【波動解説】イラチだったはずのネタが、ほっこりネタに感じるようになるワケ。

最近の私は、左翼の馬鹿騒ぎにすらほっこりするようになってしまいました…。

そんな変化の理由を波動的に解説致したく思います♪

 

 

今朝のイソコ抗議を見てほっこりした私。

今朝、Twitterを見たらこんなハッシュタグがトレンド入していました。

#望月衣塑子記者の凍結を解除しろ

そして左翼界隈が、政府による言論弾圧だぁ!と血眼になって抗議をしておりました(笑)

 

ちなみに凍結じゃなくて、一時凍結されているだけのことなのですが…

 

望月氏を支持する左翼界隈は、政府の陰謀だと大騒ぎ(笑)

っていうか、米トランプのアカウントですら停止できるTwitterが、なぜ日本の政府の言う事を聞くと思うのか(笑)

っていうか、そもそもTwitterのトレンドなんて常に左翼に媚びってるのに、保守に乗っ取られていると解釈できるのか。

 

ほんと、左翼の被害者意識って謎(笑)

更に言っとくと、この人たちトランプ含め保守系の人の言論が統制されると歓喜極まりない興奮するよね(笑)いつも(笑)

 

つまりそもそもの言動に矛盾がある上に、事実認識すらきちんとできない(笑)

そして…、ひたすら彼らが創り出した「権力悪」という妄想の敵に向かって戦いを挑み続けている。

 

去年くらいまでは、私も彼らのこういう行動に辟易していたけど…

【#検察庁法改正に抗議します】籠池隠しなのでは?

2020年5月12日

最近は、彼らのこういう行動を見ているとなぜかほっこりした気分になる私がいます。

 

 

たとえば、支持率0%に近づいているのに、毎度念仏のように政権交代を訴える枝野とか

とりあえずキレときゃOKと思い続けてる蓮舫の言動とかね

 

Twitter見てても、彼らが一言発せば「大喜利」状態に即座に突入するのもあってか、最近の私は彼らの言動にほっこりを覚えるようになっていますが、皆さんはどうでしょうか。

ほっこりとまでは行かなくとも、笑い飛ばせたり・気にかけなくなってたり、以前と比べて落ち着いた感情で向き合える状態になっている人が多いのではないのでしょうか。

同じ事は対韓国ネタにも言えると思うのですが、どうしてこのような状況になっているのか、波動をふまえてお伝えしましょう。

 

波動領域帯が離れれば離れるほど、感情的同期はできません。

では改めて、波動の性質をお伝えしていきます♪

波動は水のように上から下に流れる性質を持っています。

また、波動は交流すると、高低調和する性質を持っています。

また私たちが左翼の行動に苛立ちを感じやすいのは、左翼の波動の方があからさまに低いからです。

ただし、彼らに対して怒りを生じれば、波動同期(調和)が行われるので、彼らにエネルギーを渡すことになってしまいます。

ですから、現在のように彼らの行動に怒りすら感じない状態になるのが理想の状況と言えるのですが、さてこれはなぜ起きているのでしょうか……。

 

その理由はこれ↓です。

↑上記図たちの詳しい解説はこちら→☆ざっくり説明☆波動のルール編【図解式】

つまり、それぞれが存在する波動領域帯に違いが出れば出るほど、意識の交流ができなくなるのです。

その結果、現在のように腹を立てようと思っても立てる前に笑っちゃう的なことが起きるようになっています。

このような波動分離は2016、7年くらいから徐々に形成され始めました。そして、あれから5年経過した今はすっかりパラレルワールドが定着してきた感があります。

(図の詳細は、生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本で)

 

また上記図のようにはっきりとした境ができ、そして自分に害をもたらさないと思える距離感があるからこそほっこりできるのだと思います。

それくらい彼らと波動領域は分かれてしまったということ。

 

とはいえ武漢ウイルスの件で、かれこれ1年半にっちもさっちもいかない状況におかれてイライラしている人は多いでしょうし、それゆえ政府や政治に不信感を抱いている人も多いでしょうが、波動で視れば社会全体は確実に波動の高い方に移動しています。

移動しているからこそ、以前よりも難問に見えるものが目の前にやってきてしまうだけのことです。

そこをしっかり理解して、明るく朗らかに前向きに生きていきましょう♪

 

それではまたね♪

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

 

 

 

 

4 件のコメント

  • こんにちは

    枝野さん、いつも顔がむくんでるんですかね。

    オリンピックチケット当選が取り消されてイライラが半端ないです(涙)
    それはともかく、私の希望としてはオリンピック会場に半分でも日本人が入ることにより良いパワー(ラグビーワールドカップのような)が生まれると確信してたんですが、、、。
    芸能人、外国マスコミだけはしゃぎ、
    各国の選手と日本政府とスタッフ、スポンサーの実務系はキリキリですよね。
    どう解釈したらいいか今はまったく見えません。。

    • こんにちは。

      それは悲しいですね(>_<) 私個人の見解としては、どんな形にせよ実行することだけに意味があると思っていたので、無観客でも何でも前に進めたらOKというかなり低いハードルで東京オリンピックをとらえております。 とにもかくにも、このイベントを「過去」にすることが、必須の良策だと思っていますので、とりあえず今の段階においては、理不尽なあれやこれやは全て許容という心持ちでおりますが、オリンピックが終わった後も今と同じ状態であれば、私の気持ちも同じようにイライラするのかもしれません。 何かを過去にすることで、波動は大きく切り替わることがあります。 その何かがオリンピックであってほしいなと私は思っています。 それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 私もオリンピック後の世界がすごく気になっています。
    今って良くも悪くもオリンピックネタがスケープゴートになってて、コロナそのものへの怒りが矛先変えられてる感じですよね。
    どこかの国が反日で政府への怒りを忘れさせてきたのと同じものを感じています。

    オリンピック後どうなるのか想像がつかなくてすごく気になります。
    はよ開会式と閉会式を同日にやって終わってしまえw

    • こんにちは。
      私はちょっと意見が違いまして…オリンピックは武漢ウイルスと連動させて、国民の不安と怒りを募らせる政争の具にされてしまっていると言う風に見立てていました。
      ですから、オリンピックが終わるということは、政争の具の一つとなってしまっていたオリンピックというキーワードが消滅するということになります。
      だから、何が何でもやったという実績を残して過去にすることが大事だろうと思ってたのです。やらなければやらないで延々と政争の具にされるだけになるので…。
      ただしマスコミは武漢ウイルスを利用してかれこれ2年政争を繰り広げており、またそこで作られた世論に政府が乗っかるという馬鹿馬鹿しい悪循環が続いております。ですからオリンピック終了と供に、それがなくなるとはとても思えませんが、要素が一つ減るのは大きいかなと思っています。

      それに、せっかく開催されることになったオリンピック。しっかりテレビで楽しもうと思ってます。
      ちなみにオリンピックが始まれば、テレビは「感動をありがとう」的なことを言いまくるはずなので、そうなった時お左翼さまたちとの攻防がどうなるかも見所の一つとして楽しみにしています。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください