自分自身を顧みれないからだと私は思っています。

このような事象が起きたことは、自分以外の誰かのせいだと思える心があるからだと思います。

そして、陰謀論を主体としたプロパガンダに乗せられて、明後日の方向にどんどん走っていくのだと思います。

誰かのせいにする前に、何かのせいにする前に、自然のせいにする前に、自分のせいなのだと思う心を失った時、人はより大きな不安の中に生きざるを得ません。

 

ちなみにですが、故翁長知事は、今や左派界隈ではガンジー級の聖者として崇め奉られているようです。

スピリチュアルにどっぷりつかっている人たちは、翁長知事が誰の目にも分かり易く中国共産党の手下だったことに未だに気が付かないようです。

そして、左派の活動家にシンパシーを感じて、自身も「正義」を片手にヒーロー、ヒロインを演じてしまっています。もちろん、このおかしさに、彼らは気が付くことはできませんんが、本来事実を直視すれば、「翁長がガンジーなど正義のヒーローであることは虚構である」と立証することは簡単なことです。

きちんと事実と事実を検証すれば、翁長知事が工作員の一人であることは誰もが辿り着くはずの答えなのですが、ハートで捉えることが第一主義のスピリチュアルな人々はそれができず、事実誤認甚だしい論を繰り返し、行動は明後日に向かっていきます。

ハートで捉えた結果、事実誤認し、明後日の方向に走っていって「みんなで幸せになろう」とか、「勘弁して」としか言いようがないくらいの避けがたい事実ですが、スピリチュアルでは左派の活動家と同様の行動が横行しています。

結局、スピリチュアルに嵌る人ほど、現実逃避を無自覚に求めているんですよね。だから、事実誤認が甚だしくなる。

さらに、そこに「正義」の思想とか入れられたら、最初からスピリチュアルじゃなかったと露呈しているようなものですよ。

もちろん、スピリチュアルに没頭している本人は気が付きようもない事実ですが……。。。。

 

 

ですから!

陰謀論どうのこうのの前に、ちゃんと今私たちの目の前にあることを受け止めましょう。

事実をきちんと確認しましょう。

 

私たちの目の前にあることは何ですか?

 

私たちの目の前で災害が起こった、ただそれだけのことです。

その事実を直視した時に、ようやく人は、自己への反省が生まれます。

 

しかし、エゴに心が支配されていると、それができません。

現実を直視できないのです。

 

エゴという存在は、常に自分には非がなく、自分以外の別の所に非があるように見せたがります。それが事実であるか虚構であるかは関係ありません。

大事なことは感情がしっくりくるか否かそれだけです。

ですから、事実は関係ないですし、事実を検証する必要はありません。しっくりきた感情の動作の波に合う情報を鵜呑みにしていくことで、独自の世界が作られていくことになります。

そして、現実と乖離した認識の上で生きていくことになります。

 

このような災害の連続によって、7年前を彷彿とさせるような、陰謀論ブームが再び起きてしまうように感じています。

それは、情弱で矛盾に気が付かない心がそうさせていることに、多くの人が気が付いてほしいなと思っています。

 

 

お知らせ☆電子書籍発売開始しました。

【縦書き】

【横書き】

本の内容一部を公開してます。

【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

 

本の紹介ページはこちら↓

【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

今日のリンク集