【ちむどんどん】一流女優たちが可哀想すぎる件(;_;)

ちむどんどんの脚本がひど過ぎて、演者も沖縄も可哀想でしかない。

 

仕事のできる役者が揃い過ぎて、目立つ脚本の不備

朝ドラは面白い時もあるし、面白くない時もある。

だから、面白くない時はとにかくスルーしてやり過ごそうとしてるんだけど、ちむどんどんは流石に酷い。

何が酷いかっていうと、時代考証が滅茶苦茶。さらに沖縄の文化伝統については、完全に冒涜していないか?ってレベルなんだよ。

このドラマ見て、あの頃の沖縄を勘違いする人が多発しそうなので、書かせて頂くよ。

 

①沖縄の味は、基本マースーだろ?

そもそも論なんだけど、アメリカ統治下の時代の沖縄の女の子が食に目覚めるという設定に無理があると思う。

東京朝ドラ班的には、かつて大阪班が作った「ごちそうさん」の乗りで、二匹目のどじょうを狙いたかったのかなとは思うけど、舞台が沖縄だよ?

しかも、やんばるだよ?

無理があるでしょう。

「ごちそうさん」ばりのグルメな朝ドラにしたい思惑は感じるけど、沖縄は出汁文化や発酵食品文化が希薄だよ。

最近になっても、マースー味(塩味)がポピュラーで、缶詰第一主義なくらい、缶詰が異常に大好き。最近は本土の住民の移住もあって、納豆とかがスーパーに並ばれるようになったけど、納豆を食べる島民は少ないよ。

それから味噌や醤油も昔はそんなに使わなかったって話をあちこちで聞いてたのに、ドラマではなぜか本土と同じ文化環境の中にあったような錯覚を受ける。これはおかしいと私は思う。

逆に、沖縄でしか食べられてないけど美味しいものも沢山あって、それはピパーチとかヤギとかヤシガニとか天ぷら(こっちでいうさつま揚げ)とか。

ただ私は…沖縄と言っても石垣(八重山)でしか過ごしてないので、これがやんばるでも食べられてるのか知らないけど、本島も基本マースーメインであったことは間違いないと思う。

そういう文化圏であることを知ってる人からしてみたら、この設定自体がいろいろと冒涜しているように見えて腹が立つ。

マースーである事に何か問題でもあるのか?

そういう気分にすらなる。

しかも、出てくる沖縄料理も、そばと豆腐(島豆腐・ゆし豆腐)とシークワーサーくらいよ。

なにその薄っぺらい情報……もっと郷土のもの出して来いよ!って思う。

沖縄には、じーまーみーとか海ぶどうとか、ヤギとかヤシガニとか、グルクンとか美味しいものが沢山あるのに、そういうのなしでナポリタンとか馬鹿じゃないの???

どれだけ現地の情報を薄っぺらく調査してたんだろうって思うわ。

脚本書くなら、せめて1カ月くらい現地に住んで現地調査してこいよ!って思わされるくらい、あまりに背景にある食文化を理解していない。

つーかこんなこと言いたくないけど、食事のシーンの皿の置き場所……それは関東の所作であって、沖縄は違うよ。もっとゴチャゴチャな感じになるっていうか、沖縄はそういう内地の常識とか礼儀みたいなものとは全然違う文化圏なんだよ。

なんでそれが正しいみたいに映すのか、もっそ腹が立つ。

せっかくだから沖縄の大らかさの良さをきちんと映してほしいのに、このドラマにはそういうのが一切ないのが腹が立つ。

 

②生活に困ったら、まずは模合だろ???

それから私がこのドラマを見て、最初に発狂したのは、お父さん(大森南朋)が死んだ後のとこ。お父さんが突如倒れて死んで、お母さん(仲間由紀恵)が近所の人にお金のことで責められてたこと。

あーいう感じの展開になることが、沖縄ではあり得ないってはずだと思う……。

もともと地域が家族っていう雰囲気が強いし、さらにあの頃の沖縄は戦禍を生き延びた団結力が強かったはずだから、お父さんが死んですぐ金の話っていうことにはならないと思う。村中でこの家族をみんなでなんとかしようとするのが沖縄文化じゃないかなって、私は自分の体験からそう思う。

それから、近所の人がピンチになったのなら、お金を取り立てる前にまずは模合をするのが普通だと思う。

はぶられることがあるのならば、模合でやらかした時(模合で飛んだ時)だと思う。

そして模合でやらかしたのならば、もうやんばるにはいられない、それが沖縄だと思う。

なんだけど……そういうくだりがないのに、お父さんが無くなっていきなりみんなに嫌がらせされる的な演出は、沖縄を冒涜してると思うし………それ以上におかしいのは、昭和40年代のやんばるを題材にしてるのに、核家族だってことよ。おじいとおばあの影が見えないってことよ。

そこがあり得ないよ。

あの時代の田舎は本州でも大家族主義で近所付き合いが盛んだったでしょ。次男が別に家を建てたとしても、親戚の行き来は盛んだったでしょ。逆に核家族の方が珍しかっただろうし、そういう家族は完全に訳アリでしょ。

訳アリなら訳アリでちゃんと冒頭にお父さんとお母さんがどんだけ酷いことして孤立の道を歩むことになったのかちゃんと説明しなきゃだけど、ドラマ見てる限りそうでもなさそう。

だから、この家族の描かれ方がそもそも当時の時代考証からしておかしいと思うわけよ。

現代でも小さい子供抱えてお父さんが死んだのなら、普通は両家の親が出てくるはずなのに、それも出てこずに話が進んでいくのが違和感ありありで、ほんとありありで、しかも模合しないで仲間由紀恵がいじめられるのが腹が立って仕方ない。

 

③パスポートが必要な時代に、簡単に東京に行きすぎ!

つーかよ、ちむどんどんの時代、沖縄の人が本州に行くためには、パスポートが必要だったんだよ。

あのドラマ見てると、当時も今と変わらずに簡単に行き来できたみたいな空気感が漂うけど、まずはそうじゃなかったっていうところから描いてほしいよね。

しかもあの時代の沖縄は、テレビ放映一切なしだよ。なんだけど、やたら東京の情報がタイムリーに入っている描き方……どうかと思うよ。

 

それからドラマではやたら「翼をください」を歌ってるけど、当時は沖縄どころか本州でも流行っていないと思われる歌を歌い続けるのは興ざめでしかないよね。

 

つーか、島の人たちって本州の人が思う以上に島唄LOVEよ。歌うなら島唄にしてほしいけど……モカちゃんが綺麗に「翼をください」を歌う(;_;)……もかちゃんには何の罪はないだけに、脚本の稚拙さが腹立たしい。

 

 

それからさ、お兄ちゃんがある日消えて、東京に行ってボクサーになってお金を知人に託してに送ってきたけどさ………このくだり1から10まで突っ込みがあり過ぎて、お兄ちゃん役の竜星涼が一番可哀想。

だってさ、そもそも東京に行くのにパスポートが必要な時代に、お金もないにぃにがどうやって東京に行くのよ。しかもさ、ボクサーになろうとしたところで、いきなりファイトマネーがつく試合に出られるわけないじゃん。

さらによ、ファイトマネーがもらえる試合に出て勝ったとして、あの金の送り方、あり得ないでしょ。

ちなみに具志堅用高もドラマに出てるけど、具志堅用高がボクサーになったのは本土復帰以降よ。その前と後じゃえらい違いがあるはずなのに、そこが描かれてないのが腹が立つ!ほんと、腹が立つ!

 

一番可哀想なのは、役者の皆さんですよ。

ってなわけで、見るたびに「おかしいだろ!冒涜するのもいい加減にしろ!」という気分満載になる今回の朝ドラなのですが、

 

一番可哀想なのは、出演している皆さんです。

こんな脚本なのに、芝居ができる人揃えてるから、それが本当に辛いです。

しかも多くの人が、「沖縄が舞台の朝ドラだから」ということで、出演に快諾してくれたであろう豪華メンバーたち。しかも沖縄や離島に縁のある人が多い。気合も入ってたはず。だから、見てるこっちが悲しくなります。

 

ほんと、脚本がダメだと、後でどれだけ努力してもダメなんだなというのがよくわかる。

っていうか、なんでこんなダメな脚本になったのか、そこが疑問。

時代考証でおかしいと思えることばっかりなのに、このドラマを作ってる人たちは、どうしてそこに気が付かないのか。

沖縄を知らなさすぎなのか。わざとなのか。

ハッキリ言って、腹が立つレベルで落ち度が目立つ。

ほんと、後5カ月のあれやこれやで役者の経歴に傷がつかないことだけを祈る。

このドラマ、役者に罪はない。

脚本に罪がある。

この脚本にGOを出したNHKが悪すぎる。

ひどすぎるよ。

役者が可哀想すぎる!!

 

(;_;)

 

一先ず今日の愚痴はこれくらいにします。

それでは、皆さん良い週末を♪

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

12 件のコメント

  • おはようございます。

    特亜の思考性を持った人は時系列で物事を考えることが苦手のようです。
    事実よりも自分の思っていることを事実の様に置き換えることを是とします。
    彼らのよく言う歴史修正主義(これは彼らが他者に対して言う場合が多いですが)ですね。
    そうすることでしか自らの存在価値を肯定することが出来ないのでしょう。
    事実を前にすると自らの存在が埋没するくらいに思っているのかもしれません。
    又は、自らを際立たせるためには事実は二の次とすら思っているのでしょう。

    我々国民は今まで平和で居過ぎたのかもしれません。
    国が脅かされる心配を全くせずにここまで来てしまいました。
    内部からの破壊(事実や歴史、価値観の破壊による人々の分断)は侵略のセオリーです。
    国内に日本の価値観を無視した人(日本人外国人問わず)が多数存在して、その多くはメディア側にいることを多くの日本人が理解しなければならない時代に、本格的に突入したのではないかと思います。
    詭弁論者のコメンテーターの嘘を見破ることが出来る程度には知識と教養を身に着ける必要はありそうですね。

    • こんにちは。
      ほんと、まさにそれ!ですね。
      彼らの本格活動の前に、スティーブ・ジョブズがスマホを作っておいてくれて本当に良かったと思います。
      まだまだメディアの言う事を何でもかんでも真実と捉える人が多いですが、それでもネットの進化のおかげで民衆が対抗できます。
      メディアを支配すればなんとかなると思っている前時代的思考をみんなで打ち破っていきたいですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。
    その脚本は酷いですね…
    20年ほど前に沖縄の大宜見村にある牧場で住み込みで手伝っていましたが、模合や助け合いの凄さにびっくりしました。
    ちなみに、20年前も食事の皿は大皿で雑多な感じでしたよ。それがよかったですけどね^_^

    • こんにちは。
      北部もやっぱり、模合しますよね。
      逆にやんばるだけやってないのか…独自の特殊文化があるのかと思って、不安になったくらいです。
      ほんと、見なきゃいい話だけど、我が家の生活習慣上朝ドラ流れてるんで、見ないどこうとしても情報が入って来ちゃう。
      そしてその些細な情報を見ただけでも、鬼糞間違ってるから腹が立つ。
      ほんと沖縄の人に申し訳ない気持ちになるドラマです。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは!
    ちむどんどん、私は見てないのですがブログに感想を書かれている方のブログやネットニュースで見ていたのでなんとなく知っていましたが…まさかそんな酷いものだと知りませんでした。

    脚本家の方の作品は『パッチギ』のみ見たことありますが、国会議事堂は強制連行された方が作ったと言ってました。(大理石も韓国から運んできた)あと生駒トンネルも掘られたそうで…日本人は何も知らぬがこれが事実だ!と堂々と言ってた印象が15年以上経っても強烈に残ってます。

    今日のゆりさんの記事を読んでなんだか納得してしまいました。

    • こんにちは!
      あの人パッチギ書いた人でしたっけ。
      すっかり忘れてました。
      「マッサン」のイメージだけに覆われてました。
      マッサンでも外国人をヒロインにするなど細かい反日色が目立ちましたが、エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスがすごい頑張り屋さんだったので、脚本の反日色を丸め込む大和魂を垣間見た気がしたのですが、パッチギも作ってた人か。
      ならそうなるのも当然かもしれないですね。
      ただ…今wiki確認しましたが、フラガールは好きです。フラガールは蒼井優ちゃんの頑張りで好きなだけかもしれないですが…。

      私も納得しました。
      こんだけ巷で酷評されてるのに、メディアが絶賛するのはパッチギを同じ方程式で動いていると見た方が良いですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 家族が録画したものを毎日見ているので、タイミングが合うと流しで見る機会がそれなりにありますが…「ごちそうさん」と「ちゅらさん」のええとこどりを狙ったつもりが、「まれ」と「純と愛」を合体させたようなものになっちゃってますね。
    暖かい沖縄の話なのに、梅雨の時期の本州みたいなじ鬱屈感があるのはなんとも;。

    いっそ、当時の地元民とアメリカ軍の交流を描きやすいであろう、ブルーシールを題材にした方が良かったんじゃ…なんて思います(今から暑くなる季節的にも)。

    • こんにちは。
      分かる!「まれ」と「純と愛」の合体。
      「純と愛」が朝ドラ史上最悪の出来だったから、今回の沖縄はちゃんとしてくれって思ってたのに、さらに悲惨なことになりそうで本当に心配。
      純と愛を主演した夏菜は、朝ドラでの酷評が影響か、その後目立つ仕事はないままになってしまっています。
      黒島結菜の今後が同じような事にならないでほしいと祈るばかりです。

      ほんと、ブルーシールとかアメリカ文化と上手く融合した日本人の歴史とか書いてほしかったですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 友理子さん、こんにちは。

    私は沖縄の文化や当時の世相については無知ですが、それでも初回から違和感があって段々視聴が苦痛に…。今回も継続して絵を描く題材にと思っていましたが、さすがに無理そうなんで違うドラマか何かにしようと決めた所でした(^^;

    沖縄や当時の情報は非常に勉強になり、そもそも色々無理がある設定なのがよーく分かりました。
    設定ありきでそこに合わせようとするから各キャラクターの言動も破綻していき…ということでしょうか。もっと沖縄の、返還当時の人の苦悩と温かさが見られるのかと思っていたのに、それが見えないまま都会に行くのもなんだかなーと思います。
    私の勝手な希望ですが、出来る事から一つ一つ、ひたむきに努力するヒロインが認められていく話が観たいです。

    スタート地点は同じでも、切り口を変えればもっといい展開に出来るだけの要素と役者さんが揃ってる事が残念でなりません。それはモネの時も同じことを思ったんですけどね。

    特に竜星さんは好きだから本当に悲しくて。
    口上の上手さ(落語心中の与太郎が好き!)とか、腕っぷしの強さとか、まっすぐなとことか、凄くいい所もいっぱいあって、いい家族も幼なじみもいるのに認められてないと思ってて、挙げ句に詐欺師に騙されるとか謎すぎて。設定とストーリー展開の為だけに必要以上にダメな人にされたキャラクターの筆頭だと私は思っています。

    語り出すと愚痴が止まらなくなりますね(^^;
    もっともっとツッコミたい事は沢山ありますが、とにかく役者さんが可哀想だなぁ思うのは、私も・とっても激しく・同感ですっ!!ということです。

    ところで、モーニングページを私も始めてみまして、半月位経ちました。愚痴、不満、私はこんは風にしたかったんだな~など、色々出てきて面白いですね。家族が起きてると集中出来ないので、書いてない日もあるのですが、日々の習慣としてこれからも続けていきたいと思っています。
    横書きのノート使ってるので、明日から90度回転させます(*≧∀≦*)

    • こんにちは。
      朝絵続けられてたんですね!スゴイ!
      ただ、やっぱりもう苦痛の領域ですよね。分かります。
      最近東京制作の朝ドラはずっと微妙な感じのものが続いてるんですが、今回のはレベチでヤバいです。
      ほんと、役者さんに傷がつかないように願うばかりです。

      モーニングページも始められたんですね。
      やられるといろいろ発見があると思います。
      ノートを90度回転させたらもっと発見があると思います♪

      それではこれからも宜しくお願い致します♪

  • 竹久様、ドラマは嫁のお母さんが見てるのですが、そんなに違和感アリアリですか?😓沖縄出身ですが、竹久様からモヤイの単語がでるとは。あと私の考えですが。沖縄の人は大和も米もシナとも仲良くしたらいいさーぐらいの気持ちだと思いますよ。ある意味竹久様の言う○の世の中に近いかも。でも、それを維持するには、厳しさと本物の賢さが必要だと思います。廃藩置県後、琉球は勝つ事が許されなくなったのです。ナンクルナイサーには2つの意味があり、甘えからくるナーナーな考えの解釈と生死を分つような環境でも希望を失わない解釈があるんだと思います。沖縄は日本の雛形だと私は思います。長くてすんません。

    • こんばんは。
      ドラマ見てもらえたら、この違和感分かって頂けるかと思います。(あまりに設定がおかしいドラマなので、見ることはお勧めしませんが、見たらこの気持ち分かってもらえるんじゃないかと思ってます)
      純と愛と同等か、それ以上にこのドラマは酷いなと思います。
      當眞さんの仰るナンクルナイサーの感じ分かりますよ。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください