【静観の必要性】朝鮮の揉め事には介入しないのが基本

以前にこの記事で言及しているのですが、

「仲良くしようとした矢先から彼らは必ず揉め始める」とお伝えしましたが、

思った通りに、南北朝鮮が揉めていますね。

この件に関して少し追記しておきたいなと思うので、記事を書きます。

 

思想と波動の違いって何?

私は、持ち合わせる波動によって、特定の言動パターンが生まれるという考えの中で生きています。

【この図の記事→☆ざっくり説明☆波動に関するQ&A編【図解式】

 

思想という部分に着目すると政治の右左のように、分かりにくくなってくものも、波動だとシンプルで分かりやすいと思っています。

思想によって人々が混乱してしまうのは、それは思想と主張がごった煮になっているからだと思うのですね。

波動で現れる思想には主張は含まれず、その人の言動を形作るために、根底的に蔓延る思いだけが見えるようになるので、私はそっちの方が分かりやすいと思うのですね。

政治の右左は、言っている事は全く逆のように見えますが、思想が先鋭化し波動低下を引き起こせば引き起こすほど、思想が右であろうと左であるろうと、その波動領域帯にいる人々は同じような行動パターンに陥るようになります。

【この図の記事→【分析】政党イデオロギーと波動の関係値

↓関連記事↓

 

同じように朝鮮には、特有の波動領域からなる言動パターンがあります。

最初にリンクを張った記事(これ↓)や、

前に有事だと思って書いた記事(これ↓)に、

詳しいことは書いてあるので、ここで書いた事は割愛しますが、

超ざっくり言うと、朝鮮全体が地球新記録的な低波動なので、誰もが自分の事しか考えられないし、常に人をコントロールすることしか考えられないのですね。

だから、あの土地は常に悲劇であり喜劇を生むのですよ。

 

平和の使者とかギャグかよ!

今年度に入ってからの、メディアの北朝鮮の持ち上げすごいですよね。

Jアラート何度鳴った?その理由はどこ?って言ったら、全部北朝鮮なのに、南北朝鮮首脳会談しただけで「平和の使者」扱いwwww

38度線で握手しただけで、「ノーベル平和賞受賞確実」とかギャグかよ!

つーか、ノーベル平和賞ほど馬鹿げた世界的権威のある賞ってないよね。

平和なんてフェイクっていうことが露呈しているような内容しか、受賞してないっつーねwwww(ほんと、憲法九条をノーベル平和賞にしようとか言ってる未だに頭お花畑の人、本当に目を覚まそう。)

どんだけ北朝鮮が日本人を拉致してると思ってるの?

■警察の特定失踪者リスト
荒木和博
すでに報道されているように、救う会徳島の陶久敏郎代表が行ってい た情報開示請求に対し、警察庁は北朝鮮に拉致された可能性が排除できないとして、全国の都道府県警が捜査、調査している失踪者が11月1日現在で868人 に上ると回答しました(開示の日付は12月6日)。

↓是非心に止めてください↓

日本は、南北がドタバタしている間に拉致被害者を取り戻すことが絶対であり、それ以上のことに関して、朝鮮と関わらないのが最も大事だと私は考えています。

 

なぜって、日本と朝鮮が仲良くして波動同期すれば、問題は長引くんです。

だから波動断絶を引き起こすことが大事だと私は考えていて、

関われない波動になれば、日本は朝鮮に関われなくなっています。

つまり「蚊帳の外」で良いのですwww

蚊帳の外ということは、既に波動乖離が上手く言っている言葉の現れだと思っています。(あっ、ちなみにメディアが言ってる蚊帳の外は完全に的外れですがwwww)

 

そして本気で波動断絶ができれば、後は南北で血みどろになっていくだけだと思います。

【この図の詳細→朝鮮有事を無害化させる波動の使い方【図解式】

 

そして、案の定な南北のドタバタは既に始まってますwwww

 

平和の使者とは一体なんだったのかwwwww

今年の3月くらいから、金正恩が急に中国に行ったり、南北首脳会談をしたり、米朝首脳会談をするとか言って、急激な軟化対応をしてきて、「平和の使者」とかメディア大絶賛の珍事が引き起こされていましたが、案の定の硬化に既に変化(笑)

一旦軟化したように見せかけて、条件引き出してコントロールをしようとするいつもの対応が始まりましたよ(笑)

米朝首脳会談はやっぱりやらないと言いだし、

 

ついこないだ融和ムードを打ち出した韓国に対しては、「無知で無能」と言いましたwww

 

もうっっw既定路線なのに、展開が斜め上すぎで、笑いすぎてお腹イタイwwwwwww

 

朝鮮半島の波動は低いから、「嘘をつくのが国技」という波動です。

だからこうなることも当たり前ですよね。

 

そして、この朝鮮の嘘つき対象が、日米などの世界に向けてだけではなく、嘘つく対象にはっきりと南朝鮮である韓国が入っているというのが、現在の超ポイントなのですね。

 

今までは南が交渉の表に出ることはなく、米中などが間に必ず入っていましたが、ここに「無知で無能の韓国」が間を割って入ってきました。

だから、朝鮮人vs朝鮮人の血みどろバトルは既に始まってるのです。

代理交渉ではなくなっているのです。

 

彼らは一旦融和したように見せかけて、今回の「無知で無能の韓国」の言葉に代表されるように、必ず手のひら返しを当たり前にします。

だからこそ、↑ここで書いたことがどんどん現実になっていくだろうなぁと思っています。

その為には、日本はとにかく拉致被害者の救出以外の問題で朝鮮半島と関わらないのが大事です。こういう時につい提供したくなる優しさライセンスが必ず仇になりますからね、心を鬼にして、悲劇で喜劇な南北統一を眺めていきましょう♪

 

今日のリンク集

☆ざっくり説明☆波動に関するQ&A編【図解式】

朝鮮有事を無害化させる波動の使い方【図解式】