【やっぱり大事】体調と体温

2018年10月4日

はぁぁぁ、気がつかないうちに体を冷やしすぎてるって怖い!って思ったことを書きます。

 

私は体温め主義です。

何がきっかけだったか忘れちゃったけれど、

30代後半に突入するようになってから、冷えがすごくこたえるようになりまして(笑)

で、とにかく体を温めることを習慣にするようになったら、もの凄く体調がよくなりました。

だから、外出する時は夏でも必ずストッキングをはいたり、長時間冷房の中で過ごす時は湯たんぽ使って内臓が冷えすぎないように気をつけてます。

 

ただ、今年の夏は尋常じゃないくらい熱かったです。

それでちょっと、感覚がぶれちゃった所があったみたいです。

 

冷感シーツはすごい!でも真夏だけにしよう!

今年初めて、接触冷感の寝具を使ってみました。

暑すぎて眠れなかった日々が、この寝具のおかげですっごく寝やすくなりました。

 

ですが、これを使うのは、やっぱり真夏限定にした方がいいんだねってようやく気がつきました。

 

というのも、9月に入ってから、8月のような悶えるような暑さはなくなったけれど、まだまだ普通に半袖の生活だったでしょ。

だから私は先月も接触冷感のシーツを使い続けてました。

今年は、まだ9月なのに朝の冷え込みがキツいなとずっと思いながら使ってたのですが、それは接触冷感のシーツを使っていたからだと、今日ようやく気がつきました(..;)

ただ、寝る時は、お風呂に入った後で体がぽかぽかしてるのもあって、接触冷感の気持ちよさが心地良かったりしたので、気がつくのに本当に時間がかかっちゃたんですが、接触冷感で寝てたから、朝になると体が尋常じゃないくらい冷えちゃうんだなとようやく気がつきました。

今振り返れば、ここ2週間やたらと体調が悪かったんです。

ぐっすり寝たはずのに、朝起きると疲れがとれていない感じがして、ぐだぐだ一日しちゃうみたいなこともあって、

今思えば、体冷やしすぎてたんだって思いました。

ようやく昨日普通のシーツに替えて寝てみたら、朝の冷え込みはたいして激しいわけではないことに気がつき(笑)

そして、体も冷えることなく寝ることができたので、疲れがしっかり取れました。

 

寒暖の変化が大きい時期は、温めるタイミングと冷やすタイミングや時間におろおろしてしまいがちですが、

もう10月ですしね(笑)

しっかりここからは温めていきましょうって思いました。

 

 

すみません、それだけの話です。

 

新刊発売しました!

【紙書籍】

【電子書籍:縦書き】

【電子書籍:横書き】

書籍紹介ページへ↓

【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本