【論破用②】だから上手く行かない!あなたの引き寄せ☆

Happyさんや心屋さん、そして子宮系はるのような自己中心的な真理解釈によって、

引き寄せの法則など、実際に存在している法則が滅茶苦茶にされてしまっていますね。

 

まぁ思う気持ちはいろいろありますが……起こってしまったことはしょうがないです。

間違っている部分を正し、今一度多くの人に理解してもらうしかないなと思います。

ということで、私なりに実践し体感したことを踏まえながら、Happyさんなどが提唱している引き寄せの法則では絶対に上手く行かない理由をここからお伝えします。

ちなみに論破用資料の①は、子宮委員長はるの件について書いています。

是非そちらもお読みくださいね。

では始めます。

 

Happyの場合は台本がある

まず引き寄せ云々の前に理解しておいた方が良いのは、引き寄せの法則で成功したとされるHappyさんには、台本があるということ。

だから、Happyさんが提唱している引き寄せと奥平亜美衣さんなどの真っ当な方が提唱している引き寄せは全く違うものであるという理解はしておきましょう。

Happyの引き寄せは、宇宙真理の引き寄せを使ったのでなく、どぶ板営業を繰り返して「まるで引き寄せたかのような状態を自ら作り上げた」というでっち上げのまがい物です。

それでもHappyの自己プロデュース力と行動力は大したものだなと素直に感心しますが、所謂一般的なビジネスフォーマットを利用してのし上がってきているので、彼女のやっていることは引き寄せとは全く別物です。

だからこそ、彼女の引き寄せ理論では「思ったことが全て叶う」という触れ込みを作り上げることができます。

本来の引き寄せとは、簡単に自分の想像を超えるものなんです。

だから、全部自分の想像通りで、想像通りの筋書きで叶うということはあり得ません

彼女が「引き寄せた~」と言っていることの全ては、先に彼女が独自の嗅覚と行動力で段取りをしています。

自分でお金を払ってパブ(※)を打ってもらっておいて、「引き寄せの力でニュースになった~」なんつーのは、愚の骨頂を超えた彼女の裏工作の代表と言えるでしょう。

※)パブはパブリシティの略で、記事に見える広告のこと。パブには有料と無料があって、費用の発生するパブの事はペイドパブ(有料パブ)と言います。

そんな彼女の裏工作を知らぬままに、世の中の人たちがそれを真実と解釈してしまっているから、多くの人がおかしなことに巻き込まれています。

まずは引き寄せ云々かんぬんの前に、「Happyは嘘つき」であるということ、それから「Happyのようなやり方では本当の引き寄せは起こせない」ことを認識しておきましょう。

どれだけ彼女が嘘つきかは、別記事で書いていますので、そちらを参考にしてください。

 

絶対に引き寄せできないもの

人はどんな夢でも叶えれるわけではありません。

引き寄せの法則をどれだけ使っても、叶わないものは叶いません。

とは言う私も昔、何でも引き寄せで叶うのではないかと思ったことがあります。

かれこれ7年前、私も引き寄せの法則の存在を知りました。そして、それを使いこなすために自己肯定力を上げ、それから毎日良い気分で過ごすことを実践してみました。

するとびっくりするほどに、シンクロニティが加速し、何でも引き寄せられるという気持ちになりました。

だけれども、その時点から絶対にできないと思うことがありました。

それは

「人の気持ちを変える」

ということです。

引き寄せの法則を恋などに利用したいと思っている人は、意中の人の気持ちをこちらに向けるために引き寄せを使いたいなど思うことがあると思いますが、

恋を含めて人の気持ちを変えることはできません。

宇宙の法則でできることは、常に「対自分」であって、対人関係を無理に自分よがりに支配したりコントロールすることはできません。

もし、相手の気持ちをそれでも変えたいと願ってやまない事情があるのであれば、

そうするために必要なのは、相手を変えるのではなく、自分を変えることだと知ってください。

そして、自分を変えていくうちに、その固執した思いは単なる幻想であったことを同時に知っていき、相手を変えたいという思いこそが無駄であったということを知るようになると思います。

もしくは、自分が変わることで相手も変わる環境の変化を実感するようになります。

ただし、変化を感じたとしても相手を思い通りにコントロールするなどは絶対できませんし、また絶対にしてはならないことでもあります。

対人関係に引き寄せの法則を利用したいと思っている人は是非覚えておいてください。

 

引き寄せは利他の精神があってのこと。

現実的に分かりやすい引き寄せは、ほんのちょっと困った事があったり、ほんのちょっとだけの欲望を満たす部分では功を奏しますが、大きな願いになると本来途端に叶わなくなります。

そして、その願いが自我の欲望を満たすものであれば、余計に叶わなくなります。

まずは、引き寄せの法則を利用して、願いを叶える方法を先に知っておきましょう。

 

願いを叶えようと思う場合に必要なのは

①内容が現在の自分の状況を遥か超えるものであって、さらにその目標を掲げる理由が利他であること(自分の幸せを望まないこと)

②期間や手法を自分で設定しないこと

③どんな困難も耐えて見せる覚悟と決意を持つこと

 

多くの人は、自分のために引き寄せの法則を利用しようとしているのではないでしょうか。引き寄せは利他の精神が強ければ強いほど上手く作用します。

ただし、天が創り出すその目標への道のりは、資本主義社会という閉鎖された社会空間の中に生きている私たちには奇想天外な道のりです。

そのため、どんなに利他な精神を持っていても、自分本位で細かな期間設定をしていたり、手法を限定しては叶うものも叶わなくなります。

自分の判断は全て手放すくらいの気合いが必要で、そして目の前に現れた現実ととことん向き合う必要性があります。

多くの現代人はトラブルを毛嫌いしますが、夢を叶える過程においては、トラブルは必須です。トラブルを乗り越えてこそ自分自身が成長し、夢の扉を開く一歩となるんです。

 

まだまだ書きたいことはあるのですが、とても一記事でまとめきれる内容ではないので、記事を分けますね。

そして、この件に関してはのんびり書き残しておくようにしますね。

今日のリンク集