【発見②】二元論、先に行く上に行くの盲点

この間すぐに話の続きを書く感じでブログを閉じたのに、放置してました。

【発見】二元論が馴染むと、人は情報を自分だと勘違いする

ということで、この話↑の続きをします。

 

人の上下感は、情報量によって決まるという錯覚

なぜか二元論に馴染むと「情報」=「自分そのもの」になっちゃうというところまで、先の記事で書きました。

今回はその続きです。

そもそも、二元論という考えは「善か悪か」を典型例として、何かにつけて二分して、一度そう思い込んだら、全部悪か全部善というような、非常に極端な考えがつきまとう考え方です。

そして、その考えにしっかりと囚われたのなら、共産主義的な革命理論よろしくな感じで、その事象や人を倒すという事をしない限り衝動治まりきらない荒々しい感情に苛まれるようになるのも、二元論の特徴と言えるでしょう。

【これもですか】〇✕式思考はユダヤ人が作り、持ち込んだ。

余談ですが、そもそも日本人の考え方にはこのような単細胞理論はありませんでした。

だからこそ、海外から見ると日本は白黒つけがたいようなグレーなゾーンが多いとよく言われたのだと思います。

私たちは、そういう海外評価を払拭するかのごとく、海外に合わせてグレーな部分を極力排除することに躍起になりました。

しかしながら、それを実践してみたら、議論のほとんどが単細胞以下としか言いようがないほど、酷いことに成り果てています。

どうしたら本当に良い世の中が作れるのかではなく「目先の勝利を何とでも獲得する」という韓国のような、そして韓国のことを笑うに笑えないような単細胞理論が、本来思慮深く合理的であるはずの日本人の中に根を張り始めています。

どうしてこのような事に陥るかというと、白黒はっきりさせるその先には、必ず勝者と敗者ができるからです。

そして、勝者と敗者という確実な上下の関係が生まれるからこそ、二元論に苛まれるた人はその情報のやり取りにおいて、勝者にならなければならないという思いがひしめくのだと思います。

また、情報社会で尚且つ弱肉強食となった現代において、持ち合せている情報量というのは、「他人よりも上に行き先に行く」ための要な要素になっています。

とか言いつつ、情報というのは元来重要なものです。ですから、意味のある情報というのは多くの人と共有することで、世の中を良くするために使われるべきものですが、二元論が基本となった弱肉強食化社会ではそうはいきません。

現代は人をコントロールするために使われていることがほとんどです。

だからこそ、情報提供者は情報を出し惜しみして、「この情報を手に入れれば幸せになれる」的な感じで、高額を要求するビジネススキームが世に溢れ、そこに多数の賛同者が現われる状況ができるのでしょう。

 

幸せなど、今日一日を大切に生きる心持ちさえあれば、誰でもできることです。こんな事に多額の金を支払うことなど本来バカバカしいはずのことです。とはいえ二元論に馴染んだ私たちは、それすら分からないことに陥ってます。

しかも、多くの情報商材は、「今」から外れ、別次元の自分になれるかのように誘導しますが、それがどれほど馬鹿馬鹿しい事なのかなど、そこに囚われている人ほど見抜けません。

繰り返しますが、幸せとは別の自分になることではありません。あるがままに今の環境を受入れた状態の中で、素直に「あぁ幸せだな」と思えること、もしくはそうあるように努力ができる自分であるかに過ぎなくて、違う自分になることではありません。

結局それが分からないのは、以前Happyさんの元スタッフさんと名乗る方がコメントに残してくださった通りに「本当の自分を向き合うのが怖いから」だけでしょう。

そして、そういう状況で情報にのめり込む行為というのは「本当の自分と切り離す作業」に過ぎないのに、エゴに気持ちが乗っ取られている人であればあるほど、そこに恍惚感を持ち合せてしまうのでしょう。

だから情報にのめり込み、自己と情報の同一化をどんどんした挙げ句、自己が情報に成り果て、そしていつまで経っても自分が分からないということが起きているのではないのかなと思います。

元Happyさんのスタッフであると名乗る方のコメントより

私は騙されたし、騙した人間です。懺悔ではないのですが当時そう言ったキラスピに憧れて、楽して稼げないかな、どうしたらそうなれるんだろう、だって私はこんなもんじゃないし!この現実が間違っているんだし!って思っていました。多分、当時、或いは今。あの場所にいた、或いはいる人はみんなそうなんじゃないでしょうか。

等身大の自分を見るのがあんまりにも怖くて仕方がないから思いっきり現実逃避して、自分と自分自身を切り離したかったんですね。

今日の話はここまで!書いているうちに「理論武装している人ほどマウントしてくる」その理由について分かってきたので、近々書きたいと思ってます。

今日になるか明日になるか、一週間後になるかは分かりませんが気長にその記事を待ってくれたら幸いです。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください