【米朝首脳会談】アメリカンモリカケねたを復活させた首謀者は?

先日、米朝首脳会談が開催されましたが、その時にまたロシアゲート事件のことが米国で大きく取り上げられていましたね。

以前より、ロシアゲート事件は、日本のモリカケ問題とそっくりな構図で起きていると指摘されており、経済評論家の上念司さんは「アメリカンモリカケ」という言葉でロシアゲート事件を評されています。

色々と刺激的な情報が飛び交うこの話題ですが、「日本のモリカケ問題とそっくりな構図」=「アメリカンモリカケ」=「ロシアゲート事件」として見直すと首謀者が見えてくるんじゃないかなぁと思ってます。

 

ロシアンゲート事件とは?

ロシアンゲート事件とは、Wikipediaでは「2016年アメリカ合衆国大統領選挙におけるロシアの干渉」という名前で語られている事件のことで、wikiを引用して簡略的に説明するとこのような事件のことです。

2016年のアメリカ合衆国大統領選挙において共和党のドナルド・トランプ候補(当時)を勝利させるために、ロシア連邦がサイバー攻撃やSNSを使ったプロパガンダの手段を用いて行ったとされる一連の世論工作、選挙干渉を扱う。2017年になるとロシアゲートという表現でも報道されるようになった。

2016年アメリカ合衆国大統領選挙におけるロシアの干渉

地上波のメディアで情報収集していると、単にトランプ大統領が悪いというイメージが一人歩きすると思うのですが、どうやら事実は真逆のようなのですね。

以前より、ネットで活躍される識者やジャーナリストの方たちは、構造がモリカケそっくりと仰っております。

 

モリカケと一緒ということはどういうこと?

モリカケ問題も、地上波のメディアだけを観ていると「安倍総理の疑惑はますます深まった」という印象を重ねてしまう人が多いと思うのですが、この問題安倍総理って全くと言って良いほど係わりがない問題なんですね。

問題があったと言えば、籠池さんが安倍夫妻の名を勝手に商用利用したことと土地の取得に対し籠池さんと行政双方に不備があったくらいのことで、国会で追及しなくてはならないような話のレベルではありません。

加計学園に至っては、問題は何も無かったと言って良い話で、既得権益によって作られてしまった岩盤規制が正常な状態に戻れたという、単に良い話です。

逆に、この問題と一緒に浮上した野党議員や反安倍議員の方が問題があると言えます。

辻元さんは森友学園隣接区域の土地売買に絡んでいましたし、籠池奥さんと昭恵夫人のメールのやり取りででてきた「関西生コンユニオン」と辻元さんが、非常に密接な関係がある事が明らかになりました。

関西生コンユニオンはこの1年あまりの間に50人程が逮捕されている疑惑の組織です。この組織の疑惑をメディアは全く追求しませんが、問題があるのはこちらの組織のほうでしょう。

【セメントいて~】改めて分かる辻元さんの嫌われ度合と北朝鮮との闇

それから、加計学園の問題の時にやたらと安倍総理を批判していた玉木議員や石破議員は、獣医学会から献金をもらってますから、既得権益側に有利な便宜を図っていると思われて仕方ないと思います。

事実を直視すれば、問題があるのは追求している野党議員や反安倍議員であることがよく分かる構図なのですが、何かにつけて安倍総理の足を引っ張りたいメディアと野党が印象操作を重ねて、「安倍が悪い」という結論に持ち込もうとし続けていたのが、モリカケ問題です。

そして、同様のしくみで成り立っている問題が、ロシアンゲート事件です。

本当の問題は、ヒラリー側にあるのに、それを覆い隠すようにトランプが犯人だと騒いでいるという風に見ておいていい問題じゃないのかなと思ってます。

 

モリカケのフィクサーは誰?

モリカケ問題が起きた理由の根幹にあるのは、「どんな手を使ってでも安倍総理を引きずり降ろしたい」ただそれだけだと思います。

そして、どういう人たちが引きずり降ろしたいと思っているかというと、いわゆる左派と呼ばれる野党議員やメディアの人たちです。

そして、この人たちの多くは、中国・韓国・北朝鮮に強いパイプがあります。

結局の所、安倍総理を引きずり降ろしたいのは、国民ではなく隣国である特亜三国であり、反安倍をモットーに活動する議員やメディアの人たちは、この三カ国の手下なんだろうなと、私は思っています。

つまり、フィクサーなのは、中国・韓国・北朝鮮と言いたいところですが……、韓国は見る限り中国・北朝鮮の手下なので、フィクサーは中国・北朝鮮なのでしょう。

事実日本は、中国と北朝鮮によって作られた情報工作に常に乗せられて、不必要な揉め事や問題を増やすだけ増やし続けている状況を作っています。

 

米朝首脳会談のタイミングでNEWSになることで得するのは誰?

米朝首脳会談は、北朝鮮&中国の思惑空しく決裂という結果に終わったのですが……、変なタイミングで変なニュースが流れましたよね。

トランプ「ロシアゲート問題」がウォーターゲートより深刻である理由

首脳会談のタイミングでトランプ大統領が崖っぷちとなって有利になるのは、中国と北朝鮮ですよね。

そして、このロシアゲート事件は、アメリカ版モリカケと言っていい構図でできている問題。

だとすれば、今回のニュースのリークを裏で指南していたのは、中国や北朝鮮なのでは???

と私は個人的に思ってます。

 

北朝鮮が首脳会談で高めの取引交渉をしてきたのは、これでトランプを崖っぷちに追い込んだと言う思い込みがあったからなのでは?とも思ってます。

 

結果は、北朝鮮の思い込みが甘かったとしか言いようがありませんが……このNEWSがあのタイミングで大きく報道された裏には、中国と北朝鮮による情報工作があったのではないのかなぁと、個人的には思うのです。

 

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください