【じわる】日韓協議という名のコント

2019年7月14日

昨日、韓国の安全保障担当者が経産省に訪れて、協議や会合をされたことになっていますが……実態は……。

 

なぜか、協議or会合と言いたがる日本のマスコミ

今回行われたのは、7月4日から始まった韓国への輸出規制に関して行われた韓国への「説明会」です。

協議でも会合でもなく、「説明会」です。

ですから話し合いをする場ではありません。

日本の処置に関する理由などについて説明するためのものなので、意見交換をしたり、韓国への処置を検討する場ではありません。

しかしながら、日本のマスコミは敢えてそこをミスリードするかのような言葉を並べます。

NHKの見出しはこんな感じ

日韓事務レベル会合始まる 輸出規制めぐり双方が主張へ

ひどいでしょwwww

でもそこは賢い経産省。

経産省は、このようなマスコミのミスリードを想定して、敢えての対策をほどこしていました。

会議室のホワイトボードに敢えて「輸出管理に関する事務的説明会」と。

会合でも協議でもないという事をここでも表明しております。

っていうかさ……この会議室の構図……すでに色々とじわるよね。

経産省はそもそも課長補佐レベルの人しか出しませんとお告げしており、課長補佐が今回の処置に関して説明することしかしませんと予め言っております。

ちなみに課長補佐が出てくるということは、経産省に詳しい方に言わせるとこういう対応のことです。

あー経済産業省系に詳しいやつなら知ってると思うが

経済産業省でいう課長級ってようは
課長補佐が説明して終わりで協議もクソもないやつだから

経産省傘下の組織で協議というと”部長級”だよ
今回の対応は外交でありながら政務官すら出てこないので

つまりあっちの協議には応じず
課長補佐が淡々と事情説明して終わり

おそらく資料すら渡さず
プレゼン形式で画面に映すだけで相手に情報も渡さない

https://www.moeruasia.net/archives/49636173.html

ですから、ここにおられるのは経産省の課長補佐の方となるのですが、クールビズなノータイで半袖シャツで集合。

しかも、動画を見れば分かるのですが、挨拶無し、名刺交換なし、お茶も出さず、日本側は仏頂面で地蔵ったままの状態を固持します。

ほんと、日本のマスコミの情報を信じると、何もかもがミスリードになるなと痛感するのですが……マスコミの言動を計算尽くしたとしか思えない経産省の対応が、まるでコントみたいで、どんどんじわるんですよね(笑)

 

地味な嫌がらせは、まるでバラエティの様相。

さっきの写真でも、「机ちっちゃくない」、「部屋狭くない?」、っていうか「日本やる気無くない?」みたいなのが伝わってくるかと思うのですが、

日本は「り地域になった韓国」に相応しいおもてなしの数々をご披露し続けました。

 

まず、この会議室人を通すための準備が基本されてないもんね(笑)

見て!韓国の人たちの後ろ!パイプ椅子の山がwwwwwww

韓国のおじさんアップにすると、倉庫に連れて行かれたとしか思えないカットになります。

ここまで計算した上での配置なんでしょうね。

っていうか、この部屋敢えて散らかして用意したとしか思えない感じで……

入り口付近にも案内板や使わない椅子が置かれていたり 

無駄に多すぎるハンガー

その上、使わない机や椅子とかも雑多に置かれていたり

コード丸出し

しかも床にはゴミが散らばっている 

普段は倉庫として使ってますけれどねっていう演出が満載です。

しかも極めつきは、やっぱりこのパワポでしょ!

紙がちょっとしわくちゃなってるし、マグネットも左右違うの使ってるし……。

敢えてきちんとしませんでしたよ!だって、韓国は「り地域」だからね!っていうのを力尽くでお伝えしているように感じましたよwwwwww

 

っていうか、これ見てたら、正月にやってる芸能人格付けチェック思い出したんですけれどwwwww

格が落ちると扱いが雑になるっていうあれ!!!!!

ホント、この扱い方が雑すぎる感じが、じわってじわって仕方なかったです。

 

分かり合うのではなく、経産省を見習って、どんどん扱い方を雑にしてけばいいだけだと思いましたよ。

見習っていきましょう♪

 

紙書籍を発売しました!

大変お待たせしました。

紙書籍が発売されました。ご興味ある方はこちらからご購入ください。

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】