情報リテラシー, 世界情勢・国内情勢

安田純平さん解放の話がメディアの中心となっている最中の昨日、日中首脳会談がありました。

また、一昨日からネット系ニュースサイトが相次いでDDos攻撃にあっているようです。

 

一昨日から始まった ...

情報リテラシー, 世界情勢・国内情勢

メディアがやたらと美談化仕立てで英雄に仕立て上げたい気満々の安田純平さん。

メディアがそうしたいのは止めませんが、メディアに露出されればされるほど、彼の日本人としての気質を疑ってしまうのは、私だけでしょうか。

...

情報リテラシー, 世界情勢・国内情勢

「あぁ、そうかもしれない」と、考えていた個々の仮説の点と点が、一つの本によって繋がりました(^_^)

 

読者の方から、教えて頂いた本でまた一つ開眼!

つい数日前、アメブロのコメントである一冊の本の事を ...

情報リテラシー, 世界情勢・国内情勢

公明党の最近ってどうなっているんだろうと

気になっゃう今日この頃。

 

政治情勢は去年と似ているようで去年とは違う。

昨日は第二期ビリーブリセット講座の第5回目の講座で、お題目は、

情報リテラシー, 世界情勢・国内情勢

便利って、必ず不幸も一緒に連れてくるよね。

 

攻殻機動隊な電脳社会に近付いてる?

この間の土曜日、「正義のミカタ」人体に埋め込むマイクロチップのことについてやっていた。

新しい物=便利

情報リテラシー, 世界情勢・国内情勢

ここ数ヶ月だけ見ていても、世界の時流は大きく変わっています。

最も変わったことと言えば、世界の中国を見る目が変わりました。

 

みんな中国マネーにシャブ漬け状態でした。

今思えば、グローバル ...

情報リテラシー, 世界情勢・国内情勢

一攫千金を夢見る人は多いでしょうが、時代のトレンドは常に移り変わっています。

 

労働力になるのか、端楽なのか。

私世代が幼い頃は、大企業勤めさえできれば、人生が安泰だと言われたものでした。

情報リテラシー, 世界情勢・国内情勢

昨日記事でも情報産業についての変化についてお話ししましたが、

↓これ↓

【偽スピカルト化】ビジネスの陰りと先鋭化の先にあるもの

ちょっと角度を変えて、またまた情報産業の今後についてお話ししてみたいと ...

情報リテラシー, 世界情勢・国内情勢

ほんの数年前まで、日本という国は全体主義であり、ポピュリズム(大衆迎合主義)であったと思います。

そして、その大衆迎合に適したイズムは、地球市民的な国境線のない社会を求める形であり、政治思想のカテゴライズで言えば、「リベラ ...

情報リテラシー, 世界情勢・国内情勢

旭日旗を見る度に、ファびょる韓国人。

年々この病気が激しくなっており、そしてもう見るも無惨なことになっておりますので、この事について書きます。

 

旭日旗は海上自衛隊の旗でもあります。

旭日 ...