【私の意見】改憲すると危険が増すと思っているあなたへ

昨日、アメブロのコメントに憲法に関する私の意見を書いてほしいという依頼があったので、そのことについて書きますね。

 

 

現状憲法を変えるのはヤバいこと?。

昨日アメブロの方にこんなコメントを頂きました。

ゆりさんこんにちは。
いつもサイトで勉強させてもらってます。
おとな塾、ネット配信予定などはないのでしょうか?

森友、日本有事のことなど、恥ずかしながら知らないことばかりで、、(^^;)

私は今まで左翼思想が強くて、改憲には反対でしたが、少し見方が変わってきました。

改憲により9条はもちろんのこと、基本的人権が狭まるのではないかと懸念していました。

でも、ゆりさんの朝鮮やエゴの記事を読むと、
基本的人権の尊重ししぎることは、エゴ肥大化させ個人主義を助長させるのかなぁとも思えてきます。

天皇元首も戦前にもどるようで、どうかと思っていましたが、日本の歴史を考えればもどすべきなのでしょうね。

ゆりさんは自民党改正草案をどう思われているのでしょうか?
記事にしていただけたら嬉しいなぁと思いました。
もし、差し支えなければよろしくお願いします。

このコメントにお答えする形で、私の意見を書いておきますね。

 

 

現状憲法は敗戦国ペナルティそのものです。

まず私たち国民が知っておくべきことはどのような背景でこの憲法が作られたのかということだと思います。

私たちは学校教育で、

敗戦前の日本は大変悪い軍国主義の国であったから、欧米諸国がそれを正して平和な憲法が日本に作られてきちんとした議会制民主主義ができた。

ざっくりこんな感じに戦後の成り立ちを覚えさせられ、憲法も大変素晴らしいと思わされていますが、これこそが間違いなんですね。

今私たちが使われている憲法はGHQの移行をまとめてたった一週間で作ってしまったものなんですよ。

↓詳しくは教材VTRで確認を↓

さらにいつも憲法問題で争点となる9条は、単に敗戦国ペナルティと言って良いようなもの。

日本が武力を持たない所で、世界平和なんて訪れるはずもありません。

隣国は今がチャンスと日本を攻め入ってくるでしょう。

今隣国が日本に攻め入らないのは米軍基地があって、米軍がにらみを効かしていてくれているだけ。

しかも、日本の自衛隊は専守防衛のルールを守っているため、中国・ロシア・北朝鮮・韓国というならず者国家にとっては、やりたい放題できる許容が生まれるため、ありがたいことです。

武力を持ったら戦争が起こるのではありません。本当は逆です。今の地球で武力を持たなければ、簡単に隣国に攻め入られます。

警察で考えてみたら分かるでしょう。

警察がなくなったら、平和が訪れると思いますか?

逆に

警察があるから、治安が悪いと思いますか?

質問の次元がおかしいとほとんどの人は思うと思います。

警察があるから、治安が守られて平和でいられるんですよね。

それと同じことなんです。

警察が国内の仕事であれば、軍隊は国外を中心に守るものです。

その当たり前のことが私たちは戦後教育によって分からなくさせられてしまっているからこそ、みんなこんがらがるんです。

そして、当たり前のことで躓いた挙げ句、無駄な議論に時間を費やさなくてはならない事態が起こっているだけなんですね。

 

しかも、中国や半島は日本が軍隊を持ち合わせた普通の国家になってしまったら、居場所の多くが失われるから困るんです。

そうならないように、日本の中枢に工作員を入れて、日本が不健全な国家であり続けようとしているだけなんですよ。

 

 

日本ほど人権が守られてきた国はありません。

世の中人権人権と大騒ぎしてますが、それは日本以外の国のほとんど民には、人権というものがなかったからだと私は思っています。

日本はもう少なくとも1000年以上前から民の人権は確保されていますが、そんな国家は日本くらいのもので、他の国々は支配する者とされる者に分けられ、支配される者への人権なんてほとんどない環境だったのです。

まずは歴史を読み解いて、その事実を知っておいてほしいなと思います。

 

学校ではもちろんこの憲法によって人権が認められるようになったと教えられたと思いますが、そんなの嘘です。

戦前から日本ほど普通に生きていて、自由と人権が守られている国はありません。

また、人権は既に半島&大陸勢力の都合の良い魔法の言葉としての利権化されている一面を強く感じるので、人権に注視しないくらいが良いのではないかと私個人は思っています。

そもそも日本人の概念には奴隷というものがないのです。

今も過去も一度もありませんし、人をそのように扱えないのが日本人です。

規制する必要性などどこにもないし、そもそも私たちの日常は他国以上に人権が与えられていることに気がつくことのが大事なのではないかと常々思っています。

 

天皇は今も昔も国家元首です。

天皇陛下が象徴で国家元首ではないと思っているのは、多分世界の中で日本国民だけです。

他の国々は、天皇陛下が国家元首であると認識しています。

そしてもう一つ言えば、1000年ほど前から既に天皇陛下というご存在は、権威であり象徴である国家元首です。

平清盛が台頭してきた頃から、朝廷は政治を司っていないことは多くの人が学校で学んだことでしょう。

私たちは、はっきりしない学校教育を受けているため、そこら辺のことがこんがらがってしまっていますが、もう1000年くらい前から、天皇陛下が大きな権力を持ち合わせていることはなく、権威としてご存在して頂いているというのが正しい解釈なのではないかと私は思います。

ですから、改憲によって、世界の誰もがそう思っている「元首」と記載されることは日本が普通の形に戻る一つのきっかけだろうなと思っています。

 

自民党の草案にはムラがあります。

私は憲法学者ではないので、原文を見合わせても本音のことを言えば何が何だか分からないことが多いです。

その為、憲法に詳しい方たちのお話をふまえていくと、現段階で出されている自民党の改憲草案には多くのムラがあることは確かです。

 

憲法改悪にならないように気をつけよう

憲法改正にあたり、私たちが一番気をつけなくてはならないのは、改悪にならないことでしょう。

今の国会を見ていればよく分かると思いますが、野党は問題がないことに火をつけて、国民を混乱させているだけでなく、

政権与党に無茶ぶりをしかけて、自分たちに都合の良い譲歩を狙います。

憲法改正に当たって最も気をつけなくてはならないのは、ならずものの野党の人たちの行動とそこと一蓮托生の関係にあるメディアの存在だと思います。

私は改憲派でありますが、ここを静粛しないままに憲法改正に踏み切ると改悪の可能性も多分にあると考えています。

自民党の憲法草案に何が書かれているのか云々以前の問題を解決しないことには、まともな憲法議論さえできないこの国の由々しき問題を早く解決できればと願っています。

 

憲法論議が普通にできるようになっただけでも奇跡

ほんの数年前、憲法の話をするだけで極右と言われていました。

しかし、時代のおかげでそのような目を向けられる回数も減り、友人ともこういう話ができるようになったことが、国の成長であり、多くの国民が目を覚ましてきている事例の一つとも言えます。

国民が国のことを考えるのは当たり前です。

また国民が国のことを考えなかったからこそ、この国の政治活動は他国の活動家のやりたい放題になっています。

そこを理解しながら、慎重でありつつも大胆な一歩に繋がると良いですね。

 

今日のリンク集