【米大統領選】残った専門家は、体感で理解している識者。

1月6日以降、冷静な識者の方の多くも今後の展開が見えなくなっておりますが……そんな中深い分析を発露させている人たちは、知識ではない別のものを身につけていることに気が付きました。

 

陰謀と革命を経験した人たちだけが分かる次元に突入してる。

昨日のマッカーサーJrさんがオススメした論者を見て思ったことがあります。

マッカーサーJrさんは、今見るなら張陽さん、馬渕先生、めいかさん、篠原さんと断言しておりました。

実はこの方々他の識者とは別の経験をお持ちの方々なのですが、どんな共通項があるか皆さん分かりますか?

 

 

では、彼等のプロフィールを少し確認してみましょう。

張陽さんは、元々中国人。そこから帰化されて日本人になられた「石平さん」と似たような経験の持ち主です。

馬渕先生は、元ウクライナ大使です。大使館の現場でヨーロッパの革命や陰謀の奥にあるものを見聞きしてきた方です。

鳴霞(めいか)さんは、元中国共産党エリートでジャーナリストです。

篠原さんは、元日本共産党の職員で、共産党国会議員(筆坂さん)の秘書も務められた方。さらにジャーナリストです。

 

お気づきになられましたか?

彼等の共通項は、陰謀と革命を肌で経験してきたことです。

また現在日米供に「大紀元(エポックタイムズ)」が真実を伝えてくれる唯一のジャーナリスト機関と認識しされておりますが、大紀元の基となる法輪功は中国共産党に迫害を受けた組織であり、彼等もまた直に陰謀と向き合ってきた機関です。

 

つまり、今起きていることはこういった分野のガチの経験をお持ちな人でなければ見抜きにくい次元に入っていると言えるではないかと思います。

またここから言える事は、既に「米大統領選」という枠組みはとっくに過去のものとなっているということ。……っていうかそもそも米大統領選の枠組みで見ているから惑わされてしまいがちだったのだとも思います。それに彼等においては、当初の段階から選挙という枠組みでこの事象を捉えておりませんでした。

肌身で経験してきた陰謀と革命の感覚に則って情報を捉えていたと思います。

また彼等と同じような目線で冷静な分析をし続けてきてくれた他の識者たちもいますが、ここまでの大ごととなってくると、実際に陰謀と革命を経験してきた人ではないと分からない感覚が増えているのだろうと思います。

だから、経験のない識者の場合は迷いが出てくる。一方で、経験のある識者たちは確信に迫っていく。

と、こういう乖離した現象が起きているのだろうと思います。

これは、泳いだことはないが水泳の知識がある人と実際に泳げる人の違いみたいなものだと思います。

多くの人は革命や陰謀を実際に体感したことはないものの知識だけはあります。ただし、実際に経験してきた人とは、情報の深度に雲底の差がどうしてもでてしまうということなのだろうと推察しています。

ですから今、そういう経験値の違いが情報に現れているのだろうと思いますが、実際に共産系の組織に入り、陰謀&革命を肌で体験している上にナショナリスト(反共産)である人は、そもそも限られています。

それに、ここまで私たちが話しについていけているのは、他の専門家が知識を与えてくれていたからとも言えます。

今は、陰謀と革命について経験値のある人の情報を重視するべきですが、今まで冷静な情報をくれていた専門家への感謝の気持ちを忘れずに過ごして行きたいですね。

それでは♪

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

6 件のコメント

  • ゆりさん、こんにちわ!
    的確なご指摘をありがとうございます。そのとおりだと腑に落ちました!
    逆に言えば、日本人(もちろん自分も含めて)はどれだけぬるま湯に浸かっていたのかという思いも起こってくるのですが、でもそのぬるま湯の中でも、たくさんの情報の中からきちんと事実を認識し、それを的確に分析して、多くの人に伝えるという難しい作業をしてくださった方々には、尊敬の気持ちしかありません。皆さん、素晴らしいです。
    ここでお名前は挙げきれませんが、皆さん、本当にありがとうございます。そしてもちろん、ゆりさんも、ありがとうございます。

    • こんにちは。
      本当に日本は穏やかな国ですよ。
      だから、感覚的に許せなかったり、想像がつかないことだらけです。
      でも、一番幸せなことでもありますよね。
      とはいいつつ、アメリカ並の腐敗は我国でも起きておりますから、アメリカで学習して自分たちの国の沼掃除に活かしていきたいですね。

      こちらこそ、どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • 華僑系のメディアは信用しきってはいけないと思います。言葉の壁だったり、中国国内の事情はわからない事も多いので情報が早いなぁとは思うのですが。そもそも、コロナ初期にコロナでいきなり倒れ込むプロパガンダをしたのは華僑系だと思います(私の記憶によれば) 日本のお医者様がテレビで肺炎でパタ倒れる事は無いと言っていて?はてなだったのですが。あの動画で世界中がコロナパニックになりました。あとで不安を煽るためのプロパガンダだったのだなと思いました。最近もパタと倒れる動画が大紀元で出てました。そして、ケントギルバートさんにコメントを書き込むと大紀元を見ろとかなり強い口調でコメントがつきました。大紀元の信奉者かもしれませんが、私は何かしらお金が流れて反対意見に対してヘイト運動が起こってるんじゃないかなとは思いました。華僑系のメディアは蝗害情報が多いので参考にしてましたが、かなり信用出来るソースを上げ続けいざと言うとき社会混乱を煽るプロパガンダをしているのではないかなと推察しました。パタっと倒れるプロパガンダをしてる時点で何からお金をもらってなのか何を目的でのプロパガンダわかりませんが。下手をすると洗脳されるので見ない方がいいなと判断しました。私が間違ってるかもしれませんが気をつけてくださいね

  • いつも更新楽しみにしております。ゆりさんがブログで発信される情報もとても信頼しております。
    気がついたら夫婦で闇のくまさんと、張陽さんを観ながら晩酌してDSや大統領選挙について語る毎日です。
    4年前までお互い日本の政治にすら興味なかったし、韓国は親日国家なんだと思い込んで大好きだったんですけど。笑
    いち早く洗脳解いて下さってありがとうございます。笑
    日本人であることを誇りに思って毎日粛々と生きようと思います。本当にいつもありがとうございます。こちらのブログに出会えて考え方から生き方まで変わりました。大変感謝しています。これからも応援しています。

    • おはようございます。
      夫婦の晩酌めっちゃ楽しそうで羨ましいです!
      夫婦間で思想が共有できるって、目的を同じにできるって本当に良いですよね。
      その一助に自分が関わっていたと知り、素直に嬉しいです。
      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください