【スピ界動向】つるむ事がデメリットへ

スピ界において常識と言えるビジネス手法は、主催者同士がつるみ仲良くすることで、大きな箱庭を用意することだったと私は考えます。

そしてこれが箱庭だとカモに気がつかれない大きさを確保できた方が、カモは「これこそが真実の世界だ」と勘違いするので、泳がせ続けることがスムーズだったのだろうと思います。

↓カモと箱庭の関係値は、たこわささんのブログで↓

閉じられた世界でつながる「仲間」たち・3

ですから、今までのスピ界の動向には必ず「つるむ」というキーワードが入っていたと思うのですが、どうやらそれが壊れてきているように思うのですね。

 

あの日子宮委員長はるちゃんは、東京にいたそうです。

昨日の記事でも書きましたが、今回の縄文祭で最も不思議だなぁと思ったのが、いつもつるみまくっていたスピ系有名人たちが傍にいなかったこと。

【縄文祭】壱岐在住の子宮委員長はるはなぜ参加しなかったのか?

特に壱岐に豪邸を持っている子宮委員長はるちゃんが顔出しすらされなかったのは不思議だなぁと思い、昨日のブログはあんなタイトルになりました。

が、どうやらはるちゃんは東京にいたそうなのですね。

先ほど、はるちゃんのブログを見たら、もうすぐ壱岐に移住するなどで引っ越しが大変と書かれてました。なので、そこだけは訂正しておきますが、、引退するって言いながら閉店セールをずっと続けている活動から察するに、自身にメリットがあれば顔出しくらいはしたんじゃないかなぁと思いますし、同じ時期に壱岐の移住を決意するほど、大の仲良しとも言えるHappyさんが壱岐でイベントをするのだから、行けないにしろなにかしら応援メッセージをブログで送っても良いような気がしますが、そういうのも無いのはなんだか不思議だなと思います。

それから、子宮系と言えば、この度小林麻耶さんがその関係性を全否定したと言っても過言ではない文章をブログで公開されましたね。

↓詳しい状況はマダムユキさんのブログで↓

小林麻耶さんと子宮系

マダムユキさんは、麻耶さんが

子宮系のイベントには
夫婦共々、参加していません。
と発信なさった事に対して、その言葉はおかしいでしょうと、該当ブログでは、麻耶さんと子宮系はる&Happy&心屋さんとの深い繋がりの分かる写真を掲載されていました。
マダムユキさんは
「子宮系のイベントに夫婦共々参加していない」とは、どういうことでしょう?
まるで「私たち夫婦のどちらも、今までに子宮系イベントには参加したことがありません」と主張なさっているように受け取れます。
ということで、繋がりの深さがよく分かる歴史をお伝えされており、私も「夫婦共々」の言葉の使い方の間違え方にはツッコミ所満載だなと思うのですが……、
 麻耶さんとしてはもう、子宮系とは関わりたくないという思いを端的に表した言葉なのかもしれないなと、私個人は思いました。
 今後どうなるかは知りませんが、今の麻耶さんにとって「子宮系との関係がデメリット」でなければ、こういうお言葉は出てこないと思うのです。
 私は以前から、麻耶さんのことを心密かに心配しておりましたので、旦那さんが子宮系なのかどうかがはっきりと分かるまではその心配は抜けないですが、それでも麻耶さんにとって、今や子宮系がデメリットフレーズであることを今回宣言したのは、一歩前進したように思います。
 麻耶さんが子宮系との繋がりを否定したこと、それから縄文祭にいつものメンバーが参加しなかったことなど、ほんの少しの些細なことですが、彼らの中でグループの絆がおかしくなりつつあるんだなと私は思っています。

彼らを繋いでいたものは真理か……それとも。

彼らはスピリチュアルという確証のない題材を元に、「あの人の言ってることは真実だ」と、互いにメリットのありそうな人物を持ち上げることによって、ビジネスを転がしていただけだと私は思っています。

ですから、彼らの繋がりの中に必要だったのは、真理に対する共感ではなく、単純に「金」のはずだと、私は思っています。

だから、前から、金の切れ目が縁の切れ目になるだろうと思っていました。

つまり、彼らの付き合いは、金になるかどうか、自分が得をするかどうかなどの、メリットデメリットのさじ加減でしかないと思うのです。

そして、今の変化は、付き合いをすることによってデメリットを生じるようになってきたということでもあるのだろうと思います。

このデメリットが大きくなり、いよいよ本当にお金が回らなくなった先には、教祖同士のバトルが始まるかもしれないなと思っています。

根本的に彼らのように、自分が中心でいたい人たちは、仲良くなくなった瞬間から、相手の悪口を言い始め、友人が敵に変貌することはよくある事だと思います。

そういう日がやってくるのもそう遠い未来の話ではないような気が、今の所しています。

 

今日のリンク集

閉じられた世界でつながる「仲間」たち・3

【縄文祭】壱岐在住の子宮委員長はるはなぜ参加しなかったのか?

小林麻耶さんと子宮系

 

新刊発売しました!

【紙書籍】

【電子書籍:縦書き】

【電子書籍:横書き】

書籍紹介ページへ↓

【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

27 件のコメント

  • >根本的に彼らのように、自分が中心でいたい人たちは、仲良くなくなった瞬間から、相手の悪口を言い始め、友人が敵に変貌することはよくある事だと思います。

    ですね。まあ、仲良かったのか、利用しあってたのかは知りませんが(笑)
    竹久さんの言う通り、自分にメリットがあるか無いかだけでしか付き合ってないと思います。
    これは、偽スピ系だけではなく、ネットワークビジネスや意識高い系(笑)の人たちも同じですね。
    あと、左巻きの人もそうかなって思います。
    以前、屋山太郎だったか木村太郎だったか(どっちかの太郎だったと思いますが)が、
    「左翼は基本的に仲間を信用しない」
    というようなことを言っていた記憶があります。だから内ゲバもあるんですよね。
    同じようなことが、偽スピ界隈でもそろそろ来そうな気がします。
    あ、ちなみに自分は左翼は別に嫌いじゃないですよ。頭悪い話しかできない人が嫌いなんです(笑)。

    それはそうと、縄文祭は、まあ何事も無く(?)終わって良かったです。
    ひょっとして、神の怒りに触れて、大地震でも来たらどうしようかと思ってた(笑)。
    当日くらいまで、全然、降雨予報なんか無かったのに、なぜか会場付近だけ雨降ったようですが。

    • 個人主義に陥る人ほど、人の事は信用できなくなりますし、自己保身が強く表われますね。
      人と人が介在して世界ができていると思える心持ちになればなるほど、逆に全体の一部としての自分の役割が重要となってくるので、自己犠牲が当たり前にできますが、彼らの概念の中にそもそも自己犠牲などないでしょう。
      世界は自分のためにだけにあると考える人たちなのですから。

      なんか夜どれくらいの時間かしりませんが、結構大粒の雨が降ったみたいですね。私は今回イベントを実施させたのは、この実態の周知を願った神々の思いなのかもなぁと思ったりしました。事実の周知が伴わなければ、変化は絶対におきませんものね。
      だから、イベントがとりあえず全部実施できて、異様な空気がオープンに伝わったことは良かったなと思ってます。

  • こんにちは!以前から私が気になっていた事の答えがまた書いてあるなと思いコメントいたします。

    疑問だったのは
    ①スピ界隈の方々は、みんなが「ひとつだよ」「繋がってるよ★」「ワンネスだよ」「だれも悪くないよ」など山ほど書いているのにもかかわらず、特定の人達同士でしか係りを持っていない事
    ②すべてを許しましょうと言うけれど、特定のだれかを否定することはせずとも、「●●なのはだめです」と自分が発信している内容と都合の悪い事をあたかも自分が正しいから信じてくださいと言わんばかりの表現で否定することです。

    みんなが平和を願っていて、いわゆるチャネリングなどで繋がっていてパワーがあるなら手っ取り早くそういうブログをやってる人全員で集まって話し合いでもしてそれを世の中に解りやすく発信してみればいいのにと常々思っていました。

    けど、やらない。
    「地球を助けなきゃ」とか言ってるけど、そういう人達が自主的には集まらない。
    他人主催のイベントにばっかり。それを「呼ばれた」=「天からの声」と特別なことと持ち上げる。
    言ってる意味も、「呼ばれる」感覚や意味も経験があるので解りますが、あまりにも内容が気持ち悪いと感じるのは私だけでしょうか。

    利他的にというなら、自分達で出資して合同で本一冊作るだけでもできたと思うのです。
    矛盾というか、言ってることがもうめちゃくちゃやん!て思うことが多くなってきたスピ界隈です(笑)

    感覚でしかわからないことを文字にするのは大変だと思います。それを発信するのも大変だとは思います。
    もちろん現実世界で生活もしなければいけないでしょうから「商売」するのも解ります。
    けど、あまりにも内容が「今」目の前にある現実から目をそむけさせる方向に偏りすぎていると思うのです。

    余談ですが、今日のヤフーニュース、一瞬ですが芸能のトップ記事が小林麻耶さんの旦那さんが「スピリチュアルヒーラーで整体師」怪しい的な内容でした。
    明るみになってきましたね。色々と(笑)

    • いや~本当に「言うは易し、行うは難し」で、スピ系の人って崇高な事を語り、完璧を演じられてますが、些細な日常ですらそれができていないことばかりですよね。みんな一つだと真に思うなら、セミナーとかする前に、近所や友人の中で実践すればいいのに、同じ真理に共感できる人同士でしかそれが行えない、言い換えれば単なる排他主義なんですよね。

      私も、いつも彼らの「呼ばれた」などのそういうお勤め系?な文章見ると、気持ち悪くてうんざりしてます(笑)っていうか、ほとんどの人はうんざりしてるんじゃないのでしょうか(笑)

      結局彼らは、現実逃避を実践しているだけなので、彼らの言葉を読み取ればどんどん「今」に入れなくなると思います。

      それでもまぁ、大分世の中に危険性が伝わってきたことは嬉しい限りです。それでは、これからも宜しくお願い致します。

      • お返事ありがとうございます。
        「お勤め系」www
        思わず草を生やしてしまうほどツボです(笑)使わせていただきます。

        こちらこそ、宜しくお願いします。

        • 「お勤め系」いい感じですか?
          なら、私も使おうと思いました(笑)

          それでは、これからも宜しくお願い致します☆

  • いつも楽しく読ませていただいています!小林麻耶さんが子宮系との関係性を否定されたとのことですが
    2年前、はるとコラボでトークイベントする企画がありました。(今回誰も触れていないので、知らない人が多いと思います)表向きは熊本震災が原因で延期となりましたが集客ができていなかったのでは?と言われています。
     
    はる旦那、Happyさん、はるのブログ記事
    ttps://ameblo.jp/iyashiya1848/entry-12152673175.html
    ttps://ameblo.jp/ses-happy/entry-12152598897.html
    ttps://ameblo.jp/jj-haru/entry-12152650072.html

    ※リンクはアタマのhを抜いています※

    また、教祖ばかりが注目されていますがその下にいる「何かのメニューを出してる人達」もずいぶんやばいです。

    例えば…心屋、はると仲良くしている霊媒師ケプリという人物は奥さんが子宮系。
    ttps://ameblo.jp/reibai-khepri/

    数年前からケプリ夫妻として活動していて被害報告のクチコミがこんなにあります。実際に私の友人も鑑定を受けてしまい、怒鳴られたと言っていたのでクチコミは非常に信憑性があります。
    ttp://ledy-spi.com/uranaishi/index.cgi?pg=990&read=720
    ttp://ledy-spi.com/uranaishi/index.cgi?pg=990&read=429
    ttp://ledy-spi.com/uranaishi/index.cgi?pg=810&read=1250

    被害者が多くいるにもかかわらず心屋や子宮系はる、キラキラ起業女子とつるんでいるのでそこから流れてくる情弱な人達が絶えず本人たちは年に何度も海外旅行三昧、弟子制度で弟子を増やし会社まで設立しています。ケプリは霊媒師を始める前は地方の土方で前歯が4本無いおじさんです。見るからに霊視や除霊などは遠慮したい感じですが、フィルターがかかっていると気付かないのでしょうか。

    ケプリ夫人は不妊の人に対してこういうひどい漫画も描いています。
    ttps://ameblo.jp/reibai-khepri/entry-12144973314.html
    ttps://ameblo.jp/reibai-khepri/entry-12146357761.html
    ttps://ameblo.jp/reibai-khepri/entry-12148263072.html

     
    ケプリの弟子も「???」な人が多く、この人は自称ヤマトタケルの生まれ変わりらしいです。
    ttps://ameblo.jp/rinka827-you/entry-12246668469.html

    旅行業法違反のツアーをはじめHAPPYの縄文祭のように、まつりを開催しようとしています。ちいさいまつりとしていますが、初回は「子宮フェス」ではるから資金援助を受けたり、クラウドファンディングで信者たちから数百万寄付を募っていました。前回は藤宮跡を呪いの地として浄化するために…とそこで開催してずいぶんと叩かれていましたが、懲りずに次回は沖縄で開催するそうです。

    そのまつりの内容ですが、、、ゼウ氏(ゼウス)を自分に憑依させてフルトランスで喋ったり(動画を見ましたが非常にやばいです)白装束を着て踊っていて目もあてられません。
    → ttp://chiisaimatsuri.jp/

    心屋、子宮系などの教祖たちはネットでの批判が非常に目立ってきており目が覚める信者も多くいますが、その下とまたその下にいる人達はうまく切り抜けている(?)な…という印象です。

    • 詳細な情報提供ありがとうございます。
      一通りチェックしました。
      想像を超える気持ち悪さに、今は吐き気を催しています。

      あっちもこっちもメンヘラ案件過ぎて、怖い。。。。特に白装束は気持ち悪さしか感じなかったです。
      でもみんな本出してて売れてたり、イベント集客もそれなりにできているのですから……すごいっていうか……、現代は精神の歪みがガチでヤバいところまできてるって言えるのかもしれませんね。
      それほどまでにみんな本当は心が辛いのかもしれません。それで現実逃避しながら自己承認欲求を満たそうとした結果、あっちもこっちもおかしなことになっているんでしょうか。。。。
      ぶっちゃけ、こういう感じで霊を主体としてスピリチュアルビジネスをしている人たちって、数万人はいそうな勢いですよね。怖い怖い……。

      教えてくださり、本当にありがとうございました。

  • はじめまして。
    心屋アンチと検索してこちらのブログにたどり着きました。
    こちらのブログは大変読みやすい文章で、問題提起としてもっと多くの人に見てもらえると良いと思います。
    スピリチュアルなことにハマるのは良いですが、あまりに行き過ぎると胡散臭く、カルトの香りがしてきますね。
    こんなペラペラなメソッドにハマる人はどんな精神状態なんでしょうか。

    • お読みくださりありがとうございます。
      >こんなペラペラなメソッドにハマる人はどんな精神状態なんでしょうか。
      私は波動とエゴを軸に物事をいつも見ているのですが、ペラペラなメソッドに嵌まる人は、ざっくり言うと波動が低くエゴの影響力が強く働いているタイミングの人と言えると思います。

      それではどうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • 最近、見た目は普通の人がお寺や神社でおかしなおじぎやら瞑想やらして帰って行く姿が目に付く気がします。
    (夫婦で来て変なお辞儀する奥様の姿を旦那さんが遠くから眺めていたり(笑))
    すごい行列なのにずっとお祈りしてる人がいたり。
    ネットのスピ系ブログでは「(神社やお寺で)チャネリング しましたので言葉をおろします!」という記事が普通にあったり、聖地と呼ばれる所で仲間と踊ったり…。
    こういう人達は外国の聖地でも踊ってるから外国の方々にどう見えてるのか気になります…。

    いくらハマってても私はそういうブログを見て「これはちょっと…」と引きましたが、盲信してるとおかしなことも普通に見えるのでしょうかね。
    一緒になって踊ったりして。
    縄文祭の写真を見てしみじみ思いました。

    自分で考えるってほんと、大事だと思います。

    • えぇぇぇキモイ(>_<) 波動とかに興味を持って探求している私が言うのも何なんですが、一般的なスピリチュアルな人たちって、もうイッチャッテルっていう言葉で片付けるしか他ない領域に入ってますよね。 っていうか、ガチで不思議なこと体験してないからこそ、不思議な事が憧れの領域なんだと思いますよ。 だから、チャネリングできる私スゴイ!みたいな感じで、そういうことができる私を認めて欲しい感が伝わります。 が、ガチで不思議体験している人たちって、大概そういうことを人に言うの必ず消極的なんですよ。 ガチで不思議体験している人たちはこぞって、如何に自分が変に見られないかをまずは考えると思います。 普通の人に分かってもらえるはずもない感覚や体験であることを実感しているはずだからです。 だから、そういう人見る度に、「本当の怖さ知らないからこそできる憧れの範疇で楽しんでいる間に、絶対に抜けられない地獄にもうすぐ落ちるよ」って思って見てます。 気をつけたいですね。 では、これからも宜しくお願い致します。

      • イッチャッテル(笑)
        私が一時期ウォッチしてたスピ系主婦さんは登録が有料のメルマガで「〇〇神宮の前の木が私だけに教えてくれた!」という記事を書いてて、「何?この自分はトクベツ目線」というのと「そこはあなたより前にすごい(本物の)人達が何人も行ってるし、神宮の外だからむしろ悪いモノにだまされているのでは…」という気がしました。
        この方は神社をそもそも理解してなかったのと「アセンションでもうすぐ右翼がいなくなる」というわけのわからない話をしだしたのでそれきりウォッチはやめました。
        嫌いな人は消すんじゃなく仲良くしなよって(笑)
        登録時に有料なのも自分の言うことを信じる人を選別してたのかもと思います。

        そういえば、私の学生時代に霊感がある友達がいましたが、本当に親しくなった人にしかそういう話はしませんでした。
        やっぱりおかしい人と思われるのがイヤだったようで…。
        社会人になって職場で見かけた「霊が視える」という奥様達は大概目立ちたがり屋さんでした。
        こういう方々が勘違いしてパワーをアチューンメントした(?)アクセサリーをウン万円で売ったり、遠隔エネルギーヒーリングなんてものをしてたりしたら、そりゃはるさんやhappyさんみたいな人も出てくるわと思います。
        あ、心屋氏も遠隔ヒーリングを以前、無料ですが見よう見まねとか言ってブログでやってました…(; ・`д・´)
        …と書きながら自分のスピどハマりの黒歴史に落ち込みそうです(苦笑)

        最後ですみませんが、ITCひでぽんさんの思い出されたことも気になりますー!
        楽しみにしてます!

        • >最後ですみませんが、ITCひでぽんさんの思い出されたことも気になりますー!

          いやいや、大した事ではないですよ(笑)
          まず、思い出した本は、スウェデンボルグの「霊界からの手記」(だったと思います)
          スウェデンボルグは有名なので知っている人も多いと思いますが、彼が霊界を見てきたということを書いた本です。
          確かその中に生きているときは立派に見えた人も魂の本質が磨かれていなかったので低級霊が住むところにいたとか、地獄のように見えるところにいる霊たちも、そこが心地良いからいる みたいなことが書いてあったような記憶があります(時間のあるときに探して読み直してみます。
          ぶっちゃけ、霊の話はどうでも良いんですが(笑)、結局、類友というか、いろいろと自分はすごいんだぞー的なことを言っていたとしても、周りで相互に「すごいよねー、すごいよねー」って言ってもらえることが心地良い人たちで集まってるんだろうなーということを改めて感じたのでした。

          もうひとつが、コメントでも書いたことがあると思いますが、以前、自分が主催していたグループ(もう20年以上も前です)で「前世のカルマがー」とか「潜在意識が」とか「自分の望んだことが起こる」とか、今の「引き寄せ」にそのままつながるようなことを言う人がいたのですが、その人とちょっと揉めたときに「私は、テレパシーで人と話せるようになりたいし、薬を使わずに病気を治せるようになりたい。お金もこの世から無くしたい」みたいなことを言ってまして、
          (何で、ここで金のことが出てくるんだ?)
          と思いましたが、横からやりとりを見ていた第3者の人から、
          「あなたの言っていることは、スピを語っているけれども、手段の水平移動であって、目的は全く変わっていない。そこに魂の成長は無い」(意訳)
          という指摘を受けていました。
          結局、偽スピの人は、自分がすごいんだぞーと思いたくて、上から目線になったり、選民思想に陥って周りを貶めたりし始めますが、表面しか見えていないので、自分自身も薄っぺらいんですよね。

          このときのやり取りのログを読むと、自分自身の考えはもう20代である程度固まっていたんだなーということと、スピ系にはまる人って、何10年経っても、相変わらず湧いてくるし、はまりきってしまったひとは、スピリチュアルジプシーみたいになって、成長はないんだろうなーということをちょっと思っています。

          • 〉ITCひでぽんさん

            ありがとうございます。
            せっかくなので本になるのを楽しみにしてますよ♪
            ということで、ひでぽんさんのご本の出版を首を長くして楽しみに待ってます♪
            電子書籍で良いですのでぜひぜひ(笑)

          • #ちよさん

            >ログ、ぜひ読んでみたいです!

            送るのは可能ですよ。
            竹久さんに僕のメアドを教えてもらうか、僕のブログのコメント欄にでもコメントを書いておいていただければメールで送ります。
            結構、文量があるので気合い入れて読まないと、息切れしそうですけど(笑)

          • 〉ITCひでぽんさん

            ログ、ぜひ読んでみたいです!
            きっとその時の状況や振り返るとわかる思いがあると思うので注釈付きでぜひ本にまとめていただきたいです(笑)

            「ぼくの地球を守って」は読んだことあるんですが、ちょっと世代がずれてたのか自分にあてはめて読んだことはなかったです。
            もちろん前世占いとかはしましたけど(笑)。さすがにそこまで信じませんでした。
            熱しすぎる多感な子ども達が勉強や学校生活からの現実逃避でハマったのかなと推測してみました。
            きっとそういう気持ちを消化しないまま大人になって、お金があるが故にスピリチュアルや自己啓発にハマってわかった気になって上から目線なのかなと思いました。

            〉ただ、どのパターンでも、相手に対して依存を生むようなことを言い出したら、その人や教えは胡散臭いと思って良いのではないかなという気はしています。

            ネット上はスピリチュアルも自己啓発もごっちゃになってネットワークビジネスとして、昔よりライトな感じでオシャレに勧誘してるから入りやすいんですよね。
            それで言われるまま開業してコンサルにウン百万払って、回収できるの!?って…。
            私がスピリチュアルにハマってる時は教祖さんが「あなたは〇〇ですね!」と言ったら「私のことわかるんだ!先のことも教えて!」となってましたが(まさにカモちゃん)これこそ依存させるテクニック。( ;∀;)
            まんまとハマってしまいました。
            自分のことを自分で決める勇気がなかったんですねえ。

            遠回りしましたが、目の前の人や今あることに目を向けて感謝するという基本的なことにやっと気が付けて良かったです。

            ゆりさんの
            〉戦後教育は一貫して、考える事を奪い規制の枠で生きることを強いられる事が続いています。
            社会的トラブルの根は結局ここに辿り着くんだよなぁと、ここ最近つくづく思う毎日です☆

            には私も激しく賛同します!

          • 賛同してもらえて、嬉しいです☆
            これからも宜しくお願い致します♪

          • #ちよさん

            >昔、若い子の間で「地球を救う選ばれた戦士」とか言う思想が流行ったと聞きました。

            ありましたねー。ちょうど自分が大学に入ったあたりだったと思いますが、
            「ぼくの地球を守って」という漫画がありまして、異星人が地球に転生してきていて…というような少女漫画だったように記憶しています(きちんと読んだこと無いw)。
            で、それに影響を受けた女子高生とかが
            「〇〇というキーワードに聞き覚えのある人、連絡求む。私は戦士です」
            みたいなメッセージを当時の学研「ムー」の文通欄とかに送るのがやたらと増えたとかどこかで読みました。
            で、この漫画だったか、別の漫画だったかは記憶が定かではないですが、臨死体験で前世の記憶が甦るみたいなことが書いてあって、それで自殺未遂事件まで発生してしまって、作者が「これはフィクションです」みたいな表明をわざわざだしたんですよね。
            まあ、女子中学生とか女子高生とかなら、笑い事じゃないですが、厨二病が収まってないんだねで済みますが、今の偽スピに嵌っている人たちって、成人して、今だと30代、40代、50代にもなろうという人たちがそこから抜け切ってないわけじゃないですか。なのに妙に上から目線って、はっきり言って笑えますよ(笑)。

            >ひでぽんさんのこの20年のスピリチュアルの有り様を語っていただきたいと思いました(笑)

            自分自身は、別にずーっとスピに関わってきているわけではないので、変遷みたいなものははっきりとは言えませんが、本質的な部分は変わっていないように思えます。
            ただ、20年くらい前と比べると、いわゆる新興宗教が、オウム事件以来、宗教法人として認可されることがとてつもなく厳しくなったので、自己啓発セミナー(X JapanのTOSHIとかが嵌ったやつとか、ライフスペースって知ってますかね?)や、カウンセラーと名前を変えたり、宗教団体を名乗らず、よりライトに現世利益を求めるスピ活動(今の「引き寄せ」みたいな感じ)、一方でスピリチュアル的要素を省いた「意識高い(笑)系」、なんだかよくわからないネットワークビジネス系、その他、江原啓之みたいなのとか、まあいろいろ手を変え品を変えというようになってきている感じはしますね。
            ただ、どのパターンでも、相手に対して依存を生むようなことを言い出したら、その人や教えは胡散臭いと思って良いのではないかなという気はしています。

            先程のコメントにも書いた、ログについては、ホントは全文公開したいくらいなのですが、色んな人が絡んでいて、そのままHPやブログで公開するのは、ちょっと問題もありそうなので、希望者には(いるのか?w)ログを直接渡しちゃっても良いのですが、そのうち、竹久さんのまねっこをして、エッセンス部分を本にでもまとめようかなーーと思ってます(笑)。
            (ちなみに分量は、厚い単行本2冊分くらいのログです)

            #竹久さん

            >ジプシー続きで辿り着けなくても、人に迷惑をかけないというのは大きな違いですから。

            本当ですね。最終的には、自分の生き方は自分で決めなければならないので、どんな生き方をしても自分が心地良ければそれで良いのだと思います。
            (その部分に関しては、心屋氏は正しい(笑))
            ただ、その「どんな生き方をしても」というのが、他の人がどうでも良いという意味ではないという、普通に社会に生きている人なら当たり前にわかっていることを無視できるというのは、はっきり言って、単なる自己中(バカ)ですね。
            視野が狭く内向きでしかない、そして想像力が無いと自分の行動が何を生み出すか見えないんでしょうね。

          • 戦後教育は一貫して、考える事を奪い規制の枠で生きることを強いられる事が続いています。
            社会的トラブルの根は結局ここに辿り着くんだよなぁと、ここ最近つくづく思う毎日です☆

          • 〉ITCひでぽんさん

            大したことない話とは!すごく興味深かったです(笑)
            スウェデンボルグさんさえ知らない私ですが、類は友を呼ぶという所は同感です。
            昔、若い子の間で「地球を救う選ばれた戦士」とか言う思想が流行ったと聞きました。
            私はよく知らないのですが、いつの時代も「すごい」って言われたい選民思想に陥る人がいるんですね。

            〉「私は、テレパシーで人と話せるようになりたいし、薬を使わずに病気を治せるようになりたい。お金もこの世から無くしたい」みたいなことを言ってまして、

            こういうこと言う人、今もいますよー!!しかもなぜお金(笑)
            言ってることはカッコ良さげですが、結局人から「すごい」って言われたいだけの人ですよね。(^^;)

            〉「あなたの言っていることは、スピを語っているけれども、手段の水平移動であって、目的は全く変わっていない。そこに魂の成長は無い」(意訳)

            納得です。が、きっとわかって欲しい人には伝わってないような気がします。なんとなく。
            ひでぽんさんのこの20年のスピリチュアルの有り様を語っていただきたいと思いました(笑)。

            happyファンでゆりさんのブログを読み半目を覚ました方が、その後奥平亜美衣さんの本で一生懸命引き寄せを学んでいるというブログを見かけました。
            毎日、奥平さんのワークをこなし奥平さんの本で身体に良いと書かれた食べ物を食べ、本で紹介された運動を熱心にされてるそうです。
            それはそれで(無駄遣いしないし)いいことかもしれませんが結局、思想的には教祖を変えただけのような…。
            はまりきったスピリチュアルジプシーの方は根本に気が付かないことには、情報があっても心に響かないものだなぁと思います。

          • 横から失礼します。
            Happyさんファンから奥平さん乗り換えの人、私のブログリンクしてくれてたと思うんで、多分私も分かるっていうか、同じ人のことを想像していると思います。
            とりあえず、Happyさんから乗り換えてくれただけでも良かったわぁって私は思いました(笑)
            ジプシー続きで辿り着けなくても、人に迷惑をかけないというのは大きな違いですから。

        • すごいwwwwwスピ系にありがちなパヨク丸出し理論(笑)
          本当にスピ系の人こそ、歴史を見直したり、政治の情勢をきちんと見極めて、自分の思想の立ち位置の不自然さに気がついてほしいなと思いますが……難しいでしょうね。

          でも、世の中は今までの反動でいい感じに、日本をきちんと知りたいと思う人が増えてきていることはありがたいですね。
          百田さんの日本国記は、初版25万部に設定されたとの事です。
          発売されてから買えば良いと思ってたのですが、とりあえず今から私も予約してきます。
          今確認したら11/12発売とのことで、私その日からしばらく東京なんですよね(>_<)。予約すると読み遅れちゃうので(笑)発売日にどこかの店頭で買うことに変更しました。初版に拘るタイプではないけれど、初版買えたらいいなって思います☆ 私も沢山黒歴史抱えてますよ(笑)そんな過去も笑っていきましょう♪ これからも宜しくお願い致します☆

  • >が、ガチで不思議体験している人たちって、大概そういうことを人に言うの必ず消極的なんですよ。

    ホントこれなんですよ。
    なんちゃってスピ、偽スピの人たちは、本物が敢えて表に出てこないことに気づかず、上から目線で
    「あなたは何もわかってない」
    みたいなことを鼻高々で言ってきますが、自分の立ち位置が客観的に見られないということを自覚していないので、傍から見ていると、見ている方が恥ずかしいです(笑)。

    このブログを読んでいると、いろいろなことが思い出されます。
    この件についても、何十年も前に読んだ本のことを思い出したので、ちょっと探してみます。

    • 何かまた思い出されたと聞き、嬉しく思います。
      ぜひぜひ、思い出されたことまた教えてください☆
      楽しみにしています☆

  • 〉ゆりさん

    返信ボタンがなかったので飛んでますけどすみません。

    〉とりあえず、Happyさんから乗り換えてくれただけでも良かったわぁって私は思いました(笑)
    ジプシー続きで辿り着けなくても、人に迷惑をかけないというのは大きな違いですから。

    そうなんですよねー。
    私は辿り着けないつらさを長いこと感じてたので、その方をちょっと残念に思ってました(笑)
    たしかに人に迷惑かけるよりはずーっといいですね。
    私の黒歴史もちょっと明るくなりました(笑)
    ありがとうございました。

    あと百田尚樹さんの本は予約しました!1位にひと役かってます!

    • みんな絶対黒歴史はありますから(笑)
      私のアメブロにもそんな過去一杯そのまま残してますから(笑)、みんな黒歴史はあるし、逆にない人なんていないくらいなんじゃないでしょうか(笑)って、私個人は思ってます。

      馬淵さんや百田さんなどなど、日本を理解している人の声が大きくなる時代にようやくなりましたね(^_^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください