【忘れがち】日本人もめっちゃ差別されてきたってこと。

中国や韓国の主張ばかりを聞いてるとさ、日本人は差別されず差別する側としての歴史だけを歩んで来たような錯覚をしてしまうけれども……これって全然違うんだよね。

 

第二次世界大戦前までの有色人種の扱われ方は……

現代は、有色人種だからと言って特段の差別など受けないけれど、それは第二次世界大戦によって、大きく世界秩序が変化したからなんだよね。

それまでの時代は、アジアのほとんどは白人国家の植民地で、唯一アジア人として独立を保っていた国は、日本とタイそれから清くらい。(清が崩壊してからの中国は無法地帯と呼べる状況で、戦後中国共産党による支配になるまで国と呼べる状態ではなくなってます。)

そもそも、当時の白人社会において、人間というのは白人だけのことで、後は家畜の動物と変わらない感覚でいたみたい。

だからこそ、有色人種はあちらもそちらも、白人からひどい弾圧を受けて、中には民族もろとも消え去ることになってしまった人たちもいる。

そんな中で奮起して頑張ったのが、我ら日本人の祖先たちです。

明治の開国から日本人は、アジア人というだけで迫害されてしまう人種差別に悩み、その垣根を取ろうと努力してきました。

有色人種が初めて白人に勝った日露戦争は、アジアの人々だけでなく、トルコなどの中東の人にも希望を与えました。

【おしん②】日露戦争を誤解し過ぎて震える。。。

しかし、その努力の一部が間違った方向に行ってしまったことは否めませんが、日本が大敗北した第二次世界大戦によって、白人によるアジアの植民地支配が終わったのは事実です。

【日本以外の世界】ウィグルみたいな歴史ばかり

日本のメディアの情報を見聞きすることを続けていると、こういった当り前の事が分からなくなり、「日本人が悪い」というイメージがすり込まれ、「日本人は他国を差別してきた」というような間違った解釈にも繋がっていくから危険だなと思います。

 

今週の「いだてん」是非みてほしい。

やたらと「差別」という言葉が横行する現代ですが、本当の差別にあっている時は、こういった主張などできるものではないよな……ということを、今週のいだてんを見て思いました。

今週のいだてんは1932年(昭和7年)ロスオリンピックが舞台。

1932年ロサンゼルスオリンピック

ドラマでは日本競泳界の快挙の部分にだけスポットが当てられていましたが、陸上や馬術それからホッケーなどでもメダルを獲得し、世界を驚かせました。

【いだてん『トップ・オブ・ザ・ワールド』】『前畑秀子の快挙』『日本泳法』『日系人の誇り』第31回への反響まとめ

日本人選手の活躍がアメリカ人の日本人を見る目を変わらせたとのことで、ロスに住まう日系人が喜びを爆発させます。

白人に馬鹿にされる現実があっても、「差別だ」と騒いでどうにかなる社会では無かった100年前。

日本人1人1人の努力によって、その時代にあった差別を乗り越え払拭していったのだなと思うと心が詰まります。

 

いままで「いだてん」を観てなかった人も、今週だけは是非観てほしいなと思ってます。

毎週土曜日の13:05~再放送しているので、是非チェックしてみてください。

 

如何に現代の「差別」がぬるいものなのか、感じられると思います。

そして「差別するな!」と叫んだ所で、何も問題など解決しないことにも気がつかれるのではなかろうかと思います。

 

■■■■お知らせ■■■■

来月9月21,22日に野外合宿企画を立ち上げました。

夏期合宿(野外学習体験)のご案内

↑ご興味ある方!一緒に野外学習しましょう↑

■■■■■■■■■■■■

 

 

新刊のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

 

6 件のコメント

  • Takehisaさん、はじめまして。
    数週間前からブログを拝読しております。前の前から読ませていただき、もう、自分の中のいろいろなものがガランガランと音をたてて崩れ、めちゃくちゃ呼吸が楽になっています。本当にどうもありがとうございます。

    そして、こちらの「いだてん」観てました!!
    このシーンで、あああTakehisaさんがおっしゃってたことってこれか!と感動していました。本当にこの回だけでも多くの方に観て頂きたいですね!

    そもそも、私がこちらのブログにたどり着いたきっかけは、スピリチュアル詐欺についてで、私が「引き寄せの法則」を知ったのはHappyさんがきっかけだっただけに、興味深かったです。Happyさんは、当初面白いことを言うなあと実践していたのですが、途中から変なテンションと無理感についていけなくなり、エイブラハムとバシャールのほうがいいや、とすっかり遠のいていました。丁寧な検証に、心から感謝です。すっきり。

    また、実はもう一人、日記を楽しみに読んでいたスピリチュアル系(?とご本人は認めていないようですが)の方がいらして、時々「?」と思う事はあったのですが、日記だし・・・と見ていたところ、最近、ベースはこの人も詐欺と一緒だ、と私なりに実感できることがありました。
    もしこのブログを拝読していなかったら、いまも気づかず、私のエゴを刺激してより肥大化させるところだった・・・と間一髪の気持ちです。
    私って素敵でしょう?をアピールしている方に、本当に幸せな方は少ないのかもしれないですね。一番大事なことは自分にも他人にも誠実であることだと改めて思います。

    また、まだまだ本当の歴史に関して勉強をはじめたばかりですが、日本がどれだけ素晴らしい国であるかを知り、日本人であることって素敵じゃないか!!と思えるようになりました。不思議なことに、すーっとこれまで願いと思っていたことが消えて、いまは、特にないなあ・・・という穏やかな心境にいます。(信じられない!笑)

    新月には願いを書きだして・・・という違和感からも解放されました。
    すべてはここにある・・・これからもっともっと勉強して、もっともっと自分を高め、日々、役割を全うしていきたいと思います。
    改めて、こちらのブログに心からの感謝と、また長文におつきあい頂き、どうもありがとうございました。

    • おはようございます。はじめまして。
      ブログを見つけて読んでくださりありがとうございます。
      またお読み頂いたことで、日々に感謝できる心持ちを取り戻した事などを知り素直に嬉しく思います。

      まずは戦後洗脳を解かなくては、何も始まらないと私は思ってます。
      スピリチュアルに興味を抱く時、その始まりは誰もが素朴な思いから始まっていると思います。
      しかし、戦後洗脳が抜けきれないままだと、知らず知らずのうちにエゴが肥大化する方向に舵を切ってしまうのだと思います。
      日本は知れば知るほど誇りある国家だということが実感できると思います。

      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

      • こんにちは。ご返信いただきまして、どうもありがとうございます。

        なるほど、戦後洗脳がキーなのですね。こちらのブログで、神道=スピリチュアルは大きな円であり、自己啓発=ピラミッド思想=△は、その中にすっぽりと入っている円の一部である、という図がとてもわかりやすく、いまではなにかを判断するときにその図を思い浮かべています。

        また歴史に関して、かつて興味があったときに参考にしていたのがNHK高校講座だったもので(汗)徹底的に勉強しなおさにゃあと思っています。
        いまはまだ滅私という言葉には=我慢?と反射的に思ってしまいますが、それも今後変わっていくのだろうと自分の変化も楽しみです。
        まずはいつも素通りしていた靖国神社に、来週御礼を申し上げに参ります。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

        • こんばんは。
          こちらこそ返信ありがとうございます。

          ○と△を参考にしてくださりありがとうございます。この感覚の違いが分かるようになると、日本の源流たるものがきっと見えやすくなるはずだと思っています。
          古事記と明治以降の現代史を勉強し直せば、世界はガラッと見えて変わるので、古代史と近代史を見直してみてください。

          靖国神社の集合場所になってる大村益次郎さんは、日本の奇想天外さの上にある歴史を体現してくださった一人だと思うので、大村さんの歴史を知るのも面白いんじゃないかなって個人的には思います。

          こちらこそこれからも宜しくお願い致します。

  • 戦時中、日系アメリカ人はアメリカ人として日本と戦ったとか。
    差別や迫害もあった中を考えると、何が正しいとかではなく
    ただ涙が出てきますね。

    • そうです。日系アメリカ人はアメリカ人として戦いました。
      ただ、その時のアメリカ兵としての働きがとても良かったからこそ、その後日本人に対する偏見も変化したと聞いています。
      特に、日系二世のダニエルイノウエさんは、その功績が認められ、ハワイのホノルル空港はダニエル・K・イノウエ国際空港 になりました。
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%82%A8

      敵になろうと、またどんな状況におかれようとも、今与えられている事を真っ当することが、その後に繋がるのだなと思います。

      このような祖先のおかげで今があることを忘れずに生きていきたいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください