【改めてスピ】否定と肯定のさじ加減

なんだかよく分からないけれど、半年以上前に書いた記事の一部は、この半年以上ずっと読まれまくっておりまして、

なんなら、今月に入ってから、半年以上前に書いた記事がことごとく再ブレイクしておりまして、

ということで、改めて、半年前の私の気持ちに遡りながら、ちょっと記事を書いております。

 

 

9月に入って、半年以上前に書いた記事がことごとく再ブレイク中!

今年の1月と2月に集中的に書いた所謂偽スピ教祖さまたちや偽スピメソッドに関して言及した記事は、「昨日書いたのかな?」と思わず錯覚するくらい、常に沢山の方にお読み頂いております。

多分Google先生のおかげだと思うのですが、

半年経過しても、全くそれ関連の記事へのアクセス数が減ることなかったのですが、なぜか9月に入ってから、ざっくり1.5倍と言えるくらい、あの時書いた記事へのアクセスが今さら増えております。

半年前に書いた記事のアクセス数が軒並み上昇って、自分で言うのもなんですが、凄いなって思います。

ちなみになんでこんな事を始めたのか書いた記事は

↓こちら↓

そして、私が二ヶ月間の間に書いた記事の一覧が確認できる記事は

↓こちら↓

 

ちなみに、今年の5月頭の記事で、私はこんな予見をしておりました。

偽スピ教祖さまと特定野党の行動パターンは不思議なほど一致しているので、しかも半年ほど遅れて同じ状況がやってくるので、まぁ今回は2017年秋の衆議院選挙の時の状況が偽スピ界で起こってるっていうことにしておこう。

去年の秋の段階では特定野党のヤバさやメディアのヤバさに気が付けなかった情弱もいよいよ今年に入ってから気が付くようになっているのと同じで、偽スピ情弱さんたちもそろそろおかしいと気が付くようになるかもしれません。

【Happy】偽スピからカルトへ より

ということで、5月の頃の私は、半年後いよいよ偽スピ教祖さまたちが「いよいよヤバいよ!」という状況に追い込まれるのではないかと予見しておりまして、

今のアクセス数の増加を見ていたり、

はたまた全く記事では話題にしたこともなく、コメントに名前が挙がっただけの教祖さまに絡まれたりする日常が始まった事で

あの時、「予見していた事態が起きているのか?」と思ったりしておりますが、

 

まぁ、びっくりするほど、半年前にやり終えた出来事が、なぜか今さら再ブレイクしてしまう日常を実感して過ごしております。

 

否定する相手と肯定する相手のさじ加減。

ということで、今さら私の存在に気がついてくださる人も多いでしょうし、また自分自身が波動とか言う世の中的に見たらイカレたスピリチュアルな方面に興味をもって探求している一方で、自分の意見と違う人を叩きまくっていることに違和感を感じる人もいるだろうなぁって思うので、改めて書いておきます。

 

私は2017年時点で、波動乖離によって世の中がパラレルワールド化していくということを予見しておりました。

 

私は、世の中的に見たら、絶対におかしな人だと思われて申し分の無い「波動上昇という事が生きる軸」になっているので、

世の中が低波動化する事柄に関しては、一切の妥協をせず拒絶を貫いており、

一方で、そうではない内容に関しては、全て許容するという

非情に両極端なルールの中に生きています。

 

そして、低波動化するかしないかどうかの括り訳は、事実か否か、感情か否かという点で分けています。

事実としておかしいという事が既に立証されていることについては、拒絶します。

感情が物事を見定める基準になっている人は、拒絶という行為だけを捉えて、私の事を感情的に捉える人が多いと思いますが、

事実があった上で行動を決めているので、感情的な行動ではないのです。

多分、感情的な主観で行動されている方には、本質は伝わらないと思いますが、そいういうことです。

 

また、感情的な解釈にのめり込む人たちの哲学というのは、大概の所、答えを一つにしていき、画一的にしていこうと模索してらっしゃいます。

「相手を尊重しましょう」「自由に生きましょう」とかの一辺倒なスローガンの中でスキップしているような人たちは、自分たちは多様化を求めながらも、実は画一的な道に進んでいることばかりです。

こういう人たちの意見は、最初から拒絶しますし、はっきりと「間違っている」と書き続けさせて頂いております。

なぜなら、こういう方の意見は、「湖の前にいるのに、ピラミッドがある」というくらい事実認識がおかしいと思うからです。

↓関連記事↓

「湖の前にいるのに、ピラミッドがある」という主張に同調することは、虚偽の世界を肯定させるだけのことなので、無意味だと思っています。

だから、拒絶するし、全否定を繰り返しています。

 

ですが、一方で私は自分の意見だけが正しいとは思っていませんよ。

事実を見た上で発する意見の相違は、討論になることもありますが、互いの意見を摺り合わせる努力をしています。

↓関連記事↓

 

一方では全否定をしながらも、一方では尊重するということは、今までの世の中ではなかなかない新しい動きだと思います。

そのために不可解を感じる人も多いでしょうし、

実際に自分も同じように対応していくことの中で、戸惑いを覚える人も多いと思いますが、

これはなかなか経験のできない良い機会だなと、個人的には思っています。

 

まぁ、誰もが気高く生きることが必要な時期なんだろうなって、思ってます。

 

ということで、これからも宜しくお願い致します。

 

お知らせ☆電子書籍発売開始しました。

【縦書き】

【横書き】

本の内容一部を公開してます。

【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

 

本の紹介ページはこちら↓

【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

今日のリンク集

【Happy】偽スピからカルトへ