【現代】実はそれぞれ二十人力!

少子高齢化とか、AIの拡大とか、外国人移民の拡大とか……日本の労働環境はどうも年々厳しいものに変化しているように見えますが……。。。。

 

どこに着眼するかによって、未来の見え方は変わる

働くということを「労働力」という観点で捉えるのか、それとも言葉そのままに「端楽」として捉えるのかで、心持ちは随分変わり、さらに今後の社会は「端楽」と捉えない限り結構厳しいだろうという予想を常々書かせて頂いております。

↓関連記事↓

【時代のトレンド】大きな商売から小さな商いへ
【自分の範囲】人の役割とは。
【日本人】いつから労働は罪になったのだろう
【弊害】生涯学習とかいう無駄なものとその危険性
【動機】リスクが高まった時、人は動く
【日本経済】労働の疲弊は、無駄なことをしているからなのかも。

労働という基点で未来を見ると、人間の介在は減っていくことは目に見えていますし、

また、今までのビジネススキームでは利益を獲得し辛い環境に陥っている企業も多くいることでしょう。

さらに、高齢化社会となったことによって、老後の安泰は逆に失われたと思う見方をする人も増えているかもしれません。

また日本人が好まない労働場所には外国人の採用が相次ぎ、この結果外国人の保証についても頭を悩ませなくてはならなくなりました。

 

全ては労働と言う観点で物事を捉える視点が、悲観的な発想を繰り広げる動機になっているのではいのかなぁと私は思っています。

 

労働するか、端楽するか?

労働という言葉には、対価を得ることを目的に自分の時間や思いを犠牲にするイメージが私にはあります。

一方で、端楽と言う言葉には、自分の自主的な活動によって得た成果を多くの人に還元していくイメージがあります。

 

労働という観点を軸に今後の世の中を見ていくと、その場所はどんどん狭まっていき、より費用対効果の薄い場所で、不必要な自己犠牲が求められる環境が増えていくように思いますが、

一方で、端楽を軸に考えた未来を見ていくと、これほど有難い時代はないように思います。

 

たとえば、本を一冊作ろうと考える時、

昔であれば、作家以外に、タイピストや製本する人、流通させる人など、沢山の人員が必要でした。

たった一冊の本を作り販売するために必要な人員は100人はくだらなかったのではないのでしょうか。

しかしながら、現代であればそれは一人でもできてしまいます。

このように考えると、一人の力はとても大きくなっているとも言えるのですよね。

 

一方で、労働という観点で現代を見れば、本来必要だった100人は不必要となっている社会になっているのですから、不安や恐怖は大きくなって必然だと思います。

その不安が様々な思想の混乱を呼び起こしてしまっているのだろうということは、昨日も書きましたが、

いわゆるグローバリゼーションの波というのは、一度起きてしまったら変わらないと思います。

そこを踏まえて、それぞれが世界の見方を変えていく必要性もあるだろうなと思っています。

 

少なくとも、このグローバリゼーションのおかげで、「対価を得ることを目的に自分の時間や思いを犠牲にする」時代は終焉に向かっているということは、人類としては有難いことのはずです。

しかし、現状を固持しようと思うがあまり、生活の保身を求めるあまり、一番最初に描いていた夢が見えなくなってしまうことも多いのだろうなと思います。そして、この思いこそがまたもや要らぬ騒動を創り出す要因にもなりやすいんだろうなと思っています。

 

そこに気がつけて脱出できたらいいですね♪

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

今日のリンク集

【時代のトレンド】大きな商売から小さな商いへ
【自分の範囲】人の役割とは。
【日本人】いつから労働は罪になったのだろう
【弊害】生涯学習とかいう無駄なものとその危険性
【動機】リスクが高まった時、人は動く
【日本経済】労働の疲弊は、無駄なことをしているからなのかも。