【私の望み】それは山本七平賞を頂く事。

全てを受け容れることが日常となると、夢というものを抱く方が難しいのですが、そんな私にでもやっぱり夢はあります。

 

一つ手に入れたい賞があるとするのならば、それは山本七平賞!

私は、ブログのタイトルに物書きと書くほどの経歴はないのですが、一度だけ大きな賞を頂いたことがあります。

日本で一番応募総数が多い(当時)と言われていた小説コンクールで賞を頂いたことがあります。

賞を頂いて出版した本がこれ↓

サンタクロースな彼は湯の町Flavor 」

元々小説家になりたいんだったら、これで御の字だったのですが、本当に図々しくて恐縮なのですが、私作家にはなりたかったけれど、小説家になりたかった訳ではないのです。

作家としての道が作りやすそうな場所だから小説を書いていただけで、本当はこのブログで書いているような論評をしたり、ブログの最後にいつもリンクしているような哲学的な本を書きたいだけなのです。

ただ、幾つか書いた小説によって、私なりに文章力を鍛えられたこともあったし、流れを考えることも今まで以上にできるようになったことはありがたかったなと思うのですが、私個人としてはやっぱり、道理を整理したり、物事を整理するために文章を書いていきたいという思いが強いです。

そして、このような文学賞の中でも「山本七平賞」とういのは私の中の憧れです。

山本七平賞は、PHP研究所が主催する山本七平を記念する学術賞である。1991年に創設され、1992年から始動した。日本語で執筆され日本国内で出版された社会学、政治学、経済学、歴史学、哲学、宗教学、比較文化等の人文科学、社会科学の学術書、論文が対象である。

受賞者には正賞(賞状)と、副賞の賞金300万円と、記念品の時計と山本七平著「静かなる細き声」特装版が授与される。推薦賞の受賞者には、正賞と副賞の賞金30万円が授与される。奨励賞の受賞者には、正賞と副賞の賞金100万円が授与される。

山本七平賞wikiより

 

一度賞は取れたものの、商業出版すらがなかなか適っていない状況の中で、山本七平賞を得たいと思うことが常識外れだと思われることは重々承知ですが、それでも私は山本七平賞に憧れを抱いていることは事実です。

にもかかわらず、私は山本七平さんのことを何にも知らなかったことに数日前ようやく気がつきました。

 

山本七平さんって本出してたの????

山本七平賞に興味を持った私は、山本七平さんにも興味を持ったのですが、当時のwiki先生には多くの情報が載せられておらず、私は書店屋さんだと思い込んでいたのです。

今日再度調べ直したら、沢山の執筆情報は含まれていたのですが、私が興味を持って調べた当時はこんなに情報が充実していなかったはずで、だから私は山本七平という名で書を出しているはずもないと思い込んでいて、彼の本を読んでいなかったのです。

しかし、週末のWEEKLY虎ノ門ニュースで、山本七平さんの特集をしており、そしてようやく彼が執筆家であったことも知り、急いで本を多数借りてきました。

10冊ほど借りてきたのですが、とにもかくにも急いで今読んでいるのは「「空気」の研究」です。

まだ読んでいる途中なのですが、これを読んでいると今まで自分がしてきたことはなんだったのか急に分かる気がして……興奮収まらずなのです。

 

ということで本題に入りたい所なのですが……思いの他前段が長くなり、そしてここからもさらに長くなりそうな気配プンプンなので、記事を分けます。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】