【必要な方へ】宇宙からメッセージ

2017年10月15日

アメブロ:2017-08-08 11:34:22の記事を転記

突然降りてきました。

命令口調ですみません。先に私が謝っておきます。

私の言葉じゃないけれど、私の言葉のように映るはずだから(;^_^A

宇宙からのメッセージ

地球は大転回を迎えた。ここまで来ることがもう無理なのではないかと、思うことは何度もあった。

それは、宇宙から明確な意図を持って、この地に足を下ろした魂たちのほとんどが、自分の本来の役目を思い出してくれなかったからだ。

檻に入れられた閉鎖された社会こそが、真実だと思って誰もが歩み、その檻から誰も抜け出そうとしない。

その檻は人の想念によって生まれたものであり、本来は存在しない檻であり壁なのだ。

風穴を開けても、それを真実と思う想念によって、その檻はなかなか壊れることをしなかった。

だけど、2011年の3月に日本で起きた大きな災害によって、どうにもこうにも壊せなかった閉鎖された社会の檻に大きな穴が開いた。

日本の人々の想念が、「このままではいけない」「変わらないと」「今が正しいわけではない」と自然と思うようになった。

それをきっかけに、役目を思い出さずにいた魂たちが一斉に、自分を思い出す旅に乗り出し始めた。

最初は僅かだったが、旅を始めた魂の振動に影響されて、役目に気がつく魂たちは日に日に倍増していった。

多くの魂は、思い出せる準備を整えたといえる。

本来の人間らしい姿に戻る準備を整えたといえる。

本来の人間とは、宇宙との結びつきがとても強いものだ。

風も雨も雲も動かす事ができる。

香りによって、相手の記憶や情報を取り出すことができる。

穏やかであり続けることができる。

自由な状態を謳歌することができる。

契約や制約を持つ必要などない。

今の社会は自然と壊れ淘汰されていく。

宇宙の繋がりが低いがゆえに、制約に満ちた社会の在り方は、日を重ねるごとに不自然へと変化していく。

今の権利や地位に固執している者たちは、社会の変化によって、それを手放すか、しがみ続けて淘汰の道を歩むかどちらかの選択に迫られるだろう。

昨年から今年にかけての波動上昇によって、

「謝れない者たち」

「反省ができない者たち」

「嘘を平気でつく者たち」

「自分だけが正しいと思う者たち」

「人のせいにすることしかできない者たち」

「自分の幸せだけを考える個人主義者たち」

は振るい分けされた。

振るい分けされたからこそ、新しい扉は開いた。

彼らはこれからも

謝れない者として、反省ができない者として、嘘を平気でつく者として、自分だけが正しいと思う者として、人のせいにすることしかできない者として、自分の幸せだけを考える個人主義者として、

自分を貫き人生を歩んでいくことになるだろう。

しかし、そのような人が新しい扉の光となる者たちと関わることは日に日に少なくなるはずだ。

明確な波動領域の変化が起きた今日の変化によって、

彼らは新しい地球のメインストリームの波動に介入できなくなる。

彼らは彼らとして生きていく。

それは別々の世界であると認識して前に進むのが良いだろう。

今回振るい分けされたのは、

「謝れない者たち」

「反省ができない者たち」

「嘘を平気でつく者たち」

「自分だけが正しいと思う者たち」

「人のせいにすることしかできない者たち」

「自分の幸せだけを考える個人主義者たち」

の要素が100%と言える者が振るい分けされた。

この地球で生きる者の多くで上の要素が100%という者も少ないが逆に、この要素が0%というものもほとんどいないだろう。

80%や50%の比率でこの要素を抱えている人も沢山いることだろう。

そういう人は逆に今から、試練に見舞われることをよく心得よ。

自身の浄化なしに新しい世界は生きられないのだ。

特に、綺麗な言葉だけに浮かれて、表面的な理解の上滑りをしているのにも関わらず、理解していると勘違いしている者には、今までよりも深刻な事態が起こるだろう。

それは、それほどまでの事が起きない限り、あなたの内観が促されないからに過ぎない。

そのような事態を避けたいと思うのならば、内観を徹底せよ。

自分の醜い部分に目を開け。

そして自分の醜い部分を受け入れ、愛せよ。

さらに、80%や50%の比率で要素を抱えている人たちは、今回振り分けされた100%の人たちとのエネルギーの結びつきが強い。

振り分けされた100%の人たちは、最も身近なエネルギーのあなた方に焦点を絞って、波動調和を試みてくるだろう。

同期されぬように気をつけよ。

感情に注意して。

感情を俯瞰して。

彼らの言葉や行動に、感情を伴わないようにせよ。

彼らの言葉を否定することなく、受け流せ。

彼らの波動と自分の波動を切り離すことがすなわち浄化である。

彼らを可哀想と思う必要も無い。

彼らは彼らの波動に合う本来の場所に収まるだけのこと。

波動のノイズが多く粗い彼らにとって居心地の良い世界がスタンダードであった事の方が、地球にとって異常なことである。

ノイズが多く荒い波動を持つ人たちによって牛耳られていたからこそ、この星が不自由であっただけ。

彼らと私たちの住む世界は、ここで完全に別世界になったと宣言し、行動せよ。