【波動分析】虚偽の世界がパラレルワールド化してくると

昨日一昨日に書いた記事にもう少し書き加えた方が良いと思ったので、書くことにしますね。

始めます。

 

虚偽の世界が離れたからこそ、気をつけないといけないこと。

日本では、反日のあぶり出しがここ数年活気づいたことによって、今まで私たちが「真実だ」と思っていた世界は、虚偽であったことを多くの人が知るようになりました。

今まで私たちが暮らしていた世界というのはどういうものかということを、前に書いた記事を引用して説明するね。

ピラミッドに例えて話してみるね。
今までの世界って言うのは
こんな湖の前にして「これがピラミッドです!」と言い張る人が多数発生するような、
そもそもの議論事態がおかしい世界だったの。
言葉変えると虚構と言うか。
で時折、「ピラミッドってこれでしょ?」って、真実を明確に提示して
湖の人たちに「間違ってるよ!」って教えてあげる人もいたのだけど、
圧倒的多数は湖を見つめながらピラミッドと言い張っていて、それが多数だったりするものだから、本当のことを言ってる人が基地外扱いされちゃったりしていた世の中なのだけど。
虚構の世界が終わって、FACTの世界になるから、
これから湖を見て「これがピラミッドだ!」って言ってる人はさすがにいなくなるのね。
逆にこの世に及んで湖見て「ピラミッドだ!」って叫び続けている人には、悲しい現実が待ち受けてるの。
さすがにみんな洗脳が溶けて来て、そこにピラミッドがないっていうのは気が付く世の中になったから。
だけれども、私たちの世界には制限があるから、誰もが全てを見れることはできないの。
たとえば 同じピラミッドを見ていたとしても
ピラミッドを上空から見れば四角だし
横から見れば三角
内から見れば狭くて長い廊下
みんな同じピラミッドの事を話していて、どれも真実。
でもみんなそれぞれそこの角度からしか見れないから
相手の言っていることが間違っていて、自分が正しいと主張したくなるんだよね。
気持ちは分からなくはないけど、そうすると結果、「どれも真実じゃなかった」って言う回答になって、進化ができなくなっちゃうんだ。
これから大事なのは、互いの意見を尊重し、組み合わせて立体的にしていくこと。
私たちはそれぞれ部分部分しかみれない制限が欠けられているから、一人の力で全ての真実を見ることは不可能なんだ。
だから、みんなの意見を合わせて真実を立体化していくの。
するとようやく新しい世界が見えてくる、分かってくるようになる。
私たちには制限があるけど、それぞれの得なことを繋ぎ合わせたら、ちゃんと新しい次元の形を作ることはできるんだ。

 

反日の人たちの主張だけが正論として取り扱われて、それを真実だと思い込まされて歩んできた私たちというのは、

さっきの記事で言う「湖を見てこれがピラミッドだ!」というような、まったくの虚像の世界に生きていたの。

しかし、波動上昇などを繰り返していくことによって、多くの人が自分が見ていたものがフィクションであり、虚像だということに気がついてくると、その世界が壊れていき、真実の世界が顔をだすようになるの。

 

そして、私たちは今は丁度この時を生きているの。

フィクションの世界が壊れていって、真実が顔を出し始めた時に生きているの。

 

だから、フィクションの世界に生きている人たちに向けては「違うよ」「間違っているよ」というのは正解なのだけれども、

真実の世界を生きている同士が、自分の見えている世界だけが真実であるとしてやりあうと、おかしなことになるよって言ってるの。

 

反日VS愛国という戦いは、完全にフィクションVS真実という世界だから、「違うよ」「間違っているよ」という指摘は問題ないのだけれども、

真実の世界を見ていたとしても、それぞれ見えている世界が違うから、それだけが真実ではいつもないんだよね。

だから、そこはみんなで違う意見こそ尊重しながら情報を立体化させていく必要性があると思う。

 

ここを見誤ると面倒くさいことになるから、みんなで気をつけていけたらなって思ってます。

 

お知らせ☆電子書籍発売開始しました。

【縦書き】

【横書き】

本の内容一部を公開してます。

【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

 

本の紹介ページはこちら↓

【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中