【終わりにしよ!】ポジティブ・ネガティブで判断すること

結局、ここ何十年世論を支配して、そして誰もが正しいと思い込んでいたはずの

ポジティブ&ネガティブ

ていうやつ。

最近これってガチでくだらないなぁって思うので、そのことについて書きます。

ポジネガシンキングが作り出す悪い社会環境

確かに明るい子と暗い子がいるのであれば、私は明るい子と付き合いたいと思うタイプです。

明るいことは良いことだと思うけれど、でもね……どんな人でも傷つくことはあるし、暗い気持ちを抱えることもあるし、それこそ大失敗してしまうことだってある。

だけれども、世の中を覆い尽くす「ポジティブ=善」、「ネガティブ=悪」的な発想の中では、ポジティブだけに思考が偏っちゃって、ネガティブを毛嫌いする風潮がどうしても高まっちゃうと思うんだよね。

だから、暗い気持ちそのものを否定しようとし過ぎちゃうと思うし、さらにはそういう気持ちを内観する機会をこの世論が封鎖している功罪を最近ひしひしと感じるんだよね。

 

だってね、偽スピの調査をしていて、はっきりと気がついたのは、

楽して成功したい以上に、失敗を恐れる気持ちが強い人が多いということ。

その恐怖を緩和しようとしたからこそ、おかしなことに取り込まれてしまったのかなと思うようになったんだ。

成功すること以上に怖いのは失敗で、ネガティブな経歴を作らないようにするために、誰もが右往左往しているように思うの。

でも、自分の人生経験を振り返って思うのですが、失敗や挫折ほど自分を強くたくましく、そして成長させてくれるものってないんですよね。

そうは言っても、私たちが何より怖いのは、世間体であり人の目。

変な人に見られないようにしなきゃ、輝いているようにしなきゃ、人生そのものが壊れてしまうのでは無いかという恐怖を抱え過ぎちゃうことになっているんじゃないかなって思います。

それが結局、停滞や努力が報われない状況を作り出しているのではないかなって、私は思います。

 

フラット思考でいこうよ♪

昨日、一昨日の記事にも書いたのだけれども、うちらの世代はいちいち事象に対して、幸か不幸かとか、ポジティブかネガティブかなんてことを考えてしまう癖が否が応でもついているし、不幸やネガティブと判断したものは体が受け付けなくなっているけれど、この考えこそが私たちを苦しめていると思うんだ。

↓昨日の記事↓

 

だからね、ポジティブかネガティブなのかなんて考えるのはもうやめちゃって

 

起こったことは、起こったこと。

目の前に現れたことは、目の前に現れたこと。

結果は、結果。

 

それを単純にフラットで受け入れればいいだけだと思うんだ。

ポジでもネガでもなく

プラスでもマイナスでもなく

ただあるそれだけ。

数値であらわすのなら0の場所。

 

本来0になりえる事象や現象や現実や結果にいちいち感情を付帯させるから、非効率だと思うんだ。

だから、自分にとって良い人生にして、そのためには沢山の経験が必ず必要になるから、効率的な人生を歩むために、全てのことはフラットでいいんじゃない?って思うの。

 

暗い気持ちを抱えているのが悪いとかすぐに私たちは考えがちなのだけれども、暗い気持ちを抱えるのには、抱える理由があるはずだから、そこに感情を付帯させる必要も無く

ただ今の私の気持ちは暗い

ってことだけを素直に受け止めればいいと思うの。それは0地点、つまりフラットだと思う。

そうすると、きちんとした内観だってしやすいはずだよ。

どうして暗い気持ちを抱えてしまっているのか、その理由だってちゃんと見えてくるはず。

 

それにね、ポジティブの最高格にあると思われる「幸せ」ってね、結局世間から与えられるものではないと思うの。

 

一番の幸せは、自分が自分を乗り越えた時

金儲け第一の資本主義社会の恩恵というか功罪によって、色んな場所で色んな幸せの定義がされちゃってるけれど、私の中で一番幸せだなぁって思う瞬間は、そういうところに全然無い。

自分が自分を乗り越えた時に感じる幸せ以上に、幸せだと思うことなんてない。

それは幼い頃に、鉄棒の逆上がりができなかったのに、ある日できるようになった興奮とか、自転車に乗れなかったのに、ある日すいすい乗れるようになったあの喜びの感覚に近い。

大人になると、誰かが作り出した幸せの定義にどっぷりつかっちゃって、

お金があれば幸せとか、有名になったら幸せとか、良い企業に勤めたら幸せとか、素敵な人と結婚できたら幸せとか、

自分では無い何かから認められたり、何かを獲得することでしか幸せじゃ無いって思わされているけれど、

全然そんなの嘘。

素直に信じてやってみたけれど、自分が自分を超えた時に感じる恍惚以上の幸せなんてどこにもないよ。

何かや誰かに認められるために、現代人は血眼になって努力しがちだけれども、そんなことするとその過程も、結果も全て不幸だよ。

何かや誰かに認められるためじゃなくて、自分が自分を超える為に努力した結果、人から認められればそれはありがたいけれど、やっぱりそれは幸せとは違うと思うんだ。

最上級の幸せは、自分が自分を超えた瞬間に現れる感覚だと思う。

その最高格である幸せを恒常的に感じるようにするためには、やっぱりフラット思考はいいと思うよ。

だって、世間体に流されなくなるもん(笑)世間では白い目で見られていても、それでも乗り越えようと一生懸命やっていれば、誰かが必ず応援してくれるようになるし、協力してくれるようになるよ。そのうちに世論の流れだって変わっていく。

時代はどんどん変わってるから、ポジ&ネガになんかに惑わされずに、フラット思考を身につけたらいいんじゃない?っていうご提案でした≧(´▽`)≦

まったね~♪♪♪

参考になりそうな記事

 

今日のリンク集

 

↓是非読んでね↓

↑啓蒙促進しています↑