【泥沼】フランス・中国・韓国の共通点

最近日本のニュースでよく取り上げられている三国。

フランスは、日産&ルソー会長のカルロスゴーン絡みのこと。

中国は、ファーウェイやZTEのこと。

韓国は、司法がはちゃめちゃで約束を全く守れないこと。

ということで、最近なにかと話題のこの三国なのですが……私、共通点見つけちゃいました♪

 

三国ともなぜか国内が大いに揺れています。

実は、この三カ国の国内が大いに揺れているのはご存じでしょうか。

中国は欧米に嫌われたことによって、ここ数年じわりじわりと共産党政権が追い詰められていることは割合皆さんご存じかなと思います。

ただ、中国の場合は、完全独裁政権なので民の声は弾圧によって幾らでも封じ込むことができます。

ただ、世界的にじわりじわりと圧力がかかっている中国共産党が間もなく崩壊していくことは、誰の目に見ても明らかだと思います。

 

次はフランス。

話題がカルロスゴーン中心になるあまり、日本のニュースで大きく扱われていないように思いますが、今フランスはめちゃめちゃ暴動が起きてます。

革命前夜というよりも、フランス革命を彷彿させる惨劇となっています。

 

さらに、韓国はというと……。

文在寅の失策の連続によって経済は悪化の一途。ということで、既にロウソクデモ再びという状況になっています。

朴槿恵を引きずり降ろす時は、日本のテレビもこぞって協力するかのように、韓国のロウソクデモを連日連夜報道していたのに、文ちゃんが追い詰められていることはちっとも報道されませんね。

文ちゃんが北朝鮮よりだからでしょうか……。文ちゃんを否定することは北朝鮮を否定する事に繋がるからでしょうか。

ちなみに……メディアの報道姿勢を追っていくと、最も丁寧にイメージが良くなるように扱われるのが北朝鮮というケースは多いなと思ってます。

 

ということで、今国内ニュースで話題の三カ国は、なぜか国内がかなり揺れているという共通点があるなと思いました。

またこれらの国の思想には常に「革命」というものがあるなと思うのですが、「革命思想」は、現状打破すらできないものを作り出しやすいのだなと思いました。

 

革命とは一体何か

実は最近、革命と維新の違いを私なりに一生懸命考えていました。

つい最近まで、私は革命と維新は類語のような捉え方をしていたのですが、アダチルの本を書いている中で、革命と維新は全く別次元のものだとようやく理解したのです。

端的に表現すると、

混乱の動機が、現支配勢力に向けられるものが「革命」で、

混乱の動機が、混迷の解決の為に奔走した結果、一新されることが「維新」なのだと気がつきました。

 

日本人は、2678年前に建国されて以来、ずっと同じ国が続いているので、日本人である以上誰もが国が滅びるという経験をしたことがありません。

ですから、私達は他国の国変わりを自分たちの歴史に当てはめて、時代の移り変わりのように捉えてしまいがちなのですが、歴史を一つずつ理解していき、また現在中国の弾圧によって民族浄化が行われている地域の実情を知っていくことによって、それは全くもって次元の話だということを心底理解するようになりました。

 

革命と維新も、これと同様に次元の違う話だったと最近思うようになりました。

維新というのは、「(世の)いろいろのことが改革されて、みな新しくなること。」を意味します。

今までの世を否定するのではありません。明治維新によって、日本は廃藩置県を行い、西洋文化を積極的に取り入れましたが、今までの時代を否定はしていません。

一方で革命の場合は、今までの時代をことごとく否定していきます。革命の意味には、今までの社会を倒して新たなものを生み出す意味があります。

江戸の幕末期は混乱もあり、内乱・内戦もありました。ただし、江戸幕末は「打倒江戸幕府」ということで誰しも動いていたわけではありません。海外の脅威に対して、どう日本があるべきか揉めに揉めて動乱が起こったのであって、標的は江戸幕府ではなかったのです。
最終的に徳川政権は大政奉還(政権を朝廷・皇室に戻すこと)を行い江戸時代は幕を閉じることになったのですが、それは誰もが今後の日本の事を考えた上で最適だと思われた結論であって、江戸時代の幕を閉じるために行っていた事ではないのです。

一方の革命の場合は、最初から政権打倒となります。何の為に戦っているかというよりも、この政権が悪いからという感情論が先立ち、そしてこの政権を打倒すれば良い国になるはずという妄想に取り憑かれているようにも見えます。

そして、いわゆる革命思想「悪いのは今の支配勢力」、「この政権を倒したら上手くいく」のような思想に陥った所で問題など全く解決されないのだなと、この三カ国の混乱を見ていて改めて思いました。

革命というのは、単にリセットボタンを押すだけの作業に過ぎず、新たにやり直すだけのことで、発展というよりは後退に近い作業なのだろうと思います。

民衆の感情任せにリセットボタンを押した所で、問題はどんどん大きくなるだけです。

そう言えば、日本もありましたね。自民党にお灸を据えようとして民主党政権にしてみたら、国民みんなで泡食ったっていう悲惨な時代がありました。

あの時の民の思いの根底にあったのがいわゆる「革命思想」だったなと、私は思います。

ですが、民主党政権の過ちで、この国を自分のことととして捉えなくてはならないと思う人が一気に現れ始めるのがやはり日本であり日本人というもので、国を倒すのではなく時代の移り変わりや維新という形で国を継続してきたDNAがなせる技なのかなとも思いました。

 

結局革命論理というのは、今の会社が気に入らないから転職してみたけれども、転職した結果さらに不満を募らせる人の心の構図と似ているのではないのかなと思っています。

今気に入らないこと、今不満に思っていることは、今目の前にある現実の中で乗り越えない限り、どこの場所に行っても同じ問題にぶち当たるはずだと思っています。

ですが、いわゆる革命思想だと、現状改善の努力をすることなく、今を壊すことに費やされるだけになるんですよね。壊した先に楽園が広がるという妄想があるからこそ、壊すことに夢中になれるのでしょうが、壊した先にあるのはもちろん楽園ではなく、瓦礫の山です。

革命思想の中にある矛盾に気がつかないからこそ、みんなすぐに打倒とかいって夢中になれるのでしょうが、三カ国を反面教師にしながら、私達は今目の前にあることを自分のできる範囲の努力で一つずつ乗り越えて行くようにしたいですね。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

今日のリンク集