【帰ってきました!】たった1週間でいろいろと…浦島太郎です!

昨日全行程8日間の旅を終えて帰ってきました。

たった8日間だけど、いろいろあり過ぎて長かったぁぁぁ!

 

無事昨晩戻ってまいりました。

先週の水曜日にお出かけして、旅と同時にいろんな用事も済ませ、ようやく昨晩我が家に戻ってまいりました。

たかだか8日間のお出かけだったんだけど、なんかほんと今回はいろんな事があり過ぎて1週間前の…出かける前の事があまりに懐かしく過去に感じるくらいになってます(^^;)…具体的にいうと…桜の季節が今月じゃなかったように思えてきてしまうくらい今月が長い(笑)

ほんといろんな事ありました。

人生で初めて鯨を生で見ることができたし…

↑父島のくじら(撮影は同じ宿に泊まった旅人より)

他にもいっぱいありました。

とにもかくにもこの8日間いろんな事がありすぎて、だからどんどん現状が更新されちゃって、ほんのちょっと前の私の立ち位置というか世界観っていうか、それまで当り前にあった日常の空気みたいなものって、情報の積み重ねによって途端に過去になるんだなぁ……と改めて感じました。

っていうかね…でかける前は、武漢ウイルス下から慢性的になってしまったと言える新様式の日常にどこか鬱々とした気分を持ち合せていたの!

だけれども、島旅のおかげでその気持ちもすっかり浄化して頂けました。

やったね!!!!

そして、アグレッシブに動こうという気持ちが芽生えたというか、なぜか旅に行って帰ってきたら…通常の10倍くらいの量で仕事が入ってきてしまったので、しばらくはとにかく家に籠もって作業をし続けなくてはいけなくて……ちょっと前のゴロゴロしてぼーっとしまくる日常には当面戻れそうもありません(>_<)

つーか…ゴロゴロもぼーっとも飽きてたくせに、失った瞬間に懐かしくなるなんて、人ってほんと無い物ねだりだなぁとも思いますよね(笑)

 

出かける前に深田萌絵分析し終えてて良かったわ。

それから私が旅に出ている間に、なんか想像以上に深田萌絵関連の話が発展していたみたいなのですが……既に浦島状態です(笑)

【深田萌絵解析班の皆さんへ】どうもありがとうございました。

2021年4月19日

ただ相方ジェイソンさんと出演した動画によって、「米国にいる」は確定事項として受け止めて良いかなと。

ということは、出かける前に書いた総括の分析の路線で物事を見ていって良いんじゃないかなと。

【残る疑問】深田萌絵はなぜ頻繁にアメリカに行っているのか?

2021年4月18日

つまりは…この路線↓で見ておけば大袈裟に情報の分析を踏み違えることはないかなぁと。

深田萌絵の情報に対する心構え

其の一、深田の情報は、発信と事実は真逆であると心得よ

其の二、深田の情報は、自身に危機が迫っている時ほど、嘘がデカくなると心得よ

其の三、深田の情報は、自身に危機が迫っている時ほど、同情を得ようとすると心得よ

其の四、深田の情報は、本質から目を逸らすために、国際的な話を無理に入れ込むことを心得よ

っていうか、この一週間の中で深田さんは…あろうことかあの金美齢先生にも喧嘩を売ったそうですが……

これは上記した心得全てを網羅するが如くやってることなのだろうと私は推測します。

つまりは、相当追い詰められている現れに過ぎないと思ってます。

とはいえ彼女は、小難しい御託を並べた挙げ句、正義を盾にするため、今まで以上に彼女の情報に惑わされてしまう人は多いでしょうが、そのうち時間が解決してくれるので焦らずいきましょう。

またここら辺の彼女の心理を含めて別角度でまた分析してみたいと思ってますが……その前に片付けなきゃいけない事が山のようにありますので(^^;)…深田分析をするのはちょっと先になると思います。

っていうか……深田記事について、意外と楽しみにしてくださっている方が多かったことがコメントで分かり、何かしらの記事を書きたいなとは思ってますが……たった一週間で浦島状態になってるため、しばらくお時間ください。

 

まずは旅で感じたことなどから吐き出させてもらい、スッキリしたら実務はりきろうと思ってます♪

 

それではまたね♪

それから、これからも宜しくお願い致します☆

 

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください