【ありがち】数字に拘ることが、覚醒していない証なのに(笑)

偽スピ教祖さまたちが、何を根拠に覚醒したと言っているのかが気になる今日この頃です。

 

教祖さまは、数字がお好き

スピリチュアルの分野で人気で有名な教祖さまたちのほとんどは、やたらと数字に拘りますよね。

収入が増えた!

実年齢よりも若く見られるようになった!

アクセス数が増えた!

などはベースの上で、

 

とにかく数字を軸に「人の上に行く事が幸せだ」というのが基本となる思考で生きていられているのが、ありとあらゆる角度から見て取れます。

そして、「数字で優位に立つことが生きる幸せなのだ」と彼らが確信した上で行動しているように思えます。

 

そもそも教祖さまは現社会を否定的に捉えているから存在しているはずなのに、結局のところ教祖さまであろうお方が、今の社会を肯定している行動ばかりをするのかが、私は甚だ疑問ですが……

この一年彼らを観察してみて思ったのは、

彼らは普通に努力したら得られる成果が、彼らの大いなる不満と悪態で得られなかったからこそ、スピリチュアルという手法で、一般的な世の中で言う所の成功を勝ち取りたかっただけだったのだなということが分かりました。

 

そして、彼らは人から認められる環境の境地に入れることを「覚醒」と呼んでいるのだなと思いました。

だからこそ、彼らの言葉はいつも数字が蔓延るのだと思います。

そして、数字に拘った中でしか幸せを見つけられない思考性が息づいているから、最終的に教祖さまたちは皆ドツボに陥るのだと思います。

 

 

数字に右往左往しているのが嫌になることが、覚醒の始まりでしょ?

いわゆる普通の社会でそれなりの成果を収めてきた人の多くは、ある時から数字に縛られている自分に嫌気を持ち合わせるはずだと思うのですよね。

スピリチュアルな成功者の多くが数字に何の疑問も持たず、数字が持ち合わせるある一定の基準に沿って、喜んだり落胆したりできるのは、その経験を持ち合わせていなかっただけだからだろうと、私は思います。

また、彼らと一緒になって喜んだりしている人たちの多くは、数字の世界の中で劣等感ばかりを育んできた人なのだろうとも思います。

だから、数字の世界で狂喜乱舞したその先にある怖さや虚無感を知らずに、有頂天でいられるのだと思います。

 

数字の世界で狂喜乱舞するということは、上下関係を意識するピラミッド社会の中に生きる人の典型的な思考です。

しかし、彼らは現代の日本がどういうしくみで動いていて、過去の日本がどういうしくみで動いているか分からず、ただただ素直な唯我独尊を目論むからこそ、この盲点に気がつくことなく、この世界の枠組みに取り込まれつつ、「覚醒した」のだと言い触れ回れるのだと思います。

 

上位に幸せもなければ、平均値など何モない。

現代の世界観の中で生きている人は、上位の世界に行けば楽しい事があると思い込みがちですが、別に何もないですよ。

あるとすれば通常は、今まで以上の責任が負荷されるだけの話で、特段それによって幸せになるということはあり得ません。

その責任の重さを知ることもなく、また気がつかず、一時的な上位に狂喜乱舞する人は、その一時的が終わると同時に奈落の底に落とされるだけです。

 

また、現代の世の中は平均と比べて自分がどうかということを意識しがちですが、平均値ってそもそものボリュームゾーンではないことを気がついた方が良いですよ。

全くの虚構の数値が平均値であるということは、よくある話です。

たとえば、0と100の平均値を割り出した場合、答えは50になりますが、そこには何ありません。あるのは0と100で、50というのは架空の場所なんです。そして、本来ある場所から一番遠い場所にもなるんです。

それが平均値であるということを、現代人はもう少し理解して数字と向き合った方が良いだろうなと思います。

本来誰にとってもあり得ないはずの数値が平均値として現われているだけなのに、その平均値に合わせようと頑張ってしまうことが現代人には横行しています。

そこは虚構の数値で成り立っていることに気がつかなければ、苦しみますよ。

 

平等という言葉の横行にやられて、せめて真ん中を求めたくなる気持ちは理解しないでもないですが、そういう所に意識が向くからいつまで経っても不幸せなんです。

 

数字に拘ることなく、今自分がやるべきことをやらなきゃいけないと思うことを、ただただひたすらきちんと丁寧にやっていれば、それだけで楽しいです。

数字が必要な場合は、必ず後から数字はついてきます。

そこには辛抱もあるはずですが、数字を考えないことと数字を求めないことが数字に好かれるコツだと私は思っていますし、

 

そもそも数字とは道具なので、数字に感情を入れ込むことが不幸の始まりだと思っています。

道具の支配下に私たちが陥って私たちが幸せになれるはずもありません。

数字を道具として扱うのは私たちです。

道具として扱ってこそ、数字は生きるのです。

 

↓七年前にもほぼ同じ話をブログに書いててビビった(笑)↓

数字って何ですか?

 

この感覚が分からないままに、覚醒したとかなんとか言っている人たちは必ず奈落の底に落ちますよ!

憶えておきましょう。それが、ピラミッド社会の怖さであり、ピラミッド社会にいる限りは誰も幸せになれないと常々お伝えしている理由なのです。

 

ピラミッド社会の歪さに気がつかずに、覚醒したとのたまわれる教祖さまたちの器の小ささにそろそろ日本人ははっきりと気がついていいんじゃないですか?

【大器だから!】多くの日本人の心が苦しんでいる理由

 

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

 

 

 

14 件のコメント

    • 差を取るから悟り!!
      なるほど!!一つ賢くなりました。教えてくださりありがとうございます。
      本当に彼らは、人と比べて如何に自分が特別なのかというのを見えない世界駆使して訴えているだけですよね。

  • おはようございます。
    年初早々から勉強をさせていただき、ありがとうございます。

    数字に関して、私も教祖様(仙人様)達の言動がとても気になっていました。
    特に私の目に止まってしまうのは、「年収○○万円も可能」とか「月収○△万円で幸せになれる」的な
    お金をちらつかせた記述です。

    ゆりさんの過去のブログ(確か2018年12月の一般人が…の内容)だったと思うのですが、どうも信者の方々は、精神世界を学ぶと自分だけ「他人が知らない裏技を覚えた」という気持ちになるように感じます。
    裏技を覚えたので、それを駆使すれば幸せとお金が同時に、しかも簡単に手に入ると思う妄想です。

    先日の黒仙のお話しにもありましたが、お金に貪欲な人々は、さらなるお金の源泉に目がありません。
    しかも、現時点の自分の生業(仕事や生活)を維持しつつ、「裏技」で所得を増やそうとする考えを持ちがちです。
    私の邪推かもしれませんが…。
    そうそう世の中は甘くはありません。
    ゆりさんが書籍でもブログでも再三おっしゃっている「ピラミッド社会」で多くの富を得ようとすると、
    それ相当の責任と覚悟が求められます。
    そこに関心を示さず、お金だけが目に入る。
    まさに、自我への餌でしかありません。
    私は幸せはそういう所にはないと信じています。

    教祖様(仙人様)の周りに取り巻きが多く、その取り巻きがあたかもプロジェクトチームのごとく人々の
    関心を操作し、いかにお金を吸い上げるのか?という策を練っている光景が目に浮かびます。
    そういう詐欺まがいのビジネスは、どれだけ精神世界で言われる「前向きな言葉」を並べても、
    ただのメッキであることに気がつかないことは悲しいです。

    取り巻きに踊らされているにも関わらず、自分は「いま、ここ」で一生懸命にダンスを踊る。
    むなしい世界です。

    • 仰る通り、知れば知るほど、彼らが提唱している「幸せ」って、本当に空しい世界ですよね。
      私も彼らが言っている「幸せ」が単に自我へ餌をあげているだけのことだと気がつくのに随分時間がかかったのですが、
      それはまさかの「幸せ」がその方向だと思い込み、そしてそれを精神世界のレベルからやり始めるなんて思いもしなかったのです。

      多くの人が彼らに違和感を感じていたと思いますが、違和感の理由のポイントが去年から今年にかけてかなり明白になってきたように思います。
      それでは……世の中と折り合いつけながら今日も楽しく生きていきましょう♪

  • 故、船井幸雄氏もスピチュアルリーダーみたいなポジションにいらっしゃいましたけど
    彼にしても、所詮は「スピリチュアルビジネス」だったのだなと思いますよね。(個人的には崇拝したこともないし、むしろ嫌いでした)

    亡くなられる間際に「地に足を付けてください」なんておっしゃってましたけどね。
    「散々煽っておいて最後にそれかよ!
    とツッコミを入れたのは言うまでもありませんw

    • わぁぁぁすごいシンクロネタ!!!
      私、船井さんが死んだ時に、そういうことをアメブロ記事に書いてアップしたら、もの凄い炎上しちゃったことがあって……
      この記事↓
      https://ameblo.jp/yuriyuriko28/entry-11768284928.html

      で、昨日なんだけれどもこの懐かしのネタに2回もコメントを頂いて、丁度そのこと思い出してたんですよ。

      ちなみに私も同じようなツッコミ入れときましたよ(笑)

      それでは今日も楽しく生きていきましょう♪

      • すごいシンクロですね(笑)

        コメントをしたあと、船井幸雄さん絡みの苦々しい出来事を思い出しまして。

        数年前、あるイベントを企画してたのですが
        「船井氏が認めた」ということを売り物にしてた女性チャネラー(滝沢泰平氏とも親交のある、割と有名な方)に騙されて
        その企画を奪い取られそうになった事があります。

        結果的にその企画は流れてしまったのですが…

        何せ、教祖も教祖なら
        その教祖の名前すら利用しようとする
        恐ろしい連中の巣窟と化してます、偽スピ業界は。

        • 数字と一緒で、有名であることが彼らの中での覚醒ポイントの一つですしね(笑)
          だからこそ、有名人である人に対する媚びり方が半端ないですよね。
          初心者の頃、勉強の為にそういう会合に幾つか出てみたのですが、本当にこういう感じがキモくって仕方なかったですよ。
          本当にあの人たちって一般社会で普通に生きている人よりも何百倍も強欲ですよね。

  • 「何を根拠に覚醒したと言っているのか」
    わかりませんねー(笑)。

    昔、オウムの麻原は、「最終解脱ってどういう状態なんですか?」と訊かれたのに答えられず、傍らにいた側近に「なあ、ケイマ。俺は最終解脱したよな」と同意を求めたらしいですね(笑)。

    イエスは悪魔に「これらの国々の権威と栄華とをみんな、あなたにあげましょう」という誘惑を受けましたが、それを退けています。

    世界一貧しい大統領と呼ばれたホセ・ムヒカ氏は
    「本当に貧しい人とは、少ししか持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人だ」
    と言っています。

    別に清貧のススメはしませんが、ちょうど「精神レベルの水平移動」というブログを書いたばかりでしたので、タイムリーでした。
    https://ameblo.jp/itchidepon/entry-12431192047.html

    覚醒とか言っても、実質、何も変わってないですよね。

    • おぉ!!麻原は解脱に同意を求めたんですね。芳ばしい(笑)
      本当に、どんなに豊かな暮らしが与えられたとしても、そこに満足できない心が一番不幸なことですよね。
      ブログ後で確認します!!

  • こんにちは。
    今年もよろしくお願いします。

    数字と言えばエンジェルナンバーを思い出します。
    私がスピに足を突っ込んでいた頃流行っていたような
    数字関連で「the secret of numbers」でエンジェルナンバーのコラムで
    エンジェルナンバーは貴方がその数字に強く関心を持っているから気付きやすくなっているだけ
    という記述に目が褪めましたw(書き方はもっとやんわりマイルドだったはず
    天が後押ししているとか考えずに、一生懸命やればいいだけなのに
    数字で思い出したことでした。

    • こんにちは!

      私もエンジェルナンバーよく参考にしていた時期ありましたよ。
      ただ、あれよくよく見ていくと、だいたい似たようなことしか書かれていないというかポジティブなことしか書いていないことに気がついて、あんまりにも気にするのはおかしいなと冷静になりました。
      ただ、たまに同じ数字を立て続けに見てしまう時は、参考までにエンジェルナンバー検索しちゃいますけれどね。
      それでは、こちらこそ今年も宜しくお願い致します。

  • おはようございます。
    昨日村上ファンドの村上さんがTBSのテレビ番組に出ていて、「数字にこだわれ」と話してました。
    (テレビはやっぱり物欲ありきですねー)
    村上さんは「テレビにハメられた」みたいなことを言いながらよくテレビに出るなぁというのと日本の教育批判はしてもGHQの話はしないよねーなんて思いながら見てました。
    村上さん自体は親の影響で投資が好きでやってるようですが、その話を聞きにきてる小学生とその親が強欲すぎて…。(ー ー;)
    「どうしたらうまく投資できますか?」をスピ系の「どうしたら幸せになれますか?」と同じテンションで聞いてて、村上さんも「自分の興味のあることを調べて自分の状況に合わせてやりましょう」って感じの答えでした。
    別に村上さんでなくてもいいような?
    強欲に投資で一獲千金を狙うならまずはコツコツと働くことを考えて欲しいですね。(^^;

    村上さんがよその子供に10万あげて投資を勉強させる事業をしてるそうですが、真意が分からず非常に気になりました。
    次は上念さんを出して欲しいです(笑)

    • おはようございます!あぁぁぁ、私も昨日そのテレビチラ見したと思います!
      あの人村上さんだったんだ!逮捕された時とは随分顔が違ってたから、別人かと思ってました。

      私は投資はしないですが、投資をすることで世の中は自分で動かすことができないことを覚えるのは良いことかもなぁと思っています。
      そして今ある環境の中で最善の選択をする感覚を身につけることも良いことだろうなぁと思ってます。
      引き寄せの法則など、とにかく外部をコントロールしたいという欲求が強い世の中ので、投資という世界で自分の力でコントロールできないことを覚えることは良いことかもなぁと思ってます。
      だから、10万円事業については子供たちがきちんとそういうことを学び、失敗も経験できるのであれば悪くはないよなぁって思いました。

      ただ、昨日の番組しっかりみてないのですが、そういう部分は全然伝わってなかったと思うので、一攫千金的なギャンブルな感覚を持ち合わせるだけになったら無意味で害悪になるだろうなぁと思ってます。
      まぁ、どんなこともその人の心持ち次第ってことですよね。

      それでは今日も楽しく生きていきましょう♪

  • takehisayuriko にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください