【言ったでしょ?】2018年中に「ごめんなさい」できなかった人はヤバイって

自分で言うのもなんですが……、私の予見は、結構な比率で当たるよなといつも思っています。

 

2018年最後の日、私はこんな記事を書いてました。

私は2018年の最後の日、この環境下の中で「ごめんなさい」ができなかった人は、全員嵐の海の中に落とされると思って、こんな記事を書きました。

あれから半年、まさに言った通りの世の中になっていてビビります。

一部掻い摘まんで、引用しますね。

今までは低波動の人たちの常套手段であった「恐怖の脅し」によって、封じ込められた言論なども、そこと実直に対峙して事実を表に上げようとする行動が増えていきます。

そうなると、彼らはもっともっとピンチに陥っていきますが、それができずどんどん嘘に嘘を重ねるということが起きていって、自ら崖っぷちに向かっていくということが起きてきます。

今起きている経産省と韓国との戦いって、正にこの通りだと自分でも思ってしまうからびっくりです。

目先にある恐怖の脅しに屈服していたからこそ、私たちはその恐怖にさらに怯えなくてはならない事情があっただけで、正々堂々と戦えば、そんな恐怖はそもそも別次元の話だったのです。

でも、そういう恐怖と戦えず、大御所が亡くなってから途端に、その大御所のせいだと言い張る事象も起きていますよね。

↓ぶっちゃけジャニーズとメディアの戦いです↓

2018年以前に戦いを挑まず、そして亡くなってから悪者を呼ばわりしている時点で、器の小ささが露呈されたと言えますよね。

この事実から言って、もうこの国の既存メディアが、今後も存在していることはあり得ないなと私は思っています。

だって、私たちに許容されていたのは2018年までの時間です。

そして、今メディアで起きているこの攻防は、その時間までに戦いを挑むこともなかった人の現われでもあるのですから。

ですから私は、ジャニーズはかろうじて残っても、メディアはガチで殲滅だなとこの一件で確信しましたよ。

 

 

とは言っても……

 

本当にそうなるかどうかは、数年後に現われます。

数年後の結果、どうなるか一緒に見ていきましょう。

私もその時までは、ブログを続けようと思ってます。

 

ガチでヤバイ既存メディア

メディアの使命は、ジャニーズというタレント事務所に忖度することではなく、国民に必要な情報を伝えることです。

それをすっかり忘れて、視聴率という水物の数字に溺れて、そして、いつのまにか安易に視聴率が稼げるタレントの魅力に溺れて、本質を見事に忘れていってしまった自分たちの愚かさをこれから知れば良いのです。

あなた方が軌道修正できるタイミングなど山ほどあったはずなのに、その軌道修正のタイミングを全て金繰り捨てて、自己保身と自己承認欲求に明け暮れたのは、あなた方です。あなた方の集合意識の全てです。

その反省をこれからすることになりますが……一つだけ朗報があります。

あなた方の多くは、国益に反しながらも、真摯に目の前の仕事をしていたことでしょう。

ですから、個人の範疇で大いなる反省をすれば、そしてその反省を大きな声ですれば、場合によっては、これから一生続く悲惨な日常からは脱却できるでしょう。

如何に自らが国益を阻害し、自らの利益のために人々をコントロールしてきたのか、その本質を伝えることができれば、人生一生かけて償わなくてはならないほどの心の苦しみからは、ほんの少し脱却できると思いますよ。

ただ、今は2019年で、令和元年。既に平成でも、2018年ではなくなっていますから、平成中にそこを脱却できた人とは次元の違う不遇感を味合わざるを得ない事実があることは認識しておきましょう。

 

こんな話をすると嘆く人もいることでしょう。

 

でも仕方なくない?

 

だって、絶対脱却できるタイミングあったもん。

でもみんな、そこは自己保身のためにスルーしちゃったんでしょ?

明日も、十年後も、なんなら死ぬまで、同じような社会環境と思想体系で行くと思ってたからこそ、本音があっても言わない自己保身を貫いただけでしょ?

 

はっきり言っちゃうよ。

 

甘いんだよ!!!!

 

変わったんだよ、波動が。

完全に変わったんだよ。

でも、そのたった一つの勇気が出せなかっただけの人(つまりは全てを含めてめちゃめちゃいい人)だけは、蜘蛛の糸なみの細い糸があるらしいよっっっw

頑張ってね!

 

っていうか、こんな事書こうと思って書き始めた訳じゃないのに、こんなことになってしまいました。

本当に書きたいと思っていた本題に戻れる感じがしないので、この記事はここで終わりにしようと思いますが……

一つ最後に言っておきたいのは、

スピ系も同じだから。

スピ系教祖さまたちやそのカモさんたちは、常人には考えられない嘘をはき続けて今の地位に辿り着けたけれども、その地位も去年までの話だよ。

だってみんな、2018年までにその嘘を謝ることができませんでしたから。

ですから、ここからみんなで阿鼻地獄!

全ては自分の選択肢の結果!阿鼻地獄で頑張ってね!

 

そんな阿鼻地獄に入り込んだ教祖さまや信者たちは、これからますます常人には考えられない嘘を言い始めることでしょう。

だけど、温かく見守っていこうね!

そんな嘘に乗せられる人は、そうそういないと思いますが、その嘘に腹を立てたら、波動同期しちゃうから、温かく見守っていこうね。

つまりは……

ほっときなさい。

ほっときましょう。

です。

 

彼らは、既存メディアが無くなる頃(長く見積もって十年以内)には、廃人になっています。

その信者も同様です。

廃人となっての徘徊するとなると、それはそれで困ると思う人もいるかもしれませんが、既に世の中パラレルワールドになっておりまして、その頃には彼らと私たちは完全に断絶しているため、然程の影響力どころか、気配すら感じないものになります。

ですから、彼らの常軌を逸した行動に目くじら立てることなく、今こそどうか心底呆れてください。

あなた方が呆れることが、より一層、彼らを廃人化させることに繋がります。

そもそも彼らは2018年中に謝れる機会が沢山あったのに、謝れなかったから、今があるだけです。

そして、そんな2018年を送ってしまった人に、未来などそもそもないのです。

どんなに改心しても、神は彼らを見捨てたと、私個人は思っています。

だから、意識を乖離させてください。あなたが彼らに対して感情的になったりすることが、問題が片付かず長引かせていることにどうか気がついてください。

 

ということで……それではまたね!

 

感謝☆新刊ランキング2位になりました。

先週発売させて頂いた紙書籍がPOD出版社の新刊ランキングで2位になりました。

皆さんのおかげです。

いつもありがとうございます。

ご興味ある方はこちらからご購入ください。

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】