【エゴの見分け方】それは思考なのか、反応なのか

週末KAZUYA君が挙げた動画の事で、虎ノ門ファン界隈は結構騒々しいです。

 

今回の騒動はエゴを観察するのに丁度良い。

この間の土曜日にKAZUYA君が世の中ざわめかせる動画をUPしました。

私個人としては「KAZUYA君よく言ってくれた!」という感じで、「その勇気に感謝!ありがとう!」という感じで終わった話だったのですが、賛否両論でてきて当然のネタであったため、いわゆる炎上と思われてもおかしくない状態になりました。

で、今はもう沈静化の状態に入ってきているので、今さらこのネタに乗っかるのはなぁと思っていたのですが……動画の内容よりも、この動画を上げた後の視聴者の熱くなり方についてKAZUYA君の意見に心底共感する部分がありました。

↓この部分↓

私も以前より同じようなことを思っています。

【分析】政党イデオロギーと波動の関係値

なので、エゴ的な解説ふまえて記事を書こうと思います。

 

テンプレ化の反応は、エゴに乗っ取られてる状態

KAZUYA君が動画で語ったのは、虎ノ門ニュースの月曜日の担当をされてる青山繁晴さんの小ネタというべきなのか……自慢話系についてでした。

私も以前から「寝てないアピール」はどうにもこうにも受け付けない部分があって、それから米語の発音にやたら拘るのも面倒臭いなぁとは思ってました。しかも、ニュース解説をしてほしいと思ってるのに米語の発音に10分くらい使われると「もういいよ!」という気分にもなっていました。

そういう思いが重なってか、私も実は月曜日はほとんど見ていません。ニュースの内容で青山さんの意見を確認したいと思う時だけたまに見るのですが、それでも本題になかなか入らないかやたら怒っているだけの事が多いので、聞こうと思っていたのに途中で消してしまうことのが多いです。

つまり、前から私もKAZUYA君と同じ思いを持っていたので、誰か言ってほしいとは思っていてました。

ですから、私みたいな思いを抱えていた人は「KAZUYA君ありがとう!」となるのですが、そう思わない人はいて当然なのですね。

で、「自分の意見とは違う!」と思った時ほど、人は熱くなりやすいものなのですが、実は熱くなっている人ほど、テンプレ化した反応をしているだけになっていきます。

テンプレ化した反応とは、私言葉で言えば「エゴに乗っ取られてしまった」状態です。もちろん、本人は気がつくはずもありません。

 

よく私が使ってる千と千尋のエゴの話↓

エゴを収束させる方法

この話で説明すると、KAZUYA君は千尋ばりににがり玉(事実)を投げました。

そして、どうやら青山さんはすぐにその意見(事実)を受入れたようです。翌日の番組は、ここ最近の中では一番質の高い番組になっていたと私は思います。

つまり、KAZUYA君の問題提起に対して、青山さんが対応してくださったことでこの問題は大凡完結できたとも言えるのですが、

今回のことは、当事者たちよりも周りの方が熱くなっているんですね。

そして、熱くなっている理由は、もちろんエゴが反応しているからです。

どうして彼らのエゴが反応するかと言えば、結局情報と自分が同一化しちゃってるからなんですね。

【発見】二元論が馴染むと、人は情報を自分だと勘違いする

この時点でエゴに乗っ取られているんですね。

だから、意見の相違が認められなくなる反応を繰り返していきます。

こういう周囲の行動は、KAZUYA君の言葉を借りれば、「テンプレ化した反応」に過ぎないのですが、その反応をしている人は「思考している」と勘違いしてしまいます。

ここが問題なんです。

 

よくあるテンプレ化した反応

エゴに乗っ取られた状態になると、まずは感情優先の言動に切り替わるのが特徴的です。

違う意見はあっても当然なのに、また指摘はあって当然なのに、それが「許せない」という感情が芽生えます

そのため「意見の相違があるのがおかしい」と言いたげな言動が増えます。

また、「意見の相違があるのがおかしい」という意見を伝えておきながら、揉め事を収束しようとします。

既にダブルスタンダードの矛盾がここには発生しているのですが、それにも気がつきません。

さらにほっておけば波はいつの間にか静まるのですが、敢えて自分の意見を言うことでさらに荒波を立てていることには気がつかなくなります。

どうしてそうなるかと言えば、「自分の意見が正論」だと思う意識が強くなるからです。

意見は誰にもあるものですが「正論だ」という思いが付随した時点で、正義と悪の二元論構図も始まります。

ですから自分が正しくて、相手が間違っているという考えも生まれていきます

さらに質が悪くなると、意見の相違から相手を引きずり降ろそうとする行為も始まります。要はディスりが始まるのです。

これはエゴに乗っ取られたことによって、相手のエゴも引き出したくなり、またそのエゴからエネルギーを吸収しようとする行為です。

 

ポイントをまとめると、エゴに乗っ取られてテンプレ化する反応はこんな感じです。

①感情優先の言動に切り替わる

②「許せない」という感情が芽生える

③「意見の相違があるのがおかしい」と言いたげな言動

④「自分の意見が正論」だと思う意識が強くなる自分が正しくて、相手が間違っているという考え

⑤意見の相違から相手を引きずり降ろそうとする

 

 

どんな意見でも普通に話せる状態が理想

理想的な環境と言うのは、みんなの意見が一致する状態ではなく、一枚岩の状態でも無く、各々の正直な気持ちを素直に伝えられる環境です。

【日本人の建前】徹底的に良くないところ

その状態が歪んでいくと、知らず知らずのうちにコミュニティでは思想の先鋭化が始まります。

【偽スピカルト化】ビジネスの陰りと先鋭化の先にあるもの

 

ですから、みんなが同じ意見ほど怖い物はないんです。

まぁコミュニティ内であれば、同じ意見になってしまうことはあるかもしれませんが、他の意見を許せなくなるのは虚偽の世界を築くきっかけに繋がって行きます。

【波動分析】虚偽の世界がパラレルワールド化してくると

せっかく反日が作り上げていた虚偽の世界がパラレルワールド化しているのに、それぞれの持ち合せているエゴ思考が強くなれば、結果元の木阿弥です。

だから、ここからは益々エゴ思考には気をつけないといけないよなと思いました。

だって、私たちは自然の一分で、その自然はたった一つも同じもものを作り出さないのですから

【覚えておこう】自然はたった一つも同じものを作り出さない。

多様性を認める社会ではなく、違いがあって当り前だと思える社会の方が自然だと思います。

そして、意見の違いについて熱くならずに、普通に話せる環境の方が自然だと思います。

そういう社会になるように、地道に努力していきたいものですね。

 

 

お知らせ☆ジャパニズムに掲載されました。

本日発売のジャパニズム48に私の記事が掲載されています。

私が書かせて頂いたのは「波動で視る韓国との付き合い方」です。

是非買って読んでください♪

 

今日のリンク集

【分析】政党イデオロギーと波動の関係値

エゴを収束させる方法

【発見】二元論が馴染むと、人は情報を自分だと勘違いする

【日本人の建前】徹底的に良くないところ

【偽スピカルト化】ビジネスの陰りと先鋭化の先にあるもの

【波動分析】虚偽の世界がパラレルワールド化してくると

【覚えておこう】自然はたった一つも同じものを作り出さない。

 

 

6 件のコメント

  • こんにちは。

    だいぶ前に書いた「占い・予言・自由意志」という記事で、まさに今回の記事で書かれているテンプレ化した反応について書いています。
    G.I.グルジェフという人が言っていることなのですが、要するに人間は外的刺激に反応しているに過ぎなくて、眠りの中にいるということです。
    https://www.qdech-labo.space/philosophy/2017/11/03/post-52/

    僕は基本的に、どんな意見や考え方を持っていても良いと思っていますし、人に迷惑を掛けなければ何をしても良いと思っています(自分で責任が取れるなら)。
    だからこそ相手の意見は色眼鏡で見ないようにしていますし、決めつけをしないように気をつけているつもりです。(それについても、ここに書いてあります)
    https://www.qdech-labo.space/philosophy/2018/12/03/post-175/

    僕は個人の生活でも仕事でも「自立」ということをすごく大切にしていますが、それは「自分で考える」ということであって、「誰かが言っているから」とか、ましてや単なる反応に過ぎない行動をしないということなですよね。
    少しでも自由意志を持っている人が増えてくれることを願っています。

    • おはようございます。
      そうそうそう!って頷きながらリンク記事読ませて頂きました。
      いわゆる反応のしくみが体感で理解できるようになると、情報と感情を区別するようになって、ひでぽんさんが言う「自由意志」なるものと「自立」が上手い具合に機能し始めると思うのですが、KAZUYA君の騒動を見て、これって本当に難しいんだなぁと実感しました。
      また思想の優劣を競っている限りは、結局のところ同じ穴の狢に陥るんだなと思いました。
      思想の転換も大事ですが、ある程度転換ができた今、心癖の克服が必須の課題になっているかもしれないと思ってます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 初めまして
    いつも感心しつつ、楽しく拝読させていただいております。
    特に最近、また一つステージを上がられたような雰囲気とご活躍ぶりには、今中にあることの効果を体現されているなぁ!と励まされてます。

    来たる令和の明るい雰囲気に期待しつつ、保守か革新か?右か左か?等の単純な二極化の時代が終わり、調和と本質的な進化に向かっての嬉しい流れを感じています。

    お忙しいなか、突然のメール失礼いたしました。友理子さんの素晴らしいブログのおかげで随分と励まされました。本当に感謝しています。
    これからも益々のご活躍をお祈りしてます。

    • はじめまして。コメントありがとうございます。
      素敵なコメントを頂き、素直に嬉しいです。
      お返事したかったので、情報提供部分は外させて頂きお返事させて頂くことにしました。
      単純な二元論の時代は確実に終焉に向かっているはずですが、個々の気持ちがそこから脱却できるかが、鍵ですよね。

      それではどうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは!
    私も「虎の門ニュース」を見始めました!もっと早く見ていればよかった~!と思うくらい面白くてびっくりしました。民放のニュース番組を見なくなり数年、ネットニュースしかみていなかったのですが、これで色々と情報の補完ができるだけでなく、楽しく知れるニュースの深堀なので、本当にゆりこさんのブログから知れて良かったです!(一週間しか過去分が見れないのが残念ですが。。。)
    特に金曜日の二人が大好きで、関西生コンの件はけっこう色々調べたらオジキが他のユーチューブでも解説していたりして、自分でちゃんと知ろうとして調べれば解ることって沢山あるんだな!って思いました。
    なんとなく難しいと思っていた言葉、コミンテルンやデュープスなども自分でも調べて知っていくうちに、恐ろしくなり今までの自分ってどうだったかなと思うようになりました。自分の周りとかも・・・w

    KAZUYAチャンネルもみました。この件を知るまでは青山さんって全然そういうイメージ無くて、むしろ好印象なほうだったんですよね。私は十数年前に関西に来たのですが、その頃青山さんは夕方のニュース番組のコメンテーターですごくズバズバ言うので「関西はニュースまで言いたいほうだいでおもしろい!すごい!!」って勝手に思っててwなので青山さんのおかげで当時はクソガキながらも少し影響を受けてたんですよ。

    なので、虎の門ニュースで「なんか青山さんの話よくわかんないな、こんな人だったっけ?年とっただけ?」と思ってあんまりちゃんと見てなかったんですけど、そういうことだったんですね。
    火曜日の虎の門でKAZUYAさんと百田さんのその件に関する話もしてて解決されてましたけど、ちょっとしたピリピリ感も含めてこんな風にちゃんと解決していくんだなって参考になりました。
    騒いでいるのは熱狂的なファンか、情報を自分と同期させちゃってる人だけなんだろうなって思います。

    虎の門で少し解ることが増えたので、またこちらのブログの解らなかった政治関連の過去記事読ませて頂いてます!アダチルのもまだまだ途中で、読む者がいっぱいで本当にありがとうございます!!!

    ※米粒写経の漫才も見ましたけど、すごいですね!しかも面白い!一平さんの言葉の使い方って大人!って感じで聞いてて気持ち良いです。相方のサンキュータツオさんも凄い方だったんですね。広辞苑に「BL」を載せた方だって一平さんがオジキのラジオ番組で言ってました!

    • おぉぉぉぉぉぉ!虎ノ門仲間が増えて嬉しいです(^_^)

      民法やNHKの話聞いてると、すごい難しそうに聞こえるけれど、実はめっちゃシンプルな構図だったっていうことが分かりますよね。
      私は関西圏ではないので青山さんのアンカーは見てないのですが、あの番組めちゃくちゃ評判良いですよね。
      正義のミカタとか全国区では見られないレベルの高いニュース番組(バラエティ?)とかも、アンカーとかの実績があってこそのことなのかと思います。

      それから米粒写経の面白さも共有できて嬉しいです。
      いつか生で見てみたいです!!
      居島さんのお喋りのおかげで、言葉遣いとか引用とか勉強になりますよね!

      それではこれからも宜しくお願い致します☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください