【日本人】いつから労働は罪になったのだろう

日本人にとってはたらくことは生きがいであり続け、それに伴い文化と歴史を育み続けたはずなのですが、戦後の日本社会はその歯車に歪がおきてしまいました。

 

労働が罪である価値観は西欧社会由来

日本の社会はそもそも働くことを肯定的に捉える社会で、いくつになっても働くことは良いことであっただろうと思います。

なぜなら、働くの語源は「端楽」からきており、周囲を楽にしたり楽しませることが働くの基本にあるからです。

憲法で労働が義務図けられているのも、日本人の価値観として、はたらくことは人が活き活きとした人生を送るために必要不可欠なことだと認識していたからだそうです。

↓関連記事↓

ですが、敗戦国になってから立ち直るために、日本は金儲けに必死にならざるを得ませんでした。

さらに占領下時代には、日本古来からの考え方のほとんどは否定され、日本が間違っていて、西欧社会が正しいという教育が満遍なく行われました。

 

その結果、働くことは、「端楽」から「労働」というものに移り変わり、そして西欧の価値観に近い、労働に対する罪や罰のような意識も芽生えるようになったのではないかと思っています。

 

「認められたい」と「金稼ぎ」の曖昧さが日本人を苦しめる

今の現代人は、労働に対して、二つの価値観を同時に併せ持つから、みんな苦しんでいるのかなと思うようになってきました。

 

「端楽」という言葉が指し示しているように、日本人は誰かの役に立ちたいという欲求がとても強い民族だと思います。

本来お金など関係なく「端楽」が循環できる環境にいれば、多くの日本人は満足な気持ちに満たされると私は思っています。

 

しかし、戦後の日本社会は、「労働」と「金」の関係値がより一層密接となり、「労働とはお金を得るための手段」に変わっていき、そもそも付帯していたはずの「端楽」という概念が表向き欠如しやすくなっています。

だからこそ、「端楽」の循環が失われ、「認められたい」という欲求が強くなりがちなのかなと思います。

そして、収入が高額になればなるほど、「認められた感」がある錯覚をおこしやすいので、お金を沢山ほしくなっていき、さらにお金儲けに目がくらんでいくのかなと思います。

そして、苦しんでいるのかなと思います。

 

私たちは日本人だから、自分の価値観を「端楽」に戻した方が、心も生活もゆとりあるものに変化していくだろうと私は考えます。

私も社会人時代は、寝る間も惜しんで働くようなまさに「働きマン」な人生で、やっぱり収入が多い方が認められている価値観の中に生きていましたが、この生き方は絶対に疲弊します。

さらに「働く」ことと「お金」が密接な関係値を築いている方が、疲れると思います。

 

私たちはやっぱり日本人だから、「端楽」を起点に生きた方が、楽だなと思います。

自分の得意なことを他者に施すことによって「端楽」をのんびり続ける方が性に合っているように思います。

「端楽」を起点にして労働していると、常に「認められている」感覚が増えるので、お金を得る以上の満足感がもたらされます。それによって、労働に対する不満は消えていくだろうなと思っています。

こういう話をすると、すぐに起業と結びつける人がいると思うのだけれども、起業はプロと呼ばれるだけのスキルを持っていない限りなかなか難しいと思います。

しかも、今の環境を否定して、新たな所に飛び込んでもきっと同じ問題の中に生きることになると思います。問題はその会社や環境ではなく、ほとんどが自分自身で作っていることが多く、不満の種は自分自身にあることがほとんどだからです。

ですから、今労働に対して不満を感じている人は、起業や転職するのではなく、労働時間を「端楽時間」に切り替えて、とにかくみんなの為に動いてみたら良いと思います。

新たな発見があるかもしれません。

 

お知らせ☆電子書籍発売開始しました。

【縦書き】

【横書き】

本の内容一部を公開してます。

【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

 

本の紹介ページはこちら↓

【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中