【続報】冬至の女性500人の祈りの場所は、首里城ではありません。

さとうみつろう君が張り切って告知している「琉球から地球へ女性500人の祈り」イベント。

読者の方から、これまた衝撃情報を頂いたので、皆さんにお伝えしておきます。

 

祈る場所は、首里城ではなく公園です。

ここ数日さとうみつろう君には驚かされっぱなしですが、読者様の情報でまたもや驚く事実に気がつきました。

頂いたコメントそのまま掲載します。

私の目がおかしくなければ
これから 行われる首里での呪文イベントは 首里杜館という
首里城の総合受付のある場所です。そこは守礼の門の外で
首里城内ではないです総合受付の建物の前の 芝生の上・・・で 祈るそうです

そこ ただの広場なんですが
普通の人に見えない 御嶽があるかもしれないですね。

このイベント関連の講演も 以前あったようですが
参加した方から聞いたのは 空席が目立ったとの事。
それでも 企画した方のホームページには 満員御礼と
打ち出されています。

参加者さんこれらの事ご存知かなと もうほんとに
笑える なんとやらです。

この人のおかげで 静かな場所にスピ系がワサワサしてくるので
怒り気味に コメントしてすみません。

私は勝手に首里城の正殿前で祈るのかと思ってましたよ。

だって、告知HPみたら、大概そう思うと思いますよ!

こんな不遜な企画をよくも首里城通したなとか思ってましたよ。(通されない場合はダマテンでやるんだろうなとか思ってました。)

違うんですね。

言われて私もHPをしっかり確認してみました。

本当だ!首里杜館芝生広場って書いてあるわwwwww

一応首里城行ったことがあるので、これに気がついて私超ドン引きました。読者さんが教えてくれた通り、ここは似て非なるものであって首里城ではありません。

一応地図載せとくね

分かるかしら、隣接している別の施設だっていうこと。

首里城の中では祈らせてもらえないのね(笑)

首里城で祈ると思い込んで行く人がもしもいたとするのであれば、結構なクレームになりそうだけれども、大丈夫かしら。

 

ってういうか、スケジュール見てさらにドン引きしたのが、集合していきなり祈るのね。

禊ぎとか心構えとかそういう心身造りの必要性はなくいきなり祈るのね。

知識なさ過ぎの上に、汚れた波動身につけた上で祈るってヤバくね?

情報がどんどん出てくると、山野本竜規さんが心配していた理由がどんどん分かりますね。

祈りのプロではない素人たちが正式な事前準備やプロセスを経ずに
妄想だけで勝手に祈る儀式を執り行うことはプロとしてみる限りも本当に危険な行為で、
僕たち神社神職も研修の時に一番注意されていた部分です。

「いくら祈りのプロ、神社神職と言えども、正式な儀式の時に気を抜くと
とんでもないことになるから、心の状態が不安定であるのであれば祭事は欠席しなさい。」と。

祈りのプロでもかなり慎重にやらなければいけないものを、
祈りの素人である500人の女性を集め、しかもその中には自分の人生に欲求不満で
情緒不安定、まともな生活すら送ることも出来ないような
レリゴーブスたちが大勢含まれている訳でしょう?

情緒不安定な連中に祈りなんて務まりませんから、その時点で
こんな与太話にまんまと騙されてしまう依存体質の女性が500人も沖縄や県外から集まって
世界遺産の1つである首里城で無駄な祈りを金を払って捧げるだなんて
祈りのプロの目から見ても、まともな人たちから見ても、本当に異常そのものですよ。

またまた怪しいイベントが沖縄で開かれるようで。~騙される馬鹿に落ちぶれる人たち~ より

 

もしも本気で祈ることを目的としている人たちが主催しているのであれば、こういうプログラムにはならないと思いますよ。

祈るということの必要性と必然性、さらには心構えをきちんとさせた上で、身を清めることに徹するでしょ。

どこまでもお遊びのイベントだということが分かります。

 

HPによると、既に500人集まったようで……沖縄の人はとても迷惑でしょうが、主催者の方は良かったですね。

ひょっとしたら、このブログを見てらっしゃる方にもご友人などに参加される方がいるかもしれません。ご本人が私のように勘違いしている可能性ももちろんあると思うので、もしも身近に参加されるという方がいらっしゃる場合は、「祈る場所は首里城ではない」ことくらいはお伝えしてあげた方がいいかなと思います。

 

伊勢神宮参拝イベントにも感じる同様の歪さ

この首里城のイベントもそうですし、さとうみつろう氏が新嘗祭を皮切りに告知し始めた伊勢神宮参拝もそうですが、なぜにこの人たちは普通の情報をわざわざ歪めて伝えるのでしょうか。

歪めた方が、読者の自尊心がくすぐられ集客率があがりビジネスのうまみがあるからなのでしょうが、それってご自身にとっても読者にとっても本末転倒ではありませんか?

昨日、一昨日と記事にしましたが、彼の言っている「伊勢神宮の特別な場所」というのは、手順さえ踏めば誰でも通して頂ける場所で、決してさとうみつろう御一行様だけが特別扱いされていける場所ではありません。

↓関連記事↓

 

つまり、特別性を持ち合わせる必要性などないのです。

 

なのですが……

 

特別性を持ち合わせる必要もない行いについて、わざわざ彼はこういう風に告知しています。

※平成最後の日、来年4月30日に伊勢神宮にて、

平成の全てへ感謝を捧げる祈りを行います。

伊勢神宮さんとの取り決めで、詳しいことは言えない事になっていますが、

通常では絶対に案内できない場所へ、入れる事になりました

申し込み後も、そこがどこなのか、また祈り後も、そこがどこだったのかは公言できませんが、

真摯に感謝できる皆さんの参加をお待ちしてます。

参加者の名簿も1か月前までに、伊勢神宮さんへ提出しないといけなくて、

直前の参加などはできません。

↓告知もブログでは出来ないので、

LINEかメールに登録しておいてください。

12月の中旬に案内します。

 

正式参拝の告知を隠すように伊勢神宮がお願いするはずもありません。

ちなみに伊勢神宮への正式参拝は人に隠すものではありません。

正式参拝である事実を隠したいのはさとうみつろう君だけでしょう。

ちなみに、昨日知り合いのジャーナリストの方がたまたま伊勢神宮神職の方とお会いするというので、図々しいながら彼のイベントについて伊勢神宮の方は知っているのか聞いて頂きました。

その方は、さとうみつろうさんの事は知らなかったそうですよ。

大層なやり取りをしている風味なのに不思議ですね。

あのブログの告知を見る限りでは、さとうさん伊勢神宮の神職の間で、相当な有名人なのかと勘違いしてしまいそうでしたよ!

そして、そちらからの情報でも、どう考えても御垣内参拝(正式参拝)しか考えられないという回答を頂いています。

そして、この御垣内参拝(正式参拝)は、神宮奉賛会に入り(会費を払えば誰でも入れる)、その後御垣内参拝を申し込むだけの段取りです。

誰でもできます。

誰でも当たり前にできる手順を自分しかできないような風味で人に伝えるのって、性格が悪いって言うんですよ。

 

天照大神は太陽神とも言われています。

この性格の悪さ、お天道様はどうみてるかなぁぁ。

 

 

とはいえ、正式参拝であることがバレたら、さとうみつろうさんの特別風味落ちますものね(^^;)

とはいえ、この考えが不遜であり、非常識であることをスピ系の人は気がついてほしいです。

 

普通は、正式参拝としてみんな普通に告知して、そして感謝の思いをもって御垣内参拝させて頂いております。

たとえば、神谷代表が主催しているイシキカイカク.comでも12月16,17日に伊勢神宮特別参拝を主とした研修プログラムがありますが、隠すわけでもなく普通にHPで募集をかけています。

神話を体感する会

ちなみにさとうみつろう君は一ヶ月前に伊勢神宮に名簿などを提出しなくてはならない段取りの中にあるそうですが、イシキカイカク.comの募集締め切りは12月12日となっています。

あまりのタイムラグがありますが、私はイシキカイカク.comの対応の方が本来の形だと思いますよ。

 

そして、もっと必要なのはただ参拝するのではなく、心構えと身の清め方だと思います。

伊勢神宮に正式参拝をするのですから、それまでに恥ずべきことのない心構えと身を清めることは必須の作業だと思います。

ちなみにイシキカイカク.comのスケジュールだとこんな感じです。

琉球の祈りイベントとは、随分違うでしょ(笑)

遊びじゃ無いから!本気だから!っていう、神谷代表の熱々魂がこっちまで飛んできそうです。

ですが、もちろん祈りということを中心におくはずもありません。

参拝させて頂くありがたみをきちんと感じて、それに恥じるような自分では無い状態を作るためにみんな一生懸命に学ぶだけです。

 

さてさて、さとうみつろう君の参拝イベントはどのようになるのでしょうかね。

老婆心でお伝えしますが、不遜な行為は慎んだ方が良いと思いますよ。

 

なぜ、自分を特別に扱いたがるのか

それにしても、本当に彼の扱うイベントは、端々に自分が特別である人、また参加する人たちも特別である人というような、選民思想の塊のような文言ばかりが踊りますね。

伊勢神宮にまで行って、自分を特別だと思い込む勘違いを携えてお祈りするって、本末転倒どころの騒ぎじゃないと思います。

そして、その本末転倒どころじゃない騒ぎの根幹を作り上げているのが、さとうみつろう君の告知の仕方にあります。

先日の新嘗祭もそうですし、今後行われる伊勢神宮への参拝もそう。

滅私による感謝がなにより必要なのに、逆の要素を読者に与えてどうするんだっていう話です。

 

新嘗祭をきっかけに日本に興味を持ち直した方は、彼のような歪な情報提供をする人ではなく、健康的な情報を与えてくれる人の元で参拝するべきだと思います。

歪な情報に触れ、歪な情報を真実だと思えば、もちろんあなたの心は歪むからです。

ですから、どうか自分を特別視するような情報には注視し、当たり前のことを当たり前にしているだけの人たちの情報を見聞きするように意識してほしいなと思います。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

26 件のコメント

  • いつも情報ありがとうございます。
    こちらのブログを参考に、竹田恒泰チャンネルにも入会し、正しい日本を学んでおります。

    さとうみつろう氏は名前しか存じ上げないのですが、祈りのイベントのバナーを見て、この映画のパクリなのかなと思いました。
    この映画は、祈りとは何かを考えさせられるとてもいいものでした。
    http://www.inori-2012.sakura.ne.jp/

    • いつもありがとうございます。
      竹田民になられたのですね!おめでとうございます(笑)私は研究会の竹田民です。

      祈りという映画は観ていないのですが、多分パクってると思います。
      パクるというのが彼らの日常的な常套手段なので、デザインとか含めて今っぽい感じで流行のものを取り入れる形でパクってると思います。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 神宮の件も、この沖縄の件も
    ほぼほぼ詐欺だと思いますが
    詐欺罪には該当しないのでしょうかね。

    お昼どきに拝読してたもので
    レリゴーブスのフレーズにお茶吹いてしまいましたw
    すみません(>人<;)

    • 私も、レリゴーブスっていう言葉を神職さんのブログで初めて知ったのですが、超言い合
      ててる言葉ですよね。
      「あるがままに生きるブス」そのまま書くとちょっと失礼ですが、アナ雪のレリゴーにひっかければ、割とニュアンスが可愛いですよね。

      まぁ詐欺罪には該当しないのでしょうが、真っ当な生き方をしている人たちから見れば、日本人の気質から逸脱した詐欺のようなものに見えるのは致し方ないですよね。
      みんなで注視していけば、やりにくくはなると思います。

  • ふと思ったんですが、みつろうさん、これ(公園の集会)って公園に許可取ってるんですかね。
    そもそも本当に500人も集まるんですかね。
    こんなに怪しいイベントなのに喜び勇んでシェアしたり拡散したり、ましてや参加する人たちがたくさんいることに私はいまだにモヤッとしています。

    ただのおばかホイホイになりそう…。

    • レリゴーブスの人たちは、自分たちがレリゴーブスってことに気づかないまま、自分たちが相当いけてる!って勘違いを常にしているでしょ?
      だから気がつかないけれど、周囲の人は、昨日記事にしたような、結婚式にウェディングドレスで参列してしまうようなお馬鹿さ加減に気がついてるからキモイんですよ。
      お馬鹿ホイホイだと私も思います。
      公園には許可とってるのかどうなのか分からないですが、日本は平等なので、イベントの思想信条は問わないはずなので、申請すれば簡単に許可は下りると思いますよ。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • ゆりさん、いつもお返事ありがとうございます!
        そうなんですよね。
        申請すれば許可が下りる、いい国、日本!!

        ところで心屋さんを海外に誘った龍使われだか龍使いだかの女性がアメーバオフィシャルになり急上昇に入ってました。
        ついでに龍が鳳凰になっててわけわからん感じです。

        • アメーバって、マダムユキさんが取り上げてた はあちゅうさんの事も押し押しでしたよね。
          アメーバってそういう会社なんだと割り切りをもって付き合うべきかなと私は思います。
          アメバTVも韓流ゴリ推しだったように思いますし。。。。。

          なので、もうこういうの見かけたら全ては、「レリゴーブス」で処理すればいいんじゃないかなって、山野本竜規さんのブログ見てたら思うようになりました。
          心屋さんはレリゴーブスが好きで、アメーバもレリゴーブスが好きなんだと思います。
          それだけだと思います。

          それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 私も以前、依存体質のスピ系左翼でした。

    そこから脱却できたただ一つの道は、ありのままの自分を直視すること、でした。

    スピを趣味や現実逃避に使っていた頃には、直視なんて恐ろしいこと到底出来ませんでした。

    内観し自分を直視し始めた頃は、辛くて辛くて大変でしたが、気づいてみたら
    自分の真実を見られるようになるにつれて、身近な人をフィルター抜きで見られるようになったり
    世の中の真実や政治や世界情勢まで、クッキリと見えるようになってきていました。

    目が濁っていた全ての原因は
    「ありのままの自分を見られない」←これに尽きたなぁと今しみじみ思っています。

    内省ということをしないのがスタンダードな中韓のやってることと
    スピりチュアルビジネスの主催者のやってることが共通して「パクリ」っていうのが
    面白いな~と思いました。

    • そうそう本当に似てるよね!スピと中韓のやってること。
      結局民族性ではなく、波動とエゴの程度なのだと私に思わせるのはここなんです。

      そもそもの日本人は内観をきちんとして、ありのままの自分を見ながら生きることしかできないはずなのに、戦後教育はそこの全てに蓋をさせ、そこに恐怖を抱かせますよね。
      そして、レリゴーブスたちは、内観ができないままにありのままを求めるから質が悪いんですよね。

      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは

    首里呪文イベントの件 取り上げてくださり ありがとうございます。
    イベントの話を 友人から聞いて 調べるうちにこのおぼっちゃまが 地元県民だと知りました。それくらいの知名度なんですよね。それが 有名どころの神社を語るなんて。
    皇子?かなんだか分からない人の見た夢に飛びついて 騒ぎ出し 女性企業家に丸投げした びっくり企画に 一石も二石も投じてくださり 本当にありがとうございました。

    • いえいえどう致しまして。
      情報をご提供頂き感謝しております。
      たまたまこのイベントには複数の方から違和感を伝えられていたのにも関わらず、触れず仕舞いだったのですが、情報提供頂いたことでスムーズにカラクリが分かりました。

      スピ系教祖さまたちが一般人より抜きんでているのは確証の無い自己評価の高さです。
      だから、どんなことでも分かった気になれるのだと思います。

      どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

  • 最近のアメブロキラスピ界隈では畏れ多くも天皇陛下が流行り言葉なのですね…。龍とか鳳凰ブームが終わり…。

    https://gamp.ameblo.jp/soulmatekt/entry-12421659107.html

    同じ日本人としてただただ悲しい事だと思います。

    私達のためにお役を果たして下さっている方に対して、私達の出来る事はなんなのかと真摯に考えず、自らを省みることなく、妄想の世界で

    まるで赤子が覚えたての言葉やおもちゃを扱うかのように天皇陛下を語るとは、なんたる不敬と…気の毒な方々だとは思いますが、浅慮が過ぎる…おつむが弱いとか気の毒というレベルですら…ない。

    私達の、レリゴーの世界でいうところの私を生きることが出来る、目指せるのは陛下を始め多くの方々が自分の楽を肩代わりしてくれているからとどうして思えないのか。

    レリゴーの世界との波動乖離に期待しつつ、陛下に感謝と敬意を持って自らの現実を生きて行きたいと思います。

    レリゴーおブスってなかなか良い言葉ですね。

    • コメントありがとうございます。
      リンクのブログも拝読させて頂きました。
      香山リカ氏を始めとして、メンタルヘルス的な商売をしている張本人がメンヘラだというはよくあることですが、どうしてなのかメンヘラは自分がメンヘラだとは気がつかないようです。
      それもこれもレリゴーブスだからだと思います。
      自分がこの世の中で一番な存在であると誤解しているので、不敬という感覚が失われてしまうのでしょう。
      その感覚を失うことが人間としてどれほどの損失かかも彼らは気がつかないですね。

      彼らを変える事はできないのですが、彼らと社会の波動差が大きくなればなるほど、彼らのような行動が社会として受容れられなくなっていきます。それが一番合理的な方法だと思っています。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 竹久様

    こんばんは

    盛り上がってますね
    先々自分はさとうみつろう君の「おもろないスピリチュアル」参加したと自慢できるかも(笑)

    500人集客出来たのですか・・・
    想像ですが集客パーティーに惣士郎という人が居りました
    経歴見ると結構女性相手のお仕事やられており、慕う女性ももそれなりにいるだろうと思います
    彼がどのような人物かはわかりませんが、みつろう君はそこ狙ったのかも?

    さとうみつろう君も滝沢〇イ〇イ氏も自分は何もしていないが、その道を極めた人にうまく取り入りいつの間にかそれに絡んでいるぜみたいな
    極めた方は大概そんなふうに近づいてきた人にはある意味無関心かな?

    思い出しましたが男性が参加したいのですがと質問したらみつろう君
    全然OKです!
    女性じゃなかったのか?
    それもあって人集まっていないのだろう感じた次第でした

    長文失礼いたしました

    以上よろしくお願いいたします

    • 百聞は一見に如かず、参加された体験談は本当にありがたいです。

      特に今日のコメントのこの部分
      思い出しましたが男性が参加したいのですがと質問したらみつろう君
      全然OKです!
      女性じゃなかったのか?
      それもあって人集まっていないのだろう感じた次第でした

      なんやそれって感じですね。
      しかも、既にこの時500人集まったていでイベントでお話されてたんですよね。
      無茶苦茶やん。

      っていうか、この人全部無茶苦茶なんで、金さえ集まればいいんでしょう。

      イベントの中身を確認して私は他にも驚くことがありました。

      実は、
      公園に集まって祈るだけのイベントで5000円も徴収するんですよ!
      首里城へのチケット660円&白色の羽衣がイベント代に入っているようですが、
      イベントスケジュール見ている限り、きちんとお着替えする必要のないものを渡す形っぽいとしか思えないので、法被みたいなものか、それともストールみたいなものを被って祈ることになるのではないのでしょうか。
      白装束という話はどこにいったんだか(笑)
      これはあくまで私の予測ですが、白色の羽衣の制作予算は500円~700円くらいだと思います。
      また、現段階で私が調べた感じだと公園利用は申請が通れば貸し出してもらえるので、会場費は無料だと思います。

      経費としてざっくり1500円を差し引いて、3500円が粗利だと計算すると、1,750,000円の黒字ですね。
      あくまでこれは私の予想ですが、5000円も払って公園で祈るって(笑)ホント、祈りに行く人、何しに行くんだかって感じですよね(笑)

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • さとうみつろうさんの

    出雲大社近くのライブに行った人間です

    チケット代金の振込先が、ファミュニティリンクになってて調べたら

    そーしーろー氏の団体っぽいです

    しかも、当日、神様を送り出すカ~祭?行かなかったそうです♪

    みつろうさんがTシャツ、サンダルなので参加できるかわかりませんw

    って主催者からメールも来ました☆ミ

    みつろうさんはたぶん少しは霊感あるけど

    悪用するタイプの人ですね☆

    魂売ったのかな。

    • 貴重な情報を教えてくださりありがとうございます。

      今回の事で初めて惣士郎さんという人を知りましたが、フィリピン在住なんですね。
      なんか色々と不可解な人ですね。
      しかも、相変わらずみつろう君は不敬ですね。

      みつろう君は、特別な霊感などないと思いますよ。
      日本人なら誰もが持っていて当たり前のレベルを、これでもかって言うほど大袈裟に伝えているタイプだと思います。(日本人は誰でも見えない世界を感じることができます)
      そしてそれぞれの人の波動状態によってアクセスできる見えない世界の領域が変わるのですが、半年以上前に私が彼の波動を考察した時は、ごくごく一般の日本人程度って感じでした。
      決して今の一般的な日本人の波動状態は高くないので、特別じゃ無いはずのものを特別だと感じやすいです。
      そしてそういう思いが強くなればなるほど、低波動に飲み込まれ我欲まみれの地獄に落ちます。

      私が、精神世界にあまり足を突っ込まない方がいいよって言ってるのはそういう危険性が常につきまとうからです。
      毎日を丁寧に今日のありがたみをきちんと感じて、全てのものに感謝して、ただただ普通に生きていきましょう♪

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 竹久様

    こんにちは

    話それますが先日みつろう君がパクッたと思われる祈りの映画製作者「白鳥哲」氏の
    リーディング(エドガーケーシが題材)の上映会参加してきました
    (本当は池川明氏のお話聞きたかったのですがZOOMでの参加でした 残念!)

    主催者は今年の夏至の日エジプトツアー組まれてスフィンクスやらピラミッドやら貸し切りにて
    行ったそうです
    費用100万で60人だったか逆だったか予算¥6,000万
    この手のツアーでは過去に例が無いと言ってました

    その後は幼児教育、右脳活性、催眠術と講師陣がお話あり
    裏手には色々な商材やら書籍やら販売あり

    帰りに貰ったチラシ見たら「セラピスト養成講座」
    通常105万→68万

    買う買わないやるやらないは本人次第ですがなんだかな~思いました

    主催者が口滑ったのか人の考え方変えるのはチョロイ発言
    そりゃプロなんだから当たり前だろうがお金儲け優先?

    まあいいお勉強でした

    以上よろしくお願いいたします

    • すごい本音ですね。
      主催者が口滑ったのか人の考え方変えるのはチョロイ発言

      最初はみんな純粋な思いではじまっていくだけのことだと思うのですが、どこかではき違えて、そして自分たちが特別、自分たちの言うことを下民は聞けば良いという搾取スタイルに変化していきます。
      そうなってしまう根底にあるのは、「我欲」であること、そしてその我欲をコントロールしているのがエゴであることに気がついてほしいなと思います。

      この手の情報、距離を取った上で見れば気づきはもちろんあるのですが、引き込もうとする彼らの思惑に乗った瞬間から、普段よりも生活水準が落ちるんですよね。
      怖いですよね~。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • さとうみつろうさんの先日の出雲ライブの主催者は、そうしろう氏との関連を伏せてます。

    https://88auto.biz/d-earth/regires.php?tno=129

    こっちは、そうしろう氏のホームページのお問い合わせフォームのコピーです。

    【お問合せ】
     惣士郎 事務局
     ファミュニティリンク株式会社
     info@famunitylink.com
     西田あかね

    当日、出雲ライブ参加者は【西田あかね】さんからメールが来ました。

    みつろうさんは、今までのライブはずっと、イープラスでチケット販売してました。

    それが、なぜか、今回は、そうしろう氏の団体にお金が行くようになってるので、、、

    囲いこまれたのでしょうかね。

    みつろうさんのブログのコメント欄みると、ピンクの髪の毛のおばさんからも、最近、狙われてるみたいです、、、、

    でも、私、みつろうさんの本とかブログとか読んで、心が軽くなることもあったので、みつろうさんが、あやしいやつに巻き込まれるのとめたいですです。

    そうしろう氏のメンター講座、月60000円×6か月 で36万円だそうです。

    みつろうさんのまともな読者が主催する、さっぽろの勉強会は月5000円×3か月で15000円です。

    首里のイベントは名簿集めが目的だと思います。

    • 情報提供ありがとうございます。

      なんかあちら側はあちら側でいろいろとややこしい人間関係があるのでしょうね。
      みつろう君は確かHappyさんと一時期仲が良かったはずですが、ある時から毛嫌いしているので、仲介役でピンクおばさん突入って感じなのでしょうかね。
      純朴な頃は、それなりに良いこと言っていたのに、時間が経つとおかしなことになっていくのはスピリチュアルや精神世界ではよくあることです。
      「地獄への道は善意で敷き詰められている」という言葉を常に持ち合わせて生きていきたいものですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • https://ameblo.jp/mitsulow/entry-12407869684.html

    首里城の祈りのために

    【女性主体】でたちあがった

    あいぷらす

    の代表、翁長美佳は

    そうしろうの信者っぽいです♪

    http://cocoro-concierge.com/instructor.html

    そうしろう、ファミュニティリンク、あいぷらすは何年も前から繋がってます。

    そうしろうの信者の時点で、【女性主体】ではないような、、、

    首里城の祈りのために張り切ってる団体の代表が、そうしろう事務局があるファミュニティリンクと繋がってて良いのかな。

    ここのブログ読んでる人たちだけでも

    琉球日報、沖縄タイムス、沖縄県、首里城広場?等に

    気づいた情報を提供してくれるように呼び掛けてもらえませんか。

    ファミュニティリンク(西田あかねw)が黒幕ですかねw

    顧客宛のメールに、wマーク使っちゃう西田あかねさん。

    出雲大社の神事を利用してお金もうけする西田あかねさん。

    みつろうヴォイトレ事務局も

    そうしろう事務局も

    あいぷらす代表も

    なぜか

    ファミュニティリンクに繋がってます。

    今さら主催者が中止とか出来ないと思うので

    せめて首里城公園が賢明な判断をくだしてほしいです。

    おばかで爪の甘い人たちが大きな過ちを犯すのを止めてほしいです。

    首里城の祈りが中止されたらからって、世界はなんの影響も受けないですよね。どうして、レリゴーブスなのにありのままの世界を沖縄を愛せないのでしょう。どうして余計なことをするのでしょう。

    みつろう君が言うように、祈りが時空を越えるなら、最初から自分の家でお祈りすれば?と思わずにはいられません。

    • 貴重な情報提供ありがとうございます。
      あのイベント、知れば知るほどコンセプトや内容にツッコミ所が満載ですよね。

      みつろう君このブログを見ているのかどうか分からないけれど、私が書いたことリンクするように、後追いでこっそり訂正したり、情報消去する行為が多発しているなと思ってみています。
      先日私が「集まってすぐいきなり祈るのかよ」っていう指摘に反応したのか、昨日の彼のブログでは、事前に同期を高めることが大事とか言いだして、事前のセミナーや忘年会に参加して欲しい的な事が書かれてました。どこまで同期の意味が分かっているかというと、全然分かっていないなと思わせるブログでしたが、他の人たちは参拝前にきちんと準備をして行くのが普通ということに気がついた上での対応なのかなと思いました。
      ですが……本当に、このイベントが心底素晴らしいものだと主催者側が思ってやっているのであれば、私のブログ記事と妙にリンクするような姑息な反応をするわけもなく、正々堂々としているものだと思います。
      それができない時点で、お察し案件ということでしょう。

      私も、マキだおさんが仰る通り、祈りが時空を超えるなら、最初から自分の家でお祈りすればいいと思いますよ。そうしてずっと日本人は生きてきました。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 初めまして
    なにも知らないまま
    22日のイベント申し込みをし
    その後から色々調べたり歴史を知る為
    事前セミナー参加してみると
    あら・・・これやばいでしょ・・・
    歴史知らないから出来るし
    祈り分かってないから出来ることだと思いました
    ご無礼になります
    と思っていたらこのブログにたどり着きました

    どうか中止になること願います
    同期する為に参加費も出て
    参加する為に勉強費が出て
    とにかくお金が動いていますが
    信者になると見えなくなるんでしょうね
    happyさんのところも似てますよね
    一時実践してましたが、ある動画から違和感感じたパターンがそっくりです

    • はじめまして、こんにちは。
      そうですよね。
      スピ系のイベントやセミナーのほとんどは、誰でも当たり前にできることを「僕らしかできない特別なこと」と吹聴することから物語が始まります。
      そして、彼らは続けていいます。「お金を払って、僕らの考え方を学べば、あなたもできる」と。
      こんなにも情報社会なのですから、そんなはずはありません。きちんと自分の目的さえ定まっていれば、多くの情報は無料で手に入ります。
      ですか、その目的地がなんなのかさえ分からなくなる心理状態に陥った人ほど、彼らこそが救世主に見え、安易にお金を払うのだろうと思います。

      参加する前に気がつかれて良かったです。
      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください