【事前学習】日本のANTIFAメンツ

今後、大量逮捕の事態になっても驚かないように、事前学習しておきましょう。

 

ANTIFAやBLMの後ろに、中国共産党。

先日の記事でも書きましたが、

【始まったよ~】21世紀ガチの赤狩り、モグラ狩り

2020年7月25日

アメリカで暴動を引き起こし続けているANTIFAやBLM運動ですが、これらが中国共産党によって行われていた証拠が次々に現われています。(ちなみにANTIFAとは、アンチファシストをもじった団体名です。またBLM運動というのは、ブラック・ライヴズ・マター(Black Lives Matter)の略称で、反黒人差別を標榜した運動のことを指します)

現段階において真偽のほどは確かではありませんが、「中国共産党がAntifaやBLM運動に武器提供していた」という話も既にアメリカから上がって来ています。

一部訳を掲載しますね。

中国共産主義者が自動小銃をアンチファや黒人生活問題に提供…一部はサクラメントのイーストエンド・コンプレックス議事堂を含む民主党が運営する政府の建物に保管されています

共産主義の中国はアメリカのBlack Lives Matterの過激派にフルオートのAR-15「改造品」を供給しており、出荷物は最近、Customer and Border Protection (CBP)によって抑止された。

カリフォルニア州のニューサム知事は、権力を維持するために共産主義中国との1兆ドル規模のマネーロンダリングに関与しています。彼は中国に納税者のお金を流していて、彼らはそれを洗浄して、彼にお金を送り返している。(下のロサンゼルス・タイムズのリンクを参照)

洗浄されたお金を使って、ニューソム知事は、サクラメントの1616キャピトル・アベニューにある、イースト・エンド・コンプレックスのビル、ブロック174の地下倉庫に、自動小銃、弾薬、金を備蓄しています。(そこで働いていた元従業員からの情報提供)

これは、中国が10,800個のフルオートライフル改造品をフロリダ州メルボルンに送っていたことを意味します

では、なぜ中国がフルオートライフルの改造品をアメリカに送っているのかと不思議に思うかもしれません。

答えは、中国がブラックリブズマターによる内戦の試みをサポートしていることであり、中国はBLMのテロリストと調整している、彼らの合法的に取得したAR-15の武器をアップグレードして、全国の彼らの過激派部隊を武装させるために、”フルオート “ステータスにアップグレードすることで、それらははるかに運動攻撃でより手ごわいものになります。

中国共産党が州議会や連邦議会に入り込み、そこでマネーロンタリングをした上で、国家破壊活動のために武器を備蓄していたとのこと。

衝撃の話の連続ですが、オーストラリアで行われていた事実を考えてみれば、同じようなことがアメリカで起きていてもおかしくはないでしょう。

陰謀論界隈で言われていた真逆の大量逮捕が始まりそう…

またこのような事実が明らかとなれば、アメリカ国内で関与していた人たちは軒並み逮捕されていくこととなるでしょうし、大量逮捕と言われて申し分のない状況となるでしょう。

また陰謀論界隈の人たちは以前より「これから新しい時代を迎えるに当たって大量逮捕が決行される」ということをよく言ってましたが、逮捕されるのは彼等のお仲間になりそうですね。

だって、だいたい陰謀論に嵌まっている人たちって思考性が左派ですから。そしてこれから軒並み逮捕されていくのは、どう考えても左派(リベラル)の人たちなのですから。

なんだかあべこべの事態に感じるかもしれませんが、そもそも陰謀論のほとんどって、共産系の人たちが流してるプロパガンダの側面が大きいのです。だから、読み進めていくと思想は必ずと言って良いほど反米になり、親中・親露に落ち着き、リベラル思考にもなっていきます。

結局のところ陰謀論は、共産主義者が影でやっていたことを敵国に投影させたプロパガンダの側面が大きいのだと思います。

分かり易く言うとこれは、韓国が日本を貶めようとする時に、自分たち(韓国側)のやっていることをすり替えて日本のせいにするのと同じ思考回路だと思ってます。

 

日本のANTIFAは誰だ?

ということで、本題。

今後さらに日中関係の対立が深まれば、またANTIFAやBLM運動の後ろに存在している中国共産党の事実が明らかになれば、チャイナ排除の気運は一層高まることとなるでしょう。

もちろん日本のANTFAへの捜査も始まるでしょうし(既に始まってるでしょうが…)、そうなったならば、米国同様に日本国内における中国の侵略工作がどんどん明らかになるはずです。

そうなった場合には、破防法や外患誘致罪の適用もあるかもしれません。

外患誘致罪とはざっくり言うとこういうことです。

(外患誘致・がいかんゆうち)
第八十一条  外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する。

(外患援助・がいかんえんじょ)
第八十二条 日本国に対して外国から武力の行使があったときに、これに加担して、その軍務に服し、その他これに軍事上の利益を与えた者は、死刑又は無期若しくは2年以上の懲役に処する。

海外侵略から日本国民を守るためには、このような法律をしっかり運用する必要があると思いますが、なぜか日本の国会はこのような法律が上手く運用されていません。

共産党が公安対象でありながら、国会で跋扈し、地方議会で跋扈しているような国ですから仕方ないですよね(^^;)

ちなみにそんな共産党の方々は、もれなくANTIFAを支持しております(笑)

共産だけでなく立憲民主党もANTIFAを応援しております。

っていうか、いつものパヨクのメンツとANTIFAはだだかぶりというか一緒です。

ちなみにあまりに酷い美術展だった「あいちトリエンナーレ」ですが、どうやらここにもざっつりANTIFAが入り込んでいたようです。

でしょうね。っていうか……いつものメンツですからね(^^;)

そして大村知事はガッツリ彼等に囲まれ、彼等に優位な政治を行っている事もはっきりしてしまいましたね。

またANTIFAは名古屋だけでなく、大阪京都滋賀などなど、各地域ごとのアカウントを持っているので、そこをチェックすれば、繋がっている人脈はすぐ分かります。

日本のパヨクの皆様は、メディアを味方につけていたことから、自分たちのネットワークを隠さず大きい声で騒ぎ続けていましたが、それがここから仇になるような気がしています。

米中対立の激化と供に日米同盟は強化されるとみられ、中国汚染は徹底排除されていくことになるでしょうから、今までのようには許してもらえないと思います。

フロントで活動していた人ならばなおのことでしょうね。

もちろんそのためには、奥の院にいるであろうモグラを潰す必要がありますが、奥の院にいるモグラを退治したのなら、根こそぎ排除になると思うので、今のうちにどんなメンツがANTIFAなのか事前学習しておくのをオススメします。

っていうか、いつものメンバーだから、学習する必要もないかもだけど(^^;)

 

発売中の本のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4 件のコメント

  • 戦前から実はスパイはいる件について、
    日中戦争では、八路軍(中国共産党)から情報貰ってアメリカの支援する国民党軍と戦っていた件
    戦後、日本軍の教官が残り、空軍や陸軍の教官をやっていた件などの流れが有り、その後の鄧小平から始まる経済政策などでごらんの有様ですが、そして、マスコミとマフィア。華僑はスパイかもしれませんが、利害関係で寝返るか二重スパイになっているかもしれませんが、
    つまり、中国は色々失敗してますが敵は強大で暴力的な事や非合法な事が得意だということです。

    • おはようございます。
      仰る通りですね。
      最近の研究によって、第二次世界大戦が世界中に散らばったコミンテルンによって引き起こされていたことがどんどん明らかになっていますよね。
      共産思想はウイルス的側面の強い思想のため、知らず知らずのうちに汚染され、そしてその思想が引き金となり新たな問題が作られます。
      また秩序を重んじない場所である方が、共産主義思想はより強大になります。
      アメリカが徹底的に潰すと宣言したこの機を最大限に有効活用して欲しいです。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • ゆりさん、こんにちは。
    今日放送の虎8で、中共臓器移植と大村知事&藤田保健衛生大の濃ゆい関係性を大高さんが話してらっしゃいましたね。あいちトリエンナーレもその流れの一環なんでしょう。
    藤田保健衛生大、コロナ患者受け入れに挙手してて印象良かったのに。地元での評判が実際のところどうかまではわかりませんが。
    橋下氏も馬脚を現した発言されてましたし、本当色々あからさまになる日も近いのかもしれませんね。

    • こんばんは!
      愛知って自分が思っている以上に中国や韓国の侵略を受けてる土地柄なのだなと、改めて思っています。
      トヨタも媚中ですしね。
      藤田の評判は、昔はそんなに良くなかった記憶があるのですが、今はとっても良いですよ。
      トヨタと似た感じかなと個人的には思ってます。
      特段問題ないようにみえて、親中というね。
      まぁここまでの20年の世界の流れを見ていれば、そうなってしまったのは仕方がないのかなぁとは思いますが、ここではっきりと縁を切れ痛いですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください