【大丈夫②】あなたが不安になるその理由にあるもの

さっきの話の続きです。

【大丈夫】日本は何度も当り前に乗り越えてきたから。

2020年11月25日

 

あなたが不安になる理由は…

今日馬淵大使がライブ放送をしました。

そこで馬淵大使は今起きていることは「ハルマゲドンです」と言い切りました。

 

この発言こそが、私たちが今感じている不安ポイントと直結するであろうと私は思っています。

 

今の時間に不安を感じている人は、今起きていることが戦争……すなわち第三次世界大戦であることを感じているからだろうと私は思っています。

また無自覚である人の方が、謂われのない不安に陥っているであろうことは想像に難くないと言えるとも思っています。

だって、何に自分が不安を感じているかどうか分からない時の方が、人の不安は大きくなるものですから。

だから、自分の不安の理由が分からない人ほど、その不安は大きくなっていることでしょうが……、その不安が持ち合せる予感は的中していると言えるでしょう。

だって…馬淵先生の言葉を借りれば、今、私たちの目の前であの「ハルマゲドン」がやってきているのですから。

不安を覚えてしまうのは、必然の摂理であり、何もおかしいことではありません。

ですから…もしも、今、あなたが不安を感じているのなら、自分にこう言い聞かせましょう。

私が感じた不安は正しい」と。

世の中の揺れを適切に感じたからこその不安なのだ」と。

 

つまり、不安を感じているあなはそもそも正常なのです。

また、その不安を感じるセンサーの根幹にあるのは、あなたが愛国者である証です。

ですから…どうかその揺れに、誇りを感じてください。

 

また…今現在の世の中は、このように不安を覚える人と、焦りを感じる人と2パターンあるであろうと私は推察しますが、不安を覚える人と焦りを感じる人とでは、国家観に大きな違いあがあるであろうと推測しています。

 

私が推察するに……

 

国の必要性をしっかりと体感で感じている人は、不安を覚え、

国の必要性を感じていない人は、焦りを覚えていると思われます。

 

どうか、この違いをしっかり覚えておきましょう。

 

あなたの心にあるものは、不安なのか焦りなのか。

その違いをしっかり感じ止めましょう。

 

もしも両方あるなら、焦りは捨てましょう。

それは終わる時代の産物だからです。

 

しかし不安を感じるのなら、その不安を否定せずに、とことん感じましょう。

自分は何に不安を感じているのか、しっかり感じ取り、見極めましょう。

表層では分からないのなら、深く、深く、深く、向き合って感じ直しましょう。

そして、そこまでしてみたのなら、必ずでてくる答えは同じになることでしょう。

きっとあなたは、アメリカと日本…互いの国の行く末に不安を感じているはずです。

 

また、国の行く末に不安を感じるということ…それは、あなたが愛国者である証です。

ですから、不安を感じた自分は、愛国者であるという自覚をし直しましょう。

デラシネではないからこその不安であることに、自分の成長を感じましょう。

5-1.生き地獄を味わうデラシネ

2019年4月18日

愛国者でなければ感じられない不安なのですから、この不安こそ誇りでしょう。

 

またこの不安は、今後の世界を生きるために必要な指針です。

なぜならこれからの時代は、愛国者の時代だからです。

 

良い国は、良い社会は、良い人は、愛国無し作られることはありません。

あなたが不安に思う気持ちの根底は、愛国者だから起きていることです。

それでも、これからもしばらく、あなたは不安に襲われることになるでしょうし、それに狼狽えてしまうことは避けられません。

ですが、それは愛国者だから起きていること。

ですから、どうかこの不安な気持ちに誇りを持って下さい。

あなたが愛国者でなければ、不安など持ち合せず、今の時間は焦りだけが支配するはずです。

しかし、あなたは、そうではないのです。

その違いに気が付き、不安に思える「自分の糧」に自信を持って下さい。

そこに自信を持つだけで、未来は緩やかになめらかに愛国者たちが望む方向に転びます。

どうか自信をもって下さい。

お願いします。期待しています。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

 

10 件のコメント

  • 竹久さん、いつも必要な言葉を届けてくださり感謝しています。
    まさにこの所、毎日不安に押しつぶされそうになっていました。子育て中の身ですが、母のわたしが不安になっていては、子どもたちの未来を守っていけない!という気持ちが強く、不安で揺れまくっている自分を何とかしたいということばかりに意識がいっていました。
    そんな状態でしたので、大丈夫1・2の記事で、不安を誇りに思っていいと、その理由を述べてくださって、スッと心に入ってきた次第です。日本人、愛国者として当然のことだと受け止めたら、だんだん肩の力が抜けてきました。
    有益な情報提供だけでなく、読者のアフターフォローまでしていただいて、本当に当ブログには気付かされることばかりです。
    真実を知り、自分の頭で考え、行動していけるよう、自信を持って自分の感情を誤魔化さず受け入れていきたいと思います。
    当ブログ、そして大人塾での学びを、これからも楽しみにしております!

    • おはようございます。
      それは良かったです。
      肩の力が抜けてリラックスできると、見える世界は変わり、今やるべきことも見えてきますよね。
      私たちができることは日々の生活をどのように過ごすかだけですが、この些細に見える行動が実は一番重要です。
      子供たちのために良い社会を残せるようにお互い頑張っていきましょう。

      おとな塾もブログもこれからも宜しくお願い致します。

  • おはようございます。

    パウエル姉さん、強いですね~。
    トランプ陣営は罪が確定する時点まで相手を泳がすだけ泳がしていた感じですかね。
    戦略がヤバすぎます。
    ポップコーンの件が壷りましたw

    翻って日本の政治は……
    RCEPの時は何とか気持ちを落ち着かせることが出来ましたが、外相会談では落胆せざるを得ませんでした。
    なんというセンスの無さ。
    茂木大臣には正直ガッカリでした。

    菅政権の動向、注視ですね。

    • おはようございます。
      トランプ陣営の戦略本当にスゴイですね。
      こっからオセロのように全部ひっくり返って、そして不正疑惑のあった大物は当然としてほとんどの人たちを牢屋にぶちこむ手配も済んでる感じがします。

      一方で菅内閣は本当に残念……っていうか、以前から馬淵大使や藤井さんが懸念し続けてきたことが表に出てきた感じですね。
      残念ではありますが、今分かったことは良かったことだと思ってます。
      日本もここから大掃除。そう思って対処していきましょう。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 久しぶりにコメントします。いつもブログ更新していただきありがとうございます。このブログが今の私の精神安定剤です。あなたが不安に思う理由にあるものの中で、『不安を感じているのは、あなたが愛国者だから』という文面を読んで、心が一瞬で解き解されました。ありがとうございます。私は、今の歳まで自分の国のことを本当に考えていなかったし、知りもしなかったし、知ろうともしてなかった。竹久さんのブログから虎ノ門ニュースを知って、観るようになり少しづつではありますが、今の日本の現状だったり、過去の日本の戦争のこと、歴史など勉強中。でも知れば知るほど、不安になったり、眞子内親王殿下のことも毎日、怒りしか湧いて来ず、そしてまた不安になり、、、この気持ちの持って行き場がなかったけど、私が日本を大好きだからだと思えることで不安が和らぎます。何を書いてるかわけがわからなくなってしまいましたが、ありがとうございました。

    • こんばんは。
      とんでもないです。お役に立てて光栄です。
      私たち戦後世代は「愛国心」というものが何か分からず、「愛国心」による心の動きも新鮮過ぎて掴み所が分からない感覚に陥りがちですが、過去の時代の人から見れば、ここに新鮮さを持ち合せられる私たちは、少し羨ましいかもしれないです。
      何でも当り前になってしまうと、そこに何の感動も持てなくなります。
      ですが、初めての感触には必ず感動が生じます。また感動が生まれるためには、今感じているような不安はセットです。不安があるから感動をきちんと感じられます。
      その面白さを理解して、歴史の生き証人になっていきましょ。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 今まさに、世界の分水嶺ですね。
    こちらの記事は、不安である気持ちを受け入れる助けになりました。
    大事だからこそ不安に思うのは、当然ですものね。
    いつもよい記事をありがとうございます。

    今日の明け方、殺風景で機械的な街並みを歩いているとミスチルの曲が流れてきて「世界はもうすぐ終わるけど、君に会えてよかった」というような歌詞で、号泣するという夢を見ました。
    起きて実際にそんな歌があるか検索していたら、ミスチルのhimawariという曲のミュージックビデオがYouTubeで出てきて、切なくなり朝から一人で号泣していました(夢の中の曲は実際には存在しませんでした)。
    そしてここ何ヶ月も泣いていなかったことに気付き、今、大変すっきりした気持ちです。
    気持ちを受け入れ、時には涙を流すのはいいもんだなと思いました…なんかまたしょうもないことを書いてしまいました。

    今日は冬の長い夜に藤井・坂東ペアの虎8を拝見する予定です。
    寒いですので暖かくされてください。

    • こんばんは仰る通り、道が完全に別れる時ですね。
      私は先月、凪のお暇にどはまりし、涙腺が崩壊する経験をしてみて、この水際を歩くためにこの心の崩壊は必須だったんだなと最近実感するようになっていました。
      はらちゃんの仰る涙腺崩壊もそれに当てはまるような気がしています。
      水際のハラハラは続きますが、道は既に別れているはずなので、どっしり構えていきましょう。
      それではこれからも宜しくお願い致します。
      ちなみに、その虎8かなりの神回です。

      • 共感してくださり、ありがとうございます!
        himawariのアニメーション、私の泣くポイント知り尽くしてるのかと言うくらい心が抉られ、朝一度見てから怖くて二度と見れていません(笑)
        凪のお暇、めちゃくちゃ面白いですよね!
        私はコミックで見ましたが、無料公開分後が気になり、ネタバレサイトを血眼になって読み漁りました。

        ブログ、これからも楽しみにしております。

        • おはようございます。
          himawariのアニメ一度も見たこと無かったので、今見てみました。
          壮大なスケールで描かれているアニメーションにびっくりしました。
          人間の心の問題に気が付いている人が描いたのだろうなという気がしました。

          教えてくださりありがとうございました。
          それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください