【訂正】あいちトリエンナーレの件

さっき書いた記事について訂正したい部分がありますので追加記事書きます

↓さっきの記事↓

【あいちトリエンナーレ】なぜイベント全部を中止にしないのかと思ってる方へ

 

文化庁からだけの税金投入じゃなかった!!

あいちトリエンナーレのイベントに多額の税金が使われていたことは知っていたのですが、その出所をあまり理解していなくて、先ほどの記事に書いた通り、文化庁から8千万円だけなのかと思ってました。

あの大きさのイベントで2カ月半の運用となると、この資金で賄えるのかなぁなんてさっき思いながら書いてたのですが……

8千万円じゃなくて、10億なんですね!全体で10億円もつぎ込まれているそうです。

潤沢過ぎるじゃないですか……( ;∀;)

そして、この10億円は、愛知県民税&名古屋市民税だそうです( ;∀;)

名古屋市長がはっきり10億と言ってますから、間違いないのでしょう。

河村市長は視察後の取材で「表現の自由は相手を傷つけないことが絶対(条件)」と撤去を求める理由を説明。「10億円も税金を使った場所で展示し、あたかも公的にやっているように見える」と主張した。

慰安婦像の撤去要請 河村市長、大村知事に

 

しかも使ったということは「支払った」という事でもあるのですよね( ;∀;)

ちなみにお左翼さんたちは、10憶デマだという情報を拡散させていますから、

【いつものデマ】愛知トリエンナーレ「表現の不自由展・その後」に「税金10億円」はデマ!実際は「420万円」

そっちのデマに流されないようにしましょう。

河村市長の言葉が一番の事実です。

 

県民&市民税10億円と知って、態度が変わってしまってすみません( ;∀;)

これは県民&市民こそ、きちんと頑張らなきゃいけない所だなと思いました。

私も地元の議員さんなどに、この税金の使われ方の部分について説明してもらうようにお願いします。

 

愛知県民の読者の皆さんも、ちょっと意識高めて、この件はきちんとしてもらえれるように、地域の議員に働きかけましょう。

名古屋市民である武田邦彦先生のyoutubeブログでもこの件取り上げています。

まずはトリエンナーレとかいう分かりにくい名称は、これっきりにしてもらうとこから始める必要がありそうです。

 

 

 

追記:

ちなみに先ほど両親が、豊田美術館会場に足を運んできました。

感想は「普通」でした。

 

障害者と一緒だと無料なので、父にもう一度付き合ってもらって豊田会場は視察しておこうと思います。

 

感謝☆新刊ランキング2位になりました。

先週発売させて頂いた紙書籍がPOD出版社の新刊ランキングで2位になりました。

663 新刊ランキング2位になりました☆

皆さんのおかげです。

いつもありがとうございます。

ご興味ある方はこちらからご購入ください。

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

2 件のコメント

  • まったく関係ない話ですが
    愛知県には「斎藤吾郎」先生がいます。
    先生の絵は凄いのでおススメです。
    日本の古き良きが素晴らしいです。
    出雲大社や熱田神宮などの神社にも奉納されています。
    日本で唯一モナリザを公認模写を許された方です。

    • 教えてくださりありがとうございます。
      早速検索してみました。
      見た瞬間に、「すごい!」って思いました。
      これからお名前気にして、展覧会など観に行きたいと思います。
      教えてくださりありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください