【うちの親ですら疑念w】4回目のワクチン接種はどうなる?

5月末から4回目のワクチン接種が始まりましたが……。

 

すっかり消えた同調圧力

先日テレビCMで「4回目のワクチン接種が始まりました」といった内容が放映されていました。

それを見た母が一言。

「ねぇ…いつまで打つの?打たなきゃだめかな?」

と。

私はびっくりしましたよ。

だって、うちの母は最初の接種の時、接種予約を取るために血眼になってたタイプの人でしたから。

だから当然4回目も普通に打つんだろうなと思ってたのに、あの一言。

 

あんなに血眼になっていたはずの人でも、いい加減冷めるんですね。

時の持つ力の凄さを知りました。

 

同様の傾向は周囲でも…。

また周囲でもワクチンの話はべらぼーに減った気がします。

確か私たち世代がワクチン接種をし始めたのは、去年の今頃だったかと思います。

その頃は打つか打たないかの話題も多かったです。それからワクチン打ったアピールをする人も多かったです。

静かに打たないと決めていた私は、会話の本質に入らず切り抜けるのが大変でした。

 

ですが、今や話題にすら全く上がってこないですね。

 

しかも高齢うちのおかんですら、打つことに躊躇い始めてるので、同様な思いを持ち合わせている中年以下はもっと多いんじゃないかと思います。

 

次は何%になるんだろう。

政府が出してる接種回数結果を見る限り、3回目の段階で職域接種ですら半数以下に落ち込んでいることが分かります。一方で高年齢者の接種率は高いので、中年以下層の接種が劇的に落ちていることが分かります。

私たち世代の接種率はますます下がると思いますが、4回目の接種で高年齢者がどれほど落ちるかが見ものかなと思ってます。

とはいえ高齢者は、うちのおかんのように疑問を持ち合わせたとしてもとりあえず打っとくかってなると思うので、多分3回目と同じくらいの接種率に落ち着くような気もしますけどね。

それに高齢者の場合は副作用が出にくいようなので、接種の抵抗もなさそうですけどね。

でも、どうなるのか気になります。

この変化によって確実に世論変化が起きると思うので、ぜひとも皆さんも4回目の接種率の動向に注目してみてください。

こういう数字に世論の動きが見られるので、是非注目してみてください♪

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

 

4 件のコメント

  • こんにちは。
    私の両親は共に80歳を超えています。どちらもワクチンを打ったようです。去年の夏に父親が散歩中に気を失い救急車で運ばれました。幸い意識を取り戻し後遺症もなく生活しています。また、夫が休日に自宅にいた時に、お隣の旦那さんが救急車で運ばれたこともありました。そしてここ1年位前から車を運転中に救急車のサイレンの音を頻繁に聞くようになりました。今まででしたら、救急車は滅多に見かけることはありませんでした。ワクチンとの因果関係はわかりませんが不可思議だなと思いました。
    そして、ワクチンの成分を公表しないと言うのもおかしいですね。製薬会社は企業秘密だからだとか…。そして一切責任は負わないというノーリスク・ハイリターン。外国産のワクチンだからお金が海外に流れてしまうのも残念です。

    2022年2月18日 ドイツで開催されたミュンヘン安全保障会議でのビルゲイツの発言です。
    「新型コロナウイルスのリスクは減ったが、また次のパンデミックが発生する。新たなパンデミックはコロナの系統とは異なる病原体を起源とするだろう。」
    あぁぁ…。次はサル痘でしょうかゕゕゕ??????

    ビルゲイツの新書本は「次のパンデミックをどう防ぐか」というタイトルなんだとか…。
    アメリカ保健福祉省の生物医学光端研究開発局は、すでにサル痘のワクチンを1300万本も発注。これって今後、感染爆発が起きると想定しているように思ってしまいますね。

    今後もビルゲイツやDSの行動から目が離せません!!

    • おはようございます。
      私の父は障碍者ということもあり、ワクチンとか関係なく以前から救急車を呼ばなくてはならない状況になってしまうことが幾度となくありました。
      また住んでいる地域は、70代以上の高齢層がほとんどなので、昔とは比べ物にならないくらい救急車がやってくるようになりました。
      日本の高齢化が進んでいる証なんだろうなと、私は思っていますが、そうじゃない理由の件数も増えているんでしょうね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。
    昨日のコメントの追記です。
    引き続き情報を探していたら、アメリカのFDAが裁判に負けてファイザーのワクチン情報を公開するに至ったようです。検索すれば症例や症状が見れると思います。こういった情報も知った上で接種するのか自分自身で決める事だと思いました。

    • おはようございます。
      まぁそういう情報は基本隠されますし、既に国民の8割以上は打ってしまっていますからね。
      多くの人が打ってしまった上での最善が生まれれば良いですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください