【予見】これからきっと起こるだろうなぁと思うこと

波動の法則と民族の習性を考えると、これからこれだけはきっと起こるだろうなぁと思うことがあります。

 

とりあえず、ノーダメージって凄くね?

次元の違う「り地域」に韓国が昇格してからというもの、韓国が当たり散らすかのように混乱している様子は、誰の目にも明らかな事実として映っていると思うのですが……

【随時更新用】り地域・韓国の嘘に関する備忘録

何より凄いなぁと思うのが、どんなに韓国が騒いだ所で「日本はノーダメージ」どころか、韓国が騒げば騒ぐほど、自傷行為さながらに、自らのHPをどんどんすり減らし、独り相撲の一人負けを繰り替えしていることです。

波動的に見ると、これは完全な波動乖離が起きているからできることです。

もちろん、今回の事は政府や省庁の入念な準備によって実現したことですが、どんな入念な準備や段取りがあってのことでも、世論がそれを台無しにしてしまうことがあります。

っていうか、ここ百年の日本はそんなこと続きでした。

ですから、世論が事実を見極めず感情的に韓国に寄り添えば、今回のようなノーダメージスパイラルに入ることはできなかっただろうなぁと思ってますし、以前のように、韓国に腹立たしい感情を持ち合せる日本人が多ければ、波動同期が起きるため、このような「ノーダメージスパイラル」は起こりようもなかったと思います。

ということで……やっぱり波動乖離に一番適した感情は「呆れる」で間違いないなと実感した次第です。

【徴用工判決】ガチで韓国とお別れできるきっかけです☆

 

売国奴同士の血みどろの戦いはここから!

では、本題。

ということで、これから何が起こるかということなのですが、私は低波動同士の血みどろの戦いが始まるだろうなと思ってます。

 

具体的に言うと、韓国や北朝鮮がこれから確実に枯渇していくことはあからさまですが……そうならないように、日本の反日日本人であり、売国奴や在日外国人などの工作員の皆さんが暗躍し、活動されていたのだと思います。

そして、彼らの活動というのは、主に世論工作でした。

如何に中朝韓に有利な世論を形成するかがキーポイントであり、その活動が功を奏し続けたからこそ、戦後の歪な日本社会は成り立ち続けていたと言えます。

 

しかし、現在はどうでしょう。

 

既に日本人の多くは、その世論工作の手法を見抜いており、その世論工作になびかなくなっています。

また、今の日本で中朝韓に利益を与える言動は、世論を逆撫でするものにしかならいでしょう。

ですから、工作すればするほど、世論の方向性は真逆に動き、中朝韓が欲している世論成果を全く得ることができない状態になっていくと思います。

 

すれば、当り前に、中朝韓の本部側は、日本にいる息のかかった人物たちに檄を飛ばすことになるでしょうが、今のやり方では結果がでないことを実感し始めた現場側は、異論を上申したり、違うやり方の提案をし始めるでしょうね。

ここが、彼らの内乱というか……血みどろの戦いのスタートになると思います。

上手くいかないことを互いのせいにし始めるから、物事の収集がつかず、さらに大きく揉めていくことに繋がると思います。

そして、悪いのはアイツだコイツだ!と自己保身を貫くための暴露大会が始まると思います。

それがどんどん火だるま化していけば、そのうちに韓国や北朝鮮から、売国者名簿が出てくることになるでしょうね。

これは去年の今時期に夕刊フジが報じた記事なのですが……

国内一覧 海外一覧 政治一覧 連載 特集 北朝鮮、平壌以外は無法地帯! 餓死者、病人…地獄絵図 クーデター発生の兆候に怯える正恩氏

そこにはこんな恐ろしいことが書かれてました。

「北朝鮮は『日本人の北朝鮮協力者極秘リスト』を持っている。そこには、日本人拉致に協力したり、北朝鮮から裏金をもらっていた政官財マスコミ関係者などの名前がズラリと書かれている。北朝鮮が彼らを脅し、『命がけで動け!』と極秘指令を出す危険がある」

ついに、これが近いうちの未来に開封されることになるんじゃないかなと思ってます。

そうなった時、日本の浄化は一気に進みますね。

今回たとえ参議院議員として当選できたとしても、これが出てきたら全ては水の泡だし、ぶっちゃけ国会にはめっちゃ沢山こういう人たちがいると思いますよ。

もちろんメディアにも、実業家にも、学者にもいることでしょう。

その情報がでてくるのも、後もう少しの我慢なんだなぁ~と思って毎日を過ごしてます。

 

ということで、これが今の私の予見でした。

 

それでは♪

 

感謝☆新刊ランキング2位になりました。

先週発売させて頂いた紙書籍がPOD出版社の新刊ランキングで2位になりました。

663 新刊ランキング2位になりました☆

皆さんのおかげです。

いつもありがとうございます。

ご興味ある方はこちらからご購入ください。

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください