【すげぇ日本】ボイコットJAPANで初めて気がついたこと。

相変わらずな感じで続いている韓国の行動によって、日本ってすげぇんだなって改めて思うようになりました。

 

どんだけ日本企業って凄いんだ!

マスコミ発信の情報を受け取っていると、日本にはもう価値がないという感覚に陥りがちで……これからの日本って大丈夫なのかなぁって、多くの国民が思って当然の世論が形成されていたんじゃないかなと思うのですが……。

また、民主党政権時代なんて、韓国がいなければ日本は破綻するくらいの情報が蔓延していて、気がつけば気分的に日本は韓国の下請けみたいな空気感にすらなっていたように思うのですが……。

7月になってから始まった、韓国の日本製品不買運動によって、「あれれ……?日本って、日本企業って、実は本当は凄いんじゃないの?」って思うようになっています。

日本は韓国製品がなくても全く困らないけれど、それに日本に住んでいるから特段日本製品に有り難みを感じていなかったけれど……

世界から日本製品がなくなったら困る人は沢山いるのかもしれないって思いました。

 

 

たとえば、韓国の人たちが使うカメラは日本製(panasonicやCanonなど)が普通らしいし、特にマスメディアは日本製ばっかりだそう。

韓国のトイレはほとんどがtotoかINAXらしいし、

それから、ボールペンなどの文房具も人気があるのは日本製。

それから、印刷機なども日本製の技術が圧倒的に優れているらしく、韓国紙幣のホログラムは日本の印刷機の技術によって作られているらしい。

それから医療機械のほとんどは日本製だろうで、

さらにはユニクロやビールなど日々の生活も日本製が浸透しているそうで。

それから楽器も日本製。

 

一方の日本は、韓国製品が入ってこなくても特段困ることはないし、実際韓国が輸出規制すると言っている品目を見ても、是非規制してほしいとしか思えない。

っていうか、特に牡蠣好きとしては、韓国産のカキは排除してもらえるとありがたい。

どんなに安くても「韓国産」と分かってたら買わないから。

 

多分、弁当とかスーパーの総菜とか、ファミレスとかでの利用が多かったんだと思うのだけれども、逆にそういうのは「韓国産」だと知ってしまったら、これから絶対買えないなって思った。

だから、早く規制してほしいなって思います。

って言うか、普通に暮らしている限りは、国内の牡蠣で十分だよね。

ってな感じで、韓国が輸出規制すると言っているものは、韓国じゃなきゃ絶対ダメと思われるものは一つも入っていないようで、日本と韓国の立ち位置が本当はここまで違ったのかという事を知る機会になりました。

 

今回の韓国の発狂によって、日本と韓国は対等になれるような状況じゃ全然なかったことに気がついた人も多いのではないのでしょうか。

また韓国は、日本に依存することで生きてきただけということにも気がついてしまった人が多いのではないのでしょうか。

 

このように気がつかせてくれる機会を与えてもらえた事は、単純に有難いなと思ってます。

 

made inより日本企業

っていうか、日本人の感覚からすると、日本企業であっても海外生産しているとどこか日本製ではないという感覚があると思うのだけれども、世界的な感覚ではそうではないんだなって言うことにも、今回気がつきました。

ユニクロは日本企業だけれども、商品のタグに「made in Japan」なんてついてるの見たことないわけで、日本企業だけれども、作っているのは日本ではないという感覚が私は強かったけれども、世界から見るとそういうことではないんだなぁという事に気がつくようになりました。

 

確かに海外のラグジュアリーブランドが別の国で製品を作っていようとも、身につけている側はブランド国の物をつけている感覚になるものね。

今回の韓国の活動はそういった盲点に気がつかせてもくれました。

ありがたいことです。

 

■■■■お知らせ■■■■

来月9月21,22日に野外合宿企画を立ち上げました。

↑ご興味ある方!一緒に野外学習しましょう↑

■■■■■■■■■■■■

 

 

感謝☆新刊ランキング2位になりました。

先週発売させて頂いた紙書籍がPOD出版社の新刊ランキングで2位になりました。

皆さんのおかげです。

いつもありがとうございます。

ご興味ある方はこちらからご購入ください。

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】